賃貸で気を付けなければいけない床の傷!原状回復の範囲は?

賃貸に住んでいると、床を傷付けないよう気を付けて生活しますよね。

それでも、不注意で傷を付けてしまうこともあるでしょう。

その場合、どの程度までの傷であれば原状回復の費用を負担しなくてもよいのでしょうか。

また、傷を防止するための方法などもご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

私道の迷惑駐車、警察は取り締まってくれない?!

自宅前に迷惑駐車をされていて、持ち主も分からず、車庫から車を出せない場合、まず警察に通報するという...

家賃の支払い日の変更は可能?支払えなかった場合はどうなる

アパートに入居をすれば、毎月家賃を支払いますね。家賃の支払い日はあらかじめ決められていること...

説明するのが難しい!不動産登記とは?わかりやすくご紹介!

「不動産登記とは?」と誰かに聞かれたとき、なんとなくは分かっていてもきちんと説明するのは難しいと...

アートパネルを使ってインテリアをおしゃれに演出しよう

部屋のインテリアの雰囲気が人々に与える影響をご存知ですか?家が、心地良くおしゃれな雰囲気...

老後の単身高齢者の賃貸問題!保証人なしでは借りられない?

高齢化が進む現代では、特に老後の単身高齢者における賃貸問題が大きく取り上げられています。持ち...

一人暮らしで人気の1LDKを比較!東京で家賃が安い地域は?

東京で一人暮らしをするにあたり、お金の面での一番の不安は家賃ではないでしょうか。できれは安い...

登記の中でも地目変更登記って何?必要書類はあるの?

不動産登記のひとつには、「地目変更登記」というものがあります。土地には地目が決められており、...

賃貸物件の家賃は「先払い」なのか?「後払い」なのか?

マンションやアパートあるいは事務所・店舗といった賃貸物件の家賃は、毎月決められた期日までに支払う...

不動産登記にはどんな効力がある?公信力がないのはなぜ?

不動産の登記には、一定の効力が認められていることはご存知でしょうか。しかしその中でも「公信力...

賃貸アパートの契約時に支払う敷金・礼金に消費税はかかる?

賃貸アパートを契約すると、初期費用としてまとまったお金を支払う必要があります。主な支払いの内...

土地や建物の登記簿謄本の取り方は?

不動産を調査する際や不動産業を行う上で重要なのが、登記簿謄本です。登記簿謄本では、土地や建物...

住宅の階段寸法に定めあり!どれぐらいの寸法が昇りやすい?

住宅を建築する際は、建築基準法に則って設計を行います。階段も例外ではありません。階段の寸...

登記事項証明書で床面積の記載はどこにある?見方を知ろう!

建物を新築したり改築したりすると、不動産登記を行うことが必須とされています。特に建物表題登記...

青地・白地とはどういう意味?農地転用に関わる農振除外

農地の中には「青地」「白地」というものがあり、普段生活する中ではなかなか知る機会がありません。...

賃貸での畳の張り替え費用の負担は?民法改正による原状回復

賃貸を退去する際、畳の張り替え代として高額な費用を請求され、原状回復をめぐってトラブルになること...

スポンサーリンク

賃貸物件の床に傷を付けてしまった!原状回復とは?

賃貸物件を借りている方の多くは、退去の際の原状回復をするという契約になっていることでしょう。

原状回復という言葉はよく耳にしますが、言葉の正しい定義を知っていますか?

「原状」「回復」という言葉からは、借りていた部屋を入居時と同じ状態に戻さなければいけないように思えてしまいますよね。

しかし、原状回復とは、入居したときの状態まで戻す必要はなく、「本来存在したであろう状態」にまですればよいのです。

「本来存在したであろう状態」とは、自然損耗や経年劣化を考慮した状態のことです。

そのため、自然損耗や経年劣化による傷や劣化に関しては、借主に原状回復の義務はありません。

国土交通省は、「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」というものを示しています。

そのガイドラインによると、借主が原状回復しなければならない場合としては、

〇借主の故意・過失
〇善管注意義務違反
〇通常の使用を超えるような損耗・毀損

とされています。

ですから、普通に生活していて付いてしまう常識的な劣化に関しては、借主は気にしなくても大丈夫なのです。

しかし、わざとであってもうっかりであっても、例えば床に明らかな傷を付けてしまった場合などには、借主が原状回復しなければなりません。

では、現状回復をしなければならない場合とはどんな場合なのか、次から詳しく見ていきましょう。

賃貸物件ではどのような床の傷が借主負担になるのか?

賃貸物件では、借主は退去時に原状回復をしなければなりませんが、自然損耗や経年劣化に関しては借主の負担にならないということをお伝えしました。

しかし、故意・過失に関わらず借りている賃貸物件の床に傷を付けてしまった場合には、借主が原状回復をしなければなりません。

では、借主が原状回復をしなければいけないようなケースにはどんなものがあるのでしょうか。

〇家具などを移動したときのひっかき傷

引っ越し作業や部屋の配置換えの際に、フローリングに付いてしまったひっかき傷は、借主が原状回復をしなければなりません。

賃貸物件を借りている人に引っ越しは付き物だと思います。

特に、引っ越し業者を使わず自分たちで家具の搬入をする場合には特に注意が必要です。

〇液体をこぼしたシミ・カビ

カーペットタイプの床の賃貸物件によくある事例として、液体が床にこぼれてシミが出来てしまった場合は、借主が原状回復をすることとなります。

液体をカーペットにこぼしてしまった場合には、シミが残らないよう素早く正しい方法でしみ抜きをしましょう。

フローリングの場合にも、こぼした液体を放置してカビが生えないよう注意しましょう。

賃貸物件で貸主負担となる床の傷とは?

賃貸物件の床の傷に関して、借主が原状回復する事例をご紹介しました。

では、貸主が原状回復するべき床の傷とはどのようなものがあるのでしょうか?

〇家具を置いていたことでついたへこみ

家具を長年置いていたことでできてしまった、家具の足の形のへこみは貸主が修復をするべき事例になります。

家具を動かすこととは異なり、家具を置いておくということは通常の生活に不可欠なことです。

そのため、通常の生活によって付いた傷である、家具による床のへこみは、貸主の負担で直す事例となるのです。

〇地震による物の落下で床が傷ついた場合

地震の揺れが原因で、物が落ちたり家具が倒れた場合にできた床の傷は貸主が修復することになります。

これは、床の傷に限らず、物件全体の傷や破損においても言えることです。

地震は、借主のせいでも貸主の責任でもありませんが、借主が修復の費用を負担する義務はありません。

また、貸主には所有している賃貸物件を、通常の使用ができるようにしなければならないという義務が法律で定められています。

床以外にも注意!借主・貸主どちらの負担になるのか?①

ここまで、賃貸物件の床の傷に関して、借主が原状回復するのか貸主が修復するのかの事例を見てきました。

しかし、借主が原状回復しなければいけないのは床だけではありませんよね。

では、床以外の部分の事例を見ていきます。

同じような事例でも、その原因や程度によって借主が原状回復するべきか、貸主が修復の費用を負担するかが変わってきます。

〇壁の穴

釘やネジを打ったことによってできた釘穴・ネジ穴は借主負担となる場合が多いです。

壁の下地ボードの張り替えが必要になった場合には、借主負担となります。

画びょうやピンなどによる穴は、下地ボードの張り替えとまではなりませんので、通常の使用と考えられ貸主負担となります。

床以外にも注意!借主・貸主どちらの負担になるのか?②

借主の負担になるか、貸主の負担になるのか、賃貸物件における他の事例をさらに見ていきましょう。

〇冷蔵庫まわり

冷蔵庫下のサビが床に付いてしまっていた場合、これは借主がきちんと掃除をしなかったことも原因と考えられ、原状回復の費用を負担しなければならないです。

一方、冷蔵庫の後ろにできる黒ずみ、いわゆる「電気ヤケ」は、通常の使用で発生するものなので貸主の負担です。

これは、冷蔵庫に限らず他の電化製品の電気ヤケの場合も同じです。

〇窓まわり

結露が原因で窓まわりの床や壁にカビが生えてしまったり、シミが出来てしまったりした場合には、借主が原状回復をしなければなりません。

結露の発生自体は借主に責任はありませんが、結露の放置は借主の責任になるようです。

窓に関する事例としては、壁や天井が日焼けして変色してしまうということがあります。

しかしこれは、通常の使用の範囲で起こることですので、貸主の負担となります。

以上のような事例が、負担が借主なのか貸主なのかの差になります。

床の傷以外にも、さまざまな部分で原状回復の費用を請求される場合がありますので注意しましょう。

退去時のトラブルを避ける!床の傷を防止する方法

床の傷の事例を中心に、借主が原状回復するのか、貸主が費用を負担するべきなのかを見てきました。

賃貸物件を借りている側としては、退去時に原状回復について貸主と揉めることは避けたいですよね。

気持ちよく退去するためにも、最初から床に傷を付けないよう工夫して生活していきましょう。

フローリングに傷を付けないようにするために手軽に出来る対策としては、マット類を敷くことです。

マット・コルクマット・傷防止シート・耐震マットなどさまざまな種類のものが販売されています。

また、キャスター付きの椅子を使用する場合には、その部分にチェアマットを使用するのもおすすめです。

マット類を敷くと部屋の見た目が良くないと感じる方は、家具の足に緩衝材を貼り付けてみましょう。

部屋の見た目が変わることなくフローリングの傷を防いでくれますよ。

賃貸物件だという意識を忘れずに

賃貸物件の床の傷を中心に、借主が原状回復をしなければならない場合と、貸主が修復の費用を負担しなければならない場合とを見てきました。

同じ賃貸物件に長く住んでいると、自分の物件のような錯覚に陥ってしまうこともあるかもしれません。

しかし、「借りている」ということを忘れず、きれいに部屋を使うことで退去時のトラブルも少なくなるでしょう。

また、契約書の内容をしっかり把握しておくことも大切ですね。