物権と債権!2つの意味の違いとは?比較して見てみよう!

不動産を取り扱う場合には、様々な権利が発生します。

その中で一番基本となり、知っておかないといけない権利が物権と債権です。

民法上大部分の権利は物権と債権に分けられますので、双方の意味や違いをしっかりと把握しておくことが大事です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

賃貸住宅のフローリングに傷が!対処・防止方法をご紹介!

アパートなどの賃貸住宅に住んでいて気になるのが「フローリングの傷」ではないでしょうか。原状回...

礼金には消費税が課税!事業用で借りるときなぜ課税される?

アパートやマンションの一室を事業用として借りる場合もありますよね。その場合も貸主と借主の間で...

家を新築!その登記は自分で行ってかかる費用を抑える!

登記とは、あるモノやコトに関して権利関係を公に示すための制度です。不動産登記や商業・法人登記...

支払う賃料は同じ!家賃に管理費を含むor別にしているはなぜ

賃貸物件を探すとき、予算内の家賃である物件に自然と目がとまることでしょう。しかし、よく見てみ...

複数の用途地域にまたがる土地!有効採光面積の算出方法とは

マイホームを建てるためには、土地も購入しなくてはなりませんね。土地を購入する際に注意しなけれ...

農地転用の前に行う土地の分筆!その流れと費用について解説

所有する農地の一部に家を建てたいと思ったとき、農地転用の手続きが必須です。しかし農地転用の前...

賃貸物件を東京で探そう!家賃相場が安いのはどの駅?

東京での賃貸物件を探す決め手は、やはり家賃の金額は大きなポイントとなるでしょう。家賃は毎月支...

家賃の支払い日が月末で土日と重なってしまったら?

マンションやアパートあるいは事務所・店舗といった賃貸物件は毎月決められた期日までに家賃を支払いま...

ベランダに洗濯機を置く際の注意点!雨よけや囲いは必要?

アパートによっては、洗濯機の置き場がベランダであることも少なくありません。通常、洗濯機は家の...

マイホームに関わる建ぺい率・容積率とは?計算方法を知ろう

マイホームを購入する際、家づくりに必要な知識を少しでも深めておくことは、理想的なマイホーム実現へ...

初期費用で支払う敷金や礼金には消費税はかかるのか?

マンションやアパートあるいは事務所・店舗といった賃貸物件を借りる際には、初期費用で敷金や礼金を支...

中古物件の見学時には手土産が必要?見学時のマナーも必見!

住宅の購入を考えた場合、新築よりも中古物件を購入しようと考える方がいます。その際には、気にな...

住宅の階段寸法に定めあり!どれぐらいの寸法が昇りやすい?

住宅を建築する際は、建築基準法に則って設計を行います。階段も例外ではありません。階段の寸...

マンション最上階の角部屋は夏暑い?原因と対策を知ろう

マンションは、階数が上がるほど「夏の暑さが過酷」とも言われます。特に最上階の角部屋ともな...

夜に洗濯機を使いたい!何時から何時までなら許容範囲?

日常生活で、欠かさず行わなければならない家事の中の一つに「洗濯」があります。洗濯は、その人の...

スポンサーリンク

物権の意味や種別

物権とは一言で表すと、「物を直接的に支配する権利」と言われます。

債権とは対比的な違いがある権利です。

これだけでは分かりにくいかと思いますので、具体例を挙げてご説明します。

物権の中では一番分かりやすいであろう、「所有権」を取りあげます。

ある土地を100万円で購入したとすると、その時点で購入者が「所有権」を得ることが出来ますので、購入者はその土地を支配することが出来ます。

他の人が勝手に、その土地の上に建物を建てたり、物置きを建てたりすることは出来ません。

「物権=自分のもの」と考えてもよろしいでしょう。

また、用益物権という権利もあります。

これは、他人が所有する土地を一定の目的のために使用・収益するための権利です。

地上権や地役権がこれにあたります。

地上権とは、建物や資材置き場等の目的で、他人の土地を使用できる権利です。

債権と混同する所がありますので、しっかりと把握しておきましょう。

もう一つ、担保物権といった権利もあります。

これも債権とは混同しやすい権利と言えます。

例えば家を建てる際に、銀行の融資を受けて、お金を借りて建てるケースが多いかと思います。

このとき銀行は、確実にお金を回収するために、「もし返せなかった場合、建てた家や土地を取りあげますよ」と主張することができ、この権利が担保物権です。

物権は債権とは異なりますが、債権と密接につながっている権利ですので、違いを十分理解しておきましょう。

債権の意味や種別

次に債権についてご説明をしていきます。

債権とは、「ある特定の行為や給付を請求することができる権利」と言われています。

これも具体例を挙げていきますと、ある人がお金を払って物を借りようとしているとします。

借りる人は毎月のレンタル料を支払って、この物を使うことが出来る権利を有することになります。

この権利が債権です。

もし、借りている人がレンタル料を支払わなかった場合、貸す人は「レンタル料金をきちんと払ってください」と要求することが出来ます。

他にも債権として、金銭の支払いを受けることを目的とした金銭債権というものがあります。

例えば、売掛金、貸金、不動産賃料、預金などです。

物権は物にかかる権利に対して、債権は人に対して行為や給付を請求出来る権利という違いがあると言えます。

物権と債権の違い!直接支配性について

ここからは、物権と債権の違いを項目別に上げていきます。

まずは、直接支配性という観点からの違いです。

物権に関しては、「物を直接的に支配する権利」と述べました。

物権を保有している場合は他には影響を及ぼさずに、自分の力だけで直接的に支配することができる権利です。

具体的な例を挙げてみますと、土地の所有者は自らその土地を使用することが出来ますし、他の人の力を介在しないとできない権利ではないということになります。

次に債権における直接支配性を考えます。

債権とは、「ある特定の行為や給付を請求することができる権利」と述べました。

つまり、債権者が債務者に対して行為を請求できるものです。

例えば、お金を貸していた人がいるとしますが、債権者(貸している人)は債務者(借りている人)に「お金を返してください」と請求することは出来ますが、無理やり奪い取る事は出来ないということです。

あくまでも、人に対して請求できる権利だという点で、絶対支配性はないと言えます。

直接支配という点では全く対比的ですので、違いをしっかりと理解しておきましょう。

物権と債権の違い!排他性について

次に排他性について述べます。

排他性とは、「他の物を受け入れられない」といった意味です。

物権における排他性とは「一つの物に対して同じ物権が存在することはない」といった意味です。

「一物一権主義」とも言われます。

例を挙げれば、ある不動産の所有権がAさんにあるものに対し、Bさんが重ねて新たに所有権を有することは出来ないということです。

あくまでも一つの物に対して物権は一つだけです。

一方、債権は一つの物に対して、同じ内容の債権が複数存在し得るのです。

例えば、AさんがBさんに不動産を売却する契約をした後、Cさんにも売却をする契約をしたとします。

その場合、BさんとCさんはそれぞれAさんに対して、不動産の引渡債権を有することになります。

ですが、BさんとCさんの両者が不動産の所有権を取得することはありません。

この場合、どちらかの契約は履行不能となります。

このように排他性という面からも物権と債権では大きな違いがあるのです。

物権と債権の違い!絶対性について

最後に絶対性についての違いを考察していきます。

絶対性とは、その物にたいして絶対的な権利があるかどうかという意味合いです。

物権は、その物に対して絶対的な権利を有します。

例えば、自分が購入したペンがあったとすると、そのペンは誰に対してでも自分のものであると主張することができます。

ですから、所有者の承諾がない限りは、勝手にペンを使ったり、貸したり、プレゼントしたりすることは出来ません。

では、債権に関しての絶対性はあるのでしょうか。

債権に関しては、債権者は債務者に対してのみ有する権利です。

そのため、絶対性はなく相対性があると言われています。

債権者が権利を有することが出来るのはあくまでも債務者のみです。

第3者に関しては権利を有しませんので、絶対性がないと言えます。

債権では対抗できない要件を物権を使って債務不履行に備える方法

基本的に債権と物権は同じ財産権というカテゴリーに入るのですが、物権と債権は様々な点で違いがあるということを述べてきました。

債権だけでは絶対性も排他性もありませんので、債権者の意向に沿わない場面が多く出てくることになります。

例えば、お金を貸した人がいたとして、借りている人が返せなくなった場合、債権だけでは「お金を返してください」と主張することしかできません。

このような場合、物権である担保権を利用します。

例えば、お金を借りようとしている人がいたとすれば、その人が所有している建物を担保にして抵当権をつけてお金を貸すという方法です。

債権の履行が出来なくなった場合は、抵当権にある建物を競売などによって売却し、お金を返してもらうことが出来るようになります。

債権には直接支配性や絶対性がありませんので、債務不履行に備えて、物権の一つである担保権を利用するのです。

物権と債権は対比的でもあり類似性もある権利!

お話ししてきましたように、物権と債権には直接支配性や排他性、絶対性など多くの違いがありますが、非常に似ている部分も多く、債権と思っていたら物権に属するといったものも珍しくはありません。

債権と物権をうまく活用するためにも、お互いの違いをしっかりと理解しておくことが大事です。

有効活用できるように、これらの違いを把握しておくようにしましょう。