CATEGORY

土地

  • 2020年11月23日

底地によくあるトラブル

借地契約は長期に渡る契約になりますので、トラブルを経験することもあるでしょう。もしあなたが、すでになんらかのトラブルを抱えているのであればこの記事が参考になることを願っています。あなた以外の地主の方も同じ様な経験をしているものです。ここでは代表的なトラブルをご紹介しますので、解決の参考にしていただければ幸いです。

  • 2020年11月16日

借地契約書がない場合

借地契約においては、書面で契約書が残っていないというケースがあります。原契約は数十年前に交わしていますし、更新契約を行わず法定更新をしていることも珍しくありません。その場合、どういった対応が必要になるのかをご説明します。

  • 2020年11月9日

借地権の名義に関するトラブル

不動産を相続しても、相続登記をしていないというケースを見かけます。相続登記には費用も発生しますし、しなかったとしても罰則はありません。しかしながら、借地権においては大きなトラブルに発展することがありますので注意が必要です。

  • 2020年11月2日

借地人と契約条件が折りあわない

借地契約においては、契約条件を変更することが容易ではありません。そのため、地代の増減交渉や更新料の取り決めで苦労をされた地主の方も多いことでしょう。今回は契約条件が折り合わない場合、どうすれば良いのかをお伝えします。

  • 2020年10月26日

買取金額に納得ができない場合

買取業者が提示する買取金額に納得できなかった場合に、あなたが採ることができる選択肢についてまとめました。「底地売却.com」 では複数の相手に一括で買取金額を出してもらうため、買取金額の相場はご理解いただけると思います。では底地の買取金額が納得のいく金額にならなかった場合、どのような手段が残っているのでしょうか?いくつかご紹介いたします。

  • 2020年10月19日

【保存版】借地権について説明します

・借地権とはどのような権利か・借地権には「土地賃借権」と「地上権」の2種類がある・借地権を定めた法律は「借地法(旧法)」と「借地借家法(現行法)」の2種類があるこのページは、借地権についてなるべく詳しく完結にまとめて説明いたします。

  • 2020年10月8日

地目が「山林」の土地を駐車場として活用するための注意点

地目が「山林」となっている土地は、林業などに携わっていない場合、使い道に困ってしまいますね。固定資産税は低いものの、ただ所有しているだけでは、税金を払い続けるだけの土地になってしまいます。今回は、地目が山林の土地についての規制や、駐車場経営をする場合の注意点などをご紹介します。それでは、駐車場として活用する場合、どんな手続きや注意が必要なのか見ていきましょう。

  • 2020年7月16日

地番を知りたい!住所がわかっているときの調べ方とは

「住所は分かるけど地番が分からない…どんな風に調べたらいいの?」と悩んでしまうこともあるでしょう。しかし、実は地番の調べ方は複数あります。そこで今回は、簡単に調べる方法から、地図を使った調べ方までそれぞれご紹介していきます。有料の方法、無料の方法もありますので、ぜひチェックしてみてください。

  • 2020年1月13日

意外な盲点!地目が「山林」の土地を売買する際の注意点!

土地にはそれぞれ地目がありますが、その中でも地目が「山林」となっている土地を売買する際には注意しなくてはならないことがあります。意外な盲点ですので、土地の売買を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

  • 2020年1月13日

地番と住居表示の違いや調べ方・住所が隣家と同じ場合の対処

地番は土地、住居表示は建物を特定するためのものと考えると分かりやすいですが、住居表示ではなく地番が家の住所になっている地域もあります。地番と住所が同じだと、番号に規則性が無かったりして不便だということもありますが、強制的に住居表示にしなくてはいけないというわけではありません。この記事では、地番と住居表示の違いや地番と住居表示の調べ方、隣人と同じ住所だった場合の対処法などをお伝えしていきます。