マンションリノベーションのメリットとデメリットとは?

ここ最近、中古マンションを購入してリノベーションするというケースが増えてきたようです。

自分たちの理想通りにリノベーションするのは魅力的ですが、もしも今後マンションをリノベーションすることを検討されているのであれば、メリットとデメリットについて知っておくことをおすすめします。

当記事では中古マンションを購入してリノベーションすることや、既にリノベーションが済んでいるマンションを購入することのメリットとデメリットについてまとめました。

参考にしていただけますと幸いです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

1000万円台で家を建てたい!憧れの平屋は建築可能?

近年、平屋は住みやすい住宅として、人気が高くなっています。平屋を新築したいと考えた時、ど...

1LDKのマンションで快適な一人暮らし!賃貸探し中の方必見!

一人暮らしの部屋探しで、賃貸マンションの間取りについて迷っている方も少なくないでしょう。もし...

マンションのテレビが映らない!その原因と対処法とは?

マンションにお住まいの場合、テレビが映らないと自分の家だけのことか、ほかの部屋も同じく不具合が生...

夢の一戸建て!新築するならブログから内覧会について知ろう

憧れのマイホームを新築した時、住宅が完成した後に「内覧会」があるのはご存知でしょうか。家...

アパートで保証会社の審査に緊急連絡先は必須!ない場合は?

賃貸アパート・マンションの契約時に、保証会社が審査を行いますが、緊急連絡先は必須項目です。では...

マンションをリフォームしてシステムキッチンを新しく!

理想のキッチンを実現させるために、リフォームを考えているという方は多いでしょう。使いやす...

印象も様変わり!マンションの床をリフォームして快適に!

しばらく暮らしているマンション、老朽化や気分を変えたいということで床のリフォームを検討されている...

戸建ての家のアンテナ取り付けとは?かかる費用や種類を調査

アパートやマンションといった賃貸住宅は、テレビの線を壁のアンテナ端子につなげればテレビがすぐに映...

マンションの電気契約は受電形態に注意!電力自由化との関係

電力が自由化されて以降、私たちは自由に電力会社が選べるようになりました。マンションの購入...

マンションのモデルルームを見学!画像では分からないこと

好きなものを見ていると、時間が早く過ぎていきます。マンションのモデルルームを見るのが好きで、...

アパート更新料は消費税がかかる?左右するのは「入居目的」

アパートで契約更新を行う場合、更新料を支払うことが一般的です。また、その更新料には、アパート...

マンションを新築で購入!資産価値が落ちない大阪エリアは?

大阪で新築マンションを購入するときに、資産価値が落ちにくいエリアはどこなのでしょうか。ま...

アパートで子育て計画!赤ちゃんを迎える寝室へ

赤ちゃんが生まれたら、時間は風のようにすぎていきます。妊娠中に準備できることは、早めに済ませ...

マンションの水漏れ原因は?早期対応で下の階への被害防止を

マンションで時々起こるトラブルの一つに、水漏れがあります。その原因には様々なものがありま...

お悩み解決!マンションのリビング・レイアウトの基本

マンションのリビングにはさまざまな形があります。縦型や横型など、部屋の形状によって家具の...

スポンサーリンク

マンションのリノベーションってそもそもどういうこと?

最近「リノベーション」という言葉を耳にする機会が多いですが、そもそもその意味をご存知でしょうか。

「リノベーション」は「リフォーム」と混同してしまいがちですが、意味は異なります。

一般的に、リノベーションは「個々のライフスタイルに合うように間取りや設備を刷新し、暮らしやすくすること」と言われています。

一方リフォームは、「壊れたり古くなった設備等を新しいものに取り替えるなど、元の状態に戻すこと」と言われています。

端的にご説明すると、リノベーションは新しく造り替えて、リフォームは元々の状態に戻すということになりますね。

マンションをリノベーションするということは、例えば、部屋ごとに仕切りがある中古マンションの仕切りを取り払い、間取りを変えてしまうなどということです。

それでは、マンションをリノベーションするとどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

次の項から具体的にみて参りましょう。

マンションリノベーションのメリットとは?

マンションをリノベーションする際のメリットはいくつかあります。

まず、新築でマンションを購入するよりも費用を抑えることができるということです。

築年数や諸条件によっても大きく異なりますが、一般的に新築より中古マンションの方が安価なことが多いです。

次に、立地上の選択肢が多いということです。

例えば、首都圏の駅近では空き地が少ないことから、新築マンションが発売されるとなると競争率が高いことが多いでしょう。

しかし、中古マンションであれば首都圏の駅近の物件でも空きが出ることがあるので、その分選択肢が広がります。

また、中古マンションであれば、購入前に日当たりや近隣の方の様子について知ることができます。

新築マンションではモデルルームを見学して購入を決めるというパターンが多いため、実際に購入する部屋の日当たりや近隣の方の様子を伺い知ることができないのがデメリットなのです。

マンションリノベーションのデメリットとは?

マンションをリノベーションする際には、メリットだけではなくデメリットもあります。

まず、構造上の問題で、希望の間取りに変えられないことがあるということです。

どうしてもしたい間取りがあるのであれば、それを実現できる物件を探すようにしましょう。

また、マンションにおいて窓のサッシや玄関ドアなどは共有部分となることから、勝手に変えることは難しいです。

次に、住宅ローンについてです。

中古マンションを購入する際には住宅ローンを利用することが可能ですが、リノベーション費用は住宅ローンが使えない場合があります。

その場合、住宅ローンではなくリフォームローンを組む必要が生じてしまうかもしれないのです。

そうすると、一般的な住宅ローンよりリフォームローンの方が金利が高いことが多いことから、自分たちの希望すべてを網羅するようにリノベーションしてしまうと、新築マンションを購入するのと大して差がなくなってしまうことが考えられます。

リノベーション済みマンションのメリットは?

前の項までは、中古マンションを購入して自分たちでリノベーションを行うことについてのメリットとデメリットをみてきました。

リノベーション済みマンションの購入と中古マンションを購入して自分たちでリノベーションすることは、メリットとデメリットが重なる部分もありますが、参考にしていただけますと幸いです。

それでは、既にリノベーションが済んでいるマンション購入についてのメリットとデメリットをお話ししていきます。

リノベーション済みマンションを購入するメリットは、すぐ入居することができるということです。

新築マンションや、中古マンションを購入して自分たちでリノベーションする場合、入居するまでにある程度の期間を要します。

しかし、リノベーション済みであればすぐ入居することができるので、仮住まいの費用がかかりません。

また、物件価格の他にリノベーション費用がかからないというメリットもあります。

それでは次に、リノベーション済みマンション購入のデメリットをお話ししていきます。

リノベーション済みマンションのデメリットは?

リノベーション済みマンションにも、メリットだけではなくデメリットがあります。

それは、共有部分についてです。

いくら居室内が綺麗にリノベーションされていても、廊下やゴミ置き場などはあくまでも共有部分なので、場合によっては汚かったり、他の住人のモラルが芳しくないこともあるかもしれません。

また、リノベーションが完了しているので、自分たちの好きなように変えられないというのもデメリットの一つでしょう。

もしも、間取りや設備にこだわりがあるのであれば、リノベーション済みの物件は避けるようにした方がいいかもしれません。

さらに、リノベーション済みの物件は、工事完了前の物件の状態が分かりません。

そのため、契約前に物件が元々どのような状態だったのか確認しておくことをおすすめします。

というのも、本来修繕が必要な部分に手が加えておらず、暮らし始めてすぐ工事が必要になってしまうというようなことが考えられるためです。

資産価値の観点から考えるリノベーション済みマンションのメリットデメリットとは?

自分たちでリノベーションしたり、既にリノベーション済みの物件の売却を考えるとき、その資産価値はどうなるのでしょうか。

マンションの資産価値は建物自体の築年数や立地などによって変動します。

どのような物件も、古くなればその分減価償却されて資産価値は目減りしていきます。

しかし、マンションはある一定の期間が経過すると資産価値が下がらなくなるのです。

これはいったいどういうことなのでしょうか。

物件の資産価値は「需要」によって変わります。

つまり、需要に対して供給が少なければ、そのマンションの資産価値は下がらないということになります。

もう少し掘り下げると、ある一定の期間が経過したら、築年数が古くてもそのマンションを欲しがる人の人数はそう減らないということなのです。

(ちなみに、この「ある一定の期間」は築20年~25年と言われています。)

それでは、資産価値の観点から考えると、リノベーション済みのマンションにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

先述したことを念頭に置くと、築年数が20年超えていても、室内がリノベーションされていることでさらに資産価値が下がらなくなるということになります。

建物自体の築年数が古くても良いと物件を探している方は、立地が良いことや、室内がどれぐらい綺麗なのかを重視する傾向にあるようです。

ですから、リノベーションしているマンションの資産価値は下がりにくいと言えるでしょう。

しかし、少なからずデメリットもあります。

それは、リノベーションの内容が一般的に受け入れられにくいものである場合です。

あまりにも個性的な内装にリノベーションしてしまっていると、買い手がなかなかつかないということが考えられます。

メリットデメリットを理解して納得のいく決断を!

中古マンションを購入してリノベーションすることには、メリットとデメリットがあります。

また、リノベーション済みマンションを購入することについても同じことが言えます。

誰も暮らしたのことない新築物件に入居するのは気持ちがいいものですが、コストを抑えることができ、希望の立地に住みやすくなる中古マンションの購入は魅力的です。

自分たちがどの点を優先させたいのかよく相談して、納得のいくマイホームを手に入れられることを願っております。