マンションの和室を洋室へ、洋室を和室へリフォームする方法

分譲マンションにお住まいの方で、もともとある和室をなくしてリビングと一体化させたい、もしくは、リビングの一部を和室にリフォームしてしまいたいというご希望がある方がいらっしゃいます。

ここでは、その具体的な方法やメリット・デメリットなどを踏まえつつ、マンションの和室リフォームについてお話ししていきます。

和室リフォームをお考えの方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートの名義変更は速やかに!一般的な手続き方法をご紹介

アパートには名義人が存在し、もし名義人の名前が変わったり、別の人が名義人となる場合は、名義変更の...

マンションか戸建てか?新築か中古か?東京で購入するなら?

マイホームは人生で最も大きな買い物だと言っても過言ではないでしょう。だからこそマンション...

角地は外構がないと侵入される?通り抜け防止の方法とは?

角地は人気のある土地です。その土地にこだわりのマイホームを建てたなら、外構にもこだわりたいで...

マンションの大規模修繕はどのくらいの年数で行われる?

購入したときは新築だった分譲マンションも、年数が1年増えるごとにさまざまな部分が劣化していきます...

マンションを新築で購入!資産価値が落ちない大阪エリアは?

大阪で新築マンションを購入するときに、資産価値が落ちにくいエリアはどこなのでしょうか。ま...

アパートのガスコンロがつかない!まずは備え付けか確認

ガスコンロは経年劣化していきますので、急につかなくなることも多々あります。賃貸アパートやマンシ...

新築を機に電気の契約の見直しもあり?見直しのメリットは?

新築住宅に引っ越しをするときに、電気の契約を見直すという方も多いのではないでしょうか。もちろ...

新築木造アパートは騒音が多い?音が気になりにくい物件選び

引っ越しを考えたとき、「できれば騒音のしにくい物件に住みたい」と誰もが思うのではないでしょうか。...

一戸建てを東京に買いたい!穴場はどこ?買うタイミング

賃貸や一戸建てに「住む」ということを考えたときに、東京の近くに住んでいる方が「ここは穴場!」と思...

高さによって決まる!マンションのエレベーターの設置基準

賃貸物件を探している方のなかには、アパートではなくマンションを希望する方もいるかと思います。...

マンションの住人でもゲストルームの使用料はかかるの?

お住まいのマンションにゲストルームが備わっている方もいることでしょう。両親や友人が遊びに...

雪が降ったあとのアパートの雪かきはどこまでやるべき?

アパートにお住まいの方は、冬なると雪の予報にドキドキするのではないでしょうか。なぜなら、雪が...

マンションの水回りトラブルを回避!排水管の構造を知ろう

マンションは階下の部屋や隣の部屋が近い分、水回りのトラブルが起こると、被害が拡大しやすい傾向があ...

一戸建てだからこそ実現したい!おしゃれな庭の事例をご紹介

庭は一戸建て住宅の魅力の一つです。ガーデニングができる庭、子どもが遊べる庭、寛ぎと癒しの庭、...

マンションはどんな間取りが人気か?それぞれの特徴は?

これからマンションを買おうとしている方は、どんなことを条件にマンションを選んでいますか?マン...

スポンサーリンク

マンションのリフォームは自由にできない!

分譲マンションであると、一戸を借りているのではなく買い上げているということですから、自由にリフォームできると思うかもしれません。

しかし、マンションでリフォームが可能なのは「専有部分」に限られています。

マンションの専有部分とは、主に「居住空間」を指します。

つまり、床や天井、壁などのことです。

ただし、マンション構造部分のコンクリートの表面から居室内側の空間のみが専有部分となります。

ちなみに、ベランダやバルコニーは「共有部分」とみなされるので、勝手なリフォームは不可です。

ベランダやバルコニーは、自分たちの部屋に属しているものだから専有部分ではないかと思いがちですが、あくまでも共有部分ですから勘違いしないようにしましょう。

また、マンションの隣り合う2戸を購入しているとしても、2戸の間にあるコンクリートは共有部分になりますので、壁を取り払ってつなげてしまうという行為も認められていません。

さらに、マンションには「管理規約」があります。

場合によっては、リフォーム工事が規約で制限されていることもありますので、事前にマンションの管理規約をしっかりと確認しておくようにしましょう。

それでは、次の項からは「和室リフォーム」についてお話をしていきます。

マンションの和室を洋室へリフォーム

近年では、「和室は不要」と和室を洋室へリフォームする事例が多くなっています。

その中でも、和室をなくして、リビングとつなげて広くするというリフォームが人気です。

具体的には、

・和室の壁をリビングと同じクロスにする

・襖や障子をなくす

・畳をなくしてフローリングにし、リビングと一体化させる

というリフォームになります。

ただし、和室とリビングの間の壁を取り払うというリフォームができない場合もあります。

マンションの構造が梁と柱で支えている構造(ラーメン構造)であれば、和室とリビングの間の壁をなくすことは可能です。

しかし、壁で支えている構造(壁式構造)で、和室とリビングの間の壁が構造壁である場合は取り払うことができません。

中高層や超高層マンションであればラーメン構造であることが多いようですが、マンションの構造がどうなっているかでリフォームが可能か変わってきますのでよく確認しておくようにしましょう。

和室の畳をフローリングに変える際の注意点

マンションの和室を洋室へリフォームする際、畳をフローリングにする方が多いと思います。

この場合、注意していただきたい点があります。

それは、「音」と「遮熱性」に関することです。

畳は吸音性があるため、足音が響きにくいという性質があります。

また、畳の繊維の中には空気が多く含まれているので、外気にあまり左右されず遮熱性が高いのです。

例えば、もともと畳だった床であれば下の階に足音があまり響かなかったのに、フローリングにしたことで響くようになってしまったということがあります。

さらに、畳からフローリングにしたことで、寒い季節には足が冷たくなってしまうということも考えられます。

ですから、畳からフローリングにリフォームする際は、防音タイプのフローリングにするなどの工夫をすることをおすすめします。

マンションの和室を洋室へリフォームする際のメリット・デメリット

ここでは、マンションの和室を洋室へリフォームする際のメリットとデメリットをお話ししていきましょう。

まず、メリットとしては、和室にある襖や畳、障子のお手入れがなくなるということです。

和室にあるそれらのものは繊細で傷みやすく、汚れもつきやすいうという一面があります。

そのため、常に綺麗に保つには日頃からのお手入れが必要になるのです。

襖や畳、障子のお手入れがなくなるのは、和室から洋室へリフォームする大きなメリットと言えるでしょう。

デメリットとしては、客間になったり寝室にできたりと和室は汎用性が高く、その1室がなくなってしまうことで不便な思いをすることがあるかもしれないということです。

もしも、襖や畳、障子のお手入れが面倒で、和室を客間や寝室にする機会がないということであれば、和室を洋室へリフォームする意義があると言えるでしょう。

ただし、少しでも「不便な思いをするかもしれない」と思うのであれば、リフォームが必要なのか今一度考え直した方がいいかもしれません。

マンションの洋室を和室へリフォーム

マンションに洋室しかなく、和室をつくりたいというケースもあります。

その場合、リビングの一角に和室、もしくは、もともとある洋室1室を和室にリフォームするというパターンが多いようです。

その中でも、リビングの一角に小上がりになっている和室をつくるのが最近のトレンドのようです。

具体的には、

・和室のテイストを、リビングのインテリアのテイストに合わせる

・小上がりの段差部分に収納をつくる

というリフォーム工事が人気です。

和室のテイストを、リビングのインテリアのテイストに合わせることで一体感が生まれます。

さらに、畳を従来のグリーンではなくダークな色合いのものにすると、おしゃれな空間になります。

また、小上がりをつくることで部屋に立体感が出ます。

これまで何の変哲もないのっぺりとした印象のリビングだったのであれば、小上がりの和室があると一気に雰囲気が変わりますよ。

マンションの洋室を和室へリフォームする際のメリットとデメリット

それでは、マンションの洋室を和室へリフォームする際のメリットとデメリットをお話ししていきましょう。

メリットとしては、先ほども少し触れましたように、和室を小上がりにすると段差部分に収納ができることです。

マンションの収納は限られていますから、小上がりの段差部分に収納ができることで想像以上に便利になります。

また、リビングの一角の収納ですから、雑多なものを収納することでリビングをすっきりさせることもできるでしょう。

多くの時間を過ごすリビングに収納があると、出し入れもしやすくとても便利です。

しかし、デメリットもあります。

それは、リビングの一角に和室をつくることで圧迫感が出てしまうことです。

もともと広く使っていたリビングの一部分が和室となることで、どうしても狭さを感じてしまうのです。

マンションの洋室を和室へリフォームするにも、メリットだけではなくデメリットもありますので、自分たち家族がどのように過ごしたいか、また、どのように使いたいかをよく考えて、リフォームに踏み切ることをおすすめします。

最終的に納得のいくリフォーム工事を!

マンションの和室を洋室へ、洋室を和室へリフォームするには、それぞれメリットとデメリットがあります。

また、マンションの構造によっては間取り変更などの大規模なリフォームが不可能な場合もあります。

さらに、管理規約によっては、リフォーム工事に制限があるケースもあります。

マンションのリフォームをお考えの際、まずは物理的に工事自体が可能かどうかを確認するようにしましょう。

そして、家族みんなで本当にリフォーム工事が必要なのかよく話し合ってから結論を出しましょう。