マンションに引越してテレビを設置する時にアンテナは必要?

「引越先のマンションにテレビを設置したが映らななかった」となると困りますね。

テレビを見るためには地デジ電波を受信することが必要ですが、マンションではそのために個人でのアンテナの設置は必要なのでしょうか?

実は、マンションでは共同でアンテナを設置したり、ケーブルテレビ契約をしている場合が多く、個人で設置が必要なことはまれです。

この記事では、テレビを見るためにはどのような受信方式があるのか、また、どうすればテレビを見ることができるのかをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

マンションベランダ掃除は盲点?排水溝トラブルを防ぐ掃除法

マンションでの掃除は、多くの方がリビングなどの室内をメインに行うことが多いのではないでしょうか。...

マンションポストに表札を付けるメリットとデメリットは?

以前は当たり前にあった表札ですが、最近はポストに表札をつけていないマンションが増えてきました。...

マンションの購入を後悔しないために!注意すべき点はどこ?

多くの方が、一生に一度の大きな買い物としてマンションの購入を検討しているのではないでしょうか。...

マンションを名古屋で購入!新築物件で賃貸経営する前に

名古屋には何度か行ったことがありますが、出会いに恵まれたのか「いい人が多い」というイメージがあり...

新築のエアコンの配管穴はいつ開ける?工事はどうやるの?

近年の日本では、夏は40度近くなり、対して冬は凍えるほど寒く、1年を通しての気温の差が激しくなっ...

まだ新築なのに!壁紙の隙間が気になったらどうする?

新築のキレイなマイホーム。それなのに、気が付いたら壁紙の継ぎ目に少し隙間があいていて、ショッ...

新築時の引っ越しにはお金がかかる!?費用はどれくらい?

待ちに待ったマイホームが完成した後に、待ち受けている大仕事が引っ越しです。引っ越しは荷物の梱...

マンションか戸建てか?新築か中古か?東京で購入するなら?

マイホームは人生で最も大きな買い物だと言っても過言ではないでしょう。だからこそマンション...

マンションはどんな間取りが人気か?それぞれの特徴は?

これからマンションを買おうとしている方は、どんなことを条件にマンションを選んでいますか?マン...

一戸建てを新築したら火災保険に入るべき?相場はどれくらい

マイホームとして一戸建てを新築したら、火災保険に加入するべきか悩まれる方も多くいます。火災保...

満足のいく新築を!間取りの成功・失敗例を参考にいい家造り

日常生活を送るうえで、「間取り」が自分たちの生活スタイルに合っていないと不便な思いをします。...

マンションの換気口の交換法は?掃除や防音法についても解説

マンションの室内に設けられている換気口ですが、場合によっては変な音がしたり、ガタついていることも...

アパートを契約期間内に退去することは可能?違約金の発生は

アパートの賃貸借契約では、契約期間を2年としていることが多くあります。しかし何らかの都合で契...

マンションの和室を洋室へ、洋室を和室へリフォームする方法

分譲マンションにお住まいの方で、もともとある和室をなくしてリビングと一体化させたい、もしくは、リ...

アパート退去後のトラブルになるかも?立会いなしは避けよう

賃貸アパートは、退去時こそ注意が必要なものです。なぜなら、退去時に多くトラブルが起こるからで...

スポンサーリンク

マンションでテレビをみる設備には「アンテナ方式」と「ケーブルテレビ方式」がある

地デジ電波を受信するためにはアンテナが必要です。

アンテナの受信方法にはマンションの屋根にアンテナを設置して電波を受信する「アンテナ方式」と、ケーブルテレビ会社が受信した電波をケーブルを通してマンションの各戸に配信する「ケーブルテレビ方式」があります。

「アンテナ方式」とは、マンションのアンテナで電波を受信して、マンション各戸でテレビを見る方式です。

アンテナ方式では、マンションの屋根に「共聴アンテナ」を立てて電波を受信し、1本のアンテナから各戸にテレビ電波を届けています。

また、「ケーブルテレビ方式」の場合、マンションとケーブルテレビ会社が契約しています。

ケーブルテレビ会社が受信した電波をケーブルを通してマンションの各戸に届け、テレビを見る方式です。

マンションの場合、ほとんどが、どちらかの方式で共同で電波を受信してテレビを見ています。

どの方式をを選択しているかはマンションにより異なりますので、わからない場合は大家さんや管理会社に確認しましょう。

マンションのテレビ設備が「アンテナ方式」の場合

マンションのテレビ設備がアンテナ方式である場合、テレビの設置はとても簡単です。

共聴アンテナで電波を受信しているので、部屋にあるアンテナケーブルと電源コードを差し込めばテレビを見られます。

壁面にあるアンテナ端子とテレビ本体をアンテナケーブルでつなぐことで、マンションの共聴アンテナで受信した地デジ電波の情報を各戸で受け取り、テレビを見ることができます。

【アンテナケーブルと電源の接続方法】

1.壁面にあるアンテナ端子にアンテナケーブルを差し込み、その先をテレビに差し込む

2.テレビの電源コードをコンセントに差し込む

アンテナケーブルの形は、先端が丸い筒型の金属になっています。

この真ん中に金属の針のようなものがありますので、これが曲がっていないかどうかも確認しましょう。

また、テレビの電源とコンセントが接続していないとテレビはつきません。

配線がきっちりテレビにささっているか確認するために、一度抜き差ししてみましょう。

途中で断線したりしていないかも確認してみてくださいね。

マンションのテレビ設備が「ケーブルテレビ方式」の場合

マンションのテレビ設備がケーブルテレビ方式の場合、マンションとケーブルテレビ会社が基本的な契約を行っています。

この場合でも、アンテナケーブルと電源コードを差し込むだけでテレビが見られる場合もあります。

壁面にあるアンテナ端子とテレビ本体をアンテナケーブルでつなぎ、テレビの電源コードをコンセントに差し込みましょう。

接続方法は、前述の「マンションのテレビ設備が「アンテナ方式」の場合」の【アンテナケーブルと電源の接続方法】と同じです。

この場合、地上波は見られても、BS、CS放送は見られない場合もあります。

BS、CS放送を見るのに、別途契約をし、月額使用料が発生する場合もあります。

別途料金がかかるかどうかは、マンションごとの契約により異なります。

ケーブルテレビ方式のメリットは、大雨、大雪などの悪天候でも電波障害が少ないことです。

また、近隣に高層ビルなどが建っていても電波障害の心配がなく安定してテレビを見られるため、都心部などでもよく利用されます。

B-CASカードの接続を確認する

マンションのアンテナ設備の問題ではなく、テレビのB-CASカードが抜けていたり接続が悪くてテレビが見られない場合があります。

B-CASカードとは、デジタル放送受信機に同梱されているICカードです。

テレビを見るには、B-CASカードをテレビに挿入する必要があります。

B-CASカードはテレビの後ろや横に挿入されていて、引っ越しの時にカードが抜けたり、接続が悪くなってしまうこともよくあります。

そのような場合は、B-CASカードを正しく差し込むことでテレビが見れるようになります。

B-CASカードを正しい方向に差し込みましょう。

念のため、B-CASカードを清掃してみましょう。

【B-CASカードの確認方法】

1.テレビの背面(側面)に挿入されているB-CASカードを抜く

2.カードチップの裏側を乾いた布などでやさしくふき、汚れや皮脂をふき取る

3.カードの挿入方向を確認し、B-CASカードを差し込む

テレビの電源は入るが、エラーコードが表示される場合

マンションにテレビを設置した時、テレビは映るけれど画面にエラーコードが表示される場合があります。

中でも多く表示されるのが、E202とE203です。

E202の原因は、電波がアンテナからテレビに届いていないということです。

テレビのアンテナレベルを確認してみましょう。

【アンテナレベルの確認方法】

画面メニューの「本体設定」から、「アンテナ設定」を選択し、「電源・受信強度設定」を選択します。

アンテナレベルは44以上必要で、50以上で安定します。

E203の原因は、放送していないチャンネルのため視聴できないということです。

放送切替が引越する前の地方になっていないか確認してみましょう。

そして、「メニュー」から、「チャンネル設定」を選択し、「リセット」または、「再設定」をしましょう。

また、放送切替ボタンが、地デジになっているかも確認しましょう。

BS、CS、ビデオが選択されている場合は、地デジが視聴できません。

マンションにテレビアンテナの設置がない場合

よほど古い物件でない限り、マンションにはテレビを見るためのアンテナやケーブルの設備があることがことが多いですが、まれにアンテナやケーブルの設備がなく、個人で設置が必要な場合もあります。

個人でアンテナ設備を設置する場合、以下の方法でテレビを視聴することができます。

・ベランダにアンテナを設置する

・ケーブルテレビの契約をする

・光回線を契約し、オプションでテレビをつける

テレビを見るためのオプションがついている光回線を選びましょう。

・室内アンテナを利用する

電波が届きやすい室内の場合は使用ができます。

ベランダにアンテナを設置した場合のメリットは、かかる費用が初期費用のみであることです。

故障しなければ20年ほど使うことができるでしょう。

アンテナのデメリットは台風や近隣に高層ビルが建った場合、電波が弱くなったり届かなくなることがあるということです。

また、ケーブルテレビや光回線の契約をしてテレビを見る場合は、アンテナ設置のような初期費用はかかりませんが、月々の使用料がかかります。

メリットは悪天候や、近くに高層マンションがあっても安定してテレビを見られることです。

また、ベランダにアンテナを設置する必要がないので外観を損ないません。

マンションでテレビを見る方法 まとめ

難しそうなイメージのテレビ設置ですが、簡単な仕組みがわかるとそれほど難しいものではありません。

案外よくあるのは、テレビの電源コード、テレビアンテナとテレビの配線が正しいかどうかです。

その他、B-CASカードがささっているかどうか、エラーコードが出ているかどうかを確認すれば、テレビを見られるようになることは多いです。

もし、共聴アンテナに問題のある場合はアンテナ工事業者が必要になる場合も多く、個人で解決するのはむつかしいので、大家さんや管理会社に確認しましょう。