マンションで犬を飼いたい!集合住宅でおすすめの犬種は?

マンションやアパートなどの集合住宅で暮らしていると、犬を飼いたくても、鳴き声や足音などで他の住人に迷惑をかけてしまうのではと不安になる方が多いのではないでしょうか。

また、それが賃貸物件であると、原状回復の観点から、室内を傷つけてしまう可能性のあるペットの飼育は二の足を踏んでしまうかもしれません。

そこでここでは、どうしても犬を飼いたい方のために、集合住宅におすすめの犬種をご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ファミリー向けマンションに多い中和室!使い方の例をご紹介

ファミリー向けのマンションの間取りの中に、「中和室」と呼ばれる部屋がある物件もあります。では...

新築住宅の壁紙を失敗しないために!選び方のポイントとは?

新築住宅の部屋で、大きな割合を占めるものの中に壁紙があります。壁紙は部屋の雰囲気を大きく変え...

中古マンション購入の決め手は配管?寿命に関わるその重要性

中古マンションを購入する場合、重要なこととして配管に関する確認があります。その中古マンション...

マンションを新築で購入!資産価値が落ちない大阪エリアは?

大阪で新築マンションを購入するときに、資産価値が落ちにくいエリアはどこなのでしょうか。ま...

住み始めてから後悔したくない!アパートを借りる際の注意点

初めてアパートを借りる際、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。住み始めてから後悔し...

マンションの築年数の限界は?売り時・買い時のポイント!

中古マンションを購入するとき、その値段や立地、間取りなども気になりますが、売却時にも関わる築年数...

新築する前にブログで学ぼう!失敗しない家づくりとは?

家を建てるのはとても大きな買い物なので、絶対に失敗したくないですよね。しかし、新築した方たち...

アパートの一階で住むときの注意点は?女性がしたい対策方法

「そろそろ一人暮らしをしたい」「今のアパートから引っ越したい」など、新しい住まいを見つけるとき、...

マンションベランダ掃除は盲点?排水溝トラブルを防ぐ掃除法

マンションでの掃除は、多くの方がリビングなどの室内をメインに行うことが多いのではないでしょうか。...

一戸建て用の宅配ボックス!リクシルには魅力的な商品が!

なかなか宅配便を受け取ることができずに、不在票がたまってしまうことが多い方も中にはいらっしゃるの...

一戸建てとアパートどっちが得?メリット・デメリットを比較

住宅について悩んだことのある方は、一度は「一戸建てとアパートはどっちが得か」について考えたことが...

注文住宅で新築!その値段はいくらくらい?全国の平均は?

夢のマイホームの購入を考えるとき、やはり一番に気になるのがそのお値段ではないでしょうか。家は...

マイホームに後悔しないためには?ブログを参考に検討しよう

人生で一番高額な買い物とも言われているのが、マイホームです。しかし、家を建てた多くの方は「こ...

マンションを買うなら中古がおすすめ?購入する際は注意点も

日本でマイホームを購入すると言うと、多くの人が新築を思い浮かべるのではないでしょうか。しかし...

2LDKや3LDKの平屋を新築したい!選ぶときのポイントとは

マイホームを建てる際、近年は平屋を選ぶ方も増えているようです。家はおそらく多くの人にとっ...

スポンサーリンク

マンションなどの集合住宅で犬を飼う場合の注意点

マンションなどの集合住宅ではたくさんの住人が一つの建物に暮らしているため、お互いに「配慮」が必要になります。

集合住宅で配慮が必要なケースはいくつかありますが、その中でも「騒音」に関しては特に気を付ける必要があると言えます。

いくら「ペット飼育可」の物件でも、あまりにもうるさい無駄吠えは他の住人の迷惑になってしまいます。

また、大型犬であると足音が響く場合もあります。

さらに、お住まいのマンションやアパートが賃貸物件の場合、退去時には原状回復が基本となります。

そのため、犬を飼うことによって室内に傷がついてしまうことも考える必要があるでしょう。

「騒音」の他には、「臭い」も気を付けたい項目の一つです。

犬を散歩に連れて行こうとマンションやアパート内の廊下などを歩いているとき、飼い主も気が付かない臭いを残してしまうことがあります。

そのため、犬の汚れはそのままにせず、常に清潔にしておくことをおすすめします。

マンションで犬などのペットを飼うときのルール

マンションによっては、犬などのペットを飼うときのルールを定めているところがあります。

その中の一例をここでご紹介いたします。

・ペットを飼育する際は事前に申請が必要

・共有部分での飼育は不可

・共有部分での排せつ行為不可

・共有部分でのエサやり不可

・ペットのしつけをしっかりと行う

・小型犬には狂犬病の予防注射を接種する

・ペットの飼育は2匹まで

ちなみに、「共有部分」とは、居室に隣接しているバルコニーも含まれます。

バルコニーは自分の所有物と思いがちですが、災害等が起きた際の避難経路に使用されることがあるため共有部分と定められています。

ですから、ペットのものに限らず、勝手に物置等を設置するのも規約違反になるので注意するようにしましょう。

ここでご紹介した以外にも、マンションによってはペット飼育にかかわるルールが定められていることがありますので、事前によく確認するようにしましょう。

それでは次項より、マンションで飼育するのにおすすめな犬種をご紹介していきます。

マンションで飼育するのにおすすめの犬種とは?

犬は、大きく分けると「大型犬」「中型犬」「小型犬」に分かれます。

マンションなどの集合住宅で飼育するには、その中でも小型犬がおすすめです。

小型犬は、大人になっても体重が10kgに満たない犬なので、飼育スペースも少なくて済み、とっさの出来事でも抱っこして楽に移動できる大きさため、集合住宅には向いているのではないでしょうか。

また、小型犬と言っても、それぞれの犬種で性格が異なります。

できれば、飼い主の言うことをよく聞く、優しい性格の犬がいいでしょう。

そして、鳴き声が小さめの犬も、マンションなどの集合住宅ではおすすめの犬種と言えるでしょう。

それではさっそく、おすすめの犬種をご紹介していきます。

●トイ・プードル

一時期大流行し、引き続き人気があります。

かわいらしい見た目もそうですが、頭がいいのでしつけがしやすいというのが人気の理由の一つでもあるようです。

また、抜け毛が少ないのも室内で飼うにはおすすめのポイントでしょう。

さらに、トイ・プードルは臭いもあまりないです。

体重は一般的に3~4kgなので、しっかりと床に防音の対策を行っていれば階下の住人に足音で迷惑をかけてしまうことも少ないでしょう。

マンション飼育でおすすめの小型犬

もちろん、トイ・プードルの他にもマンションでの飼育におすすめの小型犬はたくさんいます。

引き続き、ご紹介していきます。

●ミニチュア・ダックスフンド

ミニチュア・ダックスフンドがおすすめである理由の一つは、頭の回転がはやいということです。

そのため、トイ・プードルと同様にしつけやすいのです。

また、人懐っこい性格でもあるので、マンション内で連れて歩いているときにも威嚇して吠えたりなどというケースが少ない犬でもあります。

体重は3~6kgほどなので、こちらもトイ・プードルと同じく、床に防音対策をしっかりとしていれば階下へ足音が響くことも少ないでしょう。

●マルチーズ

マルチーズは素直で穏やかな性格で、白い毛並みのかわいらしい犬です。

見た目とは裏腹に、毛が抜けにくいのでマンション内飼育には向いている犬種です。

体重もだいたい2~3kgなので、足音による騒音も気にならないことでしょう。

マンションで飼育しやすいおすすめの他の犬種は?

ここまで、トイ・プードルやミニチュア・ダックスフンド、マルチーズをご紹介してきましたが、他にもマンションで飼育がしやすい犬種がいます。

●チワワ

小型犬の中でもより小さい超小型犬がチワワです。

超小型犬ゆえに、運動もそれほど必要がないのでマンションでは飼いやすい犬種と言えるでしょう。

また、臭いも少ないことから、シャンプーなどのお手入れの手間もさほどかかりません。

ただし、強気な性格でもあるので、しつけをしっかりとしないと無駄吠えしてしまう可能性もあります。

●シーズー

抜け毛や臭いが少ない犬種です。

性格も大人しく、運動量もさほど多くないのでマンションで飼育しやすい犬種です。

性格が大人しいことから、無駄吠えもあまりしません。

●ヨークシャテリア

ヨークシャテリアも抜け毛が少なく、しつけさえきちんとしておけば無駄吠えもあまりせずおすすめです。

標準体重は2~3kgほどですが、個体によっては5kg以上になることもあります。

もしも、ヨークシャテリアを購入する前には、その犬の親の大きさを確認しておくといいでしょう。

マンションなどの賃貸で犬を飼う際に準備しておきたいもの

マンションやアパートなどの賃貸物件で犬を飼う際、騒音や原状回復の観点から、前もって準備しておきたいものがあります。

最後は、それらについてお話ししていきます。

まずは「ゲージ」です。

マンションなどの集合住宅で犬を飼育するにはしつけが重要となります。

ゲージがあることで、飼い主と犬の立場をしっかりと分けることができ、しつけもその分容易になります。

次に、「ジョイントマット」です。

ジョイントマットを敷くことにより犬の足音の防音効果が期待できるうえ、犬の足の負担を和らげることができます。

他には、「ゲート」もあると便利です。

マンションやアパートによっては部屋の出入り口にドアがないことがあります。

そのようなときに、ゲートを設置しておくだけで来客時などに犬が飛び出してくるのを防ぐことができます。

置くだけのタイプのゲートは室内を傷つけることがないので、賃貸物件にお住まいでも安心して使用することができおすすめです。

マンションなどの集合住宅におすすめなのは小型犬

マンションやアパートなどの集合住宅で犬を飼いたいのであれば、小型犬がおすすめです。

小型犬の中でも、ここでご紹介したような性格が大人しく無駄吠えしない犬種がいいでしょう。

集合住宅で犬を飼うのであれば、その物件のルールやマナーをしっかりと守り、他の住人に迷惑をかけないように心がけるようにしましょう。

ここでの記事が、愛犬との楽しい生活を過ごすことができる手助けになったならば幸いです。