新築のリビングをおしゃれにコーディネート!そのコツとは?

新築住宅が建つと、どんなコーディネートをしようかウキウキしながらも、悩んでしまうものですよね。

特に、家族が長時間過ごすことになるリビングは、快適かつおしゃれにコーディネートしたいものです。

そこで今回は、リビングをおしゃれにコーディネートするためのコツについてお話していきます。

これから新築住宅を建てる方、コーディネートについて悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新築のインテリアをおしゃれに!実例を参考にしよう!

これから新築を予定されている方は、どのようなインテリアにしようかわくわくされていることと思います...

マンションに引っ越したときのご近所挨拶はどこまで必要?

無事に入居するマンションが決まった後は、少し気持ちが落ち着きますよね。しかし、引っ越し前に新...

ファミリー向けマンションに多い中和室!使い方の例をご紹介

ファミリー向けのマンションの間取りの中に、「中和室」と呼ばれる部屋がある物件もあります。では...

マンションの床を張り替える際の費用は?防音・遮音に注意!

分譲マンションに住んでいる方の中には、床の張り替えを検討している方もいるでしょう。しかし...

【2LDKのマンション探し】まずは間取りパターンをチェック!

2~3人向けと言われている2LDKのマンションですが、間取りのパターンはさまざまです。この記...

新築木造アパートは騒音が多い?音が気になりにくい物件選び

引っ越しを考えたとき、「できれば騒音のしにくい物件に住みたい」と誰もが思うのではないでしょうか。...

1LDK賃貸マンションを東京で借りる場合の相場はどれぐらい?

1LDKの賃貸マンションを東京で借りるとすると、家賃の相場はいくらくらいなのでしょうか。東京...

夢のマイホーム実現のためには新築?リフォーム?徹底比較!

家を購入しようとするとき、新築で家を建てるのか、中古物件をリフォームするのか、迷う方は多くいらっ...

新築のトイレに失敗することも!どんなことで失敗するの?

注文住宅で家を新築し、住んでみてから「失敗した!」と感じる方は意外と多くいます。その失敗と感...

今住宅を購入して大丈夫?タイミングを見極めるポイント

近々マイホームを購入しようと検討している方もいるかと思います。しかし何の計画や考えなしで購入...

新築ならぜひ取り入れてほしい!おすすめ設備のご紹介!

新築には、どのような設備を付けたらいいのでしょうか。新築の家を建てるとき、外装や内装、間取り...

アパートの住人トラブル!学生の騒音にはどう対処するべき?

アパートの住人トラブルでよくあるのが騒音トラブルです。しかし、実は、学生が騒音の原因となって...

アパートのキッチンを使いやすくおしゃれにDIYしよう!

アパートのキッチンを使っていて、もう少し使いやすく工夫してみようと思ったことはありませんか?...

新築内祝いってどういうもの?のし紙にも決まりがあるの?

家を新築すると、親戚や友人などから新築祝いをいただくこともあるでしょう。お祝いをいただいたら...

マンションの換気口の掃除方法は?仕組みを知って掃除しよう

住宅には「24時間換気システム」という換気機能が設けられており、マンションなどの賃貸住宅でも「換...

スポンサーリンク

新築住宅のリビングをおしゃれにコーディネートするには?

念願の新築住宅ともなれば、家中おしゃれにコーディネートしたくなるものですよね。

子供がいる・いないやリビングが広い・狭いなど、家によって悩んだり、こだわりたいポイントは様々でしょう。

特に、家族や来客が集まり、長い時間を過ごすことになるリビングのコーディネートはこだわりたいものです。

おしゃれなリビングにするためには、どのようなコーディネートをしたらいいのか、まずはコツをおさえておきましょう。

主に、新築住宅のリビングをおしゃれにするコーディネートのコツは3つです。

●コンセプトを決める

●カラー選びのポイントをおさえる

●フォーカスポイントを作る

どれも決して難しいことではないので、1つ1つ次項から見ていきましょう。

新築住宅のリビングをおしゃれにコーディネート!まずはコンセプトを決めて!

新築住宅に住む上で、必ず行いたいのが「コンセプトを決める」ということです。

中には、住宅の設計段階からおおよそ決めてしまっているという方もいるかもしれません。

なぜ、コンセプトを決めなければならないのかというと、コンセプトが決まっていないと、どのようなインテリアを揃えたらいいか分からなくなってしまうためです。

「どんなリビングにしようか」と考えた時に、具体的に決まらなくても、おおよそのコンセプトは決めておきましょう。

例えば、以下のようなことを決めるだけでもコーディネートがしやすくなります。

・ナチュラルテイストなリビングにしたい
・モダンな印象にしたい
・シンプルなリビングがいい

もし、希望のコンセプトがなかなか決められない場合には、住宅雑誌や住宅についてのサイトを見てみてもいいでしょう。

気にいるものがあれば、それを参考にしながらコーディネートすることもできます。

おしゃれなリビングにコーディネートするなら色にも注目!

普段生活をしていると、なかなか意識することがないので、いきなり「リビングのコーディネートには色にも注目して!」と言われても困ってしまいますよね。

一口に「リビングをおしゃれにする色を選ぶ」といっても、その中にもポイントがあるのです。

・選ぶのは3色まで
・トーンに強弱をつける
・差し色を選ぶ

まず、部屋の配色は70%(ベースカラー)、25%(メインカラー)、5%(アクセントカラー)となるように3色選びます。

ベースカラーは主に床や壁、天井といった広い部分に使います。

メインカラーはソファやカーテンに使い、アクセントカラーはクッションなどの小物に使います。

ポイントとして、アクセントカラーはメインカラーを引き立たせるような色を選ぶようにしましょう。

新築住宅では、インテリアを一から揃えることも珍しくはないので、意識することをおすすめします。

また、「好みの色でコーディネートしたにもかかわらず、単調なリビングになってしまった」とならないように、同系色でトーンをつけるようにしましょう。

複数の色を使ってしまうと、ごちゃごちゃした印象になってしまうので、注意しましょう。

例えばグリーンを使ったリビングであれば、明るめのグリーンのソファに濃い目の色合いの棚を使ってコーディネートするといった要領です。

差し色で新築のリビングをコーディネート

引き続き、新築のリビングをカラーでおしゃれにするコーディネートについてお話していきます。

部屋のアクセントになるのが差し色(アクセントカラー)です。

これがなくても、リビング自体にまとまりが出るのですが、アクセントカラーを入れることによって、部屋がより一層おしゃれになります。

特に、「リビングに遊び心を入れたい!」を考えている方には、カラーサークル(色相環)の反対に位置する色を選ぶといいでしょう。

例えば、濃い目のブラウンの床に青いソファがあるとすれば、ソファの上にカラーサークルの反対に位置するイエローのクッションを使うといったような方法です。

この方法の注意点は、反対色を選んだら、その色は部屋の3か所にちりばめるように配色する、ということです。

このようにすると、部屋全体のバランスがよくなります。

また、メインカラーと相性のいい色をアクセントカラーにしてみてもいいでしょう。

メインカラーと相性のいい色を選びつつ、季節ごとに色を変えてみてもいいかもしれません。

新築のリビングにフォーカスポイントを!

近年ではあまり見かけなくなってしまいましたが、和室に床の間がある光景など見たことはありませんか。

また、洋室であれば、映画やドラマなどで、リビングに暖炉がある光景を目にしたことがあるという方もいるかもしれません。

このような、部屋の中でパッと視界に入るもののことを「フォーカスポイント」と言います。

新築時にすでに暖炉があったりする場合には、それがフォーカスポイントになりますが、日本においてはそういった家はなかなかないでしょう。

このような場合、フォーカスポイントを作るようにしてコーディネートすることをおすすめします。

例えばどのようなものをコーディネートするのかというと、絵画や観葉植物などといったものがあげられます。

小さなものを飾るのではなく、大きな絵画や観葉植物でコーディネートすることがポイントです。

このようなものをリビングでコーディネートすると、部屋をおしゃれにさせるだけでなく、奥行きを感じさせやすくなるため、空間を広く見せることも可能となります。

「人がきたら部屋のどこに目を向けさせたいか」を考えると、よりコーディネートしやすいでしょう。

新築のリビングは照明にもこだわろう!

ここまで、新築住宅のリビングのコーディネートのコツについてお話してきましたが、照明にこだわることでもリビングをおしゃれに見せることができます。

近年の住宅でよく見られるのは、白っぽい色のシーリングライトであることが多いです。

もちろん、この照明が悪いというわけではありませんが、種類などを変えることでさらにおしゃれなリビングにすることができます。

照明の種類にはシーリングライトの他にも以下のようなものがあげられます。

・ペンダントライト
・シャンデリア
・フロアライト
・テーブルライト

部屋の雰囲気に合わせて照明を選んでみてもいいでしょう。

また、照明の色によっても、部屋の雰囲気をガラリと変えることができます。

例えば青白い明かりであれば、スッキリとした印象の部屋となり、オレンジがかった明かりであれば、落ち着いた印象の部屋になります。

リビングをどのような空間にしたいかを考えながら照明も検討してみてください。

コツをおさえたコーディネートでおしゃれなリビングに

新築住宅のリビングは少しのコツをおさえることで、比較的簡単におしゃれにコーディネートすることができます。

そのコツも、決して難しいことではありません。

リビングは、「コンセプトを決める」「カラー選び」「フォーカスポイントを作る」ということに着目して、さらにおしゃれなリビングにするために照明にもこだわってみましょう。