アパートのキッチンが狭い!収納を工夫して使いやすくしよう

「アパートのキッチンが狭いと自炊する気にもならない」とお考えの方はいませんか。

そのような方でも、ほんの少し工夫をすれば快適なキッチンになるかもしれません。

こちらでは、キッチンが狭くてお悩みの方向けに、いくつかのアイディアをご提案していきます。

お住いのアパートのキッチンが狭くて、使い勝手が悪いと感じている方は必見ですよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートを解約!退去月の家賃は日割りで計算してもらえる?

人生の節目などで、引っ越しを考える方は多いでしょう。引っ越しに伴いさまざまな費用が発生し、高...

【トラブル回避】アパート住まいならドアの開閉音対策を!

アパートなどの集合住宅にお住いの場合、「騒音問題」で悩む人は多いと言います。他人の出す音も気...

新築住宅にかかる費用は建物だけじゃない!その内訳とは?

新築住宅に憧れるものの、いったい何にいくらかかるのかというのはなかなかイメージできないものですよ...

必見!マンション投資で失敗する6つの理由

自分の資産を手堅く増やしていく手法のひとつに、マンション投資があります。マンション投資は株式...

マンションで起こりがちなトラブルとは?事例と相談窓口

マンションには、多くの人が住んでいます。そのため、住人の間で起こってしまうトラブルが多く...

一戸建て賃貸って何?メリットデメリットを分かりやすく解説

アパートやマンションで暮らしている人もいれば、一戸建てに住んでいる人もいます。一戸建てに...

マンションに住むなら賃貸にする?購入する?徹底比較

マンションに住むのであれば、賃貸マンションにするのか、購入する方がいいのか迷う方が多くいらっしゃ...

マンションのリビングのおしゃれなインテリアコーディネート

リビングは家族が集い、家の中でも過ごす時間の長い部屋ではないでしょうか。そんなリビングが...

住宅の名義変更は贈与税や相続税がかかる?夫婦間の場合は?

住宅や土地などの不動産には、必ず名義人が存在します。何らかの理由により、名義人の変更を行...

一戸建ての購入費用の目安とその内訳は?

住宅購入の際にはかなりの費用がかかりますが、いくらくらいあれば一戸建てを手に入れる事ができるのか...

家を建てる人必見!ブログを参考にローコストな家づくり

今、アパートなどの賃貸物件に住んでいるご家庭の中には、家を建てるか悩んでいる方もいるのではないで...

お悩み解決!マンションのリビング・レイアウトの基本

マンションのリビングにはさまざまな形があります。縦型や横型など、部屋の形状によって家具の...

新築のトイレに失敗することも!どんなことで失敗するの?

注文住宅で家を新築し、住んでみてから「失敗した!」と感じる方は意外と多くいます。その失敗と感...

新築の引き渡し後は近所への挨拶回り!ポイントを押さえよう

新築して引き渡しが完了したら、引っ越しや住所変更などの手続きが必要となります。それらに追われ...

マンション購入のメリット・デメリット!戸建てとの違いは?

マイホームを購入するなら「マンション!」と心に決めている方もいらっしゃるでしょう。しかし、マ...

スポンサーリンク

アパートのキッチンが狭い!狭い場所はどこ?

1人暮らし用のアパートなどは、近年に建てられた物件なら水まわりが整っていることが多いですが、古い物件ですと狭いキッチンというのは珍しくありません。

独身者の社会人はともかく、学生の方は節約のために自炊をしなければならないことが多いでしょう。

もしもキッチンが狭いと、料理する気にならない方もいるかもしれませんね。

自炊のやる気をそぐ理由として次のようなことがあげられるのではないでしょうか。

〇調理スペースが狭い

食材を切ったりする調理したりするスペースが狭いと、料理もしづらいと感じるはずです。

とくに、最低限まな板がおけるスペースがないと不便です。

〇収納スペースが狭い

食器や調理器具、食材や調味料をしまう収納が狭いと、したい料理もできない可能性が出てきます。

とくに調理器具が収納できないとできる料理も限られてしまいます。

〇シンクが狭い

シンクが狭いと洗い物がしづらく、大きい調理器具も洗えません。

三角コーナーを置いてしまうと、よりシンクが狭いと感じてしまうでしょう。

アパートのキッチンが狭いと一口に言っても、どこが狭いかでできる工夫が変わってくるかもしれません。

次項から、その解決方法を一緒に探っていきましょう。

アパートのキッチンの調理スペースが狭い場合!解決策は

まずは、アパートのキッチンの調理スペースが狭いときに、どうしたらそのスペースを確保できるか考えていきましょう。

●シンクを覆って調理スペースにする

シンクを覆って調理スペースにする道具はいくつか考えられます。

1つは伸縮自在のシンク用スライド式ラックを活用する方法です。

シンクに合わせて設置できるので、その上にまな板を置いて作業したり、食器の水切りにできたりします。

2つ目は狭いシンクなら、そのシンクより大きいまな板で覆って、シンクの上を作業スペースにする方法です。

まな板でなくても、シンクより大きい板などで覆って作業台にしても良いでしょう。

●コンロを覆って調理スペースにする

コンロカバーを使用すると、使用していないコンロの上が調理スペースとして活用できます。

また、コンロ使用後はコンロ部分を隠せるので清潔感があります。

キッチンの収納スペースが狭いなら?アイディア収納をご紹介

もしもキッチンのシンク下収納や、キッチンの上にある棚の収納が狭いときには、どのようにスペースを有効活用すれば良いのでしょうか。

まずはコンロ前やシンク前のあいたスペースを有効活用しましょう。

コンロ前のスペースは、調味料や調理器具を工夫して置くと、料理がしやすくなるので便利です。

●フックやワイヤーラックを使って壁収納

S字フックや吸盤付きフックを使って、フライパンや菜箸などの調理器具を吊るして収納します。

目の前に調理器具があるので、しまう取り出すといった動作も省け時短になります。

換気扇カバーや水切り棚がシンク上にある場合は、そこにS字フックをかけられます。

また、何もない場合は突っ張り棒を渡してかけたりして工夫したりすれば、S字フックをかけられるようになります。

●ディアウォールを使って棚を作る

コンロ前でもシンク前でも良いのですが、ディアウォールで棚を空いたスペースに作れば、使用頻度の高い調味料や小さな食器などを置いておけます。

ディアウォールはアパートの原状回復に引っ掛かることなく、自在に棚を作れる便利アイテムなので賃貸物件ではよくDIYに活用されています。

他にもまだある!アパートの狭いキッチンスペースを有効活用する法は

他にもアパートのキッチンのデッドスペースや、空いた空間を有効活用できる方法があるのでご紹介していきます。

●突っ張り棒を活用する

突っ張り棒はアパートなどの賃貸物件を傷つけないのでおすすめのアイテムです。

例えば、長い突っ張り棒をキッチンに横向きに設置すれば、フライパン用の蓋やまな板を縦に収納する場所を作れますし、そこに先ほどご紹介したS字フックをかけることもできます。

また、突っ張り棒タイプのポールラックを使用すれば、シンク前や横などの狭い場所を有効に使えます。

縦方向に突っ張ったポールラックのなかには、水切り棚や小物スペースを設けたものもあります。

●キッチンに窓がある場合は棚として活用する

前述したディアウォールや、小さい棚を窓に設置すれば、立派な収納棚ができます。

調味料棚や食器棚にもなるので便利です。

●キッチン上部に戸棚がある場合は戸棚下収納ツールをプラス

もしもキッチンの上に戸棚がある場合は、その戸棚の下に取り付けられる外付けの吊り式バスケットや、戸棚下フックを取り付ける方法もおすすめです。

キッチンペーパーやラップなどを収納できるラックタイプや、簡単に5つほどのフックが連なったタイプなど種類があるので、ご自宅の空間に合わせて選ぶと良いでしょう。

キッチンのシンクが狭いときは…こんな使い方もおすすめ

アパートのキッチンでも、シンクが狭いと食器や食材も洗いにくいですよね。

シンクが狭い場合は、場所を取る三角コーナーは無い方が得策です。

衛生的ですしし、シンクのお手入れも楽になります。

そこで、三角コーナーの代わりになる、耐水性の水切り袋や、100均で手に入れられる自立型の水切りネットなどを活用するのがおすすめです。

また、食器用洗剤やスポンジも狭いシンクには、可能ならなるべく置かないようにすると良いでしょう。

スポンジの中には、食器用洗剤の上に置いて収納するものもあり、そういったものを使えば衛生面でも省スペースにも役立ちますね。

備え付けのスポンジホルダーがある場合は、きれいにかつ広くシンクを使いたいのであれば、使わずに取り外すのも1つの手です。

もしも、スポンジホルダーを使用するのであれば、水切りを意識して斜めにして保管すると良いそうです。

狭いシンク下のキッチン収納も上手に活用しよう

アパートのキッチン下にある収納は、狭くても最大限にスペースを活用したいですね。

簡単に収納スペースを有効活用するなら、ホームセンターなどの収納ラックを使用するのが手っ取り早いと言えます。

観音開き式の狭いシンク下収納なら、扉の裏を活用するのもおすすめです。

扉の上側に吊り下げて簡単に取り付けられる、フック式のラックを吊るすだけでも調味料やキッチンツールをしまっておけます。

また、粘着シールのフックを使用するなら、剥がした跡が残らないタイプのものですとアパートでも安心して使えます。

他にも、突っ張り棒を活用して板を渡して棚を作っても、自分の好みに合わせてアレンジができるのでおすすめです。

引き出し式の収納なら、縦型収納を意識すると取り出しやすい便利な収納スペースとなります。

縦型収納のときは、100均や無印などの細長い箱を仕切りに活用すると良いでしょう。

キッチンの狭いアパートでも工夫次第で使いやすくなる

キッチンの狭いアパートの、収納やスペースの有効利用などについてご紹介しました。

キッチンが狭い場合でも、シンクやコンロの上も活用すれば、思いのほか使い勝手が良くなることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

コンロやシンクまわりも突っ張り棒やフックを使えば、収納スペースに変えることも可能です。

ご自宅の状況に合わせて、こちらでご紹介した方法をぜひお試しください。