マンションを購入する際にはどんなところに注意するべきか?

マンションの購入は一生に一度と、覚悟を決めて購入する方が多いのではないでしょうか。

住環境は生活の質を左右する重要な要素ですから、マンション選びで失敗したくないですよね。

ここでは、マンションを購入するにあたり、どんなところに注意するべきなのかを見ていきます。

マンション購入後に後悔のないようしっかりチェックしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

マンションの管理組合は重要!面倒がらず積極的に参加しよう

マンションを購入すると、知らないうちに「管理組合の組合員」になっていて、総会に出席したり、役員が...

新築住宅を購入!カーテンとブラインドどちらがいいの?

新築住宅を購入すると、せっかくだからと家具やインテリアを新調する人は少なくありません。中でも...

マンションをリノベーション!成功事例を参考にいい住まいを

中古マンションは立地のわりに価格が手頃だということで、近年注目を浴びています。しかも、そのま...

家を建てる人必見!ブログを参考にローコストな家づくり

今、アパートなどの賃貸物件に住んでいるご家庭の中には、家を建てるか悩んでいる方もいるのではないで...

満足のいく新築を!間取りの成功・失敗例を参考にいい家造り

日常生活を送るうえで、「間取り」が自分たちの生活スタイルに合っていないと不便な思いをします。...

マンションを福岡で購入したい!中古のメリット・デメリット

九州地方で最も多くの人口を誇る福岡で、中古マンションを購入することを検討している方はいませんか?...

マンションで気になる騒音!音はどこから来ている?

マンションで生活をしていると、気にならない音から、気になってしまう程の音まで様々な音が聞こえてき...

2LDKのマンションを購入するなら新築?中古?どちらがお得?

これから2LDKのマンションを購入しようとしている方は、新築と中古どちらのマンションにするかもう...

賃貸アパートでの生活アイディア!リビングが狭い場合の対策

賃貸アパートにこれから住み始める方や、現在住んでいる方で、「リビングが狭いことが気に入らない」と...

1000万円台で家を建てたい!憧れの平屋は建築可能?

近年、平屋は住みやすい住宅として、人気が高くなっています。平屋を新築したいと考えた時、ど...

アパートの部屋に表札がない!自分でできる作り方をご紹介!

住んでいるアパートが古かったり、きちんと管理されていない場合、部屋番号が明確に表記されていないこ...

アパートの賃貸契約や契約更新は無職でも問題なくできる?

無職だと、アパートの賃貸契約をすることはできないのでしょうか?はたまた、アパートの賃貸契約時...

新築のインテリアとしても最適!?テレビは壁掛けにしよう!

数ある家電製品の中でも、目覚しい進化を遂げているのがテレビです。テレビは、従来の置き型テレビ...

新築住宅の火災保険!加入のタイミングとポイントとは

新築の住宅の完成のめどが立ってくると、火災保険のことが気になりますよね。火災保険の手続きは、...

マンションでピアノ!おすすめの置き場所や防音対策とは

マンションでも音楽を楽しみたいと、ピアノの購入を検討する方も多いのではないでしょうか。しかしな...

スポンサーリンク

マンションを購入する流れ

いざマンションを買うと決めても、多くの方がマンションの購入は初めてのことと思います。

そうなると、どのようなプロセスを踏んで購入まで至るか分からないこともあるでしょう。

まずは、マンションの購入の流れを、新築・中古と分けて見ていきましょう。

【新築マンション購入の流れ】

①不動産ポータルサイトや、ディベロッパーの会員サービスなどから新築マンションの情報を収集する。

②モデルルームを見学する。

③購入の申し込みをし、抽選の場合は結果を待つ。

④購入の希望が通ったら、売買契約を結ぶ。

⑤マンションの完成後、内覧会に参加する。

⑥決済・引き渡しが完了した後、入居。

以上が、新築マンションを購入する大まかな流れとなります。

また、住宅ローンを組む場合、購入申し込みの時には仮審査、売買契約を結ぶ時には本審査を受けるようにしましょう。

では、中古マンションを購入する場合はどのような流れで進んでいくのでしょうか。

【中古マンション購入の流れ】

①不動産ポータルサイトや、不動産会社の仲介サービスを利用し中古マンションを探す。

②条件に合うマンションが見つかったら内覧に行く。

③購入の申し込みをする。

④値引き交渉などがまとまったら、売買契約を結ぶ。

⑤決済・引き渡しが完了した後、入居。

以上が中古マンションを購入する流れとなります。

中古の場合も、住宅ローンの仮審査と本審査を忘れないよう注意しましょう。

新築マンションと中古マンションの購入までの流れを見てきましたが、基本的な流れとしては大体同じです。

内覧や内覧会には、専門家に同行を依頼するとより安心して購入の判断ができるでしょう。

マンションを購入する際の注意点①無理のない資金計画

では、ここからは具体的にマンションを購入する際の注意点について見ていきます。

不動産の購入はとても大きな買い物ですから、買ってから後悔することのないよう事前に注意するべきポイントを確認しておきましょう。

まず、注意しなければいけないのが、無理のない資金計画の中でマンションを購入するということです。

多くの方が、資金計画を立てるよりも先に物件探しを始めます。

物件探しを最初にしてしまうと、高額で魅力的なマンションばかりが目についてしまうでしょう。

そうして、予算を超えたマンションを購入してしまうと、ローンの返済が苦しくなるなどの事態にもなりかねません。

そうならないためにも、マンションの購入は資金計画を立てるところから始めましょう。

銀行などに出向かなくても、インターネットのローンシミュレーションでもおおよその借入可能金額を予想することもできます。

また、マンションの購入には、物件価格だけでなく様々な諸経費がかかることも頭に入れておきましょう。

諸経費は物件価格の約6~10パーセントかかると言われます。

マンションを購入する際の注意点②資産価値

次に、マンションの購入で注意したい点が、資産価値の落ちにくいマンションかどうかです。

絶対に引っ越すことがないと言い切れる場合は、購入したマンションの資産価値を気にする必要はありませんね。

しかし、家族構成や仕事の都合によりライフスタイルが変化した場合、マンションを売るという選択肢が出てくる可能性もあります。

そうなった場合、資産価値が落ちにくいマンションを購入しておくことで、マンションの買い手がすぐ決まったり、相場よりも高値で売却することができるのです。

万一、マンションを売りに出しても買い手が決まらなかった場合、新たな住まいの出費と合わせて出費がかさむことにもなりかねません。

資産価値の落ちにくいマンションの特徴としては、

◯好立地

◯きちんとした管理状態

◯大規模

といった条件などが挙げられます。

マンションを購入する際の注意点③災害リスク

続いて、マンションの購入で注意したいのは、災害リスクの少ないマンションを選ぶということです。

マンションの購入時には、価格や内装、利便性などで頭がいっぱいになってしまい、災害リスクのことまで考えられないことと思います。

しかし、様々な自然災害が起こる日本において物件を買う場合、災害リスクに注意することも大切な項目の一つです。

特に都心の場合には、耐震性・防火性などの物件の状態だけでなく、津波・洪水・液状化のリスクなど土地の状況にも注意が必要です。

災害リスクの確認には、各自治体が公開している「ハザードマップ」が便利です。

想定される自然災害を知ることができます。

また、購入を考えているマンションがある場合には、その物件の耐震性や海抜に高さなどもチェックしておきましょう。

マンションを購入する際の注意点④内覧をしっかりと行う

最後に、マンション購入の注意点として挙げるのは、入念に内覧をするということです。

内覧をおろそかにしてしまい、住み始めてから後悔することのないようにしましょう。

内覧の際にチェックするべきポイントとはどんなところでしょうか。

◯日当たりや景色がよく、マンション全体に風が通るか

◯水回りや配管から臭いはしないか

◯壁や床にヒビ・傷・汚れ・傾きはないか

◯生活導線に無駄はなく、収納スペースは確保されているか

◯騒音対策がされているか

内覧の時にはこのようなことに注意してマンションをチェックしていきましょう。

また、一つの物件を見て満足するのではなく、いくつもの物件を見比べるのがおすすめです。

内覧の際にはメジャーやメモなどを持っていくと便利です。

マンションを購入するメリットとは?

ここまで、マンションを購入する際に注意するべき点について見てきました。

マンションの購入に関しては、注意しなければならないことも多く、二の足を踏んでしまう方もいることでしょう。

それでも賃貸ではなく、マンションを購入するメリットはいくつかあります。

◯老後の住居費が抑えられる

マンションを購入することで、賃貸よりも老後の住居費の心配が少なくなります。

賃貸と購入では、一生にかかる住居費はそれほど変わらないと言われています。

購入の場合には初期費用が高くつきますが、ローンの返済が終わればかかる住居費は一気に下がりますね。

賃貸の場合は、働けなくなっても一定の賃料を払わなければなりませんので、その点でマンションを購入することは老後にメリットがあります。

◯資産となる

マンションを購入することで、そのマンションが自分の資産となります。

一生の住居費は、賃貸でも購入でもそれほど変わりませんので、同じ費用で資産を手に入れることができます。

以上のようなことがマンションを購入するメリットと言えます。

ご自分のライフスタイルをよく考え、マンションの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

マンションの購入は注意深く

マンションの購入に際しての注意点を見てきました。

注意しなければならないポイントがいくつもあり、やはりマンションの購入はそう簡単なことではありませんね。

今回ご紹介したような注意点を参考にして、後悔のないマンション選びをすることで、納得のいく住環境を手に入れましょう。