不動産登記のオンライン申請方法とは?時間に決まりはある?

登記の方法はいくつかあり、代表的な申請方法としては窓口申請や郵送申請が挙げられます。

近年ではオンライン申請も可能となりましたが、このオンライン申請とはどのようなものなのでしょうか?

また、申請時間に決まりなどはあるのでしょうか?

この記事でくわしくみていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

住宅の火災保険の正しい選び方!失敗しないためのポイント

新築すると、万が一に備えて火災保険に入る方がほとんどです。不動産会社や融資を受けた銀行に...

公道・私道とは?地図から読みとる方法とトラブル対策

車両が通れる道路はすべて公道と考えている方は意外に多く、気付かずに私道を通ってしまいトラブルにな...

「1LDKのひとり暮らし」に必要な広さの目安はどれくらい?

ひとり暮らしをする場合、必要な部屋の広さはどれくらいが良いのでしょうか。あまりに広いと持て余...

賃貸物件で家賃の日割りが返金されない場合もある?

マンションやアパートあるいは事務所・店舗といった賃貸物件に入居する場合、月の途中に契約を開始して...

お得な物件?建ぺい率・容積率のオーバーが要因かも?

物件を購入する際にはできるだけ安く買いたいものですよね。しかし、安いからと物件の購入を簡単に...

前面道路の幅員で容積率も異なる?土地購入時の注意点とは

敷地を選ぶ際には、周辺の環境はもちろん、前面道路の幅員がどの程度あるのかなども、毎日の生活に支障...

マイホームに関わる建ぺい率・容積率とは?計算方法を知ろう

マイホームを購入する際、家づくりに必要な知識を少しでも深めておくことは、理想的なマイホーム実現へ...

登記事項証明書で床面積の記載はどこにある?見方を知ろう!

建物を新築したり改築したりすると、不動産登記を行うことが必須とされています。特に建物表題登記...

敷金償却の意味とは?退去時に敷金が返金されない?

賃貸物件を退去する際、入居時に貸主に支払った敷金の返金が多いほど嬉しいものですね。一般的...

不動産登記申請時に添付する「住所証明書」に期限はある?

不動産登記を申請する際は、さまざまな書類を用意しますよね。どの登記を申請するかでも必要な...

家賃の目安はどのくらい?手取り18万でいくらの家に住める?

社会人になったタイミングで一人暮らしを始める人は多くいます。また、仕事の都合で実家を離れるこ...

夜に洗濯機を使いたい!何時から何時までなら許容範囲?

日常生活で、欠かさず行わなければならない家事の中の一つに「洗濯」があります。洗濯は、その人の...

土地を分筆することで生じるメリットとデメリットとは

広い土地を親から相続したので売却したい、土地の一部の地目を変更したいなど、土地を分けたいというよ...

土地の登記を理解しよう!必要書類と手続きのポイントは?

不動産の取引において「不動産登記」は必ず発生します。その目的は、不動産(土地や建物)の所有者...

土地を取得したら行う登記とは?自分でも行うことは可能?

土地などの不動産を取得すると必須ともいえるのが、不動産登記ですね。しかし日常生活において...

スポンサーリンク

不動産登記の申請方法とは?

登記は大きく、不動産登記と商業登記に分けられます。

この記事では不動産登記の申請方法についてお伝えしていきます。

まずは、不動産登記の申請方法がどのようなものがあるかをご説明していきましょう。

1、窓口申請

法務局の窓口へ行き、登記申請に必要な書類を持参して申請する方法です。

地域ごとに管轄の法務局が決まっていますので、あらかじめどこが管轄の法務局か確認しておきましょう。

2、郵送申請

法務局へ登記申請に必要な書類を郵送して申請する方法です。

郵送の場合は、送った日ではなく、法務局に届いた日が受付日となります。

3、オンライン申請

オンラインで申請する方法です。

以前は、窓口申請と郵送申請の2つでしたが、インターネットが普及したことでオンラインでも申請できるようになりました。

法務局の受付時間内に行けない方もいますから、そういった方にはオンライン申請は大変便利な方法です。

このオンライン申請についてもう少しみていきましょう。

時間の節約に貢献?オンライン申請のメリット

ここでは、不動産登記をオンライン申請で行うメリットについてお話ししていきます。

オンライン申請を行う一番のメリットとしては、法務局に行かなくても申請できるという点でしょう。

ご自宅の中で申請ができてしまうので、管轄の法務局が遠い方にとっては便利な方法ですよね。

窓口申請も郵送申請も、法務局や郵便局の営業時間内に行かなくてはならないというような、時間的な制約を受けてしまいますから、営業時間関係なく申請できるのはメリットといえるでしょう。

さらに、登録免許税が電子納付できてしまうこともメリットの一つです。

窓口や郵送の場合、収入印紙を郵便局などで購入して提出することになります。

この場合でも、郵便局の営業時間内に行かなくてはなりませんから、特に近くに郵便局がない方には大変ですよね。

オンライン申請であれば郵便局に行く手間も省けてしまうので、時間の節約に大いに貢献してくれます。

不動産登記はオンライン申請だけでは完結できない?

オンライン申請におけるメリットについてお伝えしましたが、オンライン申請で登記の申請が完結するわけではありません。

なぜなら、オンライン申請であっても、不動産登記に必要な書類は窓口へ持参するか、郵送で送るかのどちらかをしなくてはならないからです。

オンライン申請で完結するには、登記に必要な書類も電子化しなくてはなりません。

しかし、印鑑証明書や戸籍謄本などの書類は、簡単にはデータ化することはできません。

そのため、データ化できない書類は窓口もしくは郵送で提出しなくてはならないのです。

これにも期限が決められており、オンライン申請の受付から2日以内とされています。

期限を守り、窓口へ出向く際は、営業時間を確認したうえで伺うようにしましょう。

この点が、オンライン申請のデメリットともいえますね。

オンライン申請の時間はいつでも平気?

不動産登記もオンライン申請は可能ですが、必要な書類は窓口もしくは郵送で提出しなくてはなりませんので注意しなければなりませんね。

では、いざオンライン申請で登記をする際、行う時間はいつでも大丈夫なのでしょうか。

行政が提供している「登記・供託オンライン申請システム」であれば、利用時間が決まっています。

利用できる時間は月曜日から金曜日までの8時30分から21時までです(国民の祝日・休日、12月29日から1月3日までの年末年始を除く)。

メンテナンスなど、運転状況によっては利用できない時間帯もあります。

上記の時間帯には利用できますが、受付する時間によっては翌日(翌業務日)扱いになります。

オンラインであっても、法務局の窓口の時間が受付可能な時間です。

そのため、法務局の窓口の受付時間の8時30分から17時15分までにオンライン申請をすれば当日扱いになりますが、17時15分を過ぎてしまうと翌業務日の受付となってしまいますのでご注意ください。

申請時間に注意してオンライン申請を行おう!

システムの利用時間が決まっていて、オンライン申請する時間によって当日の受付になるのか、それとも翌業務日扱いになるのかが変わります。

これを頭に入れたうえで、オンライン申請で登記をはじめてみましょう。

不動産登記をオンラインで申請する場合は、はじめに行政のオンライン申請システムをインストールしておくようにしてください(無料で入手できます)。

登記の流れとしては、大きく3ステップです。

①添付書類を集める

②登記申請書を作成する

③申請書を提出する

オンライン申請の場合は、これにプラスで「電子署名」という手続きが必要です。

通常の不動産登記の申請書には、申請人の押印をしなければなりません。

しかしオンライン申請の場合は、当然申請書に押印することができませんから、その代わりに電子署名を行うのです。

さらに、電子証明書もオンライン申請では必要です。

これは、インターネット上の身分証のような役割をするものです。

一般の方が不動産登記をオンラインで申請する際は、公的個人認証サービスで電子証明書を取得しなくてはなりません。

電子署名と電子証明書の2つがオンライン申請では必要となりますので、準備しておくようにしましょう。

登記をオンライン申請する際の注意点!

不動産登記をオンライン申請する方法についてお伝えしました。

必要な書類を窓口に提出するか、郵送で送付するかのどちらかをしなければなりませんが、管轄の法務局が遠方の場合は便利なものといえるでしょう。

しかし注意しなければいけないことも当然あります。

前述のとおり、システムの利用時間が決まっていることも注意すべきことの一つです。

他にももう一つあり、オンライン申請で提出した登記原因証明情報の内容が、後から提出した必要書類との間で違いがあった場合です。

その場合補正不可となり、登記申請は取り下げとなってしまうこともあります。

というのも、オンラインで申請を行う際は、一部の登記を覗いて、登記原因証明情報をPDFにして登記申請情報に添付して提出しなければなりません。

これをする理由は、架空の登記申請を防ぐためです。

ですから、オンライン申請の場合は、申請後に記載に誤りがあったら補正不可で申請を却下されることもありますので、十分に注意して行わなければなりません。

不慣れの方ですとはじめは大変かもしれませんが、法務局まで行かなくて済むというメリットもありますので、オンライン申請で不動産登記をはじめてみてはいかがでしょう。

オンライン申請で登記をしてみよう!

不動産登記の申請方法の1つ、オンライン申請についてお伝えしてきました。

わざわざ法務省に出向かなくて済み、時間もお金も節約できますので、とても便利な申請方法です。

しかし、必要な書類においては窓口もしくは郵送で提出しなければなりませんので、注意が必要です。

また、オンライン申請のシステムには時間に決まりがあるので、こちらも把握したうえで登記の申請を行ってみてください。