2DKで一人暮らしをはじめよう!女性におすすめのレイアウト

一人暮らしをしている方の中には、今住んでいるワンルームや1Kの間取りに狭さを感じ、引っ越しを考えている方もいるかもしれません。

そんなとき、「次は1LDKにしよう!」と考える方が多いでしょうが、2DKの間取りもおすすめといえます。

この記事では、特に女性に向けて、一人暮らしにおすすめの間取りともいえる、2DKについてお話をしていきます。

さらに、女性におすすめのレイアウトもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

1DKで念願の一人暮らし!インテリアはどうしたらいい?

春などは新生活がスタートし、一人暮らしを始めるという方も多いのではないでしょうか。そんな...

匠の技!木造住宅における継手と仕口にはどんな種類がある?

日本の木造住宅では、「継手(つぎて)」と「仕口(しぐち)」という匠の技が、建物の構造体で使われて...

アパート契約のキャンセルは可能?キャンセル料はかかる?

アパートの賃貸借契約を何らかの事情でキャンセルしなくてはならなくなった場合、キャンセルすることは...

新築の駐車場を砂利にしたい!メリット・デメリットは?

新築の外構工事では、車を出し入れする駐車場の仕上げとして、どんな建材を使うか悩む方も多いでしょう...

アパートの掃除はどこまでが正解?キレイになる掃除の仕方

アパートにはじめて住む方は、掃除の仕方で悩むこともあるでしょう。部屋の中はどのように掃除...

後悔しない!使い勝手のよい2LDKの間取りを一戸建てで!

2LDKは、リビング・ダイニング・キッチンのLDKに、2つの独立した部屋が付いた間取りのことです...

住み始めてから後悔したくない!アパートを借りる際の注意点

初めてアパートを借りる際、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。住み始めてから後悔し...

新築するならどっち?木造枠組壁構法と木造軸組構法の違い

天然の木は調湿効果があり、湿気が多い日本の気候に合っていることから、多くの新築では木造住宅が採用...

賃貸物件の壁がコンクリートでも大丈夫!時計や絵を飾る方法

賃貸物件では、壁が石膏ボードかコンクリートであることが多いです。壁がコンクリートだと、時...

アートをインテリアとマッチさせておしゃれな空間に!

おしゃれな家のインテリア空間には、アートが飾られていることがあります。アートがあると、それだ...

2DKの間取りの使い方は?おすすめのインテリアもご紹介

2DKは一人暮らしにも、二人暮らしにも適している間取りです。ここでは、一人暮らし・二人暮...

アパートでペット禁止!犬や猫の飼育が見つかったら?

アパートなどの賃貸物件の場合、ペット禁止であることが多いですよね。しかし、「前から飼って...

アパートの1階で女性が暮らす際の注意点!防犯対策は万全に

アパート探しをしていると、気に入った物件に限って2階が埋まっていて、1階しか空き部屋がないという...

あの魅力的な住宅は木造か鉄骨造か?その見分け方をご紹介!

街を眺めていると、外観などが魅力的な住宅が昨今増えてきたことに気づきます。間取りはもちろ...

アパートを解約する際の流れとは?大家さんへの連絡は電話?

今、アパートにお住まいの方も多いかと思います。しかし事情により、引っ越さなければならなくなる...

スポンサーリンク

広さのあるお部屋に引っ越すなら!1LDK?それとも2DK?

一人暮らしをはじめてする場合、男女とも多くはワンルームや1Kをまず選ぶかと思います。

しかし、一人暮らしの生活に慣れてくると、今住んでいる部屋が狭く感じてきて、引っ越しを検討する方もいることでしょう。

今よりも広さのあるお部屋を選ぶとしたら、まず思い浮かぶ間取りは「1LDK」ではないでしょうか。

1LDKは、居室と8畳以上のリビングダイニングキッチンがある間取りを指します。

居室は寝室として使えるので、食事と睡眠の部屋を分けることができる点がメリットのひとつとして挙げられます。

しかし、ワンルームや1Kよりも広さのあるお部屋を選ぶのであれば、2DKの間取りもおすすめです。

ではこの2DKは、どのような間取りを指すのでしょうか。

次項でお話ししていきます。

2DKはどんな間取り?女性の一人暮らしには広すぎる?

2DKがどんな間取りかというと、2つの居室に加えて、6畳以上10畳未満のダイニングキッチンがある間取りを指します。

リビングスペースはないですが、その分居室が1部屋あります。

居室が2部屋あるのは、さすがに一人暮らしでは広すぎではないかと思われる方もいるでしょう。

そこで、実際に2DKで一人暮らしをしていた方の意見を見てみると、

「寝室、食事、作業部屋などに分けられるので、居室が2部屋でも広すぎとは思わなかった」

「収納スペースが増えるので、ものがごちゃごちゃしなくなった」

「来客時でも、寝室を隠せるので良かった」

などという意見がありました。

特に女性の場合は、洋服やバッグに靴、メイク用品など、収納したいものがたくさんあると思いますので、収納できるスペースが多いのは嬉しいですよね。

収納の広さに満足している女性も多かったので、洋服などの数が多いという方は、2DKは広すぎると感じることは少ないかと思います。

しかし、中には「一人暮らしには2DKは広かった」という意見もあり、広い分掃除が大変であったり、冷暖房の効率が下がったりすることがあるようです。

そのため、自分のライフスタイルが2DKの間取りに合っているかを考えることが重要となってきます。

2DKでの一人暮らしが向いている人はどんな人?

ワンルームや1Kよりも広い間取りに住みたいと検討されている場合、2DKもおすすめといえます。

しかし、ライフスタイルによっては2DKのお部屋は広すぎてしまう場合もあります。

ではどんなライフスタイルの人が、2DKでの一人暮らしに向いているのでしょうか。

例えば、以下のような人が向いているといえるでしょう。

・生活スペースを完全に分けたい人

・荷物が多い人

・整理整頓があまり得意ではない人

・寝室以外で、書斎あるいは趣味のための部屋を持ちたい人

・来客が多いので、来客用の部屋が欲しい人(プライベートな空間を見られたくない人)

・インテリアにこだわりがある人

以上のような方が2DKのお部屋を選べば、スペースを無駄なく使え、広すぎると感じることは少ないでしょう。

また、2DKをおすすめする理由のひとつとして、「家賃」も挙げられます。

男性でも女性でも、家賃は重要視する項目のひとつですよね。

2DKの家賃は、どのくらいなのでしょうか。

家賃の面から見ても1LDKより2DKでの一人暮らしがおすすめ!

2DKをおすすめする理由のひとつには、家賃も挙げられます。

男女関係なく、物件を選ぶ際は家賃は気になる項目のひとつです。

2DKの家賃がどのくらいかというと、実は、1LDKよりも2DKのほうが家賃が安いことが多いのです。

大手不動産会社によると、東京23区の2DKと1LDKの家賃の相場は、

・2DK:約10.65万円
・1LDK:約12.8万円

と、2DKのほうが家賃の相場が安くなっているのです。

2DKは少し前に主流の間取りでしたが、近年では1LDKの間取りのほうが人気があるため、家賃も1LDKのほうが高めに設定されているようです。

同じ立地条件であっても、2DKのほうが安く設定されていることが多いので、このように家賃の面で考えても、1LDKより2DKのほうがおすすめといえるでしょう。

ただし、新築の2DKの物件の場合ですと、1LDKよりも家賃が高い場合がありますので注意してください。

それでは次の項から、2DKでの女性の一人暮らしにおすすめのレイアウトをご紹介していきます。

生活空間はきっちり分けたい!そんな女性のためのレイアウト

ここからは、2DKで一人暮らしをはじめる女性におすすめのレイアウトをご紹介していきます。

まずは、生活空間をきっちり分けたい女性におすすめのレイアウトです。

想像がついている方もいるかもしれませんが、「食事する部屋」「くつろぐ部屋」「寝る部屋」といった3つの空間を部屋ごとに分けるのです。

ダイニングキッチンはもちろん「食事する部屋」に、2つある居室のひと部屋をリビング、つまり「くつろぐ部屋」として利用します。

そして、居室のもうひと部屋は「寝る部屋」に分ければ、生活空間をきっちり分けることができますね。

急な来客時でも、ドアを閉めておけば寝室を見られなくて済みますので、プライベートな空間を見られたくない方にもおすすめのレイアウトです。

さらに生活空間を分けることで、快適な生活を送りやすくなります。

ワンルームや1Kでは、ひと部屋に家具家電がまとまって配置されますよね。

ベッドやテレビ、テーブル、チェストなどがひと部屋に収まるので、お部屋によっては圧迫感を感じることもあるでしょう。

しかし、部屋ごとに生活空間を分けてしまえば、家具家電がひと部屋にまとまることもなくなります。

各部屋に分散されれば、圧迫感も感じずに快適な生活を送ることもできるでしょう。

実際に2DKに移り住んだ人の中にも、「快眠になった」という方もいます。

スタンダードなレイアウトではありますが、生活の質の向上につながりますので、2DKのレイアウトに迷ったら一度試してみてください。

洋服もバッグもひと部屋に収納!女性におすすめのレイアウト

引き続き、2DKで一人暮らしをする女性におすすめのレイアウトをご紹介していきます。

ダイニングと寝室は先ほどとあまり変わりませんが、居室のもうひと部屋を「ウォークインクローゼット」として利用してみてはいかがでしょう。

多くの女性は洋服だけでなく、バッグや靴などをたくさん所有していますから、ひと部屋を収納部屋として利用するのです。

このとき、壁面に10段程度のラックを配置して靴を収納すると、お店のディスプレイのように飾って収納することができます。

見やすく収納できるだけでなく、おしゃれなインテリアとしても機能しますのでおすすめですよ。

洋服も2段ハンガーラックを壁側に配置すれば、ハンガーにかけるだけで洋服を収納できるので便利です。

上段はトップス、下段はボトムスに分けるとより見やすく収納できます。

ファッションが好きな女性にとっては、お気に入りのスペースにすることもできるでしょう。

しかしこの場合、リビングスペースがなくなりますので、ダイニングをリビング兼にするか、寝室をリビング兼にするか、それともリビングはなくすかを検討してくださいね。

この記事では2つのレイアウトをご紹介しましたが、ほかにもレイアウトはさまざまありますから、自分にぴったりのレイアウトを決めて、2DKで快適な一人暮らしをはじめてみましょう。

2DKで快適な一人暮らしをはじめてみよう!

ワンルームや1Kで狭さを感じている場合、1LDKに引っ越すのも良いですが、2DKもおすすめの間取りといえます。

もちろん、人によっては広すぎると感じることもありますが、ライフスタイル次第では一人暮らしに快適な間取りでもあります。

女性にももちろんおすすめで、ファッションが好きな女性でしたら、居室のひと部屋をウォークインクローゼットとしても利用できます。

自分に合ったレイアウトを決めて、2DKのお部屋で快適な一人暮らしをはじめてみてください。