アパートの部屋に壁掛けするには?穴をあけても平気なの?

賃貸アパートに住む場合でも、お部屋をおしゃれに飾りづけしたいものです。

ポスターや写真を壁に貼ってみたり、おしゃれな壁掛け時計を飾ってみたりと、あれこれ試行錯誤する方もいるでしょう。

しかしここで気になるのが、アパートの壁に穴をあけてもよいのかということです。

この記事でそれについてお話をし、穴をあけたくない方に向けた壁掛け方法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

満足のいく新築を!間取りの成功・失敗例を参考にいい家造り

日常生活を送るうえで、「間取り」が自分たちの生活スタイルに合っていないと不便な思いをします。...

アパートに引っ越したら挨拶すべき?タイミングや手土産は?

アパートに入居するとき、引っ越しの挨拶はすべきなのでしょうか。最近では挨拶しないという人も増...

一戸建てで住みやすい大阪の街をランキング形式でご紹介!

転勤などで大阪の街に住む場合、どこの街を思い浮かべますか?土地勘がないと、どこの街が住みやす...

「町家」と「町屋」どっちも読み方は「まちや」その違いは?

「町家」と「町屋」は、どっちも「まちや」と読みますが、その違いは何なのでしょうか。「京町...

1DKと1Kの部屋ではどっちがいい?違いについて徹底解説!

アパートなどの賃貸住宅を探している方の中には、不動産会社などで「1DK」や「1K」といった物件を...

憧れの新築!外壁にカラーを施しておしゃれ住宅にしたい!

家の新築を考えるとき、「おしゃれな外壁にしたい」と思う方は多いようです。昨今ではさまざまな外...

中古マンションの内装をおしゃれにリノベーションするコツ!

近年、中古マンションを購入してリノベーションする事例が増えてきました。中古マンションは、人気...

マンションの住人でもゲストルームの使用料はかかるの?

お住まいのマンションにゲストルームが備わっている方もいることでしょう。両親や友人が遊びに...

住み始めてから後悔したくない!アパートを借りる際の注意点

初めてアパートを借りる際、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。住み始めてから後悔し...

アパートのポストが壊れた!その原因と対処方法とは

アパートで生活をしていて、何らかのトラブルに見舞われたということは意外にも多いことです。ポス...

マンションの口コミの注意点!大阪にしぼって検索してみた

マンション購入は人生の一大事です。たくさんの情報を集めたいという方も多いでしょう。...

一戸建て?マンション?住みやすいのはどちらかを徹底比較

住まいを決めるとき、一戸建てにするかマンションにするかは大きな決断になります。特徴が異なるた...

住宅に使われている断熱材の種類と役割は?

住宅を建てる予定がある人も、ない人も「断熱材」という言葉を耳にしたことはあるでしょう。しかし...

マンションのクローゼットを使うコツを知って収納上手に!

きれいに整理整頓された部屋であることは、充実した暮らしを送るための重要な要素の一つではないでしょ...

新築のマイホームに和室は必要?4.5畳の和室の活用方法とは

新築一戸建てのマイホームを建てようとする際、多くの方が「和室は必要なのか?」と悩むでしょう。...

スポンサーリンク

アパートの壁に穴をあけても平気なの?

賃貸アパートに住むことになれば、部屋をおしゃれに装飾したい方もいるでしょう。

おしゃれなデザインのポスターやポストカードを貼ったり、壁掛け時計を設置したりなど、まっさらな壁にも何か飾りたいですよね。

しかしここで気になるのが、これらを飾るために壁に穴をあけてもよいのかという点です。

アパートを契約したことのある方ならご存知かと思いますが、入居者には原状回復義務というものがあります。

原状回復とは、簡単にご説明すると、アパートを退去するときには入居時の状態に部屋を戻すことをいいます。

そのため、もしポスターなどを貼るために壁に穴をあけた場合、その穴も原状回復しなくてはならないのでしょうか。

国土交通省による原状回復のガイドラインには、「ポスターなどを掲示した場合は、通常生活で行われる範囲のもののため、これに使用した画鋲や細いピンの穴は通常の損耗に該当する」と規定されていますので、原状回復義務に該当しないことが多いです。

賃貸借契約の中には、画鋲などの穴も原状回復に該当すると決められていることがありますので、その場合は賃貸借契約に従わなければなりません。

ですから、アパートの入居の契約をする前に、この点も確認しておくとよいでしょう。

どんなアパートの壁が原状回復しなくてはならないの?

アパートの壁では、基本的にはポスターなどを壁掛けする際にできた画鋲の穴は、原状回復義務の範囲ではありません。

では、原状回復が必要な壁と、そうでない壁はどのように分けられるのでしょうか。

アパートの壁だけにいえることではありませんが、原状回復の基本の考えとしては、

・故意に傷つけた場合は「原状回復は必須」
・自然に劣化したものの場合は「原状回復は不要」

とされています。

そのため、日焼けによってできた壁紙の色あせであったり、冷蔵庫裏の壁紙にできた黒ずみであったりは、自然に劣化したものに該当し、原状回復をしなくても問題はないのです。

しかし以下のようなことであれば、故意に傷つけた場合に該当し、原状回復が義務づけられることになります。

・掃除を疎かにしたことによるカビやシミなどの汚れ
・ペットによる臭いやひっかき傷

こういったものは原状回復しなければなりませんから、アパートに入居し住んでいる間は注意しなければなりません。

穴あけ不要で壁掛け!ひっつき虫を使う

アパートの壁の原状回復が必要な場合についてもお伝えしてきました。

基本的には画鋲の穴に関しては、原状回復義務の範囲ではありませんから、画鋲を使ってポスターなどを飾っても問題はないでしょう。

しかし中には、できれば画鋲で穴をあけずにポスターなどを壁掛けしたいと思っている方もいるのではないでしょうか。

そこでここからは、アパートの壁に穴をあけることなく、壁掛けを可能にする方法をご紹介していきます。

まず1つめは、「ひっつき虫」という製品を使用することです。

ホームセンターなどでも販売されている、ソフトな粘着剤です。

貼りつけたら簡単にはがすことができるので、壁に穴をあけずに、ポスターやおしゃれなポストカードなどを飾ることができます。

ただし、時計などの重さのあるものですと、ひっつき虫で飾ることが難しいので、軽いものの場合にのみこちらを利用するとよいでしょう。

ひっつき虫の製品情報は下記のとおりです。

【コクヨ:ひっつき虫 1シート入り】

・1シートあたりの入数:約55山
・1山のサイズ:約9×11×3.2mm
・希望小売価格:330円(税抜)

ぜひ試してみてください。

穴あけ不要で壁掛け!突っ張り棒を使う

つぎにご紹介する穴あけ不要の方法は、突っ張り棒を使った方法です。

ここでは、アイリスオーヤマの公式通販サイトで販売されている、下記の製品を例にご紹介していきます。

【アイリスオーヤマ:伸縮間仕切り】

・サイズ:幅約70×奥行約6×高さ約200cm
・取り付け時の高さ:約200~270cm
・耐荷重:パネル1枚あたり約10kg、フック1個あたり約1kg
・参考価格:3,780円(税抜)

室内の仕切りとしても活用できますし、壁にぴったりとつければ壁面収納としても活躍できる突っ張り棒です。

2本の突っ張り棒の間にパネルがついていますので、ここに壁掛けのように飾ることができます。

付属のフック1個が1kgまでなので、1kg以内の壁掛け時計であれば設置することも可能です。

フック付きのワイヤーネットを用意すれば、バラバラしやすい小物の収納にも便利です。

こちらを用意すれば、もちろんアパートの壁に穴をあけなくて済みますし、ほかの部分に傷をつけることも少ないです。

ひっつき虫では壁に飾れないものは、こちらのアイテムで飾ってみるのもおすすめですよ。

穴あけ不要で壁掛け!有孔ボードを使う

最後にご紹介する、アパートの壁に穴あけ不要で壁掛けする方法は、「有孔ボード」を使用することです。

有孔ボードは「ペグボード」とも呼ばれていて、合板もしくはベニヤ板にたくさんの穴があいたものをいいます。

100円ショップやホームセンターなどで購入することができ、壁の前に置けば、壁に穴をあけなくてもポスターなどを壁掛けすることが可能です。

専用のフックを用いれば、壁掛け時計やポスターを飾るだけでなく、「見せる収納」としても使用することができます。

ハットやバッグ、腕時計やアクセサリーを収納しつつ飾ってみるのもおすすめです。

また、有孔ボードはカラーも豊富にそろっていますから、自分の部屋の雰囲気に合ったものを選ぶこともできますよ。

SNSでも、有孔ボードを使ったおしゃれな収納方法などが紹介されていますから、こういったものを参考に取り入れてみるとよいでしょう。

アパートの部屋にテレビを壁掛けしたい!これは可能?

アパートの壁に穴をあけずにポスターなどを壁掛けする方法をご紹介してきました。

それではもし、アパートの壁にテレビを壁掛けしたい場合、これは可能なのでしょうか。

特にワンルームであれば、置ける家具も限られてしまいますから、テレビを壁掛けして場所をとらないようにしたいという方もいるかと思います。

先に結論をお伝えしますと、ほぼ不可能です。

テレビを壁掛けしたいとなれば、壁に穴をあけて、そのテレビに対応した壁掛け金具を取り付けなくてはなりません。

そのため、テレビを壁掛けしたい場合は、本当に壁にかけるのではなく「壁掛け風」にするのです。

壁掛けスタンドというものが販売されていますので、こちらを用意してテレビを壁掛け風に配置します。

そうすれば、アパートの壁に穴をあけることなく、壁掛けのようにテレビを設置できます。

こちらのアイテムであれば省スペースでテレビを配置できますので、ぜひテレビを壁掛けしたいという方は取り入れてみてください。

【ハヤミ工産株式会社:KF-370】

・サイズ:幅700×奥行400×高さ1064mm
・総耐荷重:50kg(取付けテレビは20kg以下)
・希望小売価格:29,800円(税抜)

壁に穴をあけずにポスターなどを飾ってみよう

入居したアパートの壁にポスターなどを飾りたい場合、画鋲などで穴をあけてよいものか不安になりますよね。

画鋲であれば基本的には原状回復は不要とされていますが、それでも不安な方は穴をあけずに壁掛けすることをおすすめします。

ここでご紹介した3つの方法やテレビの壁掛け方法を参考に、壁を一切傷つけずにポスターなどを飾ってみてはいかがでしょうか。