マンションの表札を出すなら!おしゃれで個性的なデザインに

家の顔とも言える「表札」は、分譲マンションでもよく掲げられています。

「どうせ表札を出すなら、おしゃれなほうが良い!」という人は多いでしょう。

そこで今回は、分譲マンションの表札事情についてお話ししていきます。

「そもそもマンションで表札は出すべきなのか?」「どうやったら個性を演出できるのか?」といった疑問にも、お答えしていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートの1階で女性が暮らす際の注意点!防犯対策は万全に

アパート探しをしていると、気に入った物件に限って2階が埋まっていて、1階しか空き部屋がないという...

マンションを売るなら効率良く!値段を左右するポイントとは

マンションを所有している方の中には、それを売ることを考えている方もいるでしょう。売るとな...

マンションやアパートの賃貸契約前に必ずある入居審査とは?

マンションやアパートなどの賃貸物件の契約を行う前に、「入居審査」というものがあります。この入...

マンションの管理人は意外と大変!仕事内容等を詳しく知ろう

マンションの中には、管理人が常駐しているところもあるでしょう。「管理人が常駐している」こ...

マンションのモデルルームを見学!画像では分からないこと

好きなものを見ていると、時間が早く過ぎていきます。マンションのモデルルームを見るのが好きで、...

アパートの入居審査!電話連絡がきたときの対応をチェック!

アパートを借りるためには「入居審査」を受けますが、審査の一環として電話連絡がかかってくることもあ...

1LDKのマンションで快適な一人暮らし!賃貸探し中の方必見!

一人暮らしの部屋探しで、賃貸マンションの間取りについて迷っている方も少なくないでしょう。もし...

新築のマイホームの頭金はいくら用意すべき?平均の金額は?

新築のマイホームを購入するとなると、おそらく多くの方が利用するのが住宅ローンです。住宅ローン...

憧れのマイホーム!新築か中古一戸建てを東京で購入したい!

一戸建てとなると、土地と家の購入となりますから、高価な買い物になりますね。特に、東京都内...

夢のマイホーム!一戸建ての中古物件を東京で購入するには?

結婚やお子さんの出産を機に、「一戸建てを購入したい」と思い始める方は多いのではないでしょうか?...

新築の玄関もこだわろう!機能的・おしゃれにするポイント

注文住宅で家を建てる際、リビングやキッチンにこだわるように、玄関にもこだわっているでしょうか。...

マンションの専用庭では何ができる?おすすめの使い方!

マンションの専用庭とは、1階の住居のみに付いている庭のことです。1階でもバルコニーになってい...

中古マンションをリフォームして好みの部屋に間取り変更

近年では、中古マンションを購入して、間取り変更のリフォームをする方が増えてきています。中古マ...

アパート更新料は消費税がかかる?左右するのは「入居目的」

アパートで契約更新を行う場合、更新料を支払うことが一般的です。また、その更新料には、アパート...

一戸建てを買うなら知っておきたい頭金の知識!平均金額は?

自分の収入源を増やすためには、定期預金などに頼るだけではなく、投資をすることが有効です。特に、...

スポンサーリンク

マンションに多い取り付け方!表札の種類一覧

表札の取り付け方には、いくつかの種類があります。

マンションやアパートなどの集合住宅で多く見かけるのは、以下の4パターンです。

【挿し込み式】

いわゆる「スライド方式」になっているタイプです。

最もスタンダードな取り付け方で、左右のどちらか側面から表札を挿し込みます。

【落とし込み式】

表札部分の側面に挿し込み口がない場合は、落とし込み式であることが多いでしょう。

上下にくぼみがあり、押し込むようにして表札を取り付けます。

基本的には、くぼみに余白があるほうから挿し込んでいきます。

【マグネット式】

表札の裏面がマグネットになっているタイプで、ユニット部分にピタッとはまります。

マグネットは表札の中心に付いている仕様が多く、左右どちらかの端を押すと外れる仕組みです。

【立てかけ式】

二本ある柱体のくぼみに表札を挿し込みます。

上記3パターンに比べれば、珍しいタイプであると言えます。

これらはユニットに取り付けるタイプの表札ですが、もともとユニットが設置されていない場合は、剥がすことのできる粘着テープを利用する人もいます。

さまざまな取り付け方がありますから、ご自宅のマンションはどのタイプに当てはまるか確認しておきましょう。

取り付け方を把握した上で、おしゃれな表札選びに取りかかってください。

マンション住まいでも表札は出すべき!?

近年は、防犯意識の高まりからか、玄関に表札を掲げていないケースが増えてきました。

一戸建てではなくマンション住まいの場合、「部屋番号が明確になっているので、そもそも表札を出す意味はないのでは?」と感じる人も多いようです。

たしかに、表札を出していなくても不都合なことは少ないのかもしれません。

マンション名と部屋番号さえわかれば郵便物は届きますし、あえて表札を出さないことで「不審者に名前を把握されてしまう」といった心配もなくなります。

しかしながら、マンション住まいでも表札を出すことによって、災害などの緊急時にメリットがあると言います。

表札を出していれば、周囲の住民から名前を認知してもらえる確率が高まるからです。

「〇〇号室には〇〇という名前の人が住んでいるのか」

このように、マンション住民から名前を覚えてもらうことで、災害が起こったときに安否確認されやすくなります。

もし表札を出していなければ、あなたの存在自体があやふやになってしまうかもしれません。

コミュニティ形成の一環ととらえ、なるべく表札は出しておきましょう。

せっかく表札を掲げると決めたなら、おしゃれなものを選びたいですよね。

そこで次項では、表札の素材について取り上げます。

おしゃれな表札にはどんな素材が使われている?

ここからは、表札の見た目についてお話ししていきます。

隣戸とは違う個性を出したいなら、おしゃれなデザインの表札をオーダーしてみてはいかがでしょうか。

表札のオーダーは、ネットショップでも多く扱われています。

一戸建てだけでなくマンションユニット用の規格もあるので、きっとお好みのデザインが見つかるはずです。

おしゃれで人気が高い表札には、どのような素材が使われているのか見ていきましょう。

●ステンレス

シャープな質感が魅力のステンレスは、スタイリッシュなイメージの表札にぴったりです。

その耐久性は高く、サビにくいのがうれしいポイントでしょう。

●ステンレス+アクリル

ステンレスとアクリルプレートが二層になっている表札も人気です。

立体的なフォルムで、玄関を華やかに演出します。

●ガラス

美しい透け感のあるガラスですが、やや値段が高価になる傾向があります。

加工やアレンジはバリエーション豊かで、高級感を求めている方におすすめします。

●アイアン

アイアン(鉄)なら、文字が浮き出ているようなデザインを可能にします。

英字との相性が良く、今時らしいおしゃれな表札に仕上がるでしょう。

●人工大理石

人工素材でつくられた大理石風の素材を使用しています。

漢字に合わせやすく、落ち着いた雰囲気をお求めであれば、こちらを選んでみてはいかがでしょうか。

表札をおしゃれに!どうやってデザインを決める?

ここでは、表札選びのコツをご紹介していきます。

おしゃれな表札をいくつも眺めていると、どれを選ぼうかと迷ってしまうこともあるでしょう。

そんなときは、まず建物や玄関、共用部分の雰囲気をチェックしてみてください。

もしも、お住いのマンションが洋風な佇まいであれば、表札も洋風なものにするのがおすすめです。

建物全体の印象に合わせることで、ちぐはぐなイメージになってしまうのを防げます。

また、玄関付近のカラーリングにも着目してください。

特に重要なのは、表札のユニット部分が設置されている壁の色合いです。

壁が暗い色なら、表札は明るめの色(ホワイトやベージュなど)に。

壁が明るい色なら、表札は暗めな色(ブラックやダークブラウンなど)にすると、表札が引き立ちます。

こういったポイントを意識しながら、表札選びをしていきましょう。

マンションユニットの表札に個性を出す方法!

ここでは、おしゃれで個性的な表札にするためのアイデアをご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

《マンションユニットに戸建て用の表札を設置!》

「同じマンション住民とはかぶらない表札が欲しい!」という人は、戸建て用の表札を設置してみてはいかがでしょうか。

業者によっては、戸建て用の表札をカスタムして取り付けてくれるところもあります。

《表札に季節感を演出していく!》

ハロウィンやクリスマス、お正月など、季節ごとのイベント感を表札周りで演出してみましょう。

剥がしやすいシールやマグネットなどでデコレーションすると、気軽に取り入れられます。

また、表札の金具部分に取り付けられる「ステンレスアクセサリー」などもネットで販売されていますから、気になる人はチェックしてみてください。

おしゃれな表札を設置する前に確認しておきたいこと

最後になりますが、いくつか注意すべき点もありますので、お話しさせていただきます。

いくらおしゃれで個性的な表札を掲げたいとしても、周囲から浮いてしまうような奇抜なデザイン、派手なカラーリングは避けるようにしましょう。

一戸建てにお住まいならまた話は違いますが、「マンションの玄関は共用部分である」という認識を持っておくべきだと言います。

さらに、表札を交換するときには、必ずマンションの管理規約に目を通しておいてください。

マンションによっては、素材やデザインに規則を設けている場合があります。

素材に関しては、「不燃素材を用いること」と定められているケースがあるようで、そういったときには木製表札を掲げることができなくなります。

マナーやモラル、規約を守りながら、表札を選んでいくことも大切です。

マンション住まいでも表札は出しておくのがおすすめ!

今回は、マンションの表札事情についてお話ししてきました。

一戸建てに比べると、やはりそれなりの制限がかかってしまいますが、マンションユニット用の表札はバリエーションが増えています。

おしゃれな表札を掲げると、きっとご近所からの評判も良くなるはずです。

管理規約は守りつつ、こだわりの表札を選んでみてください。