1LDKで一人暮らし!より快適に過ごすためのレイアウト!

1LDKで一人暮らしであれば、ゆとりある快適な暮らしがイメージできるでしょう。

一人暮らしなので、部屋を自由にレイアウトできますよね。

レイアウトを工夫することで、より自分に合った空間を手に入れることができます。

この記事では、1LDKで快適に過ごすためのレイアウトを中心にお話しします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

窓からの隙間風を阻止!ボードや隙間テープで対策してみよう

寒い季節になると、隙間風が気になる方もいるでしょう。外の冷気が室内に入れば、当然室温にも影響...

防音カーテンが効果的?犬の鳴き声が漏れ出さないためには

アパートで起きるトラブルは、「音」が原因であることが多いです。トラブルの元となる音の原因...

窓のレール部分に隙間が!原因と隙間風の対策方法をご紹介

部屋で過ごしていて、窓から隙間風を感じることはないでしょうか。窓をしっかり閉めているはずなの...

1LDKを自分好みにコーディネート!快適な一人暮らしをしよう

1LDKで一人暮らしをする場合、せっかくなら、センス良くコーディネートされた部屋で快適に過ごした...

窓からの泥棒の侵入を防ぐ!「窓ロック」を種類別にご紹介!

泥棒や空き巣の侵入経路の多くは窓からだと言われています。ガラスを少しだけ割って、鍵を外し、窓...

一軒家での一人暮らし!安心して生活するための防犯対策は?

少子高齢化に伴って、一軒家で一人暮らしの方が増えています。また、マンションやアパートなどの賃...

長押裏の隙間から虫や隙間風が!埋めるためにはどうする?

昔ながらの日本家屋の特徴として、長押(なげし)が挙げられます。長押あっての和室とも言え、...

2LDKのレイアウトは2人暮らしの生活リズムから考えよう

恋人との同棲や新婚生活の住まいとして、よく選ばれるのが2LDKです。単身者向けの1LDK...

2DKで二人暮らし!各部屋の活用法を考えてから家具を配置!

アパートへの引っ越しを検討しているカップルや夫婦は、どのような間取りにするかもうお決まりですか。...

窓と網戸の間に隙間が!正しい開け方や対処法をご紹介

「網戸を閉めているのになぜか虫が入ってくる」というときは、窓ガラスと網戸の枠や、網戸と窓枠が接す...

築年数の古いアパートでもおしゃれにすれば借り手は付く!

築年数が古いアパートの入居者を増やすのは、簡単なことではありません。大家さんは住んでほしくて...

窓のプチプチの剥がし方はこれで決まり!実はこんなに簡単

防寒対策や防音対策で貼った窓のプチプチの剥がし方で困ったことはありませんか。窓にプチプチを貼...

窓の防犯対策に面格子を後付け!選び方や取り付け方は?

近年、家の防犯においては「窓の防犯」も重要であると言われています。そのため、窓の防犯対策...

窓のサッシは隙間風に注意?対策方法と隙間風の原因

窓が原因と言われるトラブルの中に、サッシの隙間による隙間風が挙げられます。隙間風は特に、冬な...

1DKで二人暮らし!レイアウトを工夫して快適に暮らそう!

同棲などの理由で二人暮らしをする場合、「居室が2二部屋」をイメージする方も多いでしょう。1D...

スポンサーリンク

1LDKとは?

1LDKでの一人暮らしを快適に過ごすめのレイアウトについてお話しする前に、まずは1LDKについてご紹介していきましょう。

1LDKは、8帖以上のLDK(リビングダイニングキッチン)に1つ居室が付いている間取りのことです。

ちなみに、よく比較される1DKと1LDKの違いはキッチンがある場所の広さであり、1DKのDK(ダイニングキッチン)の広さは、4.5帖以上8帖未満です。

ですから、1LDKの特徴はこの広いLDKであるといえるでしょう。

一人暮らしであれば尚更、このLDKが広々と感じることと思います。

例えば1Rや1Kでは諦めていたようなこだわりのインテリアでコーディネートして、自分ならではの空間づくりを楽しめる点もメリットでしょう。

一般的にキッチンも広々としているので、快適に調理を楽しむことができます。

調理器具や食器などを入れる収納も充実している場合が多いので、好みのもので揃えることができるでしょう。

料理好きの人であれば尚更、メニューのレパートリーが増えそうですね。

ゆったりとしたLDKなので、友達を自慢の料理でもてなしてこだわりのソファでくつろぐことも可能です。

次の項では、一人暮らしで1LDKに向いている人についてお話ししていきましょう。

1LDKで一人暮らし!向いている人とは?

続いて、一人暮らしで1LDKに向いている人についてお話しします。

1LDKの間取りは、前述したように広々としたLDKが特徴です。

前述したように一人暮らしなら、より好みのインテリアで部屋をレイアウトすることができます。

ある程度の広さが必要になる伝統的なヨーロピアンクラシックスタイルなども、1LDKであればレイアウト次第で取り入れることもできるでしょう。

このように、インテリアに凝りたい方に向いている間取りといえます。

また、生活にメリハリを付けたい方にも向いています。

1LDKの場合、一般的にLDKは生活スペースとして利用し、居室は就寝スペースとして丸々寝室にすることが多いでしょう。

独立した寝室を作ることで、例えば一日をベッド兼ソファの上で過ごすといった生活からメリハリをを付けることができそうですね。

そして、家賃の支払いにも目を向けましょう。

1LDKは一般的に1R、1K、1DKなどと比べて家賃が高いといえるでしょう。

経済的に余裕をもって家賃の支払いができる方におすすめです。

ロースタイルで一人暮らしの1LDKをより広く演出!

一人暮らしで1LDKの間取りであれば、十分ゆとりをもって暮らすことができるでしょう。

そのような1LDKであっても、より部屋を広く見せたい方におすすめのレイアウトをご紹介しましょう。

そのような場合におすすめなのが「ロースタイル」の家具を取り入れることです。

低い家具は、一般的な高さの家具と比べて動線を取りやすく、部屋全体を広く開放的に見せることができるのです。

ローソファやローダイニングを取り入れ、ダイニングチェアを背無しのベンチタイプにすることで部屋全体への圧迫感の無い空間を演出できます。

居室である寝室もロースタイルでレイアウトしてみてはいかがでしょうか。

寝室の主役であるベッドも低いものを選びましょう。

一番面積を取るベッドフレームの高さを低くします。

ベッド周辺の家具も低めのもので揃えることで、圧迫感の無い開放的な空間になり、広さを演出できます。

背が低く小さい家具を選ぶことによって、さらに広い空間を作り出すことができるので参考にしてください。

レイアウトが難しいL字型のLDK!

1LDKをより広く開放的に見せるためのレイアウトをご紹介しました。

続いて、LDKの形に目を向けてみましょう。

LDKの形はいろいろあり、レイアウトが難しい形もあります。

まず、ご紹介するのが「L字型」の形をしたLDKです。

家具をどのようにして配置したらよいのか悩んでしまうことが多いのがこの形です。

しかし、家具の配置を工夫することで、快適でゆとりをもったLDKに仕上げることができます。

まず、L字型の縦に長細く狭いエリアには、2人用の小さいダイニングテーブルとチェアを縦に設置してみましょう。

一人暮らしの場合、コンパクトな2人用ダイニングテーブルが人気です。

そうすることで、ゆったりとしたリビングスペースが確保できます。

配色にも目を向けてみましょう。

例えばダイニングキッチンのスペースを白で統一させ、リビングスペースをベージュ系で統一させるなど色に変化をつけてみてはいかがでしょうか。

一部屋の一部分だけがサイズが違うといった間取りの場合、シーンごとに色使いを分けることがレイアウトのポイントです。

レイアウトしにくいL字型のLDKにメリハリが生まれ、おしゃれで過ごしやすいスペースにすることができます。

一人暮らしの場合、自分好みに配色できるのも嬉しいですね。

白やベージュといった明るい色合いは、部屋を広く見せる効果があるので参考にしてください。

細長い形のLDKを広々と感じさせるレイアウト!

続いて、細長いLDKのレイアウトについてお伝えします。

「内見の時はあまり気にしていなかったけど、いざ住んでみたら思ったよりもLDKが細長かった」といった経験がある方もいるでしょう。

このように縦のラインが目立ってしまうLDKの場合、レイアウト次第で空間が狭く感じてしまうことがあるようです。

せっかく1LDKで一人暮らしをするのに、狭く感じてしまっては残念ですよね。

そこでこのような場合の、広々とした印象がありながら快適に暮らせるレイアウトをご紹介しましょう。

まず、縦のラインを活かして家具を壁に沿って置いていきましょう。

例えばソファを壁側に寄せて配置し、その向かい側にテレビも壁に寄せて配置します。

中央に置くテーブルも細長いラインのものを用意し、ソファとテレビの間に縦に配置します。

このようなレイアウトをすることで、LDKを広く見せることができます。

テーブルの下に細長い形のラグを置くと、さらにおしゃれになりますよ。

また、LDKが縦長の場合、部屋の横幅が狭いためソファ選びも重要になってきます。

ソファは、なるべく奥行が大きくないものを選ぶことで、部屋にスペースが確保できるので参考にしてください。

一人暮らしで1LDK!生活スタイルに合わせて自由にレイアウト!

前述したように、一般的に1LDKで一人暮らしをする場合、LDKを生活スペースにして居室を丸々寝室として使用することが多いでしょう。

ただ、違う使い方もあるのでご紹介します。

一人暮らしの場合、食事を一人ですることが多いといった理由から「ダイニングスペースは特にいらない」という方もいるようです。

そのような方におすすめなレイアウトが、ダイニングスペースにダイニングテーブルを置かず、PCデスクを置いて趣味や仕事用のスペースにする方法です。

LDKのダイニングスペースを、そのまま趣味や仕事のスペースとして使えるので、一般的には十分の広さがあるといえるでしょう。

しかし、趣味や仕事に丸々一部屋使いたいといった方もいます。

そのような場合は、LDKの本来のダイニングスペースにテレビやソファを配置してリビングスペースを作ります。

そして、本来のリビングスペースにベッドを置いて就寝スペースにします。

リビングスペースと就寝スペースの間に本棚などを配置することで生活シーンを分けることができ、メリハリのある生活が送れそうですね。

本棚は背の低いものにすることで、部屋全体に圧迫感なく生活することができるので参考にしてください。

こうすることで、居室を趣味や仕事の部屋として使うことができます。

1LDKで一人暮らし!レイアウトを工夫してより快適な生活を手に入れよう!

1LDKの部屋をより広く見せるためにはロースタイルがおすすめです。

また、部屋の形に合ったレイアウトにすることで広く快適な空間づくりをすることが可能です。

ご自身の生活スタイルにあったスペースをレイアウトすることでも、より快適に過ごすことができるのでぜひ参考にしてください。