新築のリビングをおしゃれにコーディネート!そのコツとは?

新築住宅が建つと、どんなコーディネートをしようかウキウキしながらも、悩んでしまうものですよね。

特に、家族が長時間過ごすことになるリビングは、快適かつおしゃれにコーディネートしたいものです。

そこで今回は、リビングをおしゃれにコーディネートするためのコツについてお話していきます。

これから新築住宅を建てる方、コーディネートについて悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

増築した離れに渡り廊下を設置する!その費用と注意点とは?

子どもが結婚し、同じ敷地内で生活しようと考えている場合、空いているスペースにもう1つ住宅を建築す...

マンションにオプションはつけるべき?玄関に鏡はあり?

マンションを購入したとき、悩む問題のひとつには「オプションをつけるべきか」ということも挙げられる...

アパート退去後のトラブルになるかも?立会いなしは避けよう

賃貸アパートは、退去時こそ注意が必要なものです。なぜなら、退去時に多くトラブルが起こるからで...

マンションの広さの平均はどれくらい?広さ別の間取りも紹介

分譲マンション等を選ぶ際、値段とともに気になるのが、「どれくらいの広さがあるか」ということでしょ...

マンションでも光回線で快適インターネット!工事の手順は?

お住まいのマンションで、光回線を使ってインターネットを楽しみたいとお考えの方はいらっしゃいますか...

アパート一階のベランダで視線が気になる!目隠し対策を紹介

アパートの一階部分のベランダは、通行人からの視線が気になりますよね。そのため、「ベランダに洗...

一戸建て中古物件のメリットデメリット・購入方法を解説!

立地や金額などの条件から、マイホームを中古一戸建てにしたいとお考えの方もいらっしゃるかと思います...

マンションを名古屋で購入!新築物件で賃貸経営する前に

名古屋には何度か行ったことがありますが、出会いに恵まれたのか「いい人が多い」というイメージがあり...

新築の家に引っ越し!住民票の移動はいつ行えばいいの?

新築の住宅が完成し、引き渡しまで済んだらいよいよ引っ越しですね。引っ越しに伴い気になるのが「...

不在時でも受け取り可能!マンションの宅配ボックスの使い方

近年多くのマンションに導入されている、宅配ボックス。不在時であっても、荷物を受け取ることがで...

新築住宅の窓の種類と選び方は?基準別のおすすめをご紹介

住宅を新築する際に気になることはいくつもありますが、窓選びもその1つでしょう。どんな窓を付け...

マンション購入のメリット・デメリット!戸建てとの違いは?

マイホームを購入するなら「マンション!」と心に決めている方もいらっしゃるでしょう。しかし、マ...

新築住宅でテレビが見れない!?光・アンテナどっちがいい?

新築住宅が完成・引き渡しが終わると引っ越しを行うことになります。そんな引っ越し作業中にテレビ...

アパートを契約更新する場合!更新手数料に消費税はかかる?

住んでいるアパートの契約期間が満了に近づき、その際契約を更新する方もいることでしょう。そのと...

マンション内覧会!ブログを参考にチェックポイントをご紹介

マンションの契約が済み、待ちに待った内覧会の日が来る前に、ぜひおさえておきたいポイントがあります...

スポンサーリンク

新築住宅のリビングをおしゃれにコーディネートするには?

念願の新築住宅ともなれば、家中おしゃれにコーディネートしたくなるものですよね。

子供がいる・いないやリビングが広い・狭いなど、家によって悩んだり、こだわりたいポイントは様々でしょう。

特に、家族や来客が集まり、長い時間を過ごすことになるリビングのコーディネートはこだわりたいものです。

おしゃれなリビングにするためには、どのようなコーディネートをしたらいいのか、まずはコツをおさえておきましょう。

主に、新築住宅のリビングをおしゃれにするコーディネートのコツは3つです。

●コンセプトを決める

●カラー選びのポイントをおさえる

●フォーカスポイントを作る

どれも決して難しいことではないので、1つ1つ次項から見ていきましょう。

新築住宅のリビングをおしゃれにコーディネート!まずはコンセプトを決めて!

新築住宅に住む上で、必ず行いたいのが「コンセプトを決める」ということです。

中には、住宅の設計段階からおおよそ決めてしまっているという方もいるかもしれません。

なぜ、コンセプトを決めなければならないのかというと、コンセプトが決まっていないと、どのようなインテリアを揃えたらいいか分からなくなってしまうためです。

「どんなリビングにしようか」と考えた時に、具体的に決まらなくても、おおよそのコンセプトは決めておきましょう。

例えば、以下のようなことを決めるだけでもコーディネートがしやすくなります。

・ナチュラルテイストなリビングにしたい
・モダンな印象にしたい
・シンプルなリビングがいい

もし、希望のコンセプトがなかなか決められない場合には、住宅雑誌や住宅についてのサイトを見てみてもいいでしょう。

気にいるものがあれば、それを参考にしながらコーディネートすることもできます。

おしゃれなリビングにコーディネートするなら色にも注目!

普段生活をしていると、なかなか意識することがないので、いきなり「リビングのコーディネートには色にも注目して!」と言われても困ってしまいますよね。

一口に「リビングをおしゃれにする色を選ぶ」といっても、その中にもポイントがあるのです。

・選ぶのは3色まで
・トーンに強弱をつける
・差し色を選ぶ

まず、部屋の配色は70%(ベースカラー)、25%(メインカラー)、5%(アクセントカラー)となるように3色選びます。

ベースカラーは主に床や壁、天井といった広い部分に使います。

メインカラーはソファやカーテンに使い、アクセントカラーはクッションなどの小物に使います。

ポイントとして、アクセントカラーはメインカラーを引き立たせるような色を選ぶようにしましょう。

新築住宅では、インテリアを一から揃えることも珍しくはないので、意識することをおすすめします。

また、「好みの色でコーディネートしたにもかかわらず、単調なリビングになってしまった」とならないように、同系色でトーンをつけるようにしましょう。

複数の色を使ってしまうと、ごちゃごちゃした印象になってしまうので、注意しましょう。

例えばグリーンを使ったリビングであれば、明るめのグリーンのソファに濃い目の色合いの棚を使ってコーディネートするといった要領です。

差し色で新築のリビングをコーディネート

引き続き、新築のリビングをカラーでおしゃれにするコーディネートについてお話していきます。

部屋のアクセントになるのが差し色(アクセントカラー)です。

これがなくても、リビング自体にまとまりが出るのですが、アクセントカラーを入れることによって、部屋がより一層おしゃれになります。

特に、「リビングに遊び心を入れたい!」を考えている方には、カラーサークル(色相環)の反対に位置する色を選ぶといいでしょう。

例えば、濃い目のブラウンの床に青いソファがあるとすれば、ソファの上にカラーサークルの反対に位置するイエローのクッションを使うといったような方法です。

この方法の注意点は、反対色を選んだら、その色は部屋の3か所にちりばめるように配色する、ということです。

このようにすると、部屋全体のバランスがよくなります。

また、メインカラーと相性のいい色をアクセントカラーにしてみてもいいでしょう。

メインカラーと相性のいい色を選びつつ、季節ごとに色を変えてみてもいいかもしれません。

新築のリビングにフォーカスポイントを!

近年ではあまり見かけなくなってしまいましたが、和室に床の間がある光景など見たことはありませんか。

また、洋室であれば、映画やドラマなどで、リビングに暖炉がある光景を目にしたことがあるという方もいるかもしれません。

このような、部屋の中でパッと視界に入るもののことを「フォーカスポイント」と言います。

新築時にすでに暖炉があったりする場合には、それがフォーカスポイントになりますが、日本においてはそういった家はなかなかないでしょう。

このような場合、フォーカスポイントを作るようにしてコーディネートすることをおすすめします。

例えばどのようなものをコーディネートするのかというと、絵画や観葉植物などといったものがあげられます。

小さなものを飾るのではなく、大きな絵画や観葉植物でコーディネートすることがポイントです。

このようなものをリビングでコーディネートすると、部屋をおしゃれにさせるだけでなく、奥行きを感じさせやすくなるため、空間を広く見せることも可能となります。

「人がきたら部屋のどこに目を向けさせたいか」を考えると、よりコーディネートしやすいでしょう。

新築のリビングは照明にもこだわろう!

ここまで、新築住宅のリビングのコーディネートのコツについてお話してきましたが、照明にこだわることでもリビングをおしゃれに見せることができます。

近年の住宅でよく見られるのは、白っぽい色のシーリングライトであることが多いです。

もちろん、この照明が悪いというわけではありませんが、種類などを変えることでさらにおしゃれなリビングにすることができます。

照明の種類にはシーリングライトの他にも以下のようなものがあげられます。

・ペンダントライト
・シャンデリア
・フロアライト
・テーブルライト

部屋の雰囲気に合わせて照明を選んでみてもいいでしょう。

また、照明の色によっても、部屋の雰囲気をガラリと変えることができます。

例えば青白い明かりであれば、スッキリとした印象の部屋となり、オレンジがかった明かりであれば、落ち着いた印象の部屋になります。

リビングをどのような空間にしたいかを考えながら照明も検討してみてください。

コツをおさえたコーディネートでおしゃれなリビングに

新築住宅のリビングは少しのコツをおさえることで、比較的簡単におしゃれにコーディネートすることができます。

そのコツも、決して難しいことではありません。

リビングは、「コンセプトを決める」「カラー選び」「フォーカスポイントを作る」ということに着目して、さらにおしゃれなリビングにするために照明にもこだわってみましょう。