2LDKは同棲に必須?快適に同棲するための部屋割りとは?

結婚を見据えたカップルなどは、同棲するという選択肢が出てくることがあるのではないでしょうか。

そのようなときには、狭すぎず広すぎない2LDKの物件がおすすめです。

ここでは同棲する上で、生活しやすい2LDKの部屋割りをご紹介します。

ぜひ参考にしていただき、快適な二人暮らしをしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新築時は窓にも目を向けよう!額縁の色はどのように決める?

新築時には、多くのことを決めなくてはなりません。その一つに「窓」があり、新築した人たちの多く...

土地や建物の登記簿謄本はどのように取得する?取り方を解説

さまざまな場面で、土地や建物の登記簿謄本が必要になることがあります。その際、どのように取得す...

1LDKで赤ちゃんを迎える!この間取りで狭くない?

結婚してから、新生活を1LDKの間取りの部屋でスタートさせるという方もいるのではないでしょうか。...

シェアハウスを大阪で探そう!安いだけではない特徴とは?

大阪は、伝統文化と現代的な生活が融合した魅力あふれる場所です。その大阪に住んでみませんか。...

住宅の火災保険の正しい選び方!失敗しないためのポイント

新築すると、万が一に備えて火災保険に入る方がほとんどです。不動産会社や融資を受けた銀行に...

家賃の自動引き落としは安心・手軽!その手続き方法とは?

毎月の家賃はどのような方法で支払っていますか。この記事では、便利で安心の「自動引き落とし」に...

家賃の振込を忘れたらどうなるの?忘れる原因と対策とは

アパートなどの賃貸住宅には、家賃の支払いがつきものですよね。毎月の家賃の支払いが、振込といっ...

強度は大丈夫?軽量鉄骨住宅のメリットと耐用年数について

住宅を建てるときには、耐震性など家としての強度が気になることでしょう。それには、住宅の構造に...

登記は必要?物置か倉庫か見極める3つのポイント!

庭に物置を設置しようとして、「登記が必要になる」ということが分かり、驚いた方もいらっしゃると思い...

毎月支払う管理費や共益費とは?これらに消費税はかかる?

アパートやマンションを借りると、家賃と同様に毎月支払うことになる費用のなかに、管理費や共益費も挙...

登記の事前通知書の返送期限!資格者代理人の制度も紹介

不動産の登記識別情報を忘れた場合に利用できる制度として、事前通知制度と資格者代理人による本人確認...

準防火地域でも窓をおしゃれに!何に注意をしたらいい?

家を新たに「準防火地域」と呼ばれる地域に建てようとしている方はいらっしゃいませんか。この地域...

新築時の登記とは?手続きの流れと必要なものを把握しよう!

新築の建物が完成した際には、登記をする必要があります。新築住宅の完成ともなると、他にもさまざ...

賃貸物件で家賃の日割りが返金されない場合もある?

マンションやアパートあるいは事務所・店舗といった賃貸物件に入居する場合、月の途中に契約を開始して...

マンション最上階の角部屋は夏暑い?原因と対策を知ろう

マンションは、階数が上がるほど「夏の暑さが過酷」とも言われます。特に最上階の角部屋ともな...

スポンサーリンク

2LDKは自由な部屋割りが魅力!同棲で人気の高い間取り

これから同棲を始めようというカップルは、物件探しが楽しい時期ですね。

それぞれの理想や譲れない条件などもあるでしょう。

さまざまな条件の中でも、どのような間取りの物件にするかは、よく考えて決めなければいけない項目の一つですね。

二人で住むのに適した間取りはいくつかありますが、特に同棲をする場合におすすめの間取りが2LDKの物件です。

2LDKとは、部屋が二つある他にリビング、ダイニング、キッチンがある間取りです。

2LDKの間取りですと、二人で住むには十分な部屋数と広さがありますし、部屋割りの自由度も高いのです。

ある結婚情報サイトのアンケートでは、同棲を経験したことのある人の半数近くが、同棲には2LDKが理想的だと答えているというデータもあります。

2LDKで同棲することのメリットとしては、

・お互いのプライバシーを確保することができる

・一人の時間を持つことができる

・生活時間帯が合わなくても相手に迷惑をかけない

・気まずい場合でもずっと顔を合わせなくて済む

・十分な収納スペースがある

・部屋割りの自由度が高い

といようなことが挙げられます。

二人で住みながらも、お互いに干渉し過ぎない間取りとなっていますね。

2LDKは部屋割りが自由だが家賃が高い

二人で住んでもプライベートが確保しやすく、また、さまざまなパターンで部屋割りができるなど、同棲で2LDKに住むことはメリットがたくさんあります。

しかし、2LDKでの同棲にもデメリットがあります。

それは家賃が高いということです。

やはり2LDKは部屋数がありますし、広さも十分にある間取りですから、家賃は二人で割ってもそれなりに高くなってしまいます。

また、今後結婚や出産を機に仕事を辞めることを考えている、または仕事を辞めなければならなくなる可能性があるというカップルは特に注意が必要です。

二人で割れば払える家賃であっても、どちらか一人の収入だけでは家賃が家計の大きな負担になる可能性もあるからです。

2LDKは大変魅力的な間取りですが、やはり1LDKなどと比べると家賃は高くなってしまいますので、優先させるべき条件をよく話合い、納得のいく物件を探していきましょう。

ここからは、同棲におすすめな2LDKの部屋割りを2パターンご紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

寝室を一つにし一緒にいる時間を確保する部屋割り

まず、最初にご紹介する2LDKで同棲する場合の部屋割りは、寝室を一つにし一緒に寝るというパターンです。

リビング・ダイニングスペースは、そのままリビング・ダイニングとして使い、二人の共有スペースとします。

残りの部屋二つのうち、片方を二人の寝室とし、もう一つを二人の荷物や服を置く部屋にします。

この部屋割りは、お互いが忙しく家にいる時間が少ないというカップルにおすすめです。

寝室が同じであれば、必ず一日に一回は顔を合わせることになりますから、一緒に過ごす時間を確保できますね。

ただし、人と一緒に寝ることに向いていない方もいます。

いびきがうるさい、寝相が悪い、神経質というような方は、一人で寝た方がお互いのためになるかもしれません。

最初は、今持っているベッドや簡易的なベッドを使い、試しに一緒に寝てみると良いでしょう。

試してみて問題が無ければ、二人用の大きいベッドを購入することで、より快適な睡眠を確保することができます。

それぞれの個室でプライベートを確保する部屋割り

次にご紹介する2LDKで同棲する場合の部屋割りは、リビング・ダイニング以外の二部屋を、それぞれの個室にするという部屋割りです。

どれだけ仲の良いカップルでも、同棲を始めると一緒にいる時間が長くなるので、ときには一人になりたいと思うこともあるでしょう。

同棲をする際には、一人でいる時間・空間が必要だという意見は多く見られます。

長く住むことを考えると、それぞれの個室を持てる2LDKという間取りは合理的なのかもしれませんね。

全ての部屋を共有せず、それぞれが個室を持つことのメリットとしては、

・プライベートな時間や空間が持てる

・プライバシーが確保される

・生活時間帯が合わなくても相手に迷惑をかけない

・気まずい状況になっても逃げ場がある

というようなことが挙げられます。

特に、生活時間帯が合わないカップルはそれぞれの個室で寝ることで、相手の睡眠を邪魔せずに生活することができるのでおすすめです。

一緒に過ごすくつろぎの時間は、リビング・ダイニングを活用しましょう。

同棲するにあたり2LDKでは広すぎてしまうカップルもいる

2LDKは、部屋割りの自由度が高く、同棲におすすめな間取りとご紹介してきました。

しかし、2LDKでは部屋数が多すぎる、広すぎると感じるカップルもいるようです。

例えば、荷物の少ないカップルの場合です。

荷物の少ないカップルが寝室を一緒の部屋割りにした場合、寝室に全ての荷物が収まってしまうかもしれません。

その場合、使う部屋はリビング・ダイニングと寝室だけで、残りの一部屋を持て余してしまうこともあるようです。

また、生活時間帯が合わないカップルも、もう少し狭い間取りで事足りる場合もあります。

生活時間帯が合わないカップルが、家で顔を合わせられるのは一日のうちのわずかな時間です。

そのため、二人揃って家にいる時間が少ないので、2LDKほどの広さは必要ないかもしれません。

同棲するには2LDKはおすすめですが、家賃が高く、また広いので冷暖房費がかさむなどのデメリットもあります。

2LDKよりも狭い間取りでも、快適に生活しているカップルもいますので、さまざまな間取りを検討してみてください。

2LDKは同棲のその後も住み続けられる

2LDKは同棲中のカップルに適しているといえる間取りですが、そのカップルに子供が生まれてからも住み続けられる間取りとしておすすめです。

2LDKは二人では広すぎると感じていても、子供を含めた部屋割りを考えるとちょうど良い間取りになるかもしれません。

子供の荷物が増えることも想定すると、収納スペースもしっかり確保したいものです。

また、子供が生まれると何かとお金がかかる場面も多いでしょう。

子供が生まれてからも、そのまま2LDKに住み続けることで引っ越し代がかからず、その分子供にかかる費用に充てることができますね。

結婚を前提として同棲してるカップルも多いと思います。

2LDKは、将来子供が生まれても、そのまま長く住める間取りといえるでしょう。

ただし、子供が大きくなるとプライベートな空間も必要になるでしょうから、子供がある程度の年齢になったら引っ越しが必要かもしれませんね。

自分たちに合った物件で快適な同棲生活を

2LDKは同棲を考えているカップルにおすすめの間取りです。

特に、結婚を前提としているカップルは、子供が生まれてからも住み続けられますね。

お互いの生活リズムなどを考えて部屋割りを決めていきましょう。

しかし、2LDKは家賃が高いというデメリットもありますし、広すぎると感じる方もいるでしょう。

ぜひ二人の妥協点を探しながら、最適な間取りを探していってください。