1LDKのキッチンとリビングを仕切りたい!おすすめの方法は?

1LDKのアパートやマンションは、くつろぐためのリビングがキッチンと同じ一部屋におさまっています。

そのため、仕切りをつけて、空間を分けたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、仕切りをしたことで部屋が狭くなるのは避けたいですよね。

そこで当記事では、1LDKのキッチンとリビングを上手に仕切る方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

窓の落下防止柵は手作りできる!対策をして事故を防ごう!

テレビや新聞で小さな子どもの落下事故のニュースを見かけます。ニュースを見たときは「気を付けない...

2DKで同棲を始めよう!より快適に暮らせるレイアウトとは?

同棲を始めようと考えたとき、2DKであれば居室が2つあるので、十分ゆとりある生活がイメージできる...

木造と鉄筋コンクリートそれぞれの魅力とは?音対策もご紹介

昨今の戸建てやアパートなどを見ると、様々な工法で建てられていることが分かります。住宅の構造と...

1LDKのレイアウトを工夫して2人暮らしでも快適な空間へ!

1LDKで2人暮らしをしていると聞くと、少し窮屈なイメージを持つ人は多いでしょう。しかしそん...

窓のパッキンの交換方法とは?パッキンが長持ちするポイント

窓掃除を行っていると、窓のパッキンに目が留まることもあります。新築や引っ越してきたばかり...

2DKに多い悩み!ダイニングキッチンのレイアウトのポイント

賃貸物件には2DKという間取りの物件も多数あります。現にいまお住みの方も多いでしょうが、「ダ...

1DKの賃貸物件レイアウト!縦長の間取りだったらどうする?

1DKの賃貸物件を探していると、縦長の間取りを見かけることがあります。個室とダイニングキッチ...

納戸を有効に使おう!DIYで棚作りに挑戦!

納戸を活用できていますか?「どこに何があるかわからない」という人や「どう使うのが良いのかわか...

1LDKはソファのレイアウトで印象が変わる!?参考例をご紹介

1LDKのアパートやマンションにお住みの方もいれば、これから入居する方もいるかと思います。こ...

暖房コストを抑えて冬を越す!窓へのプチプチ防寒法とは?

寒い冬には暖房器具が手放せませんよね。しかし、暖房器具にはコストがかかり、家計の節約にも響い...

2LDKのレイアウトに悩む方必見!一人暮らしする際のポイント

2LDKの間取りの部屋で、一人暮らしをするという方もいるでしょう。一般的に2LDKは、一...

1DKのレイアウトはどう決める?一人暮らしの参考例もご紹介

新生活がはじまると同時に、一人暮らしもはじまる方もいるかと思います。はじめての一人暮らしとな...

窓の防犯性をUP!遮光フィルムと100均グッズを併用しよう!

賃貸アパートやマンションで暮らしているのであれば、防犯対策は大切です。例え高層階に住んでいた...

1LDKで赤ちゃんが寝る場所はどこ?快適な空間作りの工夫!

夫婦2人暮らしには十分な広さの1LDKですが、赤ちゃんが産まれるとどうでしょうか。少し手狭に...

長押フックは100均で買える!賃貸でも快適な住空間に!

最近の100均には、実にさまざまなものが販売されています。その中でも、長押(なげし)フックは...

スポンサーリンク

1LDKはどのような物件?

1LDKは、1部屋の他に、リビングダイニングキッチンがある間取りのことを言います。

つまり、キッチンと食事をするためのダイニング、そしてくつろぐための居間が一部屋におさまっているという間取りになっています。

そして、間取りによっては、対面式のキッチンと壁付きのキッチンの場合があります。

対面式のキッチンの場合は、ワンフロアながらシンク側の壁が仕切りとなっています。

壁付けのキッチンは、部屋の広さが魅力の一つです。

どちらにしても、一日の大半を過ごすリビングダイニングキッチンが広い間取りのため、たとえば二人暮らしなどでも十分に空間に余裕があることでしょう。

一緒にいる時間を増やしたい同棲カップルや、新婚、赤ちゃんを迎えた家族におすすめの間取りです。

一人暮らしの場合は、広く空間を使うことができますが、家賃が高めであることや、部屋が広いことによる冷暖房コストの高さなどがあるため、収入に余裕がないとおすすめできません。

1DKと1LDKの違いは?1LDKのキッチンの位置も肝心

次に、1DKと1LDKの違いを見ていきましょう。

1DKの場合は、キッチンがある部屋の広さが4.5~8畳未満となっています。

どちらかといえば、一人暮らしの方におすすめする間取りがこの1DKになります。

そして、1LDKの場合は、キッチンのある部屋が8畳以上という決まりがあるため、食器棚や食卓、家具を置いてもある程度の余裕があります。

その広さに惹かれて1LDKの間取りを気に入ったとしても、、来客が来たときなどどうしてもキッチン回りはオープンにしたくないという理由から、1LDKの物件を選ぶ際に迷ってしまうという声も聞きます。

壁に備え付けられ、リビングに背中を向けるレイアウトのキッチンの場合は、築年数の古い物件であることが多いかもしれません。

しかし、そのような壁付けキッチンは、部屋を広く使えるというメリットがあるのです。

そして、キッチン回りを見せたくないという悩みについては、仕切りをつけることで解消します。

しかし、どのように仕切りをレイアウトしたらよいでしょうか。

仕切りをつけるメリットとは?

1LDKの壁付けのキッチンに仕切りをつけるメリットは、急な来客の際に丸見えとなってしまうキッチンを仕切りがあることで隠すことができる点です。

完全な仕切りでなくても、キッチンの手前に何か遮るものがあれば、来客の視線を多少は外すことができるでしょう。

また、料理のにおいの広がりも防ぐことができます。

仕切りの種類にもよりますが、どうしてもキッチンとリビングが一体化していると、料理のにおいが充満してしまいがちです。

特に、料理を頻繁にする方はキッチンの使用頻度が高いため避けられない問題です。

そのような方の場合は、4枚引き戸の建具をとりつけて仕切るとよいでしょう。

この場合は、キッチンが独立した個室にもなり、引き戸を開ければリビングと繋がり広く見せることができます。

このように、仕切りに工夫をすることで問題解決の糸口となります。

キッチンとリビングダイニングを分けたい!おすすめの仕切り

仕切りをつけたことで、1LDKの部屋全体の雰囲気が変わってしまうのは残念ですよね。

しかし、部屋の壁や家具に合わせてシンプルな仕切りをつけると、部屋がすっきりと見え、またキッチン回りを隠すことができるのおすすめです。

工事不要で賃貸マンションでも取り入れることができ、自身でのリフォームが可能なうってつけの仕切りをご紹介します。

●つっぱりパーテーション

天井と床をつっぱり棒で押し込む力で固定するため、壁や床に穴をあける必要がありません。

また、本体を一枚購入し、幅がもう少し必要であれば、連結用を繋げることで幅を広げることが可能です。

そして、直線で仕切るだけでなく直角連結も可能なため、キッチン回りをL字型に囲むことで個室のような空間にすることも可能です。

パネルの上下が開いているため、エアコンの風が届くというのも利点の一つです。

このように、パネルを自身で購入して取り付けるか、また取り付けに自信がない方は、業者にお願いすることで、キッチンとリビングダイニングの間を仕切ることが可能になります。

仕切りに頼らない1LDKキッチンのレイアウト

仕切りが必要と考える大きな理由は、やはりキッチン回りを隠して生活感をださないようにしたいということでしょう。

1LDKでも対面キッチンであれば、リビングダイニングから見るとシンク設備の背面の壁が見えるレイアウトになるため、キッチンまわりの散らかりや生活感をそこまで感じることはありません。

築年数の浅いマンションは、対面式キッチンが多い傾向があるため、仕切ることを前提に考えるのであれば、築年数の浅い対面式キッチンの物件を探すことをおすすめします。

また、昨今流行しているアイランド式のキッチンの場合も、ごちゃごちゃとした部分はリビングから見えないようになるのでおすすめです。

しかし、アイランド式のキッチン付きのマンションとなると、月々の家賃がかなり高くなってきます。

「仕切りをせず、生活感を感じさせることもなく1LDKを広く使いたいけど、家賃が高いのは避けたい」という場合は、中古のマンションを購入してキッチンまわりをリノベーションするという方法もあります。

ただし、この場合マンションの購入とリノベーションにまとまった額のお金がかかります。

どれくらいの期間住むのかなどを含めて、トータル的に検討しましょう。

1LDKのリビングを広く見せるためのコツ

キッチンとリビングダイニングの間に仕切りを置いたことで、少し部屋が狭く感じるようになってしまった場合は、家具の色で工夫することができます。

それは、いかにリビングダイニングが広く見えるかというレイアウトに着目してみることです。

まずは、家具の色合いが大切です。

白や淡い色のように、実際のサイズよりも大きく見える膨張色を置くことで、部屋のサイズを大きく見せる効果があります。

また、ガラス素材のインテリアを取り入れることもおすすめです。

透けて床が見えることで、部屋全体が広く見えます。

そして、昨今流行しているのは、グリッド棚を使った収納です。

これは、収納棚でもあり間仕切りとしても使える優れもので、背板がないことで光や風も通り向けることができます。

そのため、圧迫感を与えないことから部屋全体が広く見えます。

こうして、少しでも1LDKの部屋が広く見えるという工夫をしてみることも大切です。

1LDKはキッチンのレイアウトが重要なポイントとなる

広さが利点の1LDKですが、キッチンのレイアウトによっては、キッチンが丸見えになってしまい生活感が出すぎてしまうというデメリットがあります。

しかし、仕切りを活用すれば来客の視線を遮ることができます。

仕切りは業者に取り付けてもらう建具から、自身でも設置可能なパーテーションがあります。

対面キッチンの場合は、キッチン内部の空間が少々狭くなってしまいますが、壁付けのキッチンであれば、狭さを感じることはあまりないでしょう。

1LDKの住まいを選ぶ際には、キッチンのレイアウトに注目して決めることをおすすめします。