マンションのリフォーム費用はどのくらい?適切な時期は?

マンションに長期間住んでいると、欠かせないのがメンテナンスです。

何か不具合が起こってからからリフォームをするのでは、慌ててしまい、適切な判断ができなくなることも考えられます。

そこで当記事では、マンションのリフォームはどのくらいの時期に行っておくのが適切か、費用はどれほどかかるのかについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一戸建ての住み心地のいい間取りとは?人気の間取りをご紹介

家づくりが始まると、一番最初に悩むのが間取りかもしれませんね。どのような間取りが住み心地がい...

マンションにオプションはつけるべき?玄関に鏡はあり?

マンションを購入したとき、悩む問題のひとつには「オプションをつけるべきか」ということも挙げられる...

マンションの管理組合は重要!面倒がらず積極的に参加しよう

マンションを購入すると、知らないうちに「管理組合の組合員」になっていて、総会に出席したり、役員が...

一戸建て?マンション?住みやすいのはどちらかを徹底比較

住まいを決めるとき、一戸建てにするかマンションにするかは大きな決断になります。特徴が異なるた...

賃貸アパートの更新料!金額交渉はできる?できない?

アパートなどの賃貸物件では、「更新料」が発生する場合が多くあります。「アパートの更新手続き」...

意外と重要!新築の郵便ポストの設置場所はどこがベスト?

郵便ポストはどのお宅でも必要なものですが、新築の際は決めることがたくさんあり、うっかりとその存在...

一戸建て中古物件のメリットデメリット・購入方法を解説!

立地や金額などの条件から、マイホームを中古一戸建てにしたいとお考えの方もいらっしゃるかと思います...

マンション建て替えの費用負担はマンションの区分所有者!

築年数が古いマンションは、耐震性に不安があったり設備が古くなってしまったなどの理由で建て替えるこ...

マンションに引っ越したときのご近所挨拶はどこまで必要?

無事に入居するマンションが決まった後は、少し気持ちが落ち着きますよね。しかし、引っ越し前に新...

木造アパートの遮音性は?失敗しない物件選びと防音対策

アパートを借りようと物件探しをするとき、つい木造アパートを敬遠していませんか。木造アパートは...

いざ転勤!家具付きマンションの賃貸を選んで福岡の魅力満喫

福岡に転勤することが決まり、暗い気持ちでアパートを探している人もいるかもしれません。しか...

アパートの賃貸契約書を紛失してしまったらどうなる!?

アパートの「賃貸契約書」はきちんと管理をしていますか。退去時まで大事に保管しておかなけれ...

夢の「一戸建て」を実現!後悔しない間取りのつくり方とは?

オーダーメイドで一戸建てをつくるときは、間取りや配線位置などのプランニングが重要になります。...

アパートを契約更新する場合!更新手数料に消費税はかかる?

住んでいるアパートの契約期間が満了に近づき、その際契約を更新する方もいることでしょう。そのと...

新築のリビングの広さはどれくらい?リビング設計の注意点

新築住宅を建てることが決まると、どのような家にするかワクワクしますよね。家族でほとんどの...

スポンサーリンク

中古マンションほどリフォームする必要性が高くなる!

マンションのリフォームですが、費用面が気になることはもちろん、いつ頃行えばいいのかについても気になるところです。

新築マンションに住んでいる場合では、建てたばかりということもあり、リフォームについて考えることは少ないでしょう。

しかし、近年では中古マンションを購入し、自分好みにリフォームやリノベーションするということが流行りつつあります。

これは新築マンションを購入するよりも、比較的安価で住むことができることも要因の一つとして考えることができます。

ただ、ここで注意しておきたいのが「築年数」です。

新築マンションであれば、設備が破損していることはまずありません。

しかし、中古マンションであれば、マンションの築年数が古いほど、設備も古くなっていることが考えられます。

これは当たり前のことではありますが、意外にも見落としてしまいがちです。

マンションがいつ頃建てられたものであるかをあらかじめ確認しておくと、リフォームする時期の目安も知ることができるでしょう。

リフォーム費用も気になるけどリフォーム時期も気になる

マンションのリフォームは一体いつ頃に行えばいいのでしょうか。

費用についてお話ししていく前に、適切な時期についてご説明していきましょう。

【築5~10年】

このくらいの時期は、大きな破損などは少ないものの、細かな部分の破損・汚れなどが目立ってくる時期となります。

「小さな破損や汚れはそのままでも問題ないだろう」と放置してしまうのではなく、目に留まった箇所からメンテナンスをしていくことをおすすめします。

このようにしておくことで、綺麗な状態を保つことができます。

【築10~15年】

キッチン・バスルーム・トイレといった水周りに不具合が出てきやすい時期となります。

パッと見ただけでは劣化しているようには見えないかもしれませんが、内部では少しずつ劣化が進んでいることが考えられます。

この時期に一度点検をしておくといいでしょう。

【築15~20年】

土台・給排水管といった、普段の生活では目にすることのないような部分が腐食や劣化しやすい時期となります。

業者に依頼するなどして、しっかりと対応しましょう。

マンションのリフォーム時期は設備によって異なる

マンションのリフォームの時期の目安をお伝えしましたが、設備ごとに適切な時期というのは異なります。

そのため、それぞれのリフォームごとに費用がかかってしまうでしょう。

以下で具体例を挙げていきます。

マンションに住む上で、毎日使うと言っても過言ではない設備、「トイレ」と「キッチン」、「バスルーム」について見てみます。

トイレは、おおよそ20年を目安にリフォームをすることをおすすめします。

近年販売されているトイレは、長期間使い続けても綺麗な見た目が保持できるものが増えてきています。

そのため、リフォームが不要なように思えてしまうでしょう。

しかし、トイレそのもののリフォームが必要なのではなく、トイレのタンクや配管に関してはリフォームが必要となるのです。

タンクは約10年、配管などは約20年が寿命とされています。

次に、キッチンです。

キッチンの寿命は15~20年が一般的とされています。

マンションの築年数がこの程度であれば、リフォームすることを考えてみてもいいでしょう。

そのままにしておくと、水漏れや腐敗、故障の原因にもなりかねません。

また、これらのことは、キッチン周辺の換気扇などの設備にも影響することがありますので、ビルトイン設備が故障している場合には、リフォームを検討しましょう。

最後にバスルームです。

バスルームは大量のお湯を使うことから、腐食してしまいやすい場所とも言えます。

そのため、リフォームをせずに長期間過ごしてしまうと、建材までも腐食させてしまうことが考えられます。

使い始めてから約15年ほどが経過したらリフォームを検討しましょう。

マンションの水周りのリフォーム費用はどのくらいかかる?

ここまで、マンションのリフォームの適切な時期についてお話ししてきました。

いざリフォームをするとなった時、気になるのは費用のことでしょう。

以下で、それぞれの価格の相場について見ていきましょう。

【バスルーム】

・ローグレード

シャワーのみ使用する人向けで最低限の機能のみついている

費用相場:60~80万円

・ミドルグレード

普段から浴槽を使ってゆったり入る人向け

費用相場:70~100万円

・ハイグレード

デザイン性が高く、使い勝手のいいバスルームにしたい人向け

費用相場:90~120万円

バスルームは自分がどのような使い方をするのか考えると、どのグレードにするかおのずと答えが出るでしょう。

【キッチン】

・ローグレード

基本的な機能のみがついたもの

費用相場:60~80万円

・ミドルグレード

基本的な機能に加え、高いデザイン性のあるもの

費用相場:70~110万円

・ハイグレード

デザイン性が高く、使い勝手のいいもの

費用相場:80~200万円

【トイレ】

・ローグレード

タンクありトイレ

費用相場:15~20万円

・ハイグレード

タンクレストイレ

費用相場:25~30万円

マンションの築年数別で費用を比較!

先ほど、マンションの築年数別にどの箇所にどのような不具合が出るのかについて触れました。

このことを念頭に置き、さらに費用などについて、具体的に見ていきましょう。

中古マンションの場合、築5~10年であれば、少しのメンテナンスで綺麗な状態になるため、大掛かりなリフォームは必要ありません。

大掛かりなリフォームが必要となるのは、築20~30年が経過したあたりからとなります。

築20~30年となると、先ほどご紹介したような水周りのリフォームをする必要が出てきます。

ユニットバス、キッチン、トイレ、洗面台、給湯器、クロスをリフォームするとなると、費用はおおよそ200~300万円ほどかかることとなります。

築30~40年となると、間取りの変更を伴うリフォームをすることがあります。

これは、住んでいるマンションにもよりますが、昭和レトロな内装のマンションの場合、住みやすく使いやすい間取りへと変更を行うことが多いです。

例えば、キッチンの位置が悪くて家族とコミュニケーションがとりにくい、床材がカーペットなので汚れが目立つなどといったことです。

水周りのリフォームに加え、キッチンの移動、押入れをクローゼットに変更、フローリングに張り替えなどを行うと、費用は300~400万円ほどになります。

築40年以上を経過しており、内装の痛みが気になってくると、これまでのように部分的にリフォームを行うのではなく、全体をリフォームすることになります。

この場合の費用相場はおおむね以下のようになります。

・施工面積60m²…600~700万円
・施工面積70m²…700~850万円
・施工面積80m²…800~1000万円

このように見ると、高額なようにも思えてしまいますが、内装すべてが綺麗になるので、満足感を得ることはできるでしょう。

マンションのリフォームはどのくらい期間がかかるの?

マンションのリフォームの費用や、行うのに適している時期などについてお話ししてきました。

最後に、リフォームにはどれほどの時間がかかるのかについてご紹介しましょう。

まず、キッチンのリフォームですが、約1日~3週間の期間を要します。

この期間の差は、キッチンのみをリフォームするか、間取りも変えた上でキッチンをリフォームするなどといったことで変わってきます。

バスルームに関しては、古いユニットバスから新しいユニットバスに入れ替えを行う場合、1日から長くても5日ほどで済むことが多いです。

なお、在来工法のお風呂からユニットバスに入れ替える場合は少し時間がかかるため、3日~10日はかかると考えておきましょう。

収納を増やしたり、畳みの張り替えを行う場合には約2~3日かかり、間取りを変更するようなリフォームでは約1ヶ月はかかると考えておきましょう。

また、間取り変更を伴うリフォームの場合、リフォームを行う部屋は使うことができません。

そのため、リフォームを行っている期間の生活はどうするのか考えておく必要があります。

そして、リフォームを行う際には、近隣住民に騒音として迷惑をかけてしまうことがあるので、工事が始まる前までに、挨拶を済ませておくことをおすすめします。

マンションのリフォームは計画的に!

マンションに長期間住むことになると、いずれリフォーム行うことになるでしょう。

そのため、いつ頃どの設備のリフォームが必要になるかということを考えておくと後々楽かもしれません。

また、費用を抑えるためにも、見積もりは複数社からとったうえで業者を選ぶようにしましょう。