マンションのトランクルームの種類とは?収納などの注意点

マンションの中には、トランクルームが付いている物件もあります。

トランクルームがあれば、収納するスペースを増やすことができるので、マンションの住人たちにとって嬉しいスペースといえるでしょう。

この記事では、マンションのトランクルームの種類についてや、注意点についてお話をしていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートではテレビの音も騒音に!音量や時間帯に注意しよう

賃貸アパートに住んでいると、音問題に直面することもあるでしょう。そのときアパートの住人同士で...

気になるマンションの耐震性!マンション築年数との関係は?

新築マンションであっても中古マンションであっても、マンションで生活する上で、耐震性は気になるとこ...

新築住宅にカーテンレールがない!取り付け等の費用をご紹介

一戸建てを新築する際、多くの方が勘違いしている点があります。それは、「家の建築費にカーテンレ...

注文住宅で新築!その値段はいくらくらい?全国の平均は?

夢のマイホームの購入を考えるとき、やはり一番に気になるのがそのお値段ではないでしょうか。家は...

新築の壁紙はどう決める?コーディネートする際のポイント

マイホームを新築した方の中には壁紙で後悔したという方も多くいます。住んでから壁紙で後悔するの...

マンションでの掃除機使用は、何時までなら許される?

長時間大きな音がする掃除機は、苦情が出やすい生活音のひとつです。しかし、お仕事などで日中家に...

お悩み解決!マンションのリビング・レイアウトの基本

マンションのリビングにはさまざまな形があります。縦型や横型など、部屋の形状によって家具の...

子育て世代が木造アパートに住む際の注意点!子供の騒音対策

子育て世代の方で木造アパートにお住まいの方、または木造アパートへの引っ越しを予定している方は多く...

角地は外構がないと侵入される?通り抜け防止の方法とは?

角地は人気のある土地です。その土地にこだわりのマイホームを建てたなら、外構にもこだわりたいで...

マンションにWiFiが完備!?無料でインターネットを楽しもう

賃貸マンションの中には、WiFiが無料で完備されている物件があります。WiFiとはインターネ...

新築ではコンセントに失敗しがち!?成功する秘訣とは?

初めて建てる新築で、「まったく失敗も後悔もなかった」という人はどれぐらいいらっしゃるでしょうか。...

マンションのベランダには決まりが多い!バーベキューは可?

マイホームとしてマンションを購入した方もいることでしょう。その場合マンションでの生活を楽しみ...

アパートでの音楽鑑賞は何時まで認めるかについて考えよう!

アパート経営で考慮すべき点は沢山あります。相場に合わせた家賃や、管理費の設定はもちろんで...

マンションの建て替えは築年数が経過しても難しいのが現状?

築年数の経っているマンションや、古いマンションにお住まいの方は、「あとどれほど住めるのだろうか」...

マンションの維持管理には管理費用が必要!滞納時の対応は?

マンションの維持管理トラブルでしばしば見られるのが、「管理費の滞納」です。マンションの維持管...

スポンサーリンク

収納に便利!トランクルームとは何?

はじめに、トランクルームがどのようなものかについてお話ししていきます。

トランクルームとは、簡単にいえば倉庫や収納庫のことです。

その中でも、マンションにおけるトランクルームは、住戸の外に設置された収納スペースを指す場合もあります。

間取り図では「TR」と表記されていることが多く、これは「Trunk Room」の頭文字をとっています。

また、トランクルームは「トランクスペース(Trunk Space)」と呼ばれることもあるので、「TS」と表記されることもあるようです。

マンションで生活する人の悩みの一つには「収納不足」も挙げられますから、トランクルーム付きのマンションは収納スペースが増やせるのでとても魅力的です。

そんなマンションのトランクルームにも種類がありますので、次の項でご紹介していきます。

マンションのトランクルームの種類とは?

マンションのトランクルームには、大きく3つの種類があります。

まず1つめは、トランクルームが部屋ごとに設置されているタイプです。

このタイプのほとんどは、マンションの各部屋の玄関横やバルコニーの壁に、扉付きのトランクルームが備わっています。

大きさは、比較的小さめであることが多いでしょう。

原則的に、このタイプのトランクルームであれば使用料はかからないとされています。

2つめは、トランクルームが敷地内の離れた場所にあるタイプです。

マンションの駐輪場付近であったり、別棟であったりと、敷地内の1箇所にトランクルームがまとめて設置されています。

このタイプでは、マンションの戸数よりもトランクルームの数が少ないことが一般的です。

そのため、トランクルームを借りたいという希望者が、毎月レンタル料を支払って借りることになるでしょう。

大きさは1畳前後のものが多いようです。

3つめは、提携のトランクルーム会社を利用するタイプです。

マンションの管理会社とトランクルーム会社が提携している場合、その提携先のトランクルームを借りることができます。

この場合はマンションの敷地内ではなく、敷地外の倉庫を利用することになるでしょう。

希望日を伝えておくと、荷物の搬入・搬出を行ってもらえるので、重い荷物を収納したい場合はとても便利です。

一定の量までであれば、通常のトランクルームよりも割安な使用料で済むことも多いです。

トランクルームの収納におすすめのものとは?

マンションのトランクルームについてお話をしてきたところで、ここではトランクルームの収納におすすめのものをご紹介していきましょう。

●季節ものの収納

例えば、冬用のお布団は、寒い時期にしか使用しませんよね。

こういった、季節が限定されるものをトランクルームに収納しておくのです。

高い頻度で使用するものを収納してしまうと、トランクルームから取り出すのも大変ですから、季節ものの中でも大きいものの収納に利用してみましょう。

お布団だけでなく、衣服の収納にも便利です。

クローゼットの中身を「春夏ver.」と「秋冬ver.」に入れ替えする際、使用しない季節の衣服はトランクルームに収納するのも良いですね。

●ホビー品の収納

アウトドアなどの趣味がある方ですと、そのアイテムの収納に困ることもあるでしょう。

サイズの大きいものであったり、室内に持ち込むのに抵抗があったりするものであれば、なおさら収納に悩むかと思います。

この場合でもトランクルームは便利です。

特に玄関横や離れたところにトランクルームであれば、室内に持ち運ばずに収納が可能です。

季節もの同様、オフシーズンがある趣味の場合は、使用することがほとんどない時期にトランクルームを活用するのがおすすめです。

トランクルームに収納する際の注意点!環境を確認しよう

収納スペースを確保できる便利なトランクルームですが、収納する際には注意しなければいけないことがあります。

最もと言っていいほど重要なことは、トランクルームの環境を確認することです。

環境によっては、お布団や衣服などをトランクルームに収納できない場合もあるのです。

例えば、玄関横のトランクルームであれば、空調管理がされている内廊下ですと環境の変化が穏やかですので、衣服等の収納にも使えます。

しかし、外廊下やバルコニーに設置されているトランクルームであれば、温度や湿度の変化が大きく、場所によっては雨水が吹き込んでくる可能性もあるため、衣服等の収納にはおすすめできません。

マンションの部屋から離れた場所に設置されているトランクルームや、提携のトランクルーム会社の場合も、一度トランクルームの環境を確認してから使用にうつるようにしましょう。

マンションではトランクルームを利用できない場合もある!

また、マンションのトランクルームの注意点としては、収納のために使用したくてもできない場合があることも挙げられます。

お話の中でお伝えしたように、特に敷地内でも部屋から離れた場所にトランクルームが設置されている場合、マンションの戸数よりもトランクルームの数が少ないことが一般的です。

戸数よりもトランクルームの数が少ない新築マンションに入居する場合では、トランクルームの希望者が多いと、入居前に抽選する場合もあります。

そのため、もし抽選からはずれてしまえば当然、トランクルームを使用することはできません。

中古マンションの場合でも、トランクルームが全て使用されていれば使うことはできないので、空きが出るまで待つことになるでしょう。

ですから、トランクルーム付きのマンションに入居しても、必ず使用できるというわけではないということを頭に入れておいてくださいね。

トランクルームはマンションのもの!規約をチェック!

収納に便利なトランクルームですが、他にも注意点があります。

それは、トランクルームはあくまでも「マンションのもの」ということです。

マンションのトランクルームには「専用使用権」という、契約者が独占的にトランクルームを使用することができるという権利が認められています。

ですから、多くの方は自分たちの思いのままに使うことができると思いがちです。

しかし、専用使用権が認められていても、原則的にはトランクルームはマンションの共用部分です。

共用部分というのは、管理組合の許可なくリフォーム等の行為をすることはできません。

そのため、自分たちの使い勝手が良いように、トランクルーム内を勝手に改造することは基本的にはできません。

ただし、玄関の横のトランクルームの場合は、専有部分に含まれることもあります。

この場合は、所有者が単独で所有している部分と認められますので、トランクルームを改造しても良いとされる場合もあるでしょう。

まずはマンションの管理規約を確認し、改造しても良い場合のみトランクルームの改造をするようにしてください。

快適なマンションライフになるようトランクルームを活用しよう!

収納スペースを増やすことができるマンションのトランクルームは、特に季節ものなどの収納に便利です。

しかし、トランクルームの収納時や使用するうえで注意しなければいけないことがあります。

ここでお話しした注意点を頭に入れて、快適なマンションライフになるよう、トランクルームを有効に活用してみましょう。