1LDKでの一人暮らしは快適!男性におすすめコーディネート術

1LDKは、夫婦やカップルに人気の間取りです。

しかし、一人暮らしで1LDKを借りる方も多くなってきています。

今回は、1LDKでおすすめのコーディネート術をご紹介してまいります。

男性向けの内容となっていますので、1LDK一人暮らしの男性の方よろしければご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

2LDKのインテリアは小さな子供に合わせて選ぶことが重要!

2LDKの間取りはファミリーに人気があります。リビング、ダイニング、キッチン、2つの居室...

2LDKは快適!?家賃は高くても特徴のある物件を東京で探そう

2LDKの物件は、主にファミリーや新婚、同棲をする方に人気があります。そして、ペットと暮...

木造の三階建ての耐震性は低い?耐震性を左右する要素とは

「木造住宅は火事や地震に弱そう」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。特に三...

2DKで一人暮らしをはじめよう!女性におすすめのレイアウト

一人暮らしをしている方の中には、今住んでいるワンルームや1Kの間取りに狭さを感じ、引っ越しを考え...

2DKの間取りは一人暮らしだと少し贅沢?さまざまな使い方

「2DK」は、カップル・ファミリー向けの物件というイメージが強いですよね。しかしながら、ゆと...

窓のワイヤーガラスは何のため?泥棒による開閉は防げる?

網目のようなものが入っている窓ガラスを見たことがあるでしょうか。それはワイヤーガラスと言...

木造住宅にルーフバルコニーをつくりたい!防水の重要性とは

木造で新築を建てるとき、住まいに求める理想として「ルーフバルコニー」を挙げる方も少なくありません...

木造住宅のバルコニーは防水対策が重要!異常時は補修も必須

近頃建築される住宅では、ベランダやバルコニーが当たり前のようについていることが多くなりました。...

2LDKの間取りで二階建ては可能?採光を重視する二階リビング

これから新築する予定の方の中には、都心部での建築を検討している方もいらっしゃるでしょう。...

人気の町家のリノベーション!費用の相場はどのくらい?

町家をリノベーションして、そこに住んだり店舗にしたりすることが、今、多くの人の人気を集めています...

新築は窓の大きい解放的なリビングに!デメリットにも注意!

念願のマイホームを購入する際、リビングの窓もチェックポイントの一つです。特に、採光や風通し抜...

一軒家を建てて一人暮らし!注文住宅なら間取りを選べる

「落ち着いた環境で一人暮らしがしたい」「DIYでオンリーワンのマイホームを造り上げたい」という夢...

増築した離れに渡り廊下を設置する!その費用と注意点とは?

子どもが結婚し、同じ敷地内で生活しようと考えている場合、空いているスペースにもう1つ住宅を建築す...

狭い土地でも大丈夫!2LDKの間取りの2階建てに住もう

家を建てるには、土地探しから始まります。しかし、都心などではなかなか思うような広さの土地に出...

1LDKでの二人暮らしは狭い?快適に過ごす間取りとレイアウト

1LDKでの二人暮らしは狭いと感じている人はいるかもしれません。1LDKのリビングダイニング...

スポンサーリンク

1LDKがなぜ一人暮らしにおすすめ?

1LDKは、8畳以上のリビングダイニングキッチンの他に、居室がもう1部屋ある間取りのことを指します。

一人暮らしには、ゆとりがある間取りと言えるでしょう。

ちなみに、ダイニングキッチンが4.5畳以上8畳未満の場合は1DKと呼ばれます。

1LDKはリビングダイニングキッチンの他に居室があるので、その居室を寝室にするなどプライベート空間をしっかりと分けることができます。

男性の一人暮らしであれば、居室を書斎や趣味の部屋にする方も多いです。

そのため、突然の来客時にもしっかりとプライベート空間を隠すことができるのが1LDKがおすすめの理由でもあります。

また、夫婦やカップルなどの二人暮らしでも当てはまりますが、1LDKの場合は収納スペースが多くあるのも特徴の一つですので、すっきりと荷物を収納し、気持ちよく過ごすことができるのもおすすめの点です。

どんな人に1LDKが合っている?

一人暮らしであれば十分すぎるほどの広さで快適に過ごすことのできる1LDKですが、具体的にどのような人に合っている間取りと言えるのでしょうか。

まず、プライベート空間と生活空間をしっかりと分けたいという方に1LDKは向いていると言えるでしょう。

1Rなど、一つの空間にプライベート空間と生活空間が入り混じっている環境が合わない方は、1LDKがおすすめです。

また、1LDKは家賃が多少高くなってしまいますので、家賃を支払っても生活に支障がない人に向いている間取りとも言えます。

さらに、男性の一人暮らしであれば、近々恋人と同棲や結婚の予定がある方もいらっしゃるかもしれません。

そのような方も、今後のことを考えて1LDKがおすすめの間取りと言えるでしょう。

一人暮らしの男性におすすめ!1LDKコーディネート術

1LDKでの一人暮らしは、空間を広々と使えるのが特徴です。

ですから、1Rなどの間取りで置くのが難しいソファなどを置いて、空間を贅沢に使うことをおすすめします。

ソファもそうですが、ソファの前にはおしゃれなラグを敷いたり、こだわりのテーブルを置いたりするくのもおすすめです。

仕事から疲れて帰ってきても、お気に入りのソファやラグでゆっくりと過ごすことができます。

また、家具類は高さを低く揃えることで、より空間が広く感じます。

1LDKの特徴の広さを活かしていろいろな家具を置いてみるのもいいのですが、敢えて必要最低限の家具にすることでシンプルでおしゃれな部屋にもなります。

さらに、色味はブラックやブラウンなどでコーディネートすることで、男性らしいシックな印象の部屋になるのではないでしょうか。

男性の一人暮らしの部屋はテイストを統一することが肝心!

もともとセンスのある人は別ですが、男性の一人暮らしの部屋は少し工夫しないとおしゃれとは程遠い部屋になってしまいます。

例えば、いろいろなジャンルの好きなものをたくさん集めて部屋に飾っても、統一感がなく、おしゃれどころか落ち着かない部屋になってしまいます。

ですから、一つのテイストに統一して家具やインテリアグッズを揃えることが肝心となってきます。

昨今人気のテイストは「ヴィンテージ」です。

つまり、古いインテリアグッズなどでコーディネートされる部屋のことです。

選ぶアイテムによっては統一感を出すことが難しくあるので、ヴィンテージテイストは人気は高いものの、難易度が高いとも言えます。

また、男性には「サーフテイスト」も人気です。

サーフテイストでは、木材などのナチュラルなものを使い、色味はブルーや赤などを効果的に使用しておしゃれさを演出します。

1LDKなどの賃貸物件では退去時の原状回復が義務ですので、DIYを含む大掛かりな模様替えはできませんが、選ぶアイテムによってサーフテイストにすることが十分可能です。

男性に人気のテイストは?

ヴィンテージテイストやサーフテイストの他に、「北欧テイスト」も人気です。

北欧テイストは、男性のみならず女性に人気のテイストでもあります。

色味はホワイトやブルーグレーなどで統一するのがおすすめなものの、優しい色味のアクセントカラーを取り入れることでさらにおしゃれな印象の部屋になります。

1LDKであればリビングダイニングキッチンを北欧テイスト、寝室や書斎となる居室を別なテイストと分けることも可能です。

北欧テイストと似ている「ナチュラルテイスト」も男性に人気があります。

ベージュなどを基調としているナチュラルテイストは女性風である気がしますが、インテリアグッズの選び方で、男性らしいおしゃれな部屋にすることができます。

ナチュラルテイストがお好みであれば、観葉植物などのグリーンを取り入れるとより一層おしゃれな部屋になることでしょう。

また、「モダンテイスト」も男性からの支持が高いです。

モダンテイストはスタイリッシュで洗練され、余計な装飾がないシンプルなテイストのことを言います。

モノトーンがお好みであれば、モダンテイストの部屋にするのがおすすめです。

一人暮らしであれば、自分の好きなテイストの部屋にすることができます。

これを機に、自分の部屋をおしゃれに変えてみてはいかがでしょうか。

間接照明と観葉植物でよりおしゃれな部屋に!

1LDKなどの賃貸物件の照明器具はシーリングライトが多いですが、その他に、部屋を暖かく照らす間接照明があるとかなり雰囲気のある部屋になります。

間接照明を効果的に使うことで、おしゃれになるだけではなく、落ち着く空間にもなります。

さらに、間接照明は部屋の中に陰影ができるので、空間に立体感が出ます。

つまり、広く感じるということです。

1LDKは一人暮らしの部屋としてはそれなりに広いですが、間接照明でさらに広く感じさせることができるのです。

ただし、間接照明を設置する場合は、配線コードをしっかりと目隠しするようにしましょう。

配線コードがむき出しであると、雑多な印象になってしまいます。

間接照明の活用方法で簡単なのが、テレビの後ろに設置することです。

テレビの後ろから壁に向かって間接照明で照らすと、照らされた部分に奥行きが生じるように見えるのです。

男性の部屋で間接照明が効果的に使われていると、かなりおしゃれな印象の部屋になるのではないでしょうか。

また、先ほども少し触れましたが、観葉植物を取り入れるとよりおしゃれな部屋になります。

エアプランツであれば水やりの手間もさほどなく、毎日仕事に忙しい男性でも難なく取り入れられるのではないでしょうか。

ただし、アクセントとなるように大きいものを一つだったり、小さなものをいくつかと、あまり数は多くならないようにする方が、まとまりのある部屋になると思います。

工夫次第でおしゃれな部屋に!

男性一人暮らしにおすすめのコーディネート術をご紹介してきましたが、実践できそうなものはありましたでしょうか。

部屋のテイストを揃えたり間接照明を効果的に使ったりと工夫することで、おしゃれな部屋にすることができます。

1LDKは一人暮らしには余裕のある広さですから、快適に過ごせるよう、工夫してみてはいかがでしょうか。