大家さんはどう考える?賃貸物件での挨拶はすべきなのか?

賃貸物件に引っ越す場合、「大家さんやご近所に挨拶に行くのは常識」と考えがちですが、最近は事情が変わってきているようです。

昔のように大家さんが賃貸物件を管理するのではなく、管理会社が物件の管理を一手に引き受けている場合が多いからです。

そのせいか、引っ越しのときに、挨拶をしていない人が40%を超えているという話もあります。

大家さんへの挨拶は必要なのかどうか、見ていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

私道の1つ!位置指定道路とは?公道とどんな違いがあるの?

私たちがいつも当たり前に通る道路ですが、大きく公道と私道に分けられます。私道の1つには「位置...

家賃相場はどれくらい?東京都内でおすすめの安いエリアとは

東京での新生活をスタートさせる予定の方がまず探さなければならないのが、住まいですね。おそらく...

中古物件の見学時には手土産が必要?見学時のマナーも必見!

住宅の購入を考えた場合、新築よりも中古物件を購入しようと考える方がいます。その際には、気にな...

私道の迷惑駐車、警察は取り締まってくれない?!

自宅前に迷惑駐車をされていて、持ち主も分からず、車庫から車を出せない場合、まず警察に通報するという...

アパートやマンション退去時の疑問!敷金の精算はいつ?

アパートやマンションなどの賃貸物件へ入居の際、敷金なしという物件以外は敷金の支払いをしていますよ...

新築時の登記とは?手続きの流れと必要なものを把握しよう!

新築の建物が完成した際には、登記をする必要があります。新築住宅の完成ともなると、他にもさまざ...

賃貸物件の退去時に敷金以上の請求がされるのはどんな時?

賃貸物件の退去時、入居の際に支払った敷金以上の金額を請求される場合があります。それはいったい...

準防火地域のサッシ問題!シャッター付きで安い?前向きに

防火地域や準防火地域に建物を建てる場合は、耐火性についての基準を満たさなければなりません。ガ...

木造住宅の階高・天井高・床高の標準は?吹き抜けのメリット

マイホームで「木造住宅を建てたい」と考えている、または新築分譲マンションの購入を考えている方は、...

賃貸物件を東京で探そう!家賃相場が安いのはどの駅?

東京での賃貸物件を探す決め手は、やはり家賃の金額は大きなポイントとなるでしょう。家賃は毎月支...

賃貸でも使いやすいキッチンに!すぐできる簡単収納術!

比較的新しい賃貸物件のキッチンは使いやすいことも多いですが、建てられてから十数年~数十年たってい...

1LDKで赤ちゃんを迎える!この間取りで狭くない?

結婚してから、新生活を1LDKの間取りの部屋でスタートさせるという方もいるのではないでしょうか。...

登記の名義変更のやり方!結婚で氏が変わった時はどうする?

不動産を所有し、所有権を行使するために不動産登記を行います。しかし結婚や相続などを理由に、登...

1LDKで子育てするなら!家具選びやレイアウトを工夫しよう!

これから赤ちゃんが生まれる予定のあるご家庭で、今1LDKに住んでいる場合、このまま子育てできるか...

家賃の支払いを引き落としに!その手続き方法と注意点とは?

アパートなどの賃貸物件の家賃を支払う方法はいくつかあります。そのひとつには「引き落とし」があ...

スポンサーリンク

賃貸物件へお引っ越し「挨拶」はどこまでする?

引っ越しをしたときには、昔から「向こう三軒両隣」などと言い、ご近所になる方への挨拶は欠かせないものとされてきました。

賃貸物件の場合には、両隣、真上と真下への挨拶は大切で、どんな人が住んでいるのか知り、トラブルを避けるためにも必要と言われています。

また、大家さんへの挨拶は、これからいろいろお世話になるので特に重要です。

借りている部屋で不具合が出た場合や、もしも近隣の人たちとトラブルになった場合など、頼りになるのは大家さんですから、早めに挨拶に行って良好なコミュニケーションを取っておきたいものです。

しかし、冒頭でも述べた通り、最近では今まで大家さんがやってきたような管理業務を、管理会社に一任している大家さんが増えてきました。

家賃の集金、賃貸物件の管理、入居者のクレーム対応、共用スペースの管理など、不動産会社が管理を一手に引き受けているので、大家さんと入居者が全く顔を合わせないケースもあります。

そのような場合、大家さんへの挨拶はどのようにしたら良いのでしょうか。

賃貸物件の大家さんへの挨拶はすべき?

前述したように、昔のように大家さんが管理する物件は減ってきています。

そして、大家さんへの挨拶は、その賃貸の仕方で変わってきます。

不動産会社で部屋を借りる場合、大きく分けてふたつの借り方があります。

ひとつめは、不動産会社が募集をして、そのまま管理も不動産会社が行っている場合です。

この場合は、家賃なども不動産会社に渡すことになり、そこから不動産会社が大家さんに渡すことになります。

したがって、何か不備があったり、クレームなどがあった場合は、大家さんに直接話すのではなく、不動産会社を通すことになります。

この場合は、不動産会社が管理しているので、大家さんに挨拶に行く必要はありません。

ふたつめは、募集の窓口は不動産会社で、その後の管理を大家さんが行っている場合です。

この場合は、家賃や部屋の不備、クレームなどは、大家さんと直接交渉することになります。

こういったケースですと、大家さんが同じ物件や近所に住んでいる場合が多いので、大家さんへの挨拶は必要です。

しかし、遠方に住んでいるなど、すぐに会えないような場合には、挨拶は必要ないでしょう。

賃貸物件の大家さんに挨拶した方が良い場合

先程の「大家さんが同じ物件や近所に住んでいる場合」は、挨拶しておいた方が良いでしょう。

例え管理会社に賃貸物件の管理を任せている大家さんであっても、顔を合わせる機会が多い場合は挨拶をしておくに越したことはありません。

引っ越しの挨拶をされて、嫌な気分になる大家さんはほとんどいないのではないでしょうか。

反対に引っ越しの挨拶をしなかったために、ギクシャクしたり、気まずくなってしまうことも考えられます。

そのため、できれば入居直後の早いうちに大家さんに挨拶をしておきましょう。

時間帯は10時~18時くらいがベストです。

しかし、食事の時間帯は避けたほうが良いですね。

また、大げさな手土産を持って行く必要はありません。

一般に大家さんへの手土産は、1,000円ほどが相場で、あっても困らず、後に残らないお菓子やお茶、洗剤などが定番とされています。

賃貸物件でのお引っ越し挨拶「大家さんの本音」とは?

では、大家さん側では自分の賃貸物件に引っ越ししてくる方の挨拶を、どのように考えているのでしょうか。

管理会社に任せている大家さんは、基本的に入居者と顔を合わせたいと思っていないようです。

特にたくさんの賃貸物件を所有している方は、入居者をいちいち覚えていられないし、挨拶など細かい対応をわずらわしく思う傾向があります。

そのようなことがないように、管理会社に高いお金を払って管理してもらっているので、挨拶は不要なのです。

大家さんにしてみれば、挨拶に来た方も来ない方も、どの入居者とも同じように平等に対応しなければなりません。

特定の人と仲良くなれば、そうでない方から苦情がくるかもしれないからです。

また、ある大家さんは、入居者と仲良くなると「家賃を待って欲しい」とか、「ここの設備を何とかして欲しい」などと、自分だけ優遇して欲しいと甘えてくる方も少なくないと言います。

大家さんと入居者は、管理会社を挟んで適度な距離を保っているくらいが、丁度良いのかもしれません。

賃貸物件でのお引っ越し挨拶「入居者の本音」とは?

先程は、大家さん側からのお話しをご紹介しました。

それでは、賃貸物件に引っ越す入居者側の考えはどうなのでしょうか。

大家さんへの挨拶を必要と考えている方は、少なくなっている傾向にあるようです。

ひとつには、先程からお話ししているように管理会社が間に入っていることが挙げられます。

お互いにわずらわしいことを無くすために管理会社を利用しているので、必要以上のコミュニケーションはいらないと考える方が多いのです。

また、大家さん側が入居者と親しくなることで感じるデメリットがありますが、入居者側でも大家さんと親しくなることで感じるデメリットがあります。

同じ物件や近所に住む大家さんにありがちなのが、入居者との距離感がつかめない大家さんです。

昔のように「大家と言えば親も同然、店子と言えば子も同然」などという落語の世界を地で行く、親や親せきのような距離で接する大家さんは、現在では煙たがられてしまうことがあります。

特に女性の入居者で、大家さんが男性の場合、距離感が近すぎると恐怖さえ感じるという方もいるでしょう。

大家さんとの距離は「ほどほど」が大事

このように、最近では賃貸物件の大家さん事情もかなり変わってきています。

これは、入居者も変化してきていることが繋がります。

昔のように同じ物件に長く住む方が少なくなってきていて、入居者の回転が早く、誰がどこに住んでいるのか大家さんが管理している物件でも、把握できてないこともあるようです。

満室にするために、入居者が引っ越すことになったときに「なぜ、退去したのか」と考えるのではなく、「部屋を埋めるためにどうしたら良いか?」という考えになってしまうと言います。

顔の見えない入居者とは、どうしてもビジネスライクな繋がりになってしまいます。

親戚のよう濃密な関係を築く必要はありませんが、顔を合わせたら挨拶をし合い、雑談のひとつでもするくらいのコミュニケーションは取りたいと思っている大家さんもいます。

挨拶はコミュニケーションの基本です。

より暮らしやすくするためにも、適度なコミュニケーションを心掛けましょう。

大家さんへの挨拶はしなくて良い!?

このように、引っ越しの際の挨拶は時代とともに変わってきていて、大家さんも入居者も必要以上のコミュニケーションは避けたい傾向にあるようです。

管理会社が管理している賃貸物件は、大家さんへの挨拶は特に必要ありません。

それでも、大家さんへの挨拶をすべきかどうか迷った場合は、その賃貸物件を扱っている不動産会社に聞いてみましょう。