窓の隙間風対策はこれ!100均ショップで買える便利アイテム

マンションなどは機密性が高いため、あまり気にはなりませんが、一軒家の場合、意外と窓などから隙間風が入ってくることがあります。

特に築年数が経った物件の場合、いくら暖房温度を高く設定しても、隙間風でなかなか部屋が温まらないなどということがありますね。

そこで、これから冬に向かって寒さが厳しくなる前に、100均商品でできる窓の隙間風対策をご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

窓から侵入する虫をなんとかしたい!小さい虫除け対策とは?

暖かい季節になるにつれ、外の虫達も活発的に動き始めます。特に、夏の暑い季節になると、小さい虫...

木造の賃貸物件は騒音トラブルが多い?騒音対策をしよう!

アパートやマンションにお住まいの方なら、騒音の問題で悩んだ経験が、一度や二度ある方も多いのではな...

窓からの冷気で部屋が寒い!プチプチシートを貼って断熱対策

冬は暖房器具を使い、部屋を暖めて過ごすものです。しかし、窓から流れてくる冷気により、部屋...

1LDKで一人暮らし!家具を配置する際に知っておきたいこと!

一般的に1LDKで一人暮らしであれば、ゆとりある生活が送れるでしょう。家具にもある程度こだわ...

2DKに多い悩み!ダイニングキッチンのレイアウトのポイント

賃貸物件には2DKという間取りの物件も多数あります。現にいまお住みの方も多いでしょうが、「ダ...

窓に冷房を取り付けたい!窓の冷房の使い心地はどう?

暑い夏には必須アイテムになる冷房ですが、一般的によく使われている壁掛けのエアコンが使えない場合も...

2DKで子育て!レイアウトのコツは子供の成長に合わせること

新婚夫婦が新生活をスタートさせるにあたり、2DKの部屋を借りることもあるでしょう。この間取り...

1LDKで二人暮らしは収納が足りない!?工夫で収納力を上げる

これから二人暮らしをする予定のカップルの方で、物件の間取りが1LDKという方は、収納について考え...

1DKは同棲するには狭い?レイアウトを工夫して快適空間に!

今同棲しているカップルもいれば、これから同棲をしようと考えるカップルもいるでしょう。同棲する...

2DKで二人暮らし!各部屋の活用法を考えてから家具を配置!

アパートへの引っ越しを検討しているカップルや夫婦は、どのような間取りにするかもうお決まりですか。...

2DKをレイアウトして赤ちゃんと快適に暮らせるアパートへ!

2DKのアパートに夫婦で住んでいて、もし赤ちゃんが生まれたら、新しい生活がスタートします。赤...

1LDKでレイアウトに困りやすい?10畳の部屋を広く見せる!

1LDKの部屋でも10畳のLDKは少々レイアウトがしにくいかもしれません。そのため、使い方に...

1LDKで赤ちゃんが寝る場所はどこ?快適な空間作りの工夫!

夫婦2人暮らしには十分な広さの1LDKですが、赤ちゃんが産まれるとどうでしょうか。少し手狭に...

窓の暑さ対策!手軽な100均グッズで電気代を節約しよう!

日差しが強くなる季節になると、窓からの熱気が気になりませんか。窓を閉め切ってエアコンを使って...

冬の窓に使う断熱ボードで冷気対策!簡単に効果を実感?!

冬になると、部屋は暖房で温めているのに、窓から「ヒヤー」っとした冷気を感じることはありませんか。...

スポンサーリンク

100均商品でコストパフォーマンスのよい窓の隙間風対策を

部屋の熱の出入りは、窓などの開口部が夏は70%、冬は60%以上を占めているということをご存知でしょうか。

壁や床、天井などと比較して、開口部をガラスのサッシなどで塞いだだけの窓は、断熱性が低いため、大半の熱がそこから出入りすると言われています。

つまり、夏は窓から外の熱が入り込んできて、冬は窓から冷気が忍び込んでくるというわけです。

しかし、採光や換気のためには、部屋には窓が必要不可欠ですよね。

ところが、寒い冬に、その窓から隙間風が入ってきたとしたらどうでしょう。

とても放置してはおけませんね。

窓の側はただでさえ冷やっとするため、厚めのカーテンで熱が逃げるのを防いだりもしますが、風が吹き込んできては、カーテンだけでは太刀打ちできません。

それに、寒さで風邪などの体調不良を招いたり、暖房効率が下がり光熱費がかさんできてからでは遅いです。

そこで、できるだけ費用をかけず、100均商品を使用したコストパフォーマンスのよい隙間風対策をしてみてはいかがでしょうか。

本格的に寒くなる前に隙間風対策をすることで、快適な部屋にし、寒い冬を元気に乗り切りましょう。

窓の隙間風対策にはまず隙間テープ

ところで、隙間風対策というと一番に思い浮かぶのは「隙間テープ」ではないでしょうか。

これは、窓の隙間から入り込んでくる風に対して、窓枠などにスポンジ状のテープを貼ることで隙間を埋めて風の侵入を防ぐというものです。

施工は粘着テープを剥がして貼るだけなので、手軽にできる隙間風対策と言えるでしょう。

この隙間テープは、ホームセンターなどでも昔から販売されていますよね。

5ミリ厚×幅15ミリ×長さ4メートル程度で200円くらい、幅広タイプの10ミリ厚×幅30ミリ×長さ2メートル程度のものは120円くらいで入手できます。

そして、100均ショップには、もっとコストパフォーマンスのよいものが売られています。

例えば、厚さ8ミリ×幅15ミリ×長さ1メートルが4、5本入っているものや、2メートル長が2巻入っているものなどが税抜き100円で販売されています。

また、厚さ20ミリ×幅3センチ×長さ1.2メートルの厚手タイプなど、サイズも充実しています。

他にも、スポンジタイプではなく、より劣化しにくい「起毛すきまテープ」などもあります。

起毛タイプは幅0.6ミリで網戸などにも使用可能で、防風効果に加えて虫の侵入も防いでくれます。

隙間テープは厚みがあるほど防風効果が高いため、網戸には起毛タイプ、窓には厚めのスポンジタイプを貼るという手もありますね。

100均で買える窓の隙間風対策用シートと隙間風ガードパネル

他にも、窓の下からの隙間風を防止する「隙間風対策用シート」もあります。

これは100均ショップでも取扱いのある商品で、アルミ製のシートは30センチ×2メートルほど、柄付きのものは20センチ×2メートルほどのサイズがあります。

使い方は、窓枠とシートそれぞれに固定用のテープを貼り、窓枠にシートをくっつけて立てかけることで隙間風を防ぐというものです。

テープはマジックテープのようになっていて、窓を開ける際には外すことができます。

カーテンの場合は、窓の下の方は固定されていないので、風が入ってくると揺れて役に立ちませんが、このシートなら固定できるため、効果が望めるでしょう。

似たような商品で、窓際に立てかけて使う発砲ポリエチレン製の隙間風ガードパネルなども販売されています。

これはホームセンターで買うと750円程度する商品ですが、実は「冷気や風が上部より漏れ出して意味がない」というようなユーザーレビューがあります。

そこで、100均のパネルを購入し、少しばかり手を加えることをお勧めします。

窓枠部分だけ固定するのではなく、上部も100均で購入できるマスキングテープや剥がせるテープなどで目張りするように貼り付けると、より効果的でしょう。

窓用プチプチシートも窓の隙間風対策に応用しよう

また、特に隙間風対策用の商品ではありませんが、窓用のプチプチシートも使えます。

これは、緩衝材に使われるプチプチのシートを、さらにビニールシートでくるんである窓用の商品を指します。

そして本来は、窓ガラスのサイズにカットして、窓用フィルムのように水で窓ガラスに貼り付けて、断熱シートとして使用するものです。

サイズは、無地で90センチ×90センチほどのものが多く、柄ものであれば90センチ×45センチほどです。

お店によってサイズが違う場合もあるので、ご自宅のサイズに合ったものを選ぶようにしてくださいね。

それを隙間風対策用として使うには、あえてカットせず、床まで這わせるようにして使うことをお勧めします。

シートといっても厚手でしっかりしているので、窓下を固定しなくても隙間風が防げます。

また、先にご紹介した隙間風対策用シートに重ねて貼り付けるようにすれば、断熱効果が非常に高くなり、マジックテープで開閉式にもできますね。

100均商品は2つ買っても200円とコストパフォーマンスに優れているので、暖房効率にお悩みの方は、少し工夫されてみてはいかがでしょうか。

隙間風対策は窓だけではなくドアにも必要

ところで、隙間風対策というと窓ばかりを思い浮かべがちですが、実は各部屋のドアからも隙間風は入ってきます。

通常は、部屋のドアはほんの少し下に隙間を開けて取り付けられています。

もし、下にぴったりくっついていると、開閉しにくく床が傷だらけになってしまいますよね。

実はその隙間から、暖房されていない廊下などの冷たい空気が侵入してくるのです。

玄関から廊下でつながっている部屋などでは、開閉のたびに外気も入り込んでくるためなおさらです。

そこで、100均商品でドア下からの隙間風用にお勧めしたいのが、「ドラフトストッパー」という商品です。

これは、ウレタン素材のカバーのようなもので、ドアの下部を挟み込むようにして取り付け、下の隙間を防ぐものです。

100均ショップによっては、ドアの厚み4センチ以下のものに対応しているものがあり、45センチ長が2本入っていることもあります。

他にも、窓用隙間テープのようにスポンジを貼り付けるドア下用のテープも販売されていますが、賃貸などテープを貼れない部屋には、ストッパーの方がよいでしょう。

100均ショップの防寒対策アイテムで冬を乗り切ろう

100均商品で窓の隙間風対策に使えるものをご紹介してきましたが、100均ショップには、他にも防寒対策に有効な商品がたくさんあります。

例えば、窓とカーテンの間に設置して冷気を防ぐ断熱カーテンもその1つです。

また、ホットカーペットやこたつの下に敷くアルミの断熱シートなども、100円で床の冷気を遮ってくれる優れものと言えるでしょう。

窓の隙間風対策と合わせて、このような商品を使用することで、より温かで快適な部屋になることでしょう。

しかも100均ショップで揃えれば、コストはたった数百円ですみます。

また、もし冬に使って夏では不要になったとしても、処分したり買い替えたりも気軽にできますね。

このように、隙間風や冷気の侵入を防ぐことで、これまでと同じ暖房方法であっても、暖房効率がかなり変わってきます。

温かい部屋になるだけでなく、暖房費の節約にもなりますので、ぜひ早めに防寒対策に取り組んでみていただきたいものです。

そして、冬でも快過な住環境を手に入れて下さい。

隙間風対策にもはや100均ショップは侮れない存在に

以前は、100均ショップというと安かろう悪かろうというイメージがいくらかはありましたよね。

私も、すぐインクが出にくくなり書けなくなるボールペンなどによく泣かされました。

しかし、商品のラインナップも増え、前述の隙間テープのように、100均でない商品を凌駕するものも販売されています。

皆さんも、一度隙間風対策用の商品を探しに出かけてみて下さい。

そして、自分なりの工夫をプラスして、温かい部屋で過ごせるようにしましょう。