アパートなどの賃貸で家賃前払いの特徴を生活にも生かそう!

アパートなどの賃貸では、家賃の支払いが前払いか後払いかに分かれます。

双方は違う特徴をもっているため、それに合わせて借主は家賃の支払いをすることが求められます。

今回は、アパートなどの賃貸における家賃の支払い周期の1つである前払いについて、詳しくご説明していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

マンションの内覧会に同行業者は必要?内覧会の注意点とは?

新築マンションは、完成前に購入するケースがほとんどです。そのため、マンション完成後に内覧会が...

マンションの売却を成功するための簡単なコツを解説!

マンションを売却する際は、「より高く」「より早く」と好条件で売却したいと考えるものです。買主は...

「旗竿地」に家を建てるなら!駐車場トラブルには要注意!?

「旗竿地(はたざおち)」という土地は、少し変わった形状をしています。そのメリットやデメリ...

マンションをリフォームしてシステムキッチンを新しく!

理想のキッチンを実現させるために、リフォームを考えているという方は多いでしょう。使いやす...

マンションのハウスクリーニング費用相場!快適に暮らそう

忙しく働いている人や掃除が苦手な人のお助けサービス、ハウスクリーニング。特別な人をお招きする...

マンションでペットと暮らしたい!飼いやすいペットとは?

日本のペット関連市場は成長を続けてきていて、ペットへの関心の高さが伺えます。これからペットを...

アパートの隣人の騒音がひどい!騒音の対処法と注意点

アパートなどの集合住宅に住んでいると、隣人の騒音問題に悩むことがあるかもしれません。直接...

アパートの契約期間はなぜ2年?退去の際は違約金に注意?

アパートなどの賃貸物件に住んでいると、多くの場合、2年ごとに契約更新をする必要があります。...

マンションの維持管理には管理費用が必要!滞納時の対応は?

マンションの維持管理トラブルでしばしば見られるのが、「管理費の滞納」です。マンションの維持管...

2LDKのマンションを東京で選ぶなら住みやすい街で検討しよう

2LDKのマンションを東京で探す場合、住みやすい街であるかどうかも大事でしょう。2LDKは、...

新築なのに結露するのは欠陥!?考えられる結露の原因とは?

念願の一戸建てが完成し、入居したときに「結露で窓がびしゃびしゃ…」なんてことになっていたら、本当...

新築のカーテン費用はどのくらい?より安く済ませる方法は?

住宅にはただでさえお金がかかりますが、新しい家電や家具を取り揃える場合、さらに費用がかさみます。...

新築マンションを大阪で購入したい!失敗しないポイントとは

「大好きな大阪に住むために新築マンションを購入したい」その願いを現実のものとする準備が整...

買うならどっち?「マンション」と「一戸建て」を徹底比較!

マイホームの購入を考えたときに、マンションにするか一戸建てにするかで迷う方は多いようです。マ...

分譲と賃貸の見分け方とは?人気の分譲賃貸マンションも紹介

マンションは大きく分けると「分譲マンション」「賃貸マンション」の二種類に分類されます。また、...

スポンサーリンク

アパートなどの賃貸の一般的な家賃の支払いは前払い?後払い?

アパートの多くは、賃貸であることがほとんどと言っても過言ではありません。

そのため、そこに住む方には毎月の支払い費用として家賃がかかってきます。

アパートなどの賃貸の家賃は、契約更新など以外に変更になることはあまり無いため、支出の中でも固定費に分類されるでしょう。

固定費ゆえ、支払い金額が前もって把握できているわけなので、事前に費用準備がしやすいというメリットも家賃にはあります。

また冒頭で述べた通り、家賃と一言で言ってもその支払い周期には2つが存在します。

まず1つは前払いで、これはアパートなどの賃貸における一般的な家賃の支払い周期です。

賃貸のほとんどがこれにあたることを見ても、その普遍性が分かるでしょう。

それから、前払いを導入しているアパートなどの賃貸の場合、支払い日を前月の25~30日あたりに設定していることが多いと言われています。

これからアパートなどの賃貸を探す予定の方は、入居後の家賃の払い忘れなどを防ぐためにも、このような前払いの特徴を把握しておくことも大切です。

前払いよりメリット多し?アパートなどの賃貸家賃の後払い

家賃の支払いを後払いと設定しているアパートなどの賃貸では、当月にそれをを行います。

前払いと比べると、アパートなどの賃貸における家賃の支払いのタイムリミットが長いとも言えるでしょう。

また、一般的に後払いは支払い日を当月の最終日に設定していることが多いです。

それゆえ、当月に入った際に「家賃を支払わなければ」という意識を借主が持ちやすいというメリットがあります。

このように、アパートなどの賃貸の借主にとってはメリットが多い後払いですが、一方の貸主にとってはデメリットとなる部分もあります。

家賃の支払いのタイムリミットが長いということは、つまり貸主へ支払われるまでに前払いよりも時間がかかります。

アパートなどの賃貸の貸主にとって、家賃は重要な収入源のため、できれば早めに支払いをしてほしいというのが心情でしょう。

前項でも触れた通り、アパートなどの賃貸で導入されているのは後払いではなく前払いであることが一般的なのは、このためと言えます。

アパートなどの賃貸における前払いは退去月にメリットが!

前項で述べた通り、アパートなどの賃貸の家賃の支払い周期は、前払いよりも後払いの方が借主にとってメリットが多いという印象があります。

しかし、前払いはアパートなどの賃貸の借主にとってデメリットばかりではありません。

前払いなりのメリットも存在するのです。

アパートなどの賃貸を借主が退去する月には、前払いと後払いで家賃の支払いの有無が違います。

前払いでは、すでに退去月分の家賃は前月に支払い済みのため、退去月に家賃の支払いはありません。

アパートなどの賃貸の退去時と言えば、次の住まいで支払う家賃などの費用をはじめ、引っ越し費用などの準備もあり大きな金額を必要とします。

そのような状況の中、家賃の支払いがあることは借主にとっても負担でしょう。

それだけでなく、現在住んでいるアパートなどの賃貸の現状回復において、修繕が必要になることも少なくありません。

入居当初に支払った敷金の分でその金額をまかなうことができれば良いですが、それを超えることもあるのです。

これらを考慮すると、何かと費用がかかるアパートなどの賃貸の退去月には、家賃の支払いが無いという前払いの特徴は借主にとって大きなメリットと言えるでしょう。

アパートなどの賃貸は入居時に注意!前払いのデメリット把握を

アパートなどの賃貸の借主にとって、前払いのメリットが生かされるのは退去時ですが、一方デメリットがあらわれるのが入居時です。

前払いの場合、入居月分だけでなく、その次月分の家賃も入居前に支払うことが求められます。

分かりやすく言うと、例えば4月10日からアパートなどの賃貸へ入居する場合、4月10日~30日までの日割り家賃を支払います。

それに、次月である5月分の家賃の支払いがプラスされるという形になります。

このように、前払いは費用準備に負担がかかるため、できれば入居前にはその分を少しずつ貯めておくと良いですね。

余裕を見て、アパートなどの賃貸の家賃2月分を準備しておくと安心です。

また、アパートなどの賃貸によっては入居月の家賃に日割りを適用していないところもあります。

そのため、入居前にその点に関してもよく貸主に確認しておくようにしてください。

自分で選べる?アパートなどの賃貸における家賃の支払い周期

ここまでは、前払いの特徴についてご説明してきました。

メリットやデメリットもあり、それらについてアパートなどの賃貸を借りる予定のある方は事前に把握しておくことが大切です。

また、前払いのメリット・デメリットは人によって受け取り方にも違いがあるでしょう。

前払いのメリットが、ある方にとってはデメリットであることもあります。

そこで、アパートなどの賃貸では、借主の意向に合わせて前払いか後払いかを本人が決めることができないのだろうかという考えも浮かびます。

しかし、アパートなどの賃貸では前払いか後払いかについての設定は基本的に借主の事情に合わせて変更することはできません。

家賃に関する事柄は、アパートや賃貸などの各号室ごとに設定されているのではなく、その物件全体で統一されています。

そのため、入居前に説明を受けた通りの周期で家賃の支払いをすることが求められます。

前払いかどうか失念したら!アパートなどの賃貸契約書で内容確認

アパートの家賃の支払い周期が前払いか後払いかについては、入居前に貸主などから説明を受けることがほとんどです。

そのため、どちらを導入しているのか、貸主の話を良く聞いておくようにしてください。

しかし、アパートなどの賃貸に関する貸主などからの説明は多くの事柄があるため、一度にすべてを覚えるというのは困難と言えます。

また、双方の都合によっては入居日よりだいぶ前に説明が行われることも少なくありません。

このような理由から、アパートなどの賃貸の貸主から説明を受けた家賃の支払い周期について、忘れてしまうこともあります。

もしそのような状況になったら、貸主と取り交わした賃貸契約書を確認するようにしてください。

そこには、家賃の支払い周期が前払いか後払いかが分かる内容が記載されています。

例えば、「当月分の家賃は前月の何日までに」といったような記載があれば、家賃の支払い周期は前払いであると判断がつきます。

反対に、「当月の何日までに支払い」と記載がある場合は後払いということになります。

アパートなどの賃貸が前払いの場合は入居時・退去時の費用に注意

一般的なアパートなどの賃貸における家賃の支払い周期は前払いですが、まれに後払いである物件もあるため注意しましょう。

また、前払いに関してはメリット・デメリットが顕著にあらわれるのが入居時と退去時です。

そのため、特に入居時と退去時には普段とは違う家賃の支払い金額になることを念頭に置いておくようにしてください。