新築時の床はコーティングするべき?その種類と費用をご紹介

家を新築する際に、床をコーティングするべきか悩む方も多いです。

新築時に床をコーティングするメリットは何かあるのでしょうか。

この記事では、床をコーティングするメリットについてお話をします。

また、コーティングにはいくつか種類がありますので、その種類とおおよその金額についてもご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新築の家具家電選びに失敗しない!費用を節約するポイント

家を新築する際、あわせて決めていくのが家具家電です。しかし、これらをきちんと考えて選ばないと...

マンションの修繕積立金が当初より値上がりするのはなぜ?

多くの分譲マンションでは、修繕積立金を毎月支払う必要があります。その修繕積立金ですが、金額設...

マンションを購入する際にはどんなところに注意するべきか?

マンションの購入は一生に一度と、覚悟を決めて購入する方が多いのではないでしょうか。住環境は生...

マンション(不動産)の名義変更手続きについて知ろう!

マンションの名義変更をする際には、どのような手続きが必要になるのでしょうか。売買、相続、...

新築内祝いランキング上位は?喜ばれるギフトを贈ろう!

親しい友人や親族から、気持ちのこもった新築のお祝いが届いたら、嬉しいものです。同様に、大切な...

中古マンションをリフォームして好みの部屋に間取り変更

近年では、中古マンションを購入して、間取り変更のリフォームをする方が増えてきています。中古マ...

マンションの通気口はなぜある?フィルター掃除は定期的に!

マンションの各部屋に取り付けられている通気口。単純に「部屋の換気のため」と思われている方も多...

マンションで騒音問題が起きたら!管理会社に相談するべき?

多くの人が生活する賃貸マンションでは、しばしばトラブルが起きることもあるでしょう。マンション...

アパートの壁紙に傷や汚れが!原状回復の対象になるケース

アパートを退去する際は、原状回復を求められます。特に壁紙というものは、汚れや傷がつきやす...

マンション相場の推移を知って「売買」のタイミングを測る!

マンションなどを購入して利益を上げる不動産投資は、「安い時に買って高い時に売る」のが基本です。...

新築住宅の火災保険!加入のタイミングとポイントとは

新築の住宅の完成のめどが立ってくると、火災保険のことが気になりますよね。火災保険の手続きは、...

子育て世代が木造アパートに住む際の注意点!子供の騒音対策

子育て世代の方で木造アパートにお住まいの方、または木造アパートへの引っ越しを予定している方は多く...

高さによって決まる!マンションのエレベーターの設置基準

賃貸物件を探している方のなかには、アパートではなくマンションを希望する方もいるかと思います。...

マンションを探す!賃貸で住みやすい名古屋のエリアは?

転勤などで他地域から名古屋に引っ越す場合、どこに住んだら良いのか困っている方も多いと思います。...

マンションのリフォームはご近所への事前の挨拶が大切!

マンションのリフォームが決まったら、忘れてはいけないのがご近所への挨拶です。今まで、ご近所と...

スポンサーリンク

新築の床に行うコーティングってどんなもの?

家を新築する際、そのオプションのひとつに床をコーティング、いわゆる「フロアコーティング」というものがあります。

これがどのようなものかというと、さまざまな液体を用いて床の表面を樹脂の皮膜で覆う施工作業のことをいいます。

分かりやすくいえば、フローリング材を保護するために行う作業のことです。

以前はワックスを塗ることが主流でしたが、近年はワックスよりもフロアコーティングのほうが人気となっているようです。

その理由としては、ワックスよりも床を保護する機能が高く、美しさや耐久性にも優れていることが挙げられます。

では新築するときにフロアコーティングを行うと、どのようなメリットがあるのでしょうか。

次の項でご説明します。

新築の床をコーティングするメリットとは?

では、家を新築するときにフロアコーティングをすると、どのようなメリットが得られるのでしょうか。

一番のメリットといえるのが、「フローリングのメンテナンスが楽になる」ということでしょう。

ワックスがけの場合は半年に1回など、定期的にメンテナンスを行わないと床の美しさが長持ちしないといわれています。

しかし、新築時にフロアコーティングを行っておけば、種類によっては耐用年数が20年以上というものもありますので、メンテナンスをこまめに行わなくても床の美しさを維持できます。

そのため、床のメンテナンスを楽にしたいという方でしたら、新築時にフロアコーティングをしておくことをおすすめします。

ほかにも、下記のようなメリットが挙げられます。

・家具が置かれていないので、スムーズに施工できる

・入居前に行っておくことで、生活に影響を与えずに済む

・ワックス剥離や傷のリペアといった、下処理が不要になる

・業者によっては入居前しか受け付けしていない(業者を選ぶ選択肢の幅が広がる)

・コーティング費用を住宅ローンに組むことができる

中には新築時ではなく、住んでから床のコーティングを行えば良いと考える方もいます。

ところが住んでからですと、フローリングに傷がついていることもありますし、配置している家具を移動させなければなりません。

また、新築時よりもコストが高くなる場合もあるため、フロアコーティングを行うことを考えているのであれば、新築時で且つ家具などが何もない状態の時期がおすすめといえます。

フロアコーティングにも種類がある!ひとつずつご紹介

新築の床をコーティングするメリットについてもお話をしたところで、ここからはフロアコーティングの種類についてお話をしていきましょう。

フロアコーティングは、

・ウレタンコーティング
・ガラスコーティング
・UVコーティング
・シリコンコーティング

以上のような種類があります。

ひとつずつ特徴と費用についてご紹介していきましょう。

【ウレタンコーティング】

・耐用年数:3~10年程度
・硬度:3H

20年以上前から使われている種類です。

摩擦にとても強く、椅子を引きずったときの傷の防止にも有効といわれているコーティングです。

やさしい雰囲気のツヤ感を出し、温もりを感じられるような印象に仕上がります。

費用は業者によっても異なりますが、だいたい1m²あたり1,100~3,600円とされています(参考価格)。

例えばもし70m²の床であれば、77,000~252,000円くらいかかることが考えられます。

【ガラスコーティング】

・耐用年数:15~20年程度
・硬度:9H

最も高度の高いフロアコーティングです。

耐水性や耐薬品性に優れ、UVカットの効果も期待できる種類ですので、どんな部屋の床にも適しているとされています。

床のツヤを選ぶことができるので、自分好みのツヤを出してくれるでしょう。

こちらも参考価格の費用ですが、1m²あたり約3,500~5,000円とウレタンよりも高価です。

70m²であれば、245,000~350,000円となるでしょう。

耐用年数が最も長い!UVコーティング

引き続き、新築時に行うことをおすすめするフロアコーティングの種類をご説明していきましょう。

【UVコーティング】

・耐用年数:15~30年程度
・硬度:7H

耐用年数がとても長いことが魅力のフロアコーティングです。

特殊な樹脂を焼きつけることにより、乾燥時間が短いことも特徴的です。

椅子などを引きずってできる傷に強く、耐水性も優れているので、特にキッチンやダイニングの床におすすめの種類といえます。

しかし、ガラスコーティングのように、ツヤ感の調整はできません。

UVコーティングの場合は強めのツヤが出やすいようですので、注意してください。

費用は1m²あたりおおよそ4,500~5,000円で、70m²の場合は315,000~350,000円程度かかるでしょう(参考価格)。

安全性で支持されているのはシリコンコーティング!その魅力と費用

最後にご紹介するフロアコーティングの種類はこちらです。

【シリコンコーティング】

・耐用年数:10~20年程度
・硬度:5H

このコーティングを施すことで床が滑りにくくなり、4種類の中でも安全性が高いといわれています。

そのため、特にお年寄りやペットと暮らしているご家庭に人気のある、フロアコーティングといえます。

表面に汚れ等が付着しても落としやすく、撥水効果も期待できるので、こちらも新築のキッチンの床におすすめですね。

さらに、ツヤの強さを選択できることも多いので、自分好みの床のツヤを選べるでしょう。

参考価格ではありますが、1m²あたりの費用は3,000円であることが多いようです。

中には1,000円以下の場合もあれば、4,000円以上の場合もあるので、施工を依頼する場合は必ず確認しておきましょう。

また、フロアコーティングの種類の中でも、特に人気が高いもののひとつがこの「シリコンコーティング」です。

その魅力として挙げられるのは、「コストパフォーマンスの高さ」です。

ほかのコーティングよりも比較的コストを抑えることができるのに、安全性や機能性が高いことで多くのご家庭に支持されています。

とはいえ、ご家庭によってどんな効果を得たいかなど違うかと思いますので、ご家庭に合った種類のコーティングを選ぶと良いでしょう。

新築の床にコーティングを行う前の注意点!

新築の床をコーティングすることを決めた場合、注意していただきたいことがあります。

ポイントごとにご説明しますので、参考にしてください。

●スケジュールの確認は必ずする

場合によっては、電気や水道を施工に使用することもあります。

施工日に水道等が通っているか、スケジュールのチェックをしておきましょう。

●施工期間、施工時間を確認しておく

多くは一日施工でありますが、念のため施工にかかる期間もしくは時間は確認しておくと良いでしょう。

●施工中は入室NG

当然ながら、施工している間は入室できません。

ほかの業者と重ならないように注意してください。

●完全に乾く日程を確認する

コーティングの種類によって、完全に乾く時間も異なります。

入居予定日に乾いていなかったら大変ですから、乾く日時を確認してから引っ越ししましょう。

●コーティングの種類はよく相談して決める

先ほどまでお話ししましたように、コーティングの種類によってツヤの出方や期待できる効果は異なります。

本当にそのコーティングで良いのか、サンプル等を見ながらよく相談して決めましょう。

●下処理のチェックをしておく

何もかかっていない状態で新築の床をコーティングしますので、新品のフローリングの素材と表面処理をチェックしておきましょう。

以上のポイントに注意し、十分に確認ができたら新築の床をコーティングしてもらいましょう。

よくチェックしたうえで新築の床をコーティングしよう!

新築の床をコーティングするべきか悩む方もいるかもしれませんが、住んでからの床のメンテナンスを楽したいという方であれば、フロアコーティングはおすすめです。

その際、フロアコーティングには大きく4つの種類がありますので、特徴と費用などからご家庭に合った種類を選んでみてください。

さらに、コーティングしてもらう前に注意していただきたいこともお話ししましたので、十分にチェックしたうえで、新築の床をコーティングしてもらうようにしましょう。