1DKで二人暮らし!レイアウトを工夫して快適に暮らそう!

同棲などの理由で二人暮らしをする場合、「居室が2二部屋」をイメージする方も多いでしょう。

1DKは居室が一部屋なので、それだけ聞くと「暮らしにくそう」と感じるかもしれません。

ただ、レイアウトを工夫することで快適に暮らすことも可能です。

この記事では、1DKで二人暮らしをする際に知っておきたいことや、レイアウトのコツなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

1LDKで「二人暮らし」!快適に過ごせるレイアウトとは?

夫婦やカップルで二人暮らしを始めるとき、お互いがストレスなく快適に過ごせるように部屋のレイアウト...

ロフトベッドを活用しスペースを有効活用!暑い悩み解消方法

賃貸する物件にもよりますが、一部屋はそれほど広くはありませんよね。「ベッドを使いたいけれど、...

窓を簡単DIY!憧れの格子窓にするにはどうしたらいいの?

部屋のイメージを変えるために、DIYを考えている方もいらっしゃるでしょう。部屋の雰囲気はイン...

狭い1DKの賢いレイアウト!キッチンスペースを無駄にしない

1DKはコンパクトで使い勝手がよく家賃が安いことも多いので、一人暮らしの方には持ってこいの間取りです...

窓の隙間は隙間テープで防ぐ!正しい貼り方で保温・防音効果

冬、暖房をつけても部屋が温まりにくかったり、風が入り込むような感覚を感じたことはありませんか。...

2DKで同棲を始めよう!より快適に暮らせるレイアウトとは?

同棲を始めようと考えたとき、2DKであれば居室が2つあるので、十分ゆとりある生活がイメージできる...

窓の防寒対策は100均グッズですべて揃う!その種類と使い方

防寒対策をしているのに、「いまいち効果が実感出来ない!」と感じていませんか?それは、防寒対策...

2LDKの賃貸物件はスペースを有効活用したレイアウトにしよう

賃貸物件に恋人や友人、家族で住む場合、おすすめなのは2LDKの間取りです。その2LDKに...

1LDKで家族全員分の洋服などの荷物を収納するおすすめの方法

マンションやアパートの1LDK物件はリビングが広く、単身者のみならず夫婦やファミリー世帯に人気が...

1LDKのキッチンの配置に悩んだら…レイアウト方法をご紹介

1LDKでこれから新生活をスタートさせるという方もいらっしゃるでしょう。部屋に配置するイ...

1LDKで一人暮らし!家具を配置する際に知っておきたいこと!

一般的に1LDKで一人暮らしであれば、ゆとりある生活が送れるでしょう。家具にもある程度こだわ...

窓からの泥棒の侵入を防ぐ!「窓ロック」を種類別にご紹介!

泥棒や空き巣の侵入経路の多くは窓からだと言われています。ガラスを少しだけ割って、鍵を外し、窓...

窓の隙間風対策はこれ!100均ショップで買える便利アイテム

マンションなどは機密性が高いため、あまり気にはなりませんが、一軒家の場合、意外と窓などから隙間風が...

長押フックは100均で買える!賃貸でも快適な住空間に!

最近の100均には、実にさまざまなものが販売されています。その中でも、長押(なげし)フックは...

2DKレイアウトをご紹介!ファミリーで快適に暮らすポイント

間取りが「2DK」の賃貸アパートにファミリーで住むのは、少し手狭だと感じる人も多いでしょう。...

スポンサーリンク

1DKの間取りとは?

1DKで一人暮らしをする際のレイアウトのコツについてご紹介する前に、まずは1DKの間取りについてお話しします。

1DKはDK(ダイニングキッチン)に居室が一つついた間取りのことです。

1DKのDKは一般的に、4.5帖以上8帖未満とされています。

ちなみに、昨今同棲や結婚をする際に人気がある間取りは1LDKで、1DKとの違いはキッチンがある場所の広さです。

1LDKのLDKは、一般的に8帖以上とされているので参考にしてください。

一口に1DKといっても、広さにばらつきがあるようです。

1DKの専有面積には規定はありませんが、一般的に25平方メートルから35平方メートルの広さのところが多く、中には40平方メートル程度ある物件もあるようです。

このように専有面積に幅がある1DKですが、二人暮らしをするならなるべく広い物件を選びましょう。

次の項からは、1DKで二人暮らしをするメリットやデメリットについてもご紹介します。

1DKで二人暮らしをするメリットとは?

では、1DKで二人暮らしをするメリットについて考えていきましょう。

●家賃が安くすむ

二人暮らしであれば、昨今人気の1LDKや居室が二部屋ある2DKなどの間取りを考える方が多いようです。

これらの間取りの物件と立地条件や築年数を同じにした場合、1DKのほうが家賃が抑えられるといえるでしょう。

家賃を抑えることができるので、都心部といった利便性を重視したエリアで二人暮らしをすることができたり、生活費などにゆとりを持たせることができるといったメリットが生まれます。

家賃が安く抑えられることは、1DKで二人暮らしをする際の最大のメリットともいえそうです。

●一緒にいる時間が長い

前述したように1DKは、DKと一つの居室で構成されているため、家にいるときのほとんどの時間を同じ空間で過ごすことになるでしょう。

二人の時間を常に一緒に過ごしたいカップルには、メリットといえそうです。

とはいえ、いつも一緒にいたいカップルであっても、たまには別々に過ごしたいこともあるでしょう。

広めのDKであれば、DKに小さめのダイニングテーブルやチェア、ソファなどを置いてくつろげるスペースをレイアウトすることで、1DKであっても別々に過ごせる空間を確保できます。

このレイアウトについては、後述します。

1DKで二人暮らしをする際に知っておきたいデメリットとは?

続いて、1DKで二人暮らしをする場合のデメリットについても触れていきます。

●一人スペースが少ない

1DKで二人暮らしをする場合、居室が一つしかないため専用スペースが少ないといえます。

ただ、前述したように広めのDKであれば、くつろげるリビングのようにレイアウトすることで、それぞれのスペースが確保できるでしょう。

ただ、就寝スペースはどうしても同じになるので、生活のリズムが違う二人の場合にはあまり向いていないといえるかもしれません。

●収納をするスペースが少ない

1DKは基本的に一人暮らし向きに作られた間取りであるため、二人で住んだ場合「収納が足りない」と感じることも多いようです。

居室に収納家具が置けるスペースがある場合を除いて、収納にはいろいろと工夫が必要です。

どのような工夫をするかは後述します。

また、このように1DKは二人暮らし用の物件ではないため、入居前に必ず「二人入居可」であるかどうか確認しましょう。

収納もできるソファ!いろいろと使えて便利なカラーボックスを用いたレイアウト

二人暮らしであれば、ソファを置いてくつろぎのスペースを確保したいと思う方も多いでしょう。

1DKでソファを置きたい場合におすすめなのが、座面の下が収納になっているソファです。

前述したような、収納スペースが足りない場合の工夫方法としてこのようなソファを利用しましょう。

普段はソファとして使用し、座面の下の収納はシーズンの異なる衣類をしまっておく場所にしましょう。

このようなソファは、背もたれがついていないものが多いので壁に寄せてレイアウトしてください。

背中にクッションを当てて使用すれば、ゆっくりくつろぐこともできます。

このような収納付きソファは「カラーボックス」を使用して、DIYする方もいるようです。

カラーボックスは安価で手に入るため、気軽に挑戦できるのところもおすすめです。

二人で手作りしたソファがあれば、同棲生活もより快適になりそうですね。

また、カラーボックスの開口部を正面に向けて置き、その上にカラーボックスをいくつか重ねることで気軽に収納棚を作ることができます。

食料品や消耗品のストックを収納する棚などがない場合は、DKにこれらをレイアウトしてみてはいかがでしょうか。

移動も気軽にできるので、使わなくなったらしまうこともできるので邪魔になりません。

ボックスに目隠しのカーテンなどを付けることによって生活感が出にくいので参考にしてください。

1DKのDKが広い場合のおすすめレイアウト!

1DKで二人暮らしをするなら、DKは8帖程度の広さがあるとよいでしょう。

前述したように、DKをリビングスペースのように使う場合、小さめのダイニングセット・ソファ・テレビなどを配置してくつろぎの空間をレイアウトします。

ただ、これらを全て配置してしまうとゆとりある空間ができないかもしれません。

そこでおすすめなのが、ダイニングセットは折りたたみテーブルやチェアを配置することです。

昨今では、室内でも使用できるキャンプ用のおしゃれなテーブルやチェアなどもそろっているのでそれらを使ってもいいですね。

使ったら片づけておくことで、ある程度スペースを確保できるでしょう。

ソファは、奥行きの少ないものを壁によせて配置することでスペースにゆとりが生まれます。

前述したような、収納が付いているものも通常のソファと比べて奥行が少ないものが多いでしょう。

テレビはソファの正面に壁に沿ってレイアウトしてください。

昨今では、場所をとらない壁掛けタイプのテレビも人気があります。

賃貸物件の場合はホチキスを使用して固定するテレビ金具を使うことで、外した後の穴が目立たないのでおすすめです。

ただ、使用する際には管理会社に確認をとってからにしましょう。

穴を開けることなく「つっぱりポール」と使ってテレビを固定する方法もあるようなので参考にしてください。

こうすることで、テレビやテレビ台を置くスペースをとらず、DKをより広く使うことができます。

また、DKをこのようにレイアウトすることで、居室を丸々一部屋寝室にすることが可能です。

別々な時間を過ごしたいといった際にもお互いストレスなく、過ごすことができそうです。

1DKで二人暮らし!DKが狭いときに取れ入れたいレイアウト!

1DKで二人暮らしをするなら、DKが広いところがおすすめとご紹介してきました。

しかし、予算などの理由からDKが狭い物件を選ぶ場合もあるかもしれません。

そうした場合は、DKをリビングのようにして使うのは難しいでしょう。

ただ、レイアウトを工夫することである程度快適な空間に仕上げることができます。

例えば、DKにダイニングテーブルやチェアを設置せずにカウンターテーブルを置いてみてはいかがでしょうか。

壁に沿わせてカウンターテーブルをレイアウトし、それに合わせてチェアも配置します。

こうすることによりDKにスペースが生まれ、ゆとりを作ることができます。

DKをリビングのように使用できないので、居室にリビングスペースと就寝スペースを作ります。

そのような場合におすすめなのが「ゾーニング」です。

リビングスペースに配置したローテーブルやソファの下にカーペットやラグを敷き、就寝スペースを区切りましょう。

このように目的ごとにゾーニングすることで、生活にメリハリが生まれるので取り入れてみてください。

1DKで二人暮らしが快適になるかどうかはレイアウト次第!

1DKで二人暮らしをするなら、レイアウトを工夫することで快適に過ごすことができるでしょう。

できれば、広いDKの付いている1DKを選ぶことをおすすめします。

そうすることで、レイアウトの自由度が高まり、あまりストレスを感じることなく二人暮らしをすることができそうです。

DKが狭い場合は、カウンターテーブルを配置したり、居室をゾーニングすることである程度快適に過ごすことができるでしょう。