マンションを購入!おしゃれなリビングの作り方とは?

新しい家を買ったら、どんな家具を置こうか、どんなレイアウトにしようかなどと頭を悩ませることでしょう。

ポイントをおさえることで、使い勝手が良く、見た目もおしゃれな部屋を作ることができるでしょう。

ここでは、特にマンションにおすすめの、おしゃれなリビングのコーディネート方法をご紹介していきます。

ぜひ参考にして、すてきなリビングを作ってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

マンションの購入には火災保険がつきもの!その必要性とは?

マンションの購入で住宅ローンを組む際、その条件として求められるのが「火災保険への加入」です。...

マンションを購入する際にはどんなところに注意するべきか?

マンションの購入は一生に一度と、覚悟を決めて購入する方が多いのではないでしょうか。住環境は生...

アパートの更新料が高い!支払い義務と交渉の余地について

アパートの契約期間満了の時期になると、更新料の支払いが求められることがあります。地域によって...

マンションの通気口の役割とは?カバーはなぜ開けておくのか

マンションには通気口が設置されていますが、その役割を詳しくご存じない方も多いものです。小さな...

マンションの口コミの注意点!大阪にしぼって検索してみた

マンション購入は人生の一大事です。たくさんの情報を集めたいという方も多いでしょう。...

夢の新築一戸建て!外観をおしゃれにするコツとは?

誰もが一度は憧れるであろう新築一戸建て。マイホームの新築は一生に一度と言っても過言ではないで...

マンションの廊下をリフォーム!収納場所を増やして大満足!

いくら整理整頓しても「ダメだ!きちんと片付けられない…」とため息をついている方におすすめなのが、...

新築時に重要なカーテン選び!失敗せず長く使うためには?

あこがれの新築に住むとなると心もはずむことでしょう。その新築では、カーテンについても考えなく...

マンションのリフォーム費用はどのくらい?適切な時期は?

マンションに長期間住んでいると、欠かせないのがメンテナンスです。何か不具合が起こってから...

雪が降ったあとのアパートの雪かきはどこまでやるべき?

アパートにお住まいの方は、冬なると雪の予報にドキドキするのではないでしょうか。なぜなら、雪が...

マンションでピアノを弾きたい!どんな防音対策がある?

ピアノは、子供の習い事として長年人気がありますよね。大人になっても趣味として続けられますし、...

新築ブログに書かれている後悔には何が多いのか確認しよう

自宅を注文住宅にした人は、建築している最中のことをブログで書いていることがよくあります。こだ...

夢の新築への引っ越し!ご近所への挨拶マナーも知っておこう

新築の引き渡しも無事に終わり、いよいよ新居への引っ越しが始まるとき、気がかりになることは新居のご近所...

一戸建て分譲住宅の魅力とは?購入時の流れと注意点もご紹介

近年マイホームとして一戸建てを購入する手段として、「分譲住宅」を選ぶご家庭も増えてきています。...

一戸建て中古物件のメリットデメリット・購入方法を解説!

立地や金額などの条件から、マイホームを中古一戸建てにしたいとお考えの方もいらっしゃるかと思います...

スポンサーリンク

マンションのリビングの基本パターンを知っておこう

まず、おしゃれなマンションのリビングをコーディネートするにあたり、知っておきたいのがリビングの基本的なレイアウトパターンです。

その基本パターンは3種類あり、テーブルとソファの形によって異なります。

◯L型レイアウト

L字型レイアウトは、長方形のテーブルをL字で囲むように、L字型のソファまたは2つのソファをL字になるよう設置します。

L字型になっているソファの角がリビングの角になるよう設置することで、リビングのスペースを有効活用できるレイアウトとなっています。

このレイアウトの特徴は、ソファに座る人同士が正面から向き合うことがないため、テーブル周りがリラックスできる空間となるのです。

◯対面型レイアウト

対面型レイアウトは、横長のテーブルを真ん中に置き、2つのソファでテーブルをはさむようにします。

ソファに座る人がテーブルをはさんで対面になるので、来客が多いお宅ではおすすめのレイアウトです。

しかし、このレイアウトではテレビを正面から見ることができないため、くつろぎのスペースにしたい場合は不向きでしょう。

◯コの字型レイアウト

コの字型レイアウトは、正方形に近いテーブルの3辺を囲むようにソファを置き、ソファがカタカナの「コ」の字になるよう設置します。

家族の人数が多い場合におすすめのレイアウトです。

以上の3つが基本的なマンションのリビングのレイアウトとなっています。

マンションのリビングをおしゃれにするコツは「フォーカルポイント」

先ほどの項目で、基本的なマンションのリビングのレイアウトをご紹介しました。

リビングをどのような場所にしたいか考え、目的にあったレイアウトを基本にしましょう。

そして、ここからはリビングを「おしゃれ」にするポイントをおさえていきます。

ただの生活空間にならず、おしゃれさのあるリビングにするためにはどんなコツがあるのか見ていきましょう。

まず一つ目のコツは、リビングに「フォーカルポイント」を作ることです。

フォーカルポイントとは「注視点」という意味で、その空間で目を引く部分のことです。

絵画などのアート・観葉植物・大きな鏡など、インパクトのあるものを一つ置いてフォーカルポイントを作ります。

すると、目線がその部分にいくので、リビングの広さや奥行にゆとりがあるように感じられるのです。

ポイントは、小さなものをいくつも飾るのではなく、大きなものを一つ飾ることです。

カラー配分を考えておしゃれなリビングに

マンションのリビングをおしゃれに見せる二つ目のコツは「色」です。

リビングに使用する色の割合によって、その空間の印象は大きく左右されますので、カラーコーディネートは重要なポイントです。

基本的に一つの空間で使用する色は3色までです。

そして使用する色の割合が、ベースカラー70%・メインカラー25%・アクセントカラー5%程度となるようにしましょう。

ベースカラーは天井・床・壁などの空間の大部分を占める色、メインカラーはソファなどの大きな家具に使われている色、アクセントカラーはクッションなどの小物類に使われている色を指します。

それぞれの色のまとまりや割合を意識しながら、リビングをコーディネートする色を選んでいきましょう。

単に好きな色を3色選ぶのではなく、同系色の中からトーンの違う色を選ぶのがおすすめです。

例えば、モノトーンのリビングにはグレーアイテムを追加、グリーン系のリビングには観葉植物やウッド調のインテリアを置いてみましょう。

また、アクセントカラーはあえてベースカラーやメインカラーの反対色を選んでもおしゃれになります。

例えば、ネイビーのソファには黄色のクッションを置くなどしてみましょう。

どんなスタイルのマンションにしたいのか

おしゃれに見せる三つ目のコツは「スタイル」です。

リビングに限らず、マンションをどんなスタイルにしたいのか考えましょう。

部屋ごとにスタイルを変えても面白いですね。

スタイルとしては、アジアンスタイル・プロヴァンススタイル・モダンスタイル・クラシックスタイル・北欧スタイル・ロースタイルなどがあります。

家具の系統や高さなどを揃えることで、統一した魅力的な空間を作ることができます。

いくつかスタイルの特徴をご紹介していきましょう。

◯モダンスタイル

モダンスタイルは、シンプルで斬新的なデザインのインテリアを中心に、異なった素材や形状を組み合わせたスタイルを指すことが多いです。

金属と木を組み合わせたり、金属とビビットな色の素材を組み合わせるなどします。

余分な装飾のない、シンプルでシャープなインテリアを取り入れるとモダンスタイルに近づきます。

◯北欧スタイル

北欧スタイルにするには、白木や木目を取り入れたシンプルなコーディネートをします。

ベースカラーには白・アイボリー・ライトブラウンを基本とすることが多いです。

また、全体的にはシンプルでありながら、カーテンなどのファブリック類には大胆な柄を使うのもポイントです。

◯プロヴァンススタイル

プロヴァンススタイルにするには、カラフルさの中に自然素材のナチュラルさや、古さや朽ちた雰囲気を取り入れていきます。

ファブリック類はリネンなどのナチュラルな素材を選び、アンティークな家具や小物を置くと良いでしょう。

また、テラコッタを似せたようなマットなどを敷くとグッとプロヴァンススタイルになります。

照明にこだわると一気におしゃれなリビングになる

マンションのリビングをおしゃれに見せる四つ目のコツは「照明」にこだわることです。

照明にこだわると言っても、照明器具の形や素材にこだわるということではありません。

大切なのは照明の「光」そのものです。

まず、リビングをどんな雰囲気にするかによって、照明の光の色を変えましょう。

リビングをリラックスする空間にするなら温かみのある電球色の光に、リビングでシャープなイメージにしたいのなら昼光色、どんな空間にも合わせやすい自然な光がいい場合は昼白色の照明がおすすめです。

部屋の雰囲気に飽きてきたときでも、照明の光の色を変えるだけで一気に部屋のイメージを変えることができます。

また、間接照明を取り入れたり、リビングの照明を一つではなくいくつか合わせて使うことで、ドラマティックな空間を演出することができます。

間接照明で部屋の角を照らすと、空間が広く見えるといった効果もあります。

生活感の見えない使い方をすることも大切

ここまで、マンションのリビングをおしゃれに見せる「作り方」のコツをご紹介してきました。

以上のようなことを意識して家具を選んだり、レイアウトをしたりすることですてきなリビングを作ることができるでしょう。

しかし、ご自宅のリビングはおしゃれな空間を作って終わりなのではなく、生活をしていく場所です。

そのため、おしゃれな空間の「作り方」も大切ですが、おしゃれな空間を保つ「使い方」も重要です。

少しの生活の工夫ですてきな空間を保つことができますので実践していきましょう。

まず大切なのは、書類などの溜まっていくものを放置しないということです。

隠してまとめておける場所を作り、必ずそこにしまうという習慣をつけましょう。

また、しまい続けるだけでなく、その都度整理することも大切ですね。

それから、床やテーブルに物を置かないという習慣も生活感を見せない部屋の使い方の一つです。

よく使うカバンや上着を置く場所を決めたり、リモコン類などもボックスなどで隠して置いておくがよいでしょう。

このように、リビングを作って完成ではなく、おしゃれな空間を保つ習慣づけをしていきましょう。

すてきな空間で豊かな生活を

マンションにおすすめな、おしゃれなリビングのコーディネート方法をご紹介しました。

せっかくいいマンションを買っても、その空間を活かしきれていなければもったいないですよね。

ここでご紹介したポイントをおさえることで、おしゃれなリビングを作ることができるはずです。

ぜひ参考にして、おしゃれな空間で豊かな生活を送っていってください。