1LDK?それとも2DK?二人暮らしにぴったりの間取りはどれ?

カップルや新婚さん、友人同士など、アパートを借りて二人暮らしをはじめる方々もいるかと思います。

そのとき、「二人暮らしにはどんな間取りが良いのだろう」と悩むこともあるでしょう。

この記事では1LDK、2DK、そして2LDKの間取りについてお話をし、どんな二人にぴったりといえる間取りなのかをお話ししていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

中古物件をリノベーションしたブログからその魅力を探ろう

リノベーションとは、日本語で「革新、刷新、修復」という意味の言葉です。昨今リフォームと同様に...

中古物件をDIYでリフォームする際の注意点は?

お値打ちな価格で購入できる中古物件ですが、業者に頼んでリフォームをすると、ある程度多くの資金が必...

サイディングをビス穴補修するときの基礎知識

サイディングは建物を保護するために重要な役割を果たしていますので、損傷している個所をは適切に対処...

エアコンの室外機が動かないのは故障が原因?

「エアコンの効きが悪いと思ったら室外機がおかしい」「動いてない気がする」といった経験がある人は少...

1LDKの賃貸物件を借りるなら!東京のおすすめエリアはどこ?

東京での新生活がはじまるときには、アパートなどの賃貸物件を借りることになるかと思います。そこ...

鉄骨造の外壁材にはどんな種類がおすすめ?注目のALCとは?

鉄骨造の住宅は、大手ハウスメーカーの多くで採用されており、実際に注文住宅でも人気を集めています。...

新築にすべり出し窓を採用!操作ハンドルは回すほうが良い?

注文住宅でマイホームを建設となれば、各部屋に付ける窓も一つ一つ自分で選ぶことになります。...

新築の駐車場を砂利にしたい!メリット・デメリットは?

新築の外構工事では、車を出し入れする駐車場の仕上げとして、どんな建材を使うか悩む方も多いでしょう...

1LDKを広く見せる!インテリアを工夫して狭い部屋を改善!

1LDKの部屋に住んでいて、リビングや居室が狭いと感じている方はいらっしゃいますか。狭くて窮...

オートロックの暗証番号を設定してても無関係者は侵入可能?

物件を選ぶ時に一番重視するポイントは、立地や間取り、家賃も大切ですが「セキュリティーがしっかりし...

中古物件リフォームの注意点!ブログで体験談を見てみよう

近頃、中古物件をリフォームするのが人気ですよね。新築と比べると、費用をある程度抑えること...

2DKに住みたい!東京で2DKの賃貸の家賃相場はどれくらい?

2DKは、これから同棲を始める人や、結婚して夫婦で住む家を探している人たちに人気の間取りです。...

木造でペット可の物件は騒音トラブルが多い?回避方法は?

近年は、木造アパートでありながらも「ペット可」という賃貸物件が増えています。ペットを飼ってい...

窓からはじめる海外インテリア!画像を参考に挑戦してみよう

「おしゃれなお部屋で生活したい」というのは、多くの方が望んでいるかと思います。ですが、住んで...

家の構造で木造と鉄骨はどう違う?見分け方はあるの?

マイホームを検討している方の中には、家の構造から悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。...

スポンサーリンク

1LDKってどんな間取り?

まずは1LDKの間取りについてお話をしていきます。

1LDKがどんな間取りかというと、1つの居室とLDK、つまりリビング・ダイニング・キッチンがあるお部屋を指します。

1LDKのリビング・ダイニング・キッチンは、一般的には8帖以上の広さがあるので、食事スペースとくつろぐスペース、加えて調理スペースを1つの空間の中で行うことができます。

居室は寝室として使うのが一般的ともいえます。

居室の広さは物件によって異なり、6帖程度の物件もあれば、10帖の物件もあるでしょう。

そのため、物件によっては少し狭い印象の1LDKもあるかもしれません。

1LDKは二人暮らしにはもちろん、一人暮らしの方にも人気の間取りです。

築浅の物件も多いことから、ワンルームや1Kなどと比較すると、家賃相場は高い傾向にあります。

では1LDKの間取りは、どんな二人暮らしにぴったりの間取りといえるのでしょうか。

次の項でお話ししていきましょう。

1LDKはどんな二人暮らしにぴったりの間取り?

1LDKの間取りについてご説明をしたところで、この1LDKはどんな二人暮らしにぴったりの間取りなのかをご説明します。

二人暮らしといっても、どんな生活スタイルであるかはさまざまです。

生活の時間帯がほとんど同じ二人もいれば、正反対の二人もいます。

そのため、1LDKの間取りが合う場合と合わない場合があるでしょう。

ではどんな二人暮らしに1LDKがぴったりかというと、生活の時間帯がほとんど一緒の二人でしょう。

1LDKではリビング・ダイニング・キッチンと寝室の2部屋で生活をすることが一般的ですので、「食事」「くつろぐ」「就寝」の時間帯が同じであれば、それほどストレスを感じることなく二人での生活を送れるのではないでしょうか。

また、可能な限り一緒に過ごしたいカップルや新婚さんにも、1LDKはぴったりの間取りといえるかもしれません。

ほとんどの時間を共有することになりますから、コミュニケーションを取りやすく、ますます愛情を深められることでしょう。

2DKは1LDKと何が違う?

つぎは2DKの間取りについてお話をしていきましょう。

2DKは2つの居室とDK、つまりダイニング・キッチンがある間取りを指します。

2DKと1LDKの間取りの違いをお話ししますと、まず居室の数が違いますね。

さらに、1LDKではリビング・ダイニング・キッチンであったのに対し、2DKはダイニング・キッチンです。

リビングが含まれませんので広さは少し狭くなり、6帖以上10帖未満の広さのダイニング・キッチンとなります。

そのため一人暮らしの場合では、ダイニング・キッチンで食事をし、1つの居室をリビング、もう1つの居室を寝室で使うのが一般的ともされています。

では二人暮らしを2DKでする場合、どんな二人にぴったりといえるでしょうか。

次の項でみていきましょう。

どんな二人暮らしに2DKはおすすめ?

どんな二人暮らしに2DKがおすすめかを、ここでお話ししていきます。

2DKの特徴として2つの居室があることが挙げられますね。

そのため、居室をそれぞれ個人の部屋にすることができます。

そうすれば、生活の時間帯が真逆な二人でも、それぞれの部屋でくつろいだり就寝したりなどをすれば、それほどストレスを感じることなく生活できるでしょう。

たまに時間帯が一緒になったときに二人で食事がとれるよう、ダイニングセットをダイニング・キッチンに配置しておくと良いかもしれません。

特にカップルや友人同士の場合、気を許す関係性であっても、それぞれプライベートな空間を欲しいと思うこともあります。

そのようなとき、1LDKでは個人の空間を確保することができません。

一人一人、個々の部屋を持ちたいという二人であれば、間取りは1LDKを選ぶのではなく2DKを選ぶことをおすすめします。

2LDKはどういう間取り?

1LDKと2DKについてご説明をしてきましたが、では2LDKの場合はどうなのでしょうか。

はじめに2LDKの間取りについてご説明すると、2つの居室とLDK(リビング・ダイニング・キッチン)がある間取りを指します。

2LDKの場合のリビング・ダイニング・キッチンは、1LDKの場合よりも広いことが多く、最低でも10帖以上の広さがあります。

そのため、ダイニングセットとソファとテーブルを配置しても、窮屈にはなりにくいといえるでしょう。

二人暮らしでも十分な広さがありますが、その分家賃も高い傾向にあります。

生活をしてから苦しくならないよう、物件を決める前に二人の予算を決めておくと良いですね。

カップルや友人同士の二人暮らしももちろんですが、特に2LDKにぴったりといえるのが新婚さんです。

新婚さんの中には、今はまだ二人でも、近い将来三人になることもあるでしょう。

2LDKは子どもが一人増えても十分な広さがあることが多いので、子どもが増えたときに引っ越しをしなくてはいけなくなることは少ないといえます。

さらに2LDKであれば、はじめは2つの居室を夫婦個々の部屋として使っていても、子供が増えたときに2つの居室の1つを子供部屋にし、もう1つを家族の寝室にすることも可能です。

このように家族の人数によって部屋の使い方を柔軟に変えることができるのも、2LDKの魅力といえます。

子供が増えた後も長く住み続けやすいので、特に新婚さんに2LDKの間取りはぴったりといえるでしょう。

快適な二人暮らしにするために!相談したうえで間取りを決めよう

ここまで1LDK、2DK、2LDKの間取りについてご説明し、どんな二人暮らしに合うかもお話ししてきました。

どの間取りかでどんな生活を送れるかも変わってきますから、快適な二人暮らしを実現するには、二人の生活スタイルを十分に把握しておくことが大切です。

いくら気を許す関係性であっても、生活スタイルのずれから快適とはいえない二人暮らしになってしまうこともあります。

できればストレスをあまり感じることなく生活したいでしょうから、お互いどんな生活スタイルかを共有しておくと良いですね。

また、それぞれの希望を話し合っておくことも大切です。

「個々の部屋が欲しいのか」「二人の時間をできるだけ多く共有したいのか」など、お互いどんな生活を送りたいか相談したうえで、間取りを選ぶと良いでしょう。

さらに、重要なのが予算です。

カップルや友人同士などの場合は家賃を折半することが多いですが、折半した金額を毎月支払えるのかお互いに確認しておきます。

ストレスなく二人暮らしができるよう、間取りを決める前には上記のことをよく話し合っておきましょう。

二人暮らしをする際は二人の生活スタイルに合った間取りを選ぼう

お話ししてきましたように、どんな生活スタイルの二人かによって、ぴったりといえる間取りは異なります。

生活の時間帯がほとんど一緒の二人であれば1LDKが良いでしょうし、時間帯が真逆の二人の場合は2DKや2LDKが良いといえるでしょう。

そのため、どの間取りにするかを決める前に、お互いの生活スタイルを把握しておくことが大切です。

ストレスのない二人暮らしができるよう、よく相談したうえで二人に合った間取りを選んでください。