2K、2DK、2LDK?同棲するのにぴったりな間取りは一体どれ?

これから同棲をスタートさせるときに、決めなければならないのがお部屋の間取りですよね。

お部屋の間取りには、「1K・1DK・1LDK」や「2K・2DK・2LDK」などとさまざまですが、お二人の生活パターンをよく考えた上でお部屋を決めなければなりません、

今回は、同棲するにあたり、どのお部屋が最適か考えてみました。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

1LDKのキッチンの運気アップ!風水から考えるレイアウト

部屋を清潔に片付けたいと思っていても、なかなかできないことがありますよね。忙しかったり、心身...

2LDKのインテリアはどうする?家具の選び方や賃貸でのDIY術

2LDKは、一人暮らし・カップル・家族とどのような構成でも住むことのできる間取りです。比...

鉄骨造の外壁材にはどんな種類がおすすめ?注目のALCとは?

鉄骨造の住宅は、大手ハウスメーカーの多くで採用されており、実際に注文住宅でも人気を集めています。...

W造や2×4の意味は?メリット・デメリットについて解説!

住宅を建てるにあたり、W造や2×4(ツーバイフォー)工法などという言葉を耳にすることがないでしょ...

木造の家は寒いって本当?寒さの原因とその対策方法とは?

よく「木造の家は寒い」と聞きませんか?冬が訪れると気温も低くなりますから、外出先から帰宅...

木造住宅の屋根はフラットに向いていない!理由は防水と積雪

住宅はそのお宅ごとに、さまざまな形やデザインになっています。ふと屋根の形を見てみると、三角屋...

新築時は窓にも目を向けよう!額縁の色はどのように決める?

新築時には、多くのことを決めなくてはなりません。その一つに「窓」があり、新築した人たちの多く...

2LDKは同棲に必須?快適に同棲するための部屋割りとは?

結婚を見据えたカップルなどは、同棲するという選択肢が出てくることがあるのではないでしょうか。...

トイレの換気扇から異音が!どのような原因が隠れているのか

キッチンやお風呂場、トイレなど、湿気や臭いが発生しやすい空間には換気扇が不可欠です。しかし、...

新築は窓の大きい解放的なリビングに!デメリットにも注意!

念願のマイホームを購入する際、リビングの窓もチェックポイントの一つです。特に、採光や風通し抜...

2DKに住みたい!東京で2DKの賃貸の家賃相場はどれくらい?

2DKは、これから同棲を始める人や、結婚して夫婦で住む家を探している人たちに人気の間取りです。...

離婚後に1LDKで子供と二人暮らし!名古屋で賃貸物件を探す

「いつか住むなら名古屋が良い」と思わせるだけの魅力が、名古屋にはあります。新幹線、飛行機、高...

できれば1LDK?憧れの東京デビュー!ベストな賃貸物件を選ぶ

「東京で一人暮らしをはじめよう」「できれば間取りは1LDKで」と考えている方は、まずは1LDKの...

木造と鉄骨造を組み合わせた混構造ではどのような家が建つ?

住宅を建てる際には、木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造など様々な構造があります。その中でも...

サイディングをビス穴補修するときの基礎知識

サイディングは建物を保護するために重要な役割を果たしていますので、損傷している個所をは適切に対処...

スポンサーリンク

2K、2DK、2LDKの違いは?

まずは、これらのお部屋の違いについて述べていきましょう。

●2K、2DK、2LDKの違い

2K、2DK、2LDKなどの「2」は2つのお部屋を意味しており、そして、2Kは2部屋とキッチンがあることを表します。

一方2DKは、2部屋とダイニングキッチンを意味し、2LDKは、2部屋とリビングダイニングキッチンという間取りとなります。

2Kは、居室が2つあるものの、基本的にキッチンは調理を行うだけのスペースとなっており、ダイニングスペースはありません。

そのため、2部屋のどちらか1つをダイニングスペースとして使用することも多く、それぞれの専用スペースを作ることが難しくなります。

ですから、同棲を行う間取りとしては少し窮屈である印象を受けます。

次に2DKですが、これは1980年代に多く取り入れられた間取りであり、比較的築年数が経っている物件が多い傾向にあります。

そのため、相場よりも家賃設定が低くなっていることも多く、掘り出し物件として好条件な物件が見つかる可能性もあります。

この2DKは、キッチンと食事をするダイニングスペースが1つの空間としてあるため、2つのお部屋をそれぞれ自由に使うことができます。

最後に、2LDKですが、こちらの間取りは2DKの間取りにリビングスペースを加えたものです。

プライベートな空間を維持しつつ、リビングで二人の時間を楽しむといったこともできるので、お部屋を広々と贅沢に使える特徴があります。

同棲するなら2DK以上がおすすめ!

先ほどお伝えしたように、同棲をスタートさせ、お二人で住むのなら、2DK以上の間取りであることが望ましいと考えられます。

2DKのダイニングキッチンの広さは、8帖程度が一般的です。

ダイニングキッチンが8帖程度であれば、二人でも余裕を持って生活することができるでしょう。

また、自分たちのお部屋をそれぞれ持つことができますので、プライベートを守りつつ、収納スペースも十分確保できます。

加えて、それぞれ独立したお部屋を確保できるということは、お二人の生活リズムが異なったとしても相手に気を使うことが少ないため、生活しやすくなります。

こういった面でも、同棲をするのなら2DK以上の間取りを選んだほうがお互いのストレスなく、快適に過ごすことができます。

では、2DKよりも広い2LDKの場合はどうなのでしょうか。

続いて、見ていきましょう。

2LDKなら贅沢に同棲生活ができる

広々と同棲生活をしたいという考えであれば、2DKよりも2LDKがおすすめです。

一般的に2LDKのリビングダイニングキッチンの広さは、10帖以上と決められており、広々とした部屋を確保できるのが2DKとの違いとなります。

「大きな家具をリビングに置きたい」という方は、お好みのインテリアを選びやすくなりますので、よりコーディネートを楽しむことができます。

また、友人をよく自宅に招くのであれば、2LDKの広さはメリットとなります。

友人を何人か呼んでホームパーティーを開いても、広さがあるため窮屈に感じることはありませんし、友人が急に泊まることになったとしてもリビングがあるため対応することができます。

ただ、お部屋を贅沢に使用できる分、家賃相場は高くなります。

間取りだけでなく、家賃の価格もよくお二人で考えて、ピッタリな物件を見つけていきましょう。

家族が増える予定ならば2LDKがおすすめ

同棲するために物件を探している方の中には、結婚を前提に考えているという場合もあるでしょう。

その場合、家族が増える予定も考えてお部屋の広さを決める必要があります。

2LDKの間取りは、同棲で二人暮らしするのに限らず、子供が小さいうちならば家族四人でも住めるほどの広さとなります。

そのため、これから家族が増える予定がある方は2LDK以上の間取りがおすすめです。

生まれたばかりの赤ちゃんの場合、はじめはほとんど同じお部屋で母親と過ごすことが多いですが、大きくなってくると移動範囲も広がり、衣類やおもちゃなどのものも増えてきます。

2DKでも住むことは可能ではありますが、子供が大きくなるにつれ手狭に感じてしまう可能性は高いかもしれません。

もし、これから家族が増える予定があるのなら、2DKよりも2LDKのほうが使い勝手がよいと考えられます。

また、子供が自分の部屋が欲しいと言い出したら、1つの居室を子供部屋として活用することもできます。

2LDKの間取りのタイプ

これから家族が増える予定があるという方や、広々と贅沢に同棲生活をしたいと考えるなら、2DKよりも2LDKの物件をおすすめします。

とは言え、2LDKと言ってもそのお部屋の間取りはさまざまです。

ここでは、どんなお部屋のタイプがあるのか、見てみましょう。

まず、お部屋同士の区切りが壁ではなく、ドアで仕切られているタイプです。

このタイプのお部屋は、壁よりも音が伝わりやすく、ドアで仕切られていることからプライベートの確保が難しくなる可能性もあります。

しかし、その反面いつでも一緒にいたい、という方にはおすすめの間取りとも考えられるでしょう。

ほかにも、中央にリビングダイニングキッチン、左右に一部屋ずつという間取りもあります。

このタイプのお部屋は、相手からの音も気になりにくいため、生活リズムが異なる場合や、しっかりとプライベートを確保したいという方におすすめできます。

また、全ての空間が直線に繋がっているタイプもあります。

この場合は、手前のお部屋を通って奥のお部屋に進むこととなりますので、プライベートを確保できない可能性があります。

こういったタイプのお部屋は2LDKではあまり見られませんが、お部屋のタイプによっては住みにくい住居となってしまう可能性もあります。

お部屋を決める前に、実際に生活したときのイメージを想像しておくとよいでしょう。

同棲するにあたり2DKか2LDKかで悩んだら

ここまでご説明したように、2DKと2LDKはどちらにもお部屋が2つあるという点は共通しており、違いはリビングの広さにあります。

2DKの場合、ダイニングキッチンはおよそ8帖ほどの広さとなりますが、2LDKは10帖ほどのスペースを確保することができます。

そのため、ダイニングとリビングを分けて使うことも可能です。

また、広い空間を活かしたコーディネートも楽しみやすいと言えます。

ただ、お部屋が広く使える分、2DKよりも家賃相場は2~3万ほど高くなることがあります。

このように、どちらにもメリットデメリットは存在しますので、これから同棲するにあたりどのように生活をしていくのかをよく考えた上で間取りを決定するとよいでしょう。

「個々のお部屋があれば十分」「家族が増える予定はない」というのであれば2DKでも十分かもしれません。

一方、「家族が増える予定がある」「友人をよく招く」という場合は、ストレスなく快適に過ごすために2LDKを選択したほうがよいかもしれませんね。

同棲は自分の考えだけでなく、相手の意見も尊重して決めることが大切です。

お二人にとって、何を優先するべきなのか、しっかりと話し合った上でピッタリの物件が見つかるとよいですね。

ストレスなく同棲するためにはお互いの生活リズムを考えておく

2DK、2LDKにはどちらにもダイニングキッチン加えお部屋が2つあるため、プライベートの空間を作りやすい言えます。

ただ、間取りの形によってはストレスを感じてしまうこともあるようですので、この点も重視して選びたいところですね。

お互いがストレスなく、快適に過ごせるためにお二人に合った住まいを探しましょう。