2K、2DK、2LDK?同棲するのにぴったりな間取りは一体どれ?

これから同棲をスタートさせるときに、決めなければならないのがお部屋の間取りですよね。

お部屋の間取りには、「1K・1DK・1LDK」や「2K・2DK・2LDK」などとさまざまですが、お二人の生活パターンをよく考えた上でお部屋を決めなければなりません、

今回は、同棲するにあたり、どのお部屋が最適か考えてみました。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

2LDKの間取りで快適に過ごすレイアウトは?部屋ごとにご紹介

新生活を始めるにあたり、新居を借りるという方も多いことでしょう。その中には2LDKの間取りを...

アートなポスターで大変身!おしゃれにインテリアを彩ろう

部屋の模様替えをしたいけれど、雰囲気を変えるために家具をすべて取り替えるのは難しいですよね。...

ゆとりある「1LDK」で一人暮らし!どんな女性におすすめ?

「1LDK」の間取りは、リビングダイニング(LD)、キッチン(K)の他に、もう一つお部屋がありま...

木造住宅の床がきしむ!きしみの原因と対策とは?

木造住宅で生活をしていて床から「ギシっギシっ」ときしむことはありませんか。一度気づくと、気に...

1DKで一人暮らしをスタート!ブログ参考でおしゃれな部屋に

進学や就職などで、1DKの部屋で一人暮らしをスタートさせるという方も多いことでしょう。念願の...

木造住宅の建築方法とは?建て方の順番をご紹介!

新たに木造の家を建てるという方は、家ができ上がるまでが楽しみですよね。完成までが待ち遠しい木造...

意外と悩む2LDKの部屋の使い方!新婚夫婦はどうしたら?

新婚生活を2LDKの部屋でスタートさせる方もいるでしょう。この時に意外と悩んでしまうのが...

誰でも簡単!クッションフロア、壁紙の内装張り替えDIY!

長い時間を過ごす自分の部屋、どうせなら過ごし易い場所が良いですよね。そんなときは壁、床な...

窓用エアコンの電気代は高い?壁掛けエアコンとの違いとは?

エアコンと言えば、工事をして設置する壁掛け式エアコンをイメージすることが多く、実際にメジャーなエ...

2LDKの使い方!2人暮らしの場合でシミュレーションしてみた

リビング・ダイニング・キッチンの他に、部屋が2つ設けられているのが「2LDK」です。2人暮ら...

夫婦が2DK賃貸に住む際の選び方は?東京でおすすめのエリア

夫婦やこれから結婚する予定のカップルが、引っ越しをするために東京で賃貸物件を探すこともあるでしょ...

新築・リフォームするなら窓のデザインの画像を要チェック!

新築やリフォームをする際に、家全体のデザインにこだわりたい方が増えています。その中でも「...

小中規模向きの軽量鉄骨アパートは費用と耐用年数がポイント

小中規模アパートを経営をするときに、どのような構造の物件が良いのか、分からないという方も多いと思...

2LDKの賃貸物件を名古屋で探す!治安の良いおすすめのエリア

名古屋への引っ越しを予定している方は、どのエリアに住むかもうお決まりですか。1人暮らし、2人...

1DKの間取り!レイアウトを工夫して一人暮らしを快適に!

一人暮らしで1DKの間取りであれば、1Kなどに比べてゆとりある生活が送れるでしょう。レイアウ...

スポンサーリンク

2K、2DK、2LDKの違いは?

まずは、これらのお部屋の違いについて述べていきましょう。

●2K、2DK、2LDKの違い

2K、2DK、2LDKなどの「2」は2つのお部屋を意味しており、そして、2Kは2部屋とキッチンがあることを表します。

一方2DKは、2部屋とダイニングキッチンを意味し、2LDKは、2部屋とリビングダイニングキッチンという間取りとなります。

2Kは、居室が2つあるものの、基本的にキッチンは調理を行うだけのスペースとなっており、ダイニングスペースはありません。

そのため、2部屋のどちらか1つをダイニングスペースとして使用することも多く、それぞれの専用スペースを作ることが難しくなります。

ですから、同棲を行う間取りとしては少し窮屈である印象を受けます。

次に2DKですが、これは1980年代に多く取り入れられた間取りであり、比較的築年数が経っている物件が多い傾向にあります。

そのため、相場よりも家賃設定が低くなっていることも多く、掘り出し物件として好条件な物件が見つかる可能性もあります。

この2DKは、キッチンと食事をするダイニングスペースが1つの空間としてあるため、2つのお部屋をそれぞれ自由に使うことができます。

最後に、2LDKですが、こちらの間取りは2DKの間取りにリビングスペースを加えたものです。

プライベートな空間を維持しつつ、リビングで二人の時間を楽しむといったこともできるので、お部屋を広々と贅沢に使える特徴があります。

同棲するなら2DK以上がおすすめ!

先ほどお伝えしたように、同棲をスタートさせ、お二人で住むのなら、2DK以上の間取りであることが望ましいと考えられます。

2DKのダイニングキッチンの広さは、8帖程度が一般的です。

ダイニングキッチンが8帖程度であれば、二人でも余裕を持って生活することができるでしょう。

また、自分たちのお部屋をそれぞれ持つことができますので、プライベートを守りつつ、収納スペースも十分確保できます。

加えて、それぞれ独立したお部屋を確保できるということは、お二人の生活リズムが異なったとしても相手に気を使うことが少ないため、生活しやすくなります。

こういった面でも、同棲をするのなら2DK以上の間取りを選んだほうがお互いのストレスなく、快適に過ごすことができます。

では、2DKよりも広い2LDKの場合はどうなのでしょうか。

続いて、見ていきましょう。

2LDKなら贅沢に同棲生活ができる

広々と同棲生活をしたいという考えであれば、2DKよりも2LDKがおすすめです。

一般的に2LDKのリビングダイニングキッチンの広さは、10帖以上と決められており、広々とした部屋を確保できるのが2DKとの違いとなります。

「大きな家具をリビングに置きたい」という方は、お好みのインテリアを選びやすくなりますので、よりコーディネートを楽しむことができます。

また、友人をよく自宅に招くのであれば、2LDKの広さはメリットとなります。

友人を何人か呼んでホームパーティーを開いても、広さがあるため窮屈に感じることはありませんし、友人が急に泊まることになったとしてもリビングがあるため対応することができます。

ただ、お部屋を贅沢に使用できる分、家賃相場は高くなります。

間取りだけでなく、家賃の価格もよくお二人で考えて、ピッタリな物件を見つけていきましょう。

家族が増える予定ならば2LDKがおすすめ

同棲するために物件を探している方の中には、結婚を前提に考えているという場合もあるでしょう。

その場合、家族が増える予定も考えてお部屋の広さを決める必要があります。

2LDKの間取りは、同棲で二人暮らしするのに限らず、子供が小さいうちならば家族四人でも住めるほどの広さとなります。

そのため、これから家族が増える予定がある方は2LDK以上の間取りがおすすめです。

生まれたばかりの赤ちゃんの場合、はじめはほとんど同じお部屋で母親と過ごすことが多いですが、大きくなってくると移動範囲も広がり、衣類やおもちゃなどのものも増えてきます。

2DKでも住むことは可能ではありますが、子供が大きくなるにつれ手狭に感じてしまう可能性は高いかもしれません。

もし、これから家族が増える予定があるのなら、2DKよりも2LDKのほうが使い勝手がよいと考えられます。

また、子供が自分の部屋が欲しいと言い出したら、1つの居室を子供部屋として活用することもできます。

2LDKの間取りのタイプ

これから家族が増える予定があるという方や、広々と贅沢に同棲生活をしたいと考えるなら、2DKよりも2LDKの物件をおすすめします。

とは言え、2LDKと言ってもそのお部屋の間取りはさまざまです。

ここでは、どんなお部屋のタイプがあるのか、見てみましょう。

まず、お部屋同士の区切りが壁ではなく、ドアで仕切られているタイプです。

このタイプのお部屋は、壁よりも音が伝わりやすく、ドアで仕切られていることからプライベートの確保が難しくなる可能性もあります。

しかし、その反面いつでも一緒にいたい、という方にはおすすめの間取りとも考えられるでしょう。

ほかにも、中央にリビングダイニングキッチン、左右に一部屋ずつという間取りもあります。

このタイプのお部屋は、相手からの音も気になりにくいため、生活リズムが異なる場合や、しっかりとプライベートを確保したいという方におすすめできます。

また、全ての空間が直線に繋がっているタイプもあります。

この場合は、手前のお部屋を通って奥のお部屋に進むこととなりますので、プライベートを確保できない可能性があります。

こういったタイプのお部屋は2LDKではあまり見られませんが、お部屋のタイプによっては住みにくい住居となってしまう可能性もあります。

お部屋を決める前に、実際に生活したときのイメージを想像しておくとよいでしょう。

同棲するにあたり2DKか2LDKかで悩んだら

ここまでご説明したように、2DKと2LDKはどちらにもお部屋が2つあるという点は共通しており、違いはリビングの広さにあります。

2DKの場合、ダイニングキッチンはおよそ8帖ほどの広さとなりますが、2LDKは10帖ほどのスペースを確保することができます。

そのため、ダイニングとリビングを分けて使うことも可能です。

また、広い空間を活かしたコーディネートも楽しみやすいと言えます。

ただ、お部屋が広く使える分、2DKよりも家賃相場は2~3万ほど高くなることがあります。

このように、どちらにもメリットデメリットは存在しますので、これから同棲するにあたりどのように生活をしていくのかをよく考えた上で間取りを決定するとよいでしょう。

「個々のお部屋があれば十分」「家族が増える予定はない」というのであれば2DKでも十分かもしれません。

一方、「家族が増える予定がある」「友人をよく招く」という場合は、ストレスなく快適に過ごすために2LDKを選択したほうがよいかもしれませんね。

同棲は自分の考えだけでなく、相手の意見も尊重して決めることが大切です。

お二人にとって、何を優先するべきなのか、しっかりと話し合った上でピッタリの物件が見つかるとよいですね。

ストレスなく同棲するためにはお互いの生活リズムを考えておく

2DK、2LDKにはどちらにもダイニングキッチン加えお部屋が2つあるため、プライベートの空間を作りやすい言えます。

ただ、間取りの形によってはストレスを感じてしまうこともあるようですので、この点も重視して選びたいところですね。

お互いがストレスなく、快適に過ごせるためにお二人に合った住まいを探しましょう。