1LDKの東京都内の分譲マンションは独身女性におすすめ!

ここ数年、独身女性が将来に備えて分譲マンションを購入するケースが多くなっています。

なかでも、資産としての価値が下がりにくく、快適に暮らせる1LDKの分譲マンションは人気のようです。

今回は、東京都内に住む女性が、1LDKの分譲マンションを購入するときのポイントについてご紹介していきます。

分譲マンション購入を考えている方は必見です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

2DKに住みたい!東京で2DKの賃貸の家賃相場はどれくらい?

2DKは、これから同棲を始める人や、結婚して夫婦で住む家を探している人たちに人気の間取りです。...

2LDKの賃貸住宅を福岡で探すなら?おすすめエリアをご紹介!

2LDKの賃貸住宅を福岡で探す、という方は多いことでしょう。賃貸住宅とはいえ、長く住むこ...

「1LDKのひとり暮らし」に必要な広さの目安はどれくらい?

ひとり暮らしをする場合、必要な部屋の広さはどれくらいが良いのでしょうか。あまりに広いと持て余...

2K、2DK、2LDK?同棲するのにぴったりな間取りは一体どれ?

これから同棲をスタートさせるときに、決めなければならないのがお部屋の間取りですよね。お部屋の...

後悔しない窓とは?気になるサイズや規格・位置をご紹介

窓は、その大きさや取り付ける場所が少し違うだけで、生活環境に大きな影響を与えます。光や風を室...

ラーメン構造と壁式構造の違い!メリットとデメリットとは

建物に興味を持つと、ラーメン構造と壁式構造の違いについても、知りたくなってくるのではないでしょう...

鉄骨造の外壁材にはどんな種類がおすすめ?注目のALCとは?

鉄骨造の住宅は、大手ハウスメーカーの多くで採用されており、実際に注文住宅でも人気を集めています。...

内装のしつこいベタベタ汚れを、短時間で簡単に除去する方法

引っ越したばかりの賃貸住宅や長く住んでいる家で、ふとした時に「なんだか内装がベタベタする…」とベ...

1LDKでの二人暮らしは狭い?快適に過ごす間取りとレイアウト

1LDKでの二人暮らしは狭いと感じている人はいるかもしれません。1LDKのリビングダイニング...

木造と軽量鉄骨造の違いは?どちらが暮らしやすい?

住宅の購入を考える際はどこを重視しますか。外観、間取りなど目で見て分かるところはもちろんのこ...

1LDKの物件を大阪で賃貸するときの相場と注意する点は?

1LDKを大阪で賃貸するときの相場はどのくらいでしょうか?また、家賃が安い物件を見つけた時に...

1DKと1Kの部屋ではどっちがいい?違いについて徹底解説!

アパートなどの賃貸住宅を探している方の中には、不動産会社などで「1DK」や「1K」といった物件を...

窓の寸法の測り方!内窓からカーテンまで目的別にご紹介

私たちの生活に何気なく存在している窓には、さまざまな形やサイズがあります。それらの窓に対し、...

賃貸の1LDKを海外風のインテリア術でコーディネートしよう

1LDKは、賃貸のアパートやマンションに多い間取りです。そこに住み慣れてくると、部屋の雰囲気...

2LDKにはどんな間取りがある?賃貸物件でよく見るタイプとは

夫婦やカップルで賃貸物件を探すとき、「2DK」と「2LDK」は候補に挙がる間取りではないでしょう...

スポンサーリンク

独身女性が分譲マンションを購入する理由

東京都内に住む独身女性が、住宅を購入する割合は年々増加しています。

同じような状況の友人や知人が、「分譲マンションを購入した」という話を聞く機会も増えているのではないでしょうか。

彼女たちが自分の家を持ちたいと考える理由としては、「老後に住む家を確保して安心したい」「資産を持ちたい」「金利が安いのでチャンスと考えた」「結婚の意思がない」など、さまざまな理由があります。

確かに、高齢になると一人で賃貸物件を借りるのは難しくなるかもしれません。

また、東京都内の高い家賃を毎月払っているのなら、「家賃分のローンを組めば分譲マンションを購入できるのでは?」と考える方も多いと思います。

毎月消えていってしまう家賃を、分譲マンションとして資産にして残せれば、それに越したことはないでしょう。

将来、結婚することになっても、賃貸で貸し出すこともできますし、売ることも可能です。

また、将来貸し出すことや売る可能性も考えると、おすすめの間取りは「1LDK」です。

東京の1LDK分譲マンションは独身女性向き

人それぞれ理由は違っても、東京都内に住む女性が分譲マンションを購入しようと考えたとき、なぜ1LDKの間取りがおすすめなのでしょうか。

1LDKとは、「1=ひとつの独立した部屋」と「LDK=リビングダイニングキッチン」のことです。

1LDKの広さに規定はありませんが、6畳の部屋と11畳ほどのLDKで、全体としては約40m²くらいが一般的とされています。

最近では、このような1LDKのことを「コンパクトマンション」とも呼ぶことがあります。

独身女性に1LDKをおすすめする理由としては、次のようなことが挙げられます。

・1LDKは比較的便利なところにあるので、値下がりしにくい

・都心であっても、値段が手頃

・将来、使い道が多くある

値段が手頃であれば、「ワンルームや1DKの方が良いのでは?」と考える方もいると思いますが、長く住むのであれば、ワンルームや1DKは手狭です。

住み心地の面から考えても、ワンルームや1DKよりも1LDKが良いでしょう。

また、最近ではワンルームの需要が減ってきていることもあり、将来貸し出すことや売ることを考えると、やはり、きちんとした玄関と独立した部屋があり、キッチンとリビングの広さが確保されている1LDKがおすすめです。

東京の1LDK分譲マンションは便利な立地が多い

先程、「1LDKは比較的便利なところにあるので、値下がりしにくい」とお話ししました。

東京都内の1LDKの分譲マンションを見てみると、駅から近い物件が目立ちます。

また、女性が住みたいと思う人気のエリア、港区、世田谷区、新宿区、品川区などは、新築や中古にかかわらず、1LDKの分譲マンションが多くあります。

男性が住む場所を選ぶときは、交通アクセスを最優先させる傾向が強いと言われています。

しかし、女性が住む場所を選ぶときは、交通アクセスはもちろんですが、日常の買い物、ひとりで食事ができる店があるかなどの利便性と共に、治安の良さも重要です。

分譲マンションを購入する女性が多くなれば、そういった条件の良い物件の需要が高まることになります。

住宅メーカーもそのことに素早く反応して、女性に人気の高いエリアに、条件の良い1LDKの分譲マンションを建てています。

したがって、駅近で条件の良い物件であれば、年数が経っても需要が高いので値下がりしにくい、ということになるのです。

東京都心であっても値段が手頃な1LDK分譲マンション

実際に東京都内に分譲マンションを購入するとなると、心配なのはローンの支払いではないでしょうか。

現在の家賃とあまり変わらない金額でローンを組めば、今までも払ってこられたのですから、心配はないでしょう。

現在、住宅ローンの金利は低くなっています。

今後の見通しとしても、長期金利の動きを反映しやすい35年固定金利が下がっているので、今後も同じような傾向が続くと考えられます。

それに加え、住宅ローン控除などの優遇措置を合わせると、さらに低い金利になるでしょう。

ここから逆算して、働ける年数、頭金に出せる金額を計算すれば、購入できる金額が決まってきます。

金額が決まれば、自分の住みたいエリアで、それに見合う1LDKの分譲マンションを探しましょう。

ここで注意したいのが、「もう少し毎月の返済額を増やせば、もっと良い物件に住める」という考え方です。

「ほんの数千円、ほんの数万円プラスするくらいなら月々払える」と思いがちですが、この考え方は推奨できません。

毎月のほんの少しの無理がボディブローのように、後々効いてくることがあります。

ローンはその後、数十年続きます。

ずっと無理をし続けては、せっかく購入した住まいが苦しむためのものに変わってしまいます。

したがって、これまでの家賃以上のローンは組まないようにしましょう。

もし、お金に余裕があるのなら、貯金をしておいて繰り上げ返済に充てるという方法もあります。

東京の1LDK分譲マンションは使い道が多い

東京に住む女性に1LDKの分譲マンションをすすめる理由として、「将来、使い道が多くある」とお話ししました。

それは、例えばパートナーが現れた場合、1LDKであればふたりでも無理なく住めます。

子どもが生まれたとしても、小さいうちは1LDKでも充分子育てできるでしょう。

また、パートナーの自宅に住む場合や、何らかの理由でそこを離れなくてはならない場合は、賃貸物件として貸し出して、運用することも可能です。

余裕のある方なら、セカンドハウスとして利用することもできます。

もしかしたら、せっかく手に入れた自宅を手放さなければならないこともあるかもしれません。

しかし、貸し出すにしても売るにしても、立地が良い1LDKであれば、独身者にもふたり暮らしの方にも合う物件なので、需要があります。

したがって、家賃は高く設定できますし、売る場合は購入時より高くなることもあるかもしれません。

全国的に1LDKの分譲マンションは需要が高まっている

今回は、東京の独身女性に1LDKの分譲マンションをおすすめしてきました。

独身女性が分譲マンションを購入する流れは、徐々に全国に広まりつつあるようです。

すでに名古屋、広島、福岡などの地方都市では、1LDKの分譲マンションの価格が上昇しはじめていると言われています。

東京でも、家賃ほどのローンで分譲マンションが購入できる1LDKは、ローリスクハイリターンな物件として人気が上がってきています。

総務省の統計では、東京の40歳代女性の平均年収は548万円、30歳代では468万円ということです。

こうして見てみると、毎月12~13万円の支払いは無理のない範囲と言えるでしょう。

金融機関も積極的に貸してくれるところが増えてきています。

12~13万円の支払いができるのであれば、3000万円台のローンを組んでも35年で十分返済可能です。

分譲マンションの購入を考えているのであれば、今が行動を起こすタイミングかもしれません。

東京の1LDK分譲マンションは今が買い時

このように、東京都内の1LDKの分譲マンションには、魅力がたくさんあります。

現代では女性でも無理なく手に入れることができるため、需要が高まり、物件数も多くなっています。

そのため、今後はもっと需要が高まることが予想されますし、投資目的で購入する人も増えるでしょう。

分譲マンションの購入を検討している方は、価格が上昇する前に購入することをおすすめします。