2DKで一人暮らしをはじめよう!女性におすすめのレイアウト

一人暮らしをしている方の中には、今住んでいるワンルームや1Kの間取りに狭さを感じ、引っ越しを考えている方もいるかもしれません。

そんなとき、「次は1LDKにしよう!」と考える方が多いでしょうが、2DKの間取りもおすすめといえます。

この記事では、特に女性に向けて、一人暮らしにおすすめの間取りともいえる、2DKについてお話をしていきます。

さらに、女性におすすめのレイアウトもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートのキッチンが狭い!収納を工夫して使いやすくしよう

「アパートのキッチンが狭いと自炊する気にもならない」とお考えの方はいませんか。そのような方で...

マンションの購入を後悔しないために!注意すべき点はどこ?

多くの方が、一生に一度の大きな買い物としてマンションの購入を検討しているのではないでしょうか。...

木造住宅は優れた建物構造!柱・梁・壁に注目して工法を紹介

日本において昔から採用されてきた構造が木造です。木造住宅のメリットとデメリットをご紹介し...

アパートで子育て計画!赤ちゃんを迎える寝室へ

赤ちゃんが生まれたら、時間は風のようにすぎていきます。妊娠中に準備できることは、早めに済ませ...

1LDKを広く見せる!インテリアを工夫して狭い部屋を改善!

1LDKの部屋に住んでいて、リビングや居室が狭いと感じている方はいらっしゃいますか。狭くて窮...

アパートの管理費で疑問!共用部分は貸主に掃除義務がある?

アパートやマンションに住んでいて、廊下や駐車場、階段などの共用部分が汚いと、とても嫌な気分になり...

中古物件リフォームの注意点!ブログで体験談を見てみよう

近頃、中古物件をリフォームするのが人気ですよね。新築と比べると、費用をある程度抑えること...

新築の一軒家を建てるなら間取りは重要!人気のあるスタイル

新しく一軒家を建てる際には、選んで決めることが数多くあります。なかでも、家族とよく話し合い、...

大家さん必見!アパート立ち退きの流れ~補償はどう行う?~

何らかの理由で、アパートの入居者に立ち退きをお願いする場合、どのような流れとなるのでしょう。...

納戸はクローゼットにもなる!有効使用で他家と違いを図る

住まいの中の、いわゆる居室と言われる場所は、ある程度の使用方法が決まっています。一方、使用方...

新築におしゃれなドレーキップ窓を!ハンドル開閉で楽々操作

これから新築する方は、どのような内装の住宅にするかお決まりですか。もし、北欧のようにおしゃれ...

突然アパートの家賃が値上げする!?どう対処したらいいの?

ある日突然に、大家からアパートの家賃の値上げを通知されたらどうしますか。実際に経験された方の...

アパート契約のキャンセルは可能?キャンセル料はかかる?

アパートの賃貸借契約を何らかの事情でキャンセルしなくてはならなくなった場合、キャンセルすることは...

1DKの間取り!レイアウトを工夫して一人暮らしを快適に!

一人暮らしで1DKの間取りであれば、1Kなどに比べてゆとりある生活が送れるでしょう。レイアウ...

アパートの駐車場契約に必要な書類・料金とは?流れを紹介

車を所持している方は、アパート物件にある駐車場、もしくはお近くの月極め駐車場を契約することになる...

スポンサーリンク

広さのあるお部屋に引っ越すなら!1LDK?それとも2DK?

一人暮らしをはじめてする場合、男女とも多くはワンルームや1Kをまず選ぶかと思います。

しかし、一人暮らしの生活に慣れてくると、今住んでいる部屋が狭く感じてきて、引っ越しを検討する方もいることでしょう。

今よりも広さのあるお部屋を選ぶとしたら、まず思い浮かぶ間取りは「1LDK」ではないでしょうか。

1LDKは、居室と8畳以上のリビングダイニングキッチンがある間取りを指します。

居室は寝室として使えるので、食事と睡眠の部屋を分けることができる点がメリットのひとつとして挙げられます。

しかし、ワンルームや1Kよりも広さのあるお部屋を選ぶのであれば、2DKの間取りもおすすめです。

ではこの2DKは、どのような間取りを指すのでしょうか。

次項でお話ししていきます。

2DKはどんな間取り?女性の一人暮らしには広すぎる?

2DKがどんな間取りかというと、2つの居室に加えて、6畳以上10畳未満のダイニングキッチンがある間取りを指します。

リビングスペースはないですが、その分居室が1部屋あります。

居室が2部屋あるのは、さすがに一人暮らしでは広すぎではないかと思われる方もいるでしょう。

そこで、実際に2DKで一人暮らしをしていた方の意見を見てみると、

「寝室、食事、作業部屋などに分けられるので、居室が2部屋でも広すぎとは思わなかった」

「収納スペースが増えるので、ものがごちゃごちゃしなくなった」

「来客時でも、寝室を隠せるので良かった」

などという意見がありました。

特に女性の場合は、洋服やバッグに靴、メイク用品など、収納したいものがたくさんあると思いますので、収納できるスペースが多いのは嬉しいですよね。

収納の広さに満足している女性も多かったので、洋服などの数が多いという方は、2DKは広すぎると感じることは少ないかと思います。

しかし、中には「一人暮らしには2DKは広かった」という意見もあり、広い分掃除が大変であったり、冷暖房の効率が下がったりすることがあるようです。

そのため、自分のライフスタイルが2DKの間取りに合っているかを考えることが重要となってきます。

2DKでの一人暮らしが向いている人はどんな人?

ワンルームや1Kよりも広い間取りに住みたいと検討されている場合、2DKもおすすめといえます。

しかし、ライフスタイルによっては2DKのお部屋は広すぎてしまう場合もあります。

ではどんなライフスタイルの人が、2DKでの一人暮らしに向いているのでしょうか。

例えば、以下のような人が向いているといえるでしょう。

・生活スペースを完全に分けたい人

・荷物が多い人

・整理整頓があまり得意ではない人

・寝室以外で、書斎あるいは趣味のための部屋を持ちたい人

・来客が多いので、来客用の部屋が欲しい人(プライベートな空間を見られたくない人)

・インテリアにこだわりがある人

以上のような方が2DKのお部屋を選べば、スペースを無駄なく使え、広すぎると感じることは少ないでしょう。

また、2DKをおすすめする理由のひとつとして、「家賃」も挙げられます。

男性でも女性でも、家賃は重要視する項目のひとつですよね。

2DKの家賃は、どのくらいなのでしょうか。

家賃の面から見ても1LDKより2DKでの一人暮らしがおすすめ!

2DKをおすすめする理由のひとつには、家賃も挙げられます。

男女関係なく、物件を選ぶ際は家賃は気になる項目のひとつです。

2DKの家賃がどのくらいかというと、実は、1LDKよりも2DKのほうが家賃が安いことが多いのです。

大手不動産会社によると、東京23区の2DKと1LDKの家賃の相場は、

・2DK:約10.65万円
・1LDK:約12.8万円

と、2DKのほうが家賃の相場が安くなっているのです。

2DKは少し前に主流の間取りでしたが、近年では1LDKの間取りのほうが人気があるため、家賃も1LDKのほうが高めに設定されているようです。

同じ立地条件であっても、2DKのほうが安く設定されていることが多いので、このように家賃の面で考えても、1LDKより2DKのほうがおすすめといえるでしょう。

ただし、新築の2DKの物件の場合ですと、1LDKよりも家賃が高い場合がありますので注意してください。

それでは次の項から、2DKでの女性の一人暮らしにおすすめのレイアウトをご紹介していきます。

生活空間はきっちり分けたい!そんな女性のためのレイアウト

ここからは、2DKで一人暮らしをはじめる女性におすすめのレイアウトをご紹介していきます。

まずは、生活空間をきっちり分けたい女性におすすめのレイアウトです。

想像がついている方もいるかもしれませんが、「食事する部屋」「くつろぐ部屋」「寝る部屋」といった3つの空間を部屋ごとに分けるのです。

ダイニングキッチンはもちろん「食事する部屋」に、2つある居室のひと部屋をリビング、つまり「くつろぐ部屋」として利用します。

そして、居室のもうひと部屋は「寝る部屋」に分ければ、生活空間をきっちり分けることができますね。

急な来客時でも、ドアを閉めておけば寝室を見られなくて済みますので、プライベートな空間を見られたくない方にもおすすめのレイアウトです。

さらに生活空間を分けることで、快適な生活を送りやすくなります。

ワンルームや1Kでは、ひと部屋に家具家電がまとまって配置されますよね。

ベッドやテレビ、テーブル、チェストなどがひと部屋に収まるので、お部屋によっては圧迫感を感じることもあるでしょう。

しかし、部屋ごとに生活空間を分けてしまえば、家具家電がひと部屋にまとまることもなくなります。

各部屋に分散されれば、圧迫感も感じずに快適な生活を送ることもできるでしょう。

実際に2DKに移り住んだ人の中にも、「快眠になった」という方もいます。

スタンダードなレイアウトではありますが、生活の質の向上につながりますので、2DKのレイアウトに迷ったら一度試してみてください。

洋服もバッグもひと部屋に収納!女性におすすめのレイアウト

引き続き、2DKで一人暮らしをする女性におすすめのレイアウトをご紹介していきます。

ダイニングと寝室は先ほどとあまり変わりませんが、居室のもうひと部屋を「ウォークインクローゼット」として利用してみてはいかがでしょう。

多くの女性は洋服だけでなく、バッグや靴などをたくさん所有していますから、ひと部屋を収納部屋として利用するのです。

このとき、壁面に10段程度のラックを配置して靴を収納すると、お店のディスプレイのように飾って収納することができます。

見やすく収納できるだけでなく、おしゃれなインテリアとしても機能しますのでおすすめですよ。

洋服も2段ハンガーラックを壁側に配置すれば、ハンガーにかけるだけで洋服を収納できるので便利です。

上段はトップス、下段はボトムスに分けるとより見やすく収納できます。

ファッションが好きな女性にとっては、お気に入りのスペースにすることもできるでしょう。

しかしこの場合、リビングスペースがなくなりますので、ダイニングをリビング兼にするか、寝室をリビング兼にするか、それともリビングはなくすかを検討してくださいね。

この記事では2つのレイアウトをご紹介しましたが、ほかにもレイアウトはさまざまありますから、自分にぴったりのレイアウトを決めて、2DKで快適な一人暮らしをはじめてみましょう。

2DKで快適な一人暮らしをはじめてみよう!

ワンルームや1Kで狭さを感じている場合、1LDKに引っ越すのも良いですが、2DKもおすすめの間取りといえます。

もちろん、人によっては広すぎると感じることもありますが、ライフスタイル次第では一人暮らしに快適な間取りでもあります。

女性にももちろんおすすめで、ファッションが好きな女性でしたら、居室のひと部屋をウォークインクローゼットとしても利用できます。

自分に合ったレイアウトを決めて、2DKのお部屋で快適な一人暮らしをはじめてみてください。