物権と債権!2つの意味の違いとは?比較して見てみよう!

不動産を取り扱う場合には、様々な権利が発生します。

その中で一番基本となり、知っておかないといけない権利が物権と債権です。

民法上大部分の権利は物権と債権に分けられますので、双方の意味や違いをしっかりと把握しておくことが大事です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

家賃引き落としには手数料がかかる!お得な支払い方法とは?

家賃の支払い方法は、銀行口座からの自動引き落としや口座振込、手渡しなどがあります。その中でも...

1K賃貸住まい!家具のレイアウトやインテリアのお悩み解消!

1K賃貸住まいの方、家具のレイアウトやインテリアにお悩みではないですか?1Kの物件だと部屋が...

登記の申請人が法人の場合!資格証明書の提出は省略できる?

不動産登記の申請人は個人の場合もありますが、法人の場合もあります。ただし、法人が不動産登記の...

仲介手数料には消費税も?賃貸でおすすめの費用の工夫

賃貸契約を結んだら、初期費用の支払い準備が必要です。賃貸の初期費用には仲介手数料も含まれます...

アパートの家賃を値上げ!トラブル防ぐには告知方法がカギ?

様々な理由により、アパートの家賃を値上げする貸主がいます。その際には、トラブルに発展すること...

賃貸アパートの契約時に支払う敷金・礼金に消費税はかかる?

賃貸アパートを契約すると、初期費用としてまとまったお金を支払う必要があります。主な支払いの内...

青地・白地とはどういう意味?農地転用に関わる農振除外

農地の中には「青地」「白地」というものがあり、普段生活する中ではなかなか知る機会がありません。...

敷金償却の意味とは?退去時に敷金が返金されない?

賃貸物件を退去する際、入居時に貸主に支払った敷金の返金が多いほど嬉しいものですね。一般的...

購入したら登記は絶対必要?登記が不要の建物もあるの?

不動産(土地・建物)を財産としてお持ちの方もいるでしょう。これらを所有すると、必ずというほど...

トラブルを防ぐために…木造家屋の防音性能を考える

木造の家は日本の風土によく合い、落ち着く空間での暮らしを実現することができます。木造のニ...

準防火地域はどんなことに建築制限が?軒裏に木はOK?

新しく住宅を建築する際、「防火地域」「準防火地域」「22条区域」というワードを耳にされるかと思い...

登記ってどういう意味?自分でも簡単に申請できる?

不動産を取得すると、必要となるのが登記です。簡単に登記申請をする方法としては、専門家に依頼す...

不動産登記申請時に添付する「住所証明書」に期限はある?

不動産登記を申請する際は、さまざまな書類を用意しますよね。どの登記を申請するかでも必要な...

アパートやマンション退去時の疑問!敷金の精算はいつ?

アパートやマンションなどの賃貸物件へ入居の際、敷金なしという物件以外は敷金の支払いをしていますよ...

賃貸の畳にベッドを置いて大丈夫?畳でのベッド使用の疑問!

お住まいの賃貸物件によって、床材がフローリングではなく畳であるという方も多いことでしょう。...

スポンサーリンク

物権の意味や種別

物権とは一言で表すと、「物を直接的に支配する権利」と言われます。

債権とは対比的な違いがある権利です。

これだけでは分かりにくいかと思いますので、具体例を挙げてご説明します。

物権の中では一番分かりやすいであろう、「所有権」を取りあげます。

ある土地を100万円で購入したとすると、その時点で購入者が「所有権」を得ることが出来ますので、購入者はその土地を支配することが出来ます。

他の人が勝手に、その土地の上に建物を建てたり、物置きを建てたりすることは出来ません。

「物権=自分のもの」と考えてもよろしいでしょう。

また、用益物権という権利もあります。

これは、他人が所有する土地を一定の目的のために使用・収益するための権利です。

地上権や地役権がこれにあたります。

地上権とは、建物や資材置き場等の目的で、他人の土地を使用できる権利です。

債権と混同する所がありますので、しっかりと把握しておきましょう。

もう一つ、担保物権といった権利もあります。

これも債権とは混同しやすい権利と言えます。

例えば家を建てる際に、銀行の融資を受けて、お金を借りて建てるケースが多いかと思います。

このとき銀行は、確実にお金を回収するために、「もし返せなかった場合、建てた家や土地を取りあげますよ」と主張することができ、この権利が担保物権です。

物権は債権とは異なりますが、債権と密接につながっている権利ですので、違いを十分理解しておきましょう。

債権の意味や種別

次に債権についてご説明をしていきます。

債権とは、「ある特定の行為や給付を請求することができる権利」と言われています。

これも具体例を挙げていきますと、ある人がお金を払って物を借りようとしているとします。

借りる人は毎月のレンタル料を支払って、この物を使うことが出来る権利を有することになります。

この権利が債権です。

もし、借りている人がレンタル料を支払わなかった場合、貸す人は「レンタル料金をきちんと払ってください」と要求することが出来ます。

他にも債権として、金銭の支払いを受けることを目的とした金銭債権というものがあります。

例えば、売掛金、貸金、不動産賃料、預金などです。

物権は物にかかる権利に対して、債権は人に対して行為や給付を請求出来る権利という違いがあると言えます。

物権と債権の違い!直接支配性について

ここからは、物権と債権の違いを項目別に上げていきます。

まずは、直接支配性という観点からの違いです。

物権に関しては、「物を直接的に支配する権利」と述べました。

物権を保有している場合は他には影響を及ぼさずに、自分の力だけで直接的に支配することができる権利です。

具体的な例を挙げてみますと、土地の所有者は自らその土地を使用することが出来ますし、他の人の力を介在しないとできない権利ではないということになります。

次に債権における直接支配性を考えます。

債権とは、「ある特定の行為や給付を請求することができる権利」と述べました。

つまり、債権者が債務者に対して行為を請求できるものです。

例えば、お金を貸していた人がいるとしますが、債権者(貸している人)は債務者(借りている人)に「お金を返してください」と請求することは出来ますが、無理やり奪い取る事は出来ないということです。

あくまでも、人に対して請求できる権利だという点で、絶対支配性はないと言えます。

直接支配という点では全く対比的ですので、違いをしっかりと理解しておきましょう。

物権と債権の違い!排他性について

次に排他性について述べます。

排他性とは、「他の物を受け入れられない」といった意味です。

物権における排他性とは「一つの物に対して同じ物権が存在することはない」といった意味です。

「一物一権主義」とも言われます。

例を挙げれば、ある不動産の所有権がAさんにあるものに対し、Bさんが重ねて新たに所有権を有することは出来ないということです。

あくまでも一つの物に対して物権は一つだけです。

一方、債権は一つの物に対して、同じ内容の債権が複数存在し得るのです。

例えば、AさんがBさんに不動産を売却する契約をした後、Cさんにも売却をする契約をしたとします。

その場合、BさんとCさんはそれぞれAさんに対して、不動産の引渡債権を有することになります。

ですが、BさんとCさんの両者が不動産の所有権を取得することはありません。

この場合、どちらかの契約は履行不能となります。

このように排他性という面からも物権と債権では大きな違いがあるのです。

物権と債権の違い!絶対性について

最後に絶対性についての違いを考察していきます。

絶対性とは、その物にたいして絶対的な権利があるかどうかという意味合いです。

物権は、その物に対して絶対的な権利を有します。

例えば、自分が購入したペンがあったとすると、そのペンは誰に対してでも自分のものであると主張することができます。

ですから、所有者の承諾がない限りは、勝手にペンを使ったり、貸したり、プレゼントしたりすることは出来ません。

では、債権に関しての絶対性はあるのでしょうか。

債権に関しては、債権者は債務者に対してのみ有する権利です。

そのため、絶対性はなく相対性があると言われています。

債権者が権利を有することが出来るのはあくまでも債務者のみです。

第3者に関しては権利を有しませんので、絶対性がないと言えます。

債権では対抗できない要件を物権を使って債務不履行に備える方法

基本的に債権と物権は同じ財産権というカテゴリーに入るのですが、物権と債権は様々な点で違いがあるということを述べてきました。

債権だけでは絶対性も排他性もありませんので、債権者の意向に沿わない場面が多く出てくることになります。

例えば、お金を貸した人がいたとして、借りている人が返せなくなった場合、債権だけでは「お金を返してください」と主張することしかできません。

このような場合、物権である担保権を利用します。

例えば、お金を借りようとしている人がいたとすれば、その人が所有している建物を担保にして抵当権をつけてお金を貸すという方法です。

債権の履行が出来なくなった場合は、抵当権にある建物を競売などによって売却し、お金を返してもらうことが出来るようになります。

債権には直接支配性や絶対性がありませんので、債務不履行に備えて、物権の一つである担保権を利用するのです。

物権と債権は対比的でもあり類似性もある権利!

お話ししてきましたように、物権と債権には直接支配性や排他性、絶対性など多くの違いがありますが、非常に似ている部分も多く、債権と思っていたら物権に属するといったものも珍しくはありません。

債権と物権をうまく活用するためにも、お互いの違いをしっかりと理解しておくことが大事です。

有効活用できるように、これらの違いを把握しておくようにしましょう。