SEARCH

「不動産」の検索結果330件

  • 2021年2月1日

底地の購入を検討する

今回は、底地を購入しようと検討している方を対象に記事を書きました。底地を投資商品として考えた場合、どのような特徴があるのか。また賃貸借契約がなされているため、どのようなリスクが潜むのかを中心にお伝えいたします。

  • 2021年1月25日

底地の査定について

あなたが地主で底地を売却したいと考えているならば、底地の売却価格がいくら位になるのか気になっていることでしょう。底地に価格をつけることは、所有権の土地に比べると簡単ではありません。今回は、路線価を基準にした底地の価値の求め方をお伝えします。

  • 2021年1月21日

アパートの騒音トラブル!上の階からの騒音に悩んだときは?

賃貸住宅であるアパートでは騒音トラブルがつきものといっても良いでしょう。人によって騒音の捉え方は違いますし、生活パターンもバラバラです。とくに、上の階から聞こえる音は、自己解決を図るのは難しいケースも多いのではないでしょうか。これから、アパートの上の階からの騒音で悩んだときに取るべき行動についてご紹介していきます。騒音による被害が少しでも緩和できるように、解決策を見出していきましょう。

  • 2021年1月7日

登記の錯誤とは?更正登記の費用はいくら?錯誤を理解しよう

登記の錯誤とは、誤解や間違いによって行われてしまった登記のことで、「錯誤である」と認められれば無効にすることができます。錯誤無効によって登録免許税として、その分の費用がかかります。ここでは、錯誤についての基本知識から実務的な応用まで幅広くご説明していきます。また、「善意の第三者」についても取り上げます。

  • 2020年12月10日

アパートのリビングは防音対策して子供の騒音を軽減する!

アパートに住んでいる夫婦に子供が生まれたら、最初は幸せな気持ちでいっぱいでしょう。しかし、子供は成長するにつれて、どんどん動きが活発になっていきます。部屋の中で動き回ることで、物音や泣き声が響き、周りの部屋の住人に聞こえてしまう可能性があります。騒音となると、深刻な住民トラブルに発展するケースもあるため、何かしらの対策をとる必要が出てきます。今回は、子供が日中過ごすことが多い「リビングの防音」を中心に、詳しくお話ししていきます。

  • 2020年11月30日

契約書に記載の面積と実測面積が違う場合

不動産売買において、登記簿記載の面積と実測面積に差異があるケースは多々あります。大抵誤差はわずかになりますが、よく確認する必要があります。今回は、借地契約において契約書記載の面積と実際の面積が異なる場合について説明します。

  • 2020年11月9日

借地権の名義に関するトラブル

不動産を相続しても、相続登記をしていないというケースを見かけます。相続登記には費用も発生しますし、しなかったとしても罰則はありません。しかしながら、借地権においては大きなトラブルに発展することがありますので注意が必要です。

  • 2020年10月15日

マイホーム登記の持分は必ず計算!贈与税を課されないために

念願のマイホームを購入するとき、夫婦が分割して資金を出す「共有名義」にするケースが見られますが、その際に気を付けたいのが「持分登記」です。持分登記とは、取得した土地や建物を、誰がどのくらいの割合で所有しているかを登記するもので、いい加減に決めてしまうと後で贈与税が発生する場合があります。そこでこの記事では、持分登記で贈与税がかかるケースから、それを避けるための計算方法など詳しくご説明していきます。

  • 2020年10月8日

地目が「山林」の土地を駐車場として活用するための注意点

地目が「山林」となっている土地は、林業などに携わっていない場合、使い道に困ってしまいますね。固定資産税は低いものの、ただ所有しているだけでは、税金を払い続けるだけの土地になってしまいます。今回は、地目が山林の土地についての規制や、駐車場経営をする場合の注意点などをご紹介します。それでは、駐車場として活用する場合、どんな手続きや注意が必要なのか見ていきましょう。

  • 2020年7月23日

登記の委任状は実印を押すの?委任状についての基礎知識

登記の委任状を書くことになり、参考に雛形を見てみると、「印」のみで何も書かれていないことがほとんどです。また、この「印」に捺印するものは実印なのか、または認印なのかの判断に迷うことも多いでしょう。委任状に関する基本知識や、実印の取り扱いなどをご説明しつつ、実印が求められるケースとそれ以外のケースをお伝えしていきます。