2LDKのレイアウトに悩む…新婚時必須インテリアとレイアウト

2LDKの部屋で新婚生活をスタートさせるという方もいるのではないでしょうか。

しかし、新婚生活をスタートさせるうえで、どのようなインテリアが必要なのかも分からないことも少なくありません。

そのため、どのようなレイアウトにするべきかも悩んでしまうでしょう。

そこで今回は、どのようなインテリアが必要なのか・どのようなレイアウト方法があるのかについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

1LDKで子育てするなら!家具選びやレイアウトを工夫しよう!

これから赤ちゃんが生まれる予定のあるご家庭で、今1LDKに住んでいる場合、このまま子育てできるかどう...

音の響く部屋を自分で改善!簡単にできる防音対策をご紹介

アパートなどの賃貸に住んでいると、物件の構造によっては隣人の生活音が部屋に響くことがあります。...

木造は避けるべき?賃貸物件に子供連れで住むなら騒音に注意

子供連れで賃貸物件を借りる場合、間取りや周辺環境、築年数を重視する方は多くいらっしゃいます。...

内窓に飾り棚!DIYでリメイクして窓をおしゃれで実用的に

今DIYで、おしゃれな窓枠を作り、インテリアと一体感をもたせたリメイクを楽しむ人が増えています。...

ニッチは玄関に合ったサイズにリフォームし実用的にしよう!

所有する賃貸マンションのリフォームをしようと考えている大家さんもいるかもしれません。その際、...

2LDKのレイアウト!4人家族の暮らしのコツとは?

2LDKというと、新婚の夫婦が住み始める広さの間取りとしてポピュラーではないでしょうか。...

防犯のために窓をロックするなら100均グッズを活用しよう!

現在、借り手がいなくて空いている部屋の、防犯は万全でしょうか?部屋の中には何もないからと安心...

賃貸でも簡単にできる窓の防寒対策とおすすめの断熱ボード

「朝起きると部屋が冷え込んでいて暖房も効きが悪い」という経験が、一度はあるのではないでしょうか。...

窓に断熱フィルムを施工して効果を実感!DIY方法もご紹介

夏にエアコンで部屋を冷やした時、冷えづらく感じたことはありませんか。室温が一定に保たれな...

2LDKの賃貸物件はスペースを有効活用したレイアウトにしよう

賃貸物件に恋人や友人、家族で住む場合、おすすめなのは2LDKの間取りです。その2LDKに...

窓から侵入する虫をなんとかしたい!小さい虫除け対策とは?

暖かい季節になるにつれ、外の虫達も活発的に動き始めます。特に、夏の暑い季節になると、小さい虫...

カーテンの機能性を高めるリターン!やり方次第で効果上昇?

私たちがよく目にするカーテンは、多くの機能が備わったものが販売されています。また、その機能を...

築年数の古いアパートでもおしゃれにすれば借り手は付く!

築年数が古いアパートの入居者を増やすのは、簡単なことではありません。大家さんは住んでほしくて...

1LDKのレイアウト!縦長「LDK」ならではの家具の置き方とは

1LDKは、広めの部屋を2部屋確保できるため、一人暮らしの方にとっては快適に住める間取りです。...

マイホームの窓から隙間風が!新築を購入する上での注意点!

新築物件は「夢のマイホーム」とも言われるように、私達に夢の暮らしを与えてくれます。しかし、せ...

スポンサーリンク

「2LDK」とは何?レイアウトに必須!新婚夫婦に必要なインテリアは?

新婚夫婦が2人で住むために部屋選びをする際、2LDKの間取りは比較的レイアウトしやすいと言われています。

2LDKはマンションやアパートでもよく見られる間取りで、LDK(リビング・ダイニング・キッチン)の他に2つの居室のある間取りです。

この2LDKの間取りの部屋をレイアウトするにあたり、「どんなインテリアが必要なの?」と悩んでしまいがちです。

2LDKのレイアウト方法のご紹介をする前に、必ず必要になるインテリアと、あったらおしゃれになるインテリアをご紹介していきます。

まずは必要になるインテリアをご紹介していきましょう。

【ダイニングテーブル】

一人暮らしでは使っていなかった人もいるかと思いますが、新婚夫婦にはあった方が良いでしょう。

夫婦で落ち着いて食事を摂ることができることはもちろん、来客があった場合にもあった方が何かと便利です。

【ソファ】

リビングで2人でくつろぐ際にソファがあると会話も弾むことでしょう。

また、リビングとダイニングを分ける際にも一役買うので便利なインテリアです。

【食器棚】

やはり、一人暮らしの時よりも、食器の数は増えますので、食器棚はあった方が良いでしょう。

選び方のポイントとしては、ダイニングテーブルとテイストを合わせると統一感が出やすくなります。

2LDKで新婚夫婦は新生活!レイアウトするインテリアはこんな物も!

2LDKの間取りの部屋で、新婚夫婦が部屋をレイアウトする際には他にもこのようなインテリアがあると良いでしょう。

【ベッド】

使い方やライフスタイルによって、シングルを2つ用意するか、ダブルやクイーンのサイズで1つ用意するか異なってくるでしょう。

平均価格は、ダブルベッドの場合では5~15万円とかなり差があります。

【チェスト】

単純に考えて、一人暮らしから二人暮らしになるので、その分荷物も増えることとなるので、チェストはあった方が良いでしょう。

2LDKの間取りの部屋にも、収納が備わっていますが、それだけでは足りなくなってしまうことも容易に考えられます。

寝室にチェストが設置できるのであれば、少し大きめのものを購入すると良いかもしれません。

【テレビ台】

ソファーに座りながら寛いでテレビを観るには、テレビ台の存在も不可欠です。

おすすめなのは、配線が見えにくくなる扉のついた収納のあるタイプです。

新婚夫婦におすすめ!2LDKの部屋をおしゃれにレイアウトするためのインテリア

ここからは、新婚夫婦の住む2LDKの部屋をおしゃれにレイアウトするためのインテリアをご紹介していきます。

【ローテーブル】

リビングにローテーブルがあると、リビングがさらに快適になることでしょう。

また、ソファとテイストを合わせるとおしゃれにレイアウトすることができます。

部屋に圧迫感を与えないためにも、ソファとローテーブルはコンパクトなサイズのものにすることがおすすめです。

【ラグ】

意外と忘れてしまいがちなラグですが、あるのとないのとでは、部屋の雰囲気はガラリと変わります。

雰囲気を変えるだけでなく、インテリアを床に配置する際に、床をキズや汚れから守る役割もあるので、新居が決まったら用意しておくと良いでしょう。

大きさの目安は、ローテーブルより少し大きめの方がちょうど良いです。

【間接照明】

新婚夫婦におすすめなのは、リビングやベッドサイドに間接照明を置くことです。

リビングに間接照明を設置すると、映画を見るときなどに集中しやすくなります。

ベッドサイドの間接照明は、読書をしたりする際に便利でしょう。

2LDKに住む新婚夫婦におすすめレイアウト!

ここからは、2LDKでの新婚夫婦におすすめなレイアウトについてお話していきます。

2LDKの間取りの物件というのは、2つの居室ははっきりと分かれていることが多いですが、リビングとダイニングがはっきりと分かれているということはなかなかないものです。

そこでおすすめなレイアウトが、「ソファを仕切りにする」というレイアウトです。

「くつろぐスペースであるリビングと食事を摂るスペースのダイニングは分けてしまいたい」と考える人も多いでしょう。

そういった場合には、リビングとダイニングの間となる部分にソファを配置してしまうのです。

イメージとしては、ダイニングスペースに背を向けるようにして、ソファを配置します。

このようにすることで、壁があるわけではないにもかかわらず、きちんと空間を分けることができます。

また、「リビングとダイニングは分けなくても良いから、部屋を広く使いたい」と考えている場合には、あえてソファを部屋の奥に配置することで、広く使うことができます。

このようにすると、空間を遮るものがないので、部屋が広く見えます。

2LDKに住む新婚夫婦におすすめ!寝室のレイアウト

2LDKの間取りで新婚夫婦が暮らす場合、2つある居室のうち1つを寝室として使うことになるでしょう。

このとき、寝室はどのようにレイアウトしたら使いやすいか考えてしまいますよね。

レイアウトする際におすすめしたいのが「2人の生活リズムに合わせたレイアウトする」ということです。

夫婦とはいえ、仕事柄1人は夜勤で1人は日勤という勤務形態の違いや、それぞれの就寝時間と起床時間が異なる、といったように生活リズムが異なることがあります。

こういった場合には、ベッドは居室の真ん中に配置すると良いでしょう。

このようにするとベッドの両サイドが使えるので、1人が先に寝ていても、もう1人が起きるときに邪魔になることがないのです。

もし、2人とも就寝時間・起床時間に大きな差が無ければ、居室の壁に寄せるようにしてレイアウトしても良いでしょう。

こうすると、居室を広く使うことができます。

物件によっては、テレビやチェストなどを置くこともできるでしょう。

意外と余ってしまう?2LDKの居室の使い方の提案

2LDKの間取りで新婚夫婦が暮らすことになると、部屋の使い方としては、リビングとダイニング、キッチン、寝室とそれぞれに役割を持たせることができます。

しかし、このままでは居室が1つ余ってしまうことになってしまいますよね。

そこで最後に、この残った居室の使い方についてご提案していきます。

この居室は、もちろん大きな物置部屋として使ってみても良いでしょう。

しかし、それだけではもったいないです。

例えば、「個人のスペースとして使う」という方法が取れます。

いくら新婚夫婦でも、ときには喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。

このようなときに、1人になるスペースがないと息が詰まってしまうということもあります。

余っている居室に、仕切りを作るようにレイアウトすることで、それぞれの個人スペースを確保することができます。

個人スペースとして使える部屋があれば、そこで気持ちを落ち着けることもできます。

また、喧嘩したとき以外にも、1人でのんびりしたいときや趣味に没頭したときなどに、このような空間があると便利です。

他にも、パソコンや書棚を置いて書斎として使う、プロジェクターなどをつけてシアタールームにする、なども良いでしょう。

2LDKで新婚生活が素敵に過ごせるようにレイアウトをしてみよう

2LDKでの新婚生活というのは、一人暮らしをしているときよりも、物は多くなりますが比較的レイアウトがしやすくなります。

コンセプトなどを決めておけば、おしゃれな部屋にすることもできるでしょう。

2人で仲良く暮らしていくためにも、レイアウトする際はよく相談しながら行いましょう。