マンションは南向きより東向きがいい!?後悔しない物件選び

物件を探す際、日当たりのよさを気にする人も多いです。

そのため「南向き」であることを条件としている方も多いですが、人によっては必ずしも南向きの物件が合うとは限りません。

ここでは、南向き物件の次に人気と言われている「東向き」の物件にも着目してみましょう。

それぞれのマンションならではのメリットや、デメリットについてお伝えしていきます。

マンションを購入後、後悔しないためにしっかりと覚えておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新築にテレビアンテナを設置しよう!工事はいつ行うべき?

念願のマイホームとして家を新築し、引き渡しが終われば、次は引っ越しです。しかしこのとき、テレ...

マンションの管理人は意外と大変!仕事内容等を詳しく知ろう

マンションの中には、管理人が常駐しているところもあるでしょう。「管理人が常駐している」こ...

マンション内覧会!ブログを参考にチェックポイントをご紹介

マンションの契約が済み、待ちに待った内覧会の日が来る前に、ぜひおさえておきたいポイントがあります...

2LDKマンションに住みたい!名古屋でおすすめエリアはどこ?

名古屋の2LDKのマンションに住むことを考えている方はいらっしゃいますか。政令指定都市に指定...

マンションの購入には火災保険がつきもの!その必要性とは?

マンションの購入で住宅ローンを組む際、その条件として求められるのが「火災保険への加入」です。...

一戸建ての購入を決めたら知っておきたい中古一戸建ての価値

一戸建ての購入は人生における大きな買い物のひとつと言えます。一戸建ては新築にするのか、中...

新築住宅でテレビが見れない!?光・アンテナどっちがいい?

新築住宅が完成・引き渡しが終わると引っ越しを行うことになります。そんな引っ越し作業中にテレビ...

町家と町屋はどっちが正しい?京町家の魅力とともにご紹介!

「まちや」という言葉を漢字にすると、「町家」と「町屋」の2つの漢字が出てきますよね。筆者...

マンションを売る際の流れと高く早く売るコツ・注意点とは?

所有しているマンションを売ることになった場合、どうしていいかわからない方も多いのではと思います。...

マンション最上階の角部屋は夏暑い?原因と対策を知ろう

マンションは、階数が上がるほど「夏の暑さが過酷」とも言われます。特に最上階の角部屋ともな...

マンションのリノベーション!ブログを参考にポイント解説!

近年人気の高まっている、中古マンションのリノベーション。お部屋を自分好みの間取りや内装に変え...

新築一戸建てへの引っ越し作業をスムーズにする準備と段取り

完成した新築一戸建てへの入居はわくわくするものですが、それに伴う「引っ越し」そのものは案外面倒で...

【新築マイホーム】家具・家電の予算はどのくらい見積もる?

新築ホヤホヤのマイホームなら、家具や家電も新品にして新たなスタートを切りたいと考える方が多いと思...

新築の引き渡し後は近所への挨拶回り!ポイントを押さえよう

新築して引き渡しが完了したら、引っ越しや住所変更などの手続きが必要となります。それらに追われ...

新築時の床はコーティングするべき?その種類と費用をご紹介

家を新築する際に、床をコーティングするべきか悩む方も多いです。新築時に床をコーティングするメ...

スポンサーリンク

人気の高い南向きマンション!メリット・デメリットは?

マンションを購入する際、1つの条件として日当たりを重視する方も多いです。

そのため、一般的には南向きの物件が最も好まれると言います。

しかし、一概に南向きという条件に絞って決めてしまうと、のちのち後悔してしまうこともあるかもしれません。

ここでは、東向きと南向きの物件それぞれの特徴を見ながら比較してみましょう。

まずは、最も人気である南向きマンションのメリット・デメリットについてまとめました。

●南向きマンションのメリット

人気の高い南向きの物件は、お部屋に入る日照時間が最も長いことが特徴です。

昼間は明るい光が自然に入り込むため、照明を点ける必要がありませんし、日光により冬場でもお部屋の中が暖まりやすいため、光熱費の節約にも繋がります。

また、日当たりがよいため洗濯物も乾きやすく、「外に干す派」の方とっては絶好の環境と言えるでしょう。

●南向きマンションのデメリット

日当たりがよいということは、裏を返せば紫外線によって家具や壁紙などが傷みやすく劣化しやすいとも考えられます。

また、夏場はお部屋の中が暑くなりすぎてしまうことも考えられますから、エアコンなどの光熱費がかさむのはデメリットとなるでしょう。

ほかにも、南向き物件は人気の高い物件であるため、価格が高く設定されている傾向にあります。

この点もデメリットと言えるでしょう。

東向きマンションのメリット・デメリット

では続いて、東向きのマンションのメリット・デメリットをお伝えしていきます。

●東向きマンションのメリット

東向きのお部屋は、まず朝日を浴びられることがメリットとして挙げられます。

朝日を浴びることで、自然と目覚めることができるので、朝型タイプの方にとっては活動しやすい環境であると言えるでしょう。

また、起きてから朝日を浴びることは体内時計がリセットされ、体のリズムを整えたり、精神面でも安定させて前向きな気分にさせてくれる効果があるとも言われています。

ほかにも、南向きの物件に比べると価格が安く設定されている傾向にあるのもメリットと言えますね。

●東向きマンションのデメリット

東向きのマンションのデメリットとしては、やはり日が差し込む時間帯が少ないことが挙げられます。

最も日が差し込む時間帯は、朝の6~8時の2時間ほどで、その後は直接日光が当たることはありません。

そのため、日中でも暗く感じたり、冬場は洗濯物が乾きにくいなどの問題もあります。

また、日差しでお部屋が暖まりにくいため、冬場の夜は冷えが気になるところでしょう。

マンション購入後、後悔しないためにもこれらの特徴をしっかりと理解しておくとよいでしょう。

後悔しない物件選び!東向きのマンションが向いている人って?

日本では、方角としては南向きの物件が最もよい条件としています。

そのため、「東向き物件が気になるけれどなかなか決定までに踏み出せない」という方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、後悔しないためにも、東向き物件が向いている方について考えてみましょう。

その事例をいくつかご紹介していきます。

●日中留守が多い

平日は朝から晩まで仕事をしており、休日は友人や趣味などで外に出掛けてしまうという方は、東向きのマンションが向いていると言えます。

基本的に家に居る時間帯は、朝と夜がほとんどになりますので、南向きのメリットでもある日当たりのよさもそれほどメリットと感じられないでしょう。

●朝起きるのが苦手

「朝早くに起きるのが苦手」という方にも東向きマンションは向いていると言えます。

人は、一気に強い光を浴びるよりも、徐々に強まる自然の明るさのほうが目覚め効果が高いと言われています。

朝いつまでも目が覚めないという方は、東向きのマンションを選択することで改善されやすくなるかもしれません。

また、朝は朝日を浴びてスッキリと起床したい、という方にも東向きマンションはおすすめです。

後悔したくない!マンション周囲の建物を確認しておく

ではここで、マンション購入後に後悔しないためにも確認しておくべきことについてお伝えしていきます。

まず、マンションのお部屋の前に日の光を遮るような建物が建っていないか確認しましょう。

現在マンションの日差しを遮るものがないとしても、地域によっては高層マンションやビルなどが建設される可能性もあります。

そのため、事前に確認しておくとよいでしょう。

また、バルコニーの手すりの素材によっても、お部屋の日当たりに影響を与えると言います。

最も日の光が入るのがガラスなどの透けた素材でできたもので、次に格子状の手すりなどが挙げられます。

そして、最も日の光入りにくいのがコンクリートなどでできた手すりです。

マンションを決めるときは、こういった点も考慮しておくとよいですね。

この内容は、南向きであろうが東向きであろうが、全ての物件に当てはまると思いますのでよく確認しておくとよいでしょう。

南向きや東向きのほかに西向きや北向きのマンションってどうなの?

南向きの物件は最も人気が高いとされていますが、物件そのものが高かったり、日差しが思った以上に強く感じてしまったりと、住んでみて後悔しているという方も意外にいらっしゃいます。

一方東向きマンションは、日照時間が短いものの、価格が安かったり朝日を浴びてすっきりと目覚めることができたりとメリットも多くあります。

朝早く夜遅いなど、ある程度生活パターンが決まってしまっているのなら、東向きのマンションを選択してみてもよいかもしれませんね。

さて、話は変わりますが、ここまで主に南向きと東向きの物件に着目してお伝えしてきました。

では、「西向き」や「北向き」の物件はどうなのでしょうか。

この2つの特徴を見てみましょう。

●西向きのマンション

東向きのマンションとは反対に、西向きのマンションは午後の時間帯に日当たりがよくなるのが特徴です。

朝はゆっくりと寝ていたいという方や、夜型の方には向いているお部屋と言えます。

ただし、最も日の光が強くなる時間帯に直接日光が入りますので、夏は厳しい暑さとの戦いとなりますが、逆を言えば冬は暖かく過ごしやすいです。

●北向きのマンション

最も日当たりが悪いとされる北向きのマンションは、その分価格が抑えられていることが多いです。

そのため、「価格を抑えたい」「夜型である」「在宅ワークをしている」という方に向いている物件です。

ただ、日当たりが悪いため洗濯物を乾かすのには厳しい環境となります。

扇風機や除湿機などを活用して、対策を行う必要があるかもしれません。

南向き物件にとらわれ過ぎると後悔するかも

最も人気の高い南向きの物件ですが、確かに日照時間が長く当たる上、冬場は暖かく過ごせるなど環境としては申し分ないものです。

ただし、ここで覚えていただきたいのが、南向き物件以外の物件が暮らしにくいというのは大きな間違いであるということです。

ときには、南向き以外の物件のほうが暮らしやすいこともあるでしょう。

特に、仕事などで朝早くから起きて活動する必要があり、夜遅くまで帰ってこないという生活パターンの方は、南向きよりも東向きの物件のほうが合っている可能性もあります。

かと言って、南向き物件がダメというわけではありません。

ここでお伝えしたいのは「南向きに絞って物件を検討してしまう」ことに問題があると考えます。

つまり、南向きの物件を絶対条件としてしまうと、物件の選択の幅を狭めてしまうこととなり、最良の物件を見落としてしまう可能性があります。

一度考えてみましょう。

マンションに住むにあたり、最も重要視すべき点は「物件の方角」ではなく、「快適に暮らせる家」ではないでしょうか。

住んでから「やっぱり違うマンションにすればよかった」と後悔するのを避けるためにも、マンション選択の視野を広げて、ご自分やご家族のライフスタイルに合う物件を見つけていきましょう。

マンション購入後後悔しないためにも!

マンションは高額な買い物になりますから、購入したあとに後悔だけはしたくないものですよね。

南向き物件の次に人気の高い東向き物件は、朝日を浴びれたり価格が抑えられていたりと、メリットもたくさんあります。

マンションを決めるときは方角だけでなく、さまざまな視点から見て考えてみましょう。