CATEGORY

登記

  • 2020年1月15日

誰でもできる不動産登記の閲覧方法とは?手数料はかかるの?

土地や建物を所有すると、不動産登記をすることが必須ですね。そんな不動産登記には大切な情報がたくさん記載されているわけですが、これが一般公開されていることはご存知でしょうか。そしてこれは誰でも閲覧することが可能なのです。この記事では、不動産登記が一般公開されている理由とともに、閲覧する方法や手数料についてお話をしていきます。

  • 2020年1月15日

登記に添付する住民票!個人番号の記載はあったほうが良い?

不動産登記申請の際、住民票を添付することは多くあります。近年では住民票取得時に個人番号の記載が可能なことから、「登記申請の際も個人番号が記載されていた住民票のほうが良いのでは?」と思う方もいるでしょうが、実際はどうなのでしょうか。この記事では、登記申請の際の住民票についてのお話しをしていきます。

  • 2020年1月9日

登記の申請人が法人の場合!資格証明書の提出は省略できる?

不動産登記の申請人は個人の場合もありますが、法人の場合もあります。ただし、法人が不動産登記の申請をする際、「資格証明書」の提出が必須とされているようです。この記事では、法人が不動産売買によって所有権移転登記を申請する場合を例に、資格証明書を中心にお話をしていきます。さらに書類によっては提出の省略ができるものもありますので、こちらについても触れていきましょう。

  • 2020年1月9日

登記に必要な住民票は世帯全員が記載されていたほうがいい?

不動産登記の申請をする際は、さまざまな書類を添付することになります。その多くの場合、住民票を用意することになるでしょう。ではこの住民票ですが、世帯全員が記載されたものを用意すべきなのでしょうか。この記事で、登記の種類別にご説明していきましょう。あわせて必要書類についてもご紹介しますので、参考にしてみてください。

  • 2020年1月3日

不動産登記における補正とは?期限や補正方法について解説!

不動産登記を申請するには、管轄の法務局の窓口に書類などを提出することが一般的といえるでしょう。しかしもし、その提出した書類に不備があれば、補正の指示が出されることもあるようです。この記事では不動産登記における補正について、そしてこの補正には期限があるのかについてご説明していきます。

  • 2020年1月3日

不動産登記申請時に添付する「住所証明書」に期限はある?

不動産登記を申請する際は、さまざまな書類を用意しますよね。どの登記を申請するかでも必要な書類は違ってきますが、添付する書類のひとつに「住所証明書」が含まれることもあります。ではこの住所証明書とはどんな書類で、どの登記を申請する際に必要なのでしょうか。また、発行日からの期限はあるのでしょうか。この記事でご説明していきます。

  • 2020年1月1日

土地を取得したら行う登記とは?自分でも行うことは可能?

土地などの不動産を取得すると必須ともいえるのが、不動産登記ですね。しかし日常生活において不動産登記と触れ合うことはめったにありませんから、具体的にどのようなものか分からない方もいるかと思います。そこでこの記事では不動産登記についてや、土地を取得したときに行う登記についてお話をしていきます。さらに自分でも不動産登記を行うことができるのか、についてもお話ししましょう。

  • 2019年12月28日

登記を知る!新築に必須の手続きは自分でできる?できない?

新築住宅の手続き中で、必ず行わなくてはならないのが「登記」です。新築住宅の登記では、金融機関などが指定する司法書士等が手続きするのが一般的ですが、全てを依頼すると何十万円ともなってしまいます。なるべく費用は抑えたいものですが、自分でできる手続きはあるのでしょうか。登記の手続きの内容や、自分でできる手続き・できない手続きなどを確認していきましょう。

  • 2019年12月28日

登記の事前通知書の返送期限!資格者代理人の制度も紹介

不動産の登記識別情報を忘れた場合に利用できる制度として、事前通知制度と資格者代理人による本人確認情報提供の制度があります。事前通知制度は、本人の意志を確認するための事前通知書を後で郵送しなければならず、またそれには期限があるので注意が必要です。それぞれの制度の詳細と注意点をお伝えします。

  • 2019年12月22日

新築を建てたら?不動産登記をする際の持分表示について

新築が完成したら、登記をしなければなりません。そこで、もし共有で建物を購入したなら、その建物の所有は二人の共有となりますね。その場合、持分を表示する必要があります。しかし、その持分をどのように決めたらいいのかわからないという方に、当記事では共有で持つマイホームの登記についての情報をお届けします。