アパートの一階は音が気にならない?一階で快適に暮らすには

「アパートの一階」と聞いてどのようなイメージを持ちますか?

防犯面について心配になる方もいることでしょう。

また、アパートでの生活で必ず聞く騒音に関するトラブルはアパートの一階では少ないのか気になりますよね。

そこで今回は、アパートの一階のメリット・デメリットや一階に住む際のポイント、騒音の少ない物件探しのポイントなどについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新築時は窓に失敗しがち!ポイントを整理して後悔なき新築に

新築時は見た目にばかりこだわりすぎて、「窓」に失敗したという声を案外多く聞きます。後悔しても...

マンションに引越してテレビを設置する時にアンテナは必要?

「引越先のマンションにテレビを設置したが映らななかった」となると困りますね。テレビを見る...

家を建てるならブログを参考に!平屋のメリットとデメリット

これから家を建てることを検討されているのであれば、多くの情報が載っているブログを参考にしてみまし...

一戸建てを買うなら知っておきたい頭金の知識!平均金額は?

自分の収入源を増やすためには、定期預金などに頼るだけではなく、投資をすることが有効です。特に、...

憧れのマイホーム!新築か中古一戸建てを東京で購入したい!

一戸建てとなると、土地と家の購入となりますから、高価な買い物になりますね。特に、東京都内...

アパートを契約期間内に退去することは可能?違約金の発生は

アパートの賃貸借契約では、契約期間を2年としていることが多くあります。しかし何らかの都合で契...

二世帯住宅にリフォーム!同居型と別居型どっちがいい?

近年さまざまな理由から、二世帯住宅を考える方が増えてきています。そして、そんな二世帯住宅には「...

住宅の名義変更は贈与税や相続税がかかる?夫婦間の場合は?

住宅や土地などの不動産には、必ず名義人が存在します。何らかの理由により、名義人の変更を行...

1LDKの家賃はどれくらい?東京でマンションを探すならここ!

東京で新生活をスタートさせるために、1LDKのマンションを借りることを検討している人は多くいるのでは...

マンションの通気口はなぜある?フィルター掃除は定期的に!

マンションの各部屋に取り付けられている通気口。単純に「部屋の換気のため」と思われている方も多...

住宅の建て替えとリフォームで迷う?かかる費用とは?

何十年と住み続けた家が住みづらくなってきたと思った場合、建て替えやリフォームを検討しはじめること...

新築の引き渡し後は近所への挨拶回り!ポイントを押さえよう

新築して引き渡しが完了したら、引っ越しや住所変更などの手続きが必要となります。それらに追われ...

マンションと一軒家はどっちが得?メリットデメリットは?

住居を購入する際には、マンションと一軒家どちらがいいのか迷う方も多いのではないでしょうか。マ...

アパートではテレビの音も騒音に!音量や時間帯に注意しよう

賃貸アパートに住んでいると、音問題に直面することもあるでしょう。そのときアパートの住人同士で...

マンションリノベーションのメリットとデメリットとは?

ここ最近、中古マンションを購入してリノベーションするというケースが増えてきたようです。自分た...

スポンサーリンク

アパートの一階は音を気にしなくてすむ?一階に住むメリット

これから新生活をスタートさせるために、不動産会社などでアパート探しをしている方もいることでしょう。

このとき、アパートの一階に住むことを検討している方もいるのではないでしょうか。

そもそも、アパートの一階に住むことにはどのようなメリットがあるのかについて見ていきましょう。

【足音を気にしなくてすむ】

アパートを始め、複数人で住むことになる集合住宅では、やはり騒音について悩まされることになることが考えられます。

特に、部屋の中を移動する際の足音は意外にも響いてしまいやすいものです。

しかし、一階の部屋であれば、下の階に部屋があるということはありませんので、自室を移動する際に、足音を必要以上に気にすることはないでしょう。

【エレベーター・階段が必要ない】

日々の暮らしはもちろんのこと、引っ越しなどで部屋に荷物を運び入れるときに、階段やエレベーターを使わずに部屋に出入りできるため、負担が軽くすみます。

ゴミ出しなどもスムーズに行いやすいので、楽になるでしょう。

また、災害時にも、階段やエレベーターを使わずに建物の外に出ることができます。

【家賃が安い】

一般的に、アパートなどの集合住宅は二階以上の方が人気が高い傾向にあります。

そのため、二階以上の部屋の家賃はやや高めに設定されていることが多いです。

このようなことから一階の部屋の家賃は二階以上の部屋と比較すると、家賃が安いことが多いのです。

意外と音が響く?アパートの一階に住むデメリット

ここまで、アパートの一階に住むメリットをお伝えしましたが、このように見ると、いいことばかりのようにも思えてしまいますね。

では、アパートの一階に住むデメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。

【虫対策が必須】

アパートの一階は当たり前ですが、他の階に比べ地面に近い場所に部屋があります。

そのため、部屋の中に虫が入りやすいです。

部屋の中で知らぬ間に繁殖をされたりする前に、対策をしておく必要があります。

【防犯対策】

一階の部屋と言うのは、外から見るとちょうど目線の高さにベランダなどがあります。

そのため、ベランダから部屋に侵入するというのは容易にできてしまうのです。

近年では防犯対策として格子を設けた物件もありますが、入居したら自分でも防犯対策を施す必要があります。

【寒い】

一階の部屋は日当たりが決していいとは言えません。

夏には直射日光を避けることができるので快適に過ごしやすいですが、冬にも日が当たりにくいので、寒く感じてしまうかもしれません。

【音が響く】

一階の部屋より下に部屋はないため、騒音とは無関係のように考える方も多いですが、左右の部屋には音が響いてしまいやすいです。

普段の生活でも大きな音を出し過ぎないように注意しましょう。

アパートの一階で快適に暮らすには?騒音対策に役立つ方法も!

このように、メリット・デメリット双方あるアパートの一階ですが、やはり住むからには快適に暮らしたいですよね。

そこで、アパートの一階に住む際のポイントについてご紹介していきましょう。

【厚手のカーテンを使う】

アパートの一階の部屋は、外から覗かれてしまうといったこともあります。

そのため、厚手のカーテンをつけるようにしましょう。

近年では、厚手で防音性の高いカーテンも販売されているため、このようなカーテンをつけることで、覗かれる心配もなく、騒音対策もすることができます。

【防犯性の向上】

一階の部屋というのは、お伝えしたように防犯対策をしておく必要があります。

例えば効果的なのが、窓に防犯センサーや防犯フィルムをつけるという方法です。

これらは、インターネット通販はもちろん、ホームセンターでも購入することができるため、入居してすぐからできる対策と言えます。

【防虫対策】

部屋の中に虫がいるのはやはり不快ですよね。

ホームセンターなどでは、様々な防虫アイテムが販売されているので、これらの物を使って防虫対策をしてみましょう。

アパートの一階では、部屋の中の防虫対策はもちろんですが、部屋の外から防虫対策を行うことも効果的です。

騒音トラブルに巻き込まれないために選ぶならアパートの一階?二階?

「アパートに住む」とは言っても、「騒音に悩まされたくない」「音で近所に迷惑をかけたくない」と住む人の考え方はそれぞれでしょう。

鉄筋コンクリート造のマンションなどであれば、壁が厚いので騒音について頭を抱えることは少ないかもしれません。

しかし一般的なアパートは、壁が薄いことが多いです。

特に足音に関しては、生活をしていくうえでどうしても聞こえてしまう音のため、気にしている方も多いことでしょう。

もし、家族の中に小さな子供がいるのであれば、部屋の中を走り回ることもあるので、二階以上の部屋では、他の部屋に住む住民に迷惑をかけてしまう可能性もあります。

そのため、「騒音で迷惑をかけるかもしれない」と事前に分かっている場合には、一階の部屋に住むことをおすすめします。

女性がアパートの一階に住む際のポイント

先ほどお伝えしたように、アパートの一階は家賃が安いという魅力があります。

騒音に関しても、普通に生活をしている分には問題も少なく感じることから、女性の一人暮らしとしてアパートの一階を検討している方もいるかもしれません。

しかし、防犯対策を万全にしておかないと、女性の一人暮らしでは犯罪に巻き込まれてしまう可能性があります。

具体的にどのような対策を行えばいいのかご紹介していきます。

【可愛いカーテンは使わない】

一人暮らしともなると、自分好みに部屋をレイアウトしたくなるものですよね。

しかし、女性に好まれやすい可愛らしい柄や色のカーテンは、外から見ると「女性の一人暮らしだ」ということがすぐにわかってしまいます。

「どんな人が住んでいるか」がわからないように、このようなカーテンは使わないようにしましょう。

【補助錠を使う】

普段から窓や玄関はしっかりと施錠し、その上に補助錠を使うようにしましょう。

【防犯グッズを用意しておく】

ホームセンターなどで購入することもできる、防犯グッズを用意しておきましょう。

【個人情報は出さない】

アパートの一階というのは、人が行き来しやすい場所でもあります。

そのため、表札を出しておくことや、ポストに郵便物をためるなど、個人情報を外に出しておくということはしないようにしましょう。

また、洗濯物からも「そんな人が住んでいるか」が分かってしまうので、あまり外に出しておかないようにしてください。

騒音の少ないアパートを探すためにチェックすること

アパートの一階は騒音で周囲に迷惑をかけにくい場所となります。

しかし、「より高い防音性を持った物件に住みたい」と考える人も少なくはないはずです。

そこで、防音性の高いアパートのチェックポイントを最後にご紹介していきます。

【窓に注目】

音漏れなどは、基本的に窓から起こります。

そのため、窓が二重窓になっているかなどをチェックしましょう。

【壁を叩く】

軽く壁を叩いてどのような音がするか確認をしてみてください。

軽い音であれば、壁から他の部屋の音が聞こえてきたり、自室の音が漏れてしまうことが考えられます。

【夜間にアパートに行ってみる】

時間帯は19~20時頃がおすすめです。

日中に内覧をしていると、他の部屋の人は外出していることが多いため、部屋は静かであることが多いです。

しかし、この時間帯であれば、帰宅していることが多いので実際の生活音を感じることができるかもしれません。

【周囲の確認】

アパート自体ももちろん重要ですが、周辺環境にも目を向けてみましょう。

住むことを考えている一階の部屋の目の前が駐車場であれば、車の出入りする音が騒音に感じてしまうことが考えられます。

アパートの一階も対策次第では住みやすくなる!

アパートの一階には、様々なメリット・デメリットがあります。

防犯性に劣るところはありますが、騒音に対して「人に迷惑をかけたくない」という方には向いているでしょう。

今回ご紹介した、デメリットについても対策を行うことで、快適に生活することができるようになります。

一概に「アパートの一階は住まない方がいい」とは言えませんので、自分にあった物件を探してみてください。