マンションのベランダには決まりが多い!バーベキューは可?

マイホームとしてマンションを購入した方もいることでしょう。

その場合マンションでの生活を楽しみたいところですが、住んでみると意外と決まりが多いことに驚かされることもあるかと思います。

ベランダもそのひとつで、ベランダに置いても平気なものから禁止されていることまで、細かく定められていることが多いです。

また、ベランダが広いと外の景色を見ながらバーベキューをしたいという方もいるかもしれませんが、マンションのベランダでバーベキューすることは可能なのでしょうか。

これらついてお話をしていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

マンション管理人の募集が気になる?業務や応募条件を知ろう

マンションの中でも、特に高層マンションなど大型のものの場合、管理人が在籍していることがあります。...

ニッチは玄関に合ったサイズにリフォームし実用的にしよう!

所有する賃貸マンションのリフォームをしようと考えている大家さんもいるかもしれません。その際、...

アパートの退去費用は何に使われる?10年以上住めばお得?

アパートを退去する際に、かかる退去費用に頭を抱えてしまう方もいるのではないでしょうか。ま...

新築の建売住宅にはエアコンがない!?設置費用はどれくらい

マイホームとして新築の建売住宅を購入する予定の方や希望している方もいることでしょう。その建売...

マンションの電気契約は受電形態に注意!電力自由化との関係

電力が自由化されて以降、私たちは自由に電力会社が選べるようになりました。マンションの購入...

憧れの新築一戸建て!家族が住みやすい理想の間取りとは

長い人生の中の大きな買い物の一つに住宅購入があります。生涯で一度の買い物とも言われる住まいの...

新築建売住宅は購入後も何かとお金が!網戸等の値段はいくら

注文住宅よりも安く家を購入できることが魅力の建売住宅。多くの方が新築建売住宅を購入しています...

マンション暮らしを東京で!条件に合う賃貸物件を探そう!

東京で賃貸マンションを探すとき、通勤・通学に合わせて物件を探すことが多いのではないでしょうか。...

失敗したくない新築キッチン!成功・後悔ポイントから教訓を

新築を建てるのが初めてだという人がほとんどなので、自分がいいと思ったキッチン設備を採用しても、い...

新築の間取りで人気なのは?失敗しないためのポイントとは?

新築の住宅を建てることを考えた時、どのような間取りが良いのか悩んでしまいますよね。これか...

アパートで子育て計画!赤ちゃんを迎える寝室へ

赤ちゃんが生まれたら、時間は風のようにすぎていきます。妊娠中に準備できることは、早めに済ませ...

お悩み解決!マンションのリビング・レイアウトの基本

マンションのリビングにはさまざまな形があります。縦型や横型など、部屋の形状によって家具の...

マンションのトランクルームの種類とは?収納などの注意点

マンションの中には、トランクルームが付いている物件もあります。トランクルームがあれば、収納す...

一戸建てで住みやすい大阪の街をランキング形式でご紹介!

転勤などで大阪の街に住む場合、どこの街を思い浮かべますか?土地勘がないと、どこの街が住みやす...

分譲マンションの「修繕積立金」の算出方法と相場について

分譲マンションに住んでいると、毎月管理費の他に「修繕積立金」を支払っている場合が多いと思います。...

スポンサーリンク

マンションのベランダは共用部分!

まずマンションには、専有部分と共用部分と呼ばれる場所があります。

専有部分とは、壁、床、天井に囲まれた居住空間のことをいいます。

厳密にいうならば、壁、床、天井を形作っている躯体(コンクリートなど)の表面から部屋側の空間を指します。

専有部分に関しては購入者の所有物となりますから、どんなインテリアにするかなどを望みどおりにできるでしょう。

ここで注意したい点が、壁、床、天井を形作っている躯体部分自体は、専有部分ではなく共用部分だという点です。

そのため、躯体を傷つけてしまうような穴あけや釘打ちなどは、例え専有部分の中であってもできませんのでご注意ください。

では、この共用部分が何なのかというと、マンションのエントランスや廊下、屋上などの専有部分以外の建物部分のことをいいます。

エレベーターや電気・給排水などの共用設備も当てはまります。

ここまで見ていくと、マンションのベランダは専有部分になるのではないかと思う方も多いでしょうが、実はマンションのベランダも共用部分のひとつなのです。

なぜなら、マンションのベランダは火災などの緊急事態のときに、避難通路として利用することを想定されているからです。

そのため、マンションは下記のようになっていることがほとんどでしょう。

・火災用の避難はしごが設置

・非常階段に通じる脱出口がある

・隣室との境が壁ではなく蹴破り戸

こういったこともあり、マンションのベランダでは多くの決まりが定められています。

バーベキューもそのひとつとして挙げられますが、これについては後ほどご説明します。

マンションのベランダには専用使用権がある!

マンションのベランダは共用部分なので、自分だけが使えるものではないように思うかもしれません。

しかし、ベランダには「専用使用権」が認められています。

この専用使用権とは、マンションのベランダをはじめ、駐車場や専用庭などの共用部分の一部において、特定の区分所有者のみが使える権利のことをいうのです。

そのため、お部屋に付帯しているベランダは自分だけが使え、ほかのマンションの住民が勝手に使うことは認められていませんので安心してください。

ちなみに駐車場など、ベランダ以外のもので専用使用権を持つ場合、毎月「専用使用料」を支払うのが一般的とされていますのでご注意ください。

とはいえ、専用使用権があるからといって、ベランダを自分の好きなように使えるというわけではありません。

先ほども触れたように、ベランダには多くの決まりが定められています。

バーベキューもそのひとつとお伝えしましたが、どのような決まりがあるのかを見ていきましょう。

条件があることも!マンションのベランダで置いても平気なもの

マンションのベランダには、専用使用権がありつつも、好きなように使うことはできません。

では、どのような決まりがマンションのベランダにはあるのでしょうか。

まず、ベランダに置くものにも決まりが定められていることが多いです。

置いても良いといわれるものの例としては、

・小さい植木鉢
・物干しざお
・エアコンの室外機
・BSアンテナ(安全に設置されたもの)
・小さいテーブル、いす
・人工芝やウッドデッキ(即時に撤去可能なもの)

といったものが挙げられます。

しかし置く場合には、以下の条件をクリアしていなければいけないようです。

●緊急事態時に通路の妨げにならない

●すぐに撤去が可能

そのため、1つや2つの小さい植木鉢でしたら問題はないでしょうが、あまりにも多くの数を置いてしまと通路の妨げになってしまうでしょうし、すぐに撤去するのも難しいでしょう。

上記のものや上記以外のものをベランダに置いても良いかどうか不安な場合は、管理組合に確認しましょう。

なかには、管理組合から了承を得ないと、ベランダにもの自体を置いてはいけない場合もありますので、こちらも確認しておいてくださいね。

次の項では、マンションのベランダで禁止されていることが多いものについてお話ししていきます。

気になるバーベキューについてもご説明しましょう。

バーベキューはどうなの?マンションのベランダで禁止されていること

マンションのベランダは、マンションの共用部分ということもあるため好き勝手にものを置くことはできません。

ものによっては管理組合などで了承が得られれば置くことが可能となる場合もあるので、確認が必要です。

しかし、そもそも初めからマンションのベランダで禁止されているものもあります。

ここでは一般的に禁止されている場合が多いものをご紹介していきます。

まずベランダに置いてはいけないものとしては、

・レンガやコンクリート、大量の土を使用した花壇など
・大きな観葉植物、木
・物置、小屋
・フェンス
・サンルーム
・音響機器、照明機器

といったものが挙げられます。

避難経路の妨げになりそうなもの、そして外観の美観を損なわせる恐れのあるものなどは、ベランダに置かないように決められているようです。

また、ベランダで禁止されていることで多い行為は、以下のことが挙げられます。

・ごみの焼却
・大量の散水、騒音
・振動や悪臭を発生させる恐れのある行為
・ペットの糞尿やごみの放置

タワーマンションやデザイナーズマンションなどでは、ベランダに洗濯物やお布団を干すことまでも禁止としている場合もあります。

そして、気になるバーベキューですが、こちらも多くのマンションではベランダで行うことを禁止しているようです。

その理由としては、引火や発火の可能性が考えられるからとされています。

なかには、ベランダでのバーベキューを許可しているマンションもありますが、行う際はかなりの注意が必要といえそうです。

ほかの住民にとっては迷惑?マンションのベランダでのバーベキュー

一般的には、マンションのベランダでバーベキューすることはNGであることが多いです。

しかし、マンションによっては許可していることもあります。

けれども、例え許可しているとはいっても、多くのマンションの住人にとっては、「ベランダでバーベキューされるのは迷惑」と感じていることが多いようなのです。

迷惑と感じている理由として多く挙がるのが、「煙・臭い」です。

バーベキューではお肉などの食材を焼きますから、その煙や臭いがほかの住民のベランダにまで届いてしまうこともあるでしょう。

そのため、「煙や臭いがすごくて、洗濯物やお布団が干せない」といった意見も多いです。

ほかにも、「大声で騒いでいる」や「深夜までずっと行われている」というような点で、迷惑と感じているようです。

外の景色を見ながら行うバーベキューは楽しいかとは思いますが、ほかの住民への配慮が欠けてしまうと、トラブルとなってしまう恐れもありますから注意が必要です。

許可してるマンションのベランダでバーベキューしたいなら!

ベランダでのバーベキューを許可しているマンションであっても、ほかのマンションの住民にとっては迷惑とされる場合もあります。

しかしそれでも、「マンションが許可しているのだから、ベランダでバーベキューしたい!」という方もいるかもしれません。

その場合は、マンションの住民に迷惑をかけないような対策をして行うようにしましょう。

例えば、下記のような対策が挙げられます。

・迷惑をかけそうな住民に、バーベキューする旨を事前に知らせておくこと

・無煙のバーベキューコンロを使用すること

これら2つだけでも、マンションの住民とトラブルを起こしにくくなるかと思います。

無煙のバーベキューコンロでも特に、「溶岩プレート」を使用すると、煙だけでなく臭いも出にくくなるので、より周辺住民の方々に迷惑をかけにくくもなるでしょう。

そして何より重要なのは、「マナーを守ること」です。

臭いはもちろんですが「音」にも注意しなくてはなりません。

楽しいバーベキューをしていると、ちょっとの音や声に対して気にとめないかと思いますが、周囲の住民にとっては騒音となっていることもあるでしょう。

また、先ほども触れたように、夜遅い時間までバーベキューをするのは避けたいところです。

多くの世帯が住むマンションですから、ベランダだけでなく、ほかのマンションの決まりも守って、マンションで楽しい生活を送りましょう。

決まりを守ってマンションでの生活を楽しもう!

マンションのベランダは、マンションの共用部分ということもあり、決まりが多くあります。

さまざまなものがありましたが、一般的にはバーベキューもそのひとつです。

マンションによっては許可している場合もありますが、もし行う際はマンションの住民に迷惑をかけないように対策をして行うことが望ましいといえるでしょう。

これだけでなく、マンションにはさまざまな決まりがありますので、これらを守りながらマンションでの生活を楽しみましょう。