2DKで二人暮らし!各部屋の活用法を考えてから家具を配置!

アパートへの引っ越しを検討しているカップルや夫婦は、どのような間取りにするかもうお決まりですか。

ここでは、さまざまな活用法がある「2DK」の間取りのアパートをおすすめします。

2DKは配置する家具をよく選び、また適した場所に置くことで、快適に生活を送ることができます。

メリットがたくさんある2DKのアパートで、快適な二人暮らしを目指しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

窓サッシの色はどう選ぶ?色決めのポイントや注意点をご紹介

注文住宅のメリットは、間取りや外観、仕様など、様々な要望を実現できる自由度が高いことにあります。...

木造の新築住宅でも気になる!騒音対策はどうしたらいい?

木造の新築住宅に住むことになったときに、騒音について心配になることはありませんか。木造住宅は、...

カーテンの機能性を高めるリターン!やり方次第で効果上昇?

私たちがよく目にするカーテンは、多くの機能が備わったものが販売されています。また、その機能を...

音の響く部屋を自分で改善!簡単にできる防音対策をご紹介

アパートなどの賃貸に住んでいると、物件の構造によっては隣人の生活音が部屋に響くことがあります。...

2LDKのレイアウトは2人暮らしの生活リズムから考えよう

恋人との同棲や新婚生活の住まいとして、よく選ばれるのが2LDKです。単身者向けの1LDK...

ロフトベッドを活用しスペースを有効活用!暑い悩み解消方法

賃貸する物件にもよりますが、一部屋はそれほど広くはありませんよね。「ベッドを使いたいけれど、...

ベランダ用窓のカーテンの長さは?カーテンの採寸と選び方!

カーテンを選ぶとき、窓の大きさに合わせて選ぶことが多いですよね。では、ベランダ用窓のカーテン...

憧れのニッチを我が家にも!玄関は横長ニッチで決まり!

注文住宅を検討している方の中には、「おしゃれな家でよくみかけるニッチを我が家でも取り入れたい!」...

1LDKで「二人暮らし」!快適に過ごせるレイアウトとは?

夫婦やカップルで二人暮らしを始めるとき、お互いがストレスなく快適に過ごせるように部屋のレイアウト...

2DKレイアウトをご紹介!ファミリーで快適に暮らすポイント

間取りが「2DK」の賃貸アパートにファミリーで住むのは、少し手狭だと感じる人も多いでしょう。...

1LDKの一人暮らしの快適な家具配置は?レイアウト例をご紹介

1LDKで一人暮らしをしたいと考えている人にとって、気になるのが家具の配置をどうするかということ...

納戸を有効に使って収納しよう!アイデア次第で家が変わる

あなたは納戸を上手に活用できていますか?収納力を上げて、室内をスッキリさせるためには納戸をど...

1LDKのレイアウト!カウンターキッチンは開放的で使いやすい

パートナーとふたりで1LDKで新しい生活をスタートしようとしたとき、おしゃれなカウンターキッチン...

2LDKの賃貸アパートで2人暮らし!家具の配置はどうする?

カップルや夫婦が賃貸アパートに住むのなら、2LDKの間取りを選ぶことをおすすめします。ま...

窓の防犯対策に面格子を後付け!選び方や取り付け方は?

近年、家の防犯においては「窓の防犯」も重要であると言われています。そのため、窓の防犯対策...

スポンサーリンク

2DKとはどんな間取り?二人暮らしに向いてる?

まず、2DKの間取りについて把握していきましょう。

2DKはDK(ダイニング・キッチン)と居室が2つある間取りのことを言います。

DKの大きさは6畳以上10畳未満となっており、居室2つの大きさは特に定義はありませんが、一般的には6畳くらいであることが多いです。

よく似た間取りに2LDKがあげられますが、2LDKはLDK(リビング・ダイニング・キッチン)と居室が2つある間取りのことを言い、DKよりもLDKの方がスペースが広いという特徴があります。

その分、家賃も高い傾向にあります。

では、2DKの間取りに関してですが、どのような人に向いている間取りなのでしょうか。

2DKは、カップルや夫婦などの二人暮らしに向いています。

また、居室が2つあることから、二~三人くらいの家族でも居住できるようになっています。

万が一、この先子供が生まれても、家具の配置などを変えればそのまま住み続けることが可能でしょう。

また、2DKで一人暮らしをする方も中にはいらっしゃいます。

在宅の仕事をしている、収納すべき荷物が多い、趣味に没頭できる部屋が欲しいなど、その理由はさまざまですが、一人暮らしの部屋の家賃にしては少し高くなりやすいため、よく検討することをおすすめします。

2DKのメリットを知って正しく家具を配置しよう

2DKのアパートでの二人暮らしを検討していると、どのようなメリットがあるのか気になるところでしょう。

ここでは、2DKのメリットをまとめてご紹介します。

●家賃が安い

2DKは比較的築年数が経過したアパートが多く、その理由もあって1LDKや2LDKよりも家賃が安い傾向があります。

家賃を抑えて貯蓄すると決めて、あえて2DKのアパートに入居を決めるカップルも少なくありません。

●DKの臭いがほかの部屋に届きづらい

キッチンで料理をすると、あとに残った臭いが気になるものです。

料理によってはなかなか臭いが取れないこともありますが、2DKであれは居室2つと扉で分けられているため、臭いが届きづらいでしょう。

●人を気軽に呼べる

2DKであれば、DKの家具の配置をリビングのようにすることで、友達などを気軽に呼びやすくなります。

また居室を寝室としていた場合、扉を閉めていれば目につく心配もないでしょう。

2DKのアパートで二人暮らし!デメリットはある?

2DKで二人暮らしをするのなら、メリットを知ると同時にデメリットも把握しておきましょう。

以下でデメリットをまとめてご紹介します。

●築年数が古い物件が多い

先ほどは家賃面でメリットとなった築年数の古さですが、内装や配管の劣化が見られる物件も存在します。

気になる方は、2DKでもリフォーム済のアパートを探すことをおすすめします。

その際は、部屋の内装だけでなく、配管も新しいものに交換されているかチェックしておきましょう。

●光熱費の問題

古い物件ではエアコンが各部屋に設置されていないことが多く、1つのエアコンで2つの部屋を冷やさなければならない状況もあります。

部屋がドア1つでつながっている場合は、部屋全体がなかなか冷えず、エアコンの稼働効率が悪くなり電気代が上がってしまうことが予想されます。

エアコンを各部屋に設置する場合は実費となるため、よく検討しましょう。

●スペースの使い方が難しい

2DKは小さな部屋がくっ付いてできている間取りなので、それぞれの部屋の使い方をきちんと決めないと、スペースが余ってしまう部屋と、もので溢れかえる部屋が極端になります。

最初に部屋のレイアウトを考えて、家具の配置をしていきましょう。

これについては次項で詳しくご説明します。

2DKの二人暮らしの基本レイアウト!家具の配置のおすすめ

ここでは、2DKの基本的な二人暮らしのレイアウトを考えていきましょう。

2DKの間取りを活かして家具を配置することが、快適に生活するポイントとなります。

まずはDKと居室2つの使い方を最初に決めていくことになりますが、DKは食事を取る「ダイニング」、居室の1つをくつろぐ「リビング」、もう1つを「寝室」に決めましょう。

DKにはダイニングテーブルとチェアを置き、スペースに余裕があれば小さめのテレビも設置します。

こうすれば、朝の忙しい時間にも、朝食やお弁当をつくりながらニュースや天気予報などの情報を知ることができるでしょう。

作った食事はすぐそばのダイニングテーブルで食べるため、生活動線に無駄がありません。

また、居室のリビングにはソファ、テレビ、観葉植物などを置きましょう。

ソファは3シーターほどある大き目のタイプがおすすめです。

大人の男性が横になって休めるタイプのソファを選び、ゆったりとテレビを楽しみましょう。

リビングにもテレビがあれば、カップルでそれぞれ好きな番組を楽しむことができます。

リビングは、あくまでくつろぐ空間を目指すことが重要です。

そして最後に寝室ですが、ベッド以外のものをなるべく置かないようにしましょう。

落ち着いた空間を目指すには、シンプルな部屋にすることが大切です。

また、お互いの睡眠を邪魔しないように、シングルベッドを2台並べ、マットレスや掛け布団はそれぞれ別にすることをおすすめします。

2DKの収納のおすすめ術!棚を配置して見せる収納に

築年数が古い2DKでは、収納が少ない間取りも多いでしょう。

二人暮らしをすると、衣類や荷物は二人分です。

ここでは、2DKでの収納の工夫をご紹介していきます。

●棚付き家具を活用する

備え付けの収納が少なければ、棚付きの家具を配置して活用しましょう。

ベッド下収納や、収納力のある大きなテレビボードなど、家具に付随した収納を活用するのがおすすめです。

収納棚を配置すると場所をとるため、あくまでも収納がメインではない家具選びがポイントとなります。

●壁を利用したスタッキングシェルフ

無印良品などで販売している、スタッキングシェルフを壁付けにして使用するのもおすすめです。

こちらは見せる収納として、本やタオルなどを収納でき、なおかつ圧迫感がありません。

あまり見られたくない小物などは、バスケットにまとめて入れてシェルフ内に収めましょう。

こうすることで、一体感が出ておしゃれに見せることができますよ。

考えよう!2DKで二人暮らしをした際の居室2つの使い方

続いては、2DKのアパートで二人暮らしをする際の、2つの居室の使い方を考えていきましょう。

先ほどは「リビング」と「寝室」として提案しましたが、それ以外の活用法になります。

●1つを作業部屋にする

居室の1つを作業部屋として、仕事をしたり、趣味の部屋として活用しましょう。

集中して作業をしたい時、居室であればパートナーに邪魔されることなく没頭することができます。

机やパソコンなどを配置して、作業のはかどる部屋にすると良いでしょう。

●それぞれの個室にする

2つの居室をそれぞれの個室として使用する方法です。

プライベートな空間を持つことは大事ですが、それ以上に生活リズムのずれは、相手へのストレスへと繋がります。

それぞれの部屋にベッドを配置すれば、深夜に帰宅する仕事でも、相手に配慮することができるでしょう。

この場合、普段はDKが活動する場所となるため、ダイニングテーブルにはL字ソファなどを合わせて、くつろげるダイニングを作りましょう。

DKにソファがあれば、食事をとらない時もソファでくつろぎながらテレビを見ることができます。

2DKでの二人暮らしはレイアウトを考えてから家具を配置!

2DKのアパートは比較的家賃が安いため、これから貯蓄する予定のカップルや夫婦におすすめの間取りです。

実際に部屋を決めたら、どの部屋をどのように活用するのか最初に考えましょう。

何も考えずに引っ越しをすると、もので溢れかえる部屋が出てきてしまう可能性が高いです。

おすすめなのは、DKを食事スペースの「ダイニング」、居室をくつろぐ「リビング」と「寝室」にすることです。

そして各部屋に合った家具を配置することで、快適な生活を送ることができるでしょう。