マンションで気になる騒音!音はどこから来ている?

マンションで生活をしていると、気にならない音から、気になってしまう程の音まで様々な音が聞こえてきます。

マンションは床や壁を隔てて、隣・上下の部屋と距離が近いため、一戸建てよりも騒音トラブルが多く起こりがちです。

また、マンションの構造上、音がどこから来ているのかがわからないことも多く、騒音トラブルの解決に時間がかかってしまうこともあります。

音の伝わり方、その音がマンションではどのように響くのかをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新築への引越しや引き渡しに適した日取りってあるの?

いざ、新築へ引越しや引き渡しとなったとき、多くの方が日取りを気にするのではないでしょうか。一...

新築注文住宅の洗面所は収納にこだわると快適空間に!

新築で注文住宅を建てるのであれば、ぜひとも「収納」にこだわっていただきたく思います。比較的自...

新築の玄関もこだわろう!機能的・おしゃれにするポイント

注文住宅で家を建てる際、リビングやキッチンにこだわるように、玄関にもこだわっているでしょうか。...

マンション売却のタイミングはいつ?大切なポイントを解説!

「鉄は熱いうちに打て」など、日本にはことわざとしてタイミングの大切さが伝えられています。マン...

アパートの一階で住むときの注意点は?女性がしたい対策方法

「そろそろ一人暮らしをしたい」「今のアパートから引っ越したい」など、新しい住まいを見つけるとき、...

マンションの寿命はどこで判断?建て替えを検討するポイント

多くの住人が住むマンションでは、所有者の立場としても各住人の安全性を確保することが重要です。...

アパートのキッチンが狭い!収納を工夫して使いやすくしよう

「アパートのキッチンが狭いと自炊する気にもならない」とお考えの方はいませんか。そのような方で...

賃貸アパートの更新料!金額交渉はできる?できない?

アパートなどの賃貸物件では、「更新料」が発生する場合が多くあります。「アパートの更新手続き」...

【新築マイホーム】家具・家電の予算はどのくらい見積もる?

新築ホヤホヤのマイホームなら、家具や家電も新品にして新たなスタートを切りたいと考える方が多いと思...

アパートの契約期間はなぜ2年?退去の際は違約金に注意?

アパートなどの賃貸物件に住んでいると、多くの場合、2年ごとに契約更新をする必要があります。...

マンションの管理組合を機能させ理事会で問題を解決しよう!

マンションの「管理組合」や「理事会」などと言うと、「面倒くさそう」「できればやりたくない」などの...

一戸建て?マンション?住みやすいのはどちらかを徹底比較

住まいを決めるとき、一戸建てにするかマンションにするかは大きな決断になります。特徴が異なるた...

マンションをリノベーションして自分好みの間取りにしよう!

中古のマンションを購入するメリットとして、新築時よりも購入価格が下がっているという点が挙げられま...

町家と町屋はどっちが正しい?京町家の魅力とともにご紹介!

「まちや」という言葉を漢字にすると、「町家」と「町屋」の2つの漢字が出てきますよね。筆者...

2LDKの相場が知りたい!東京でマンションを探す時のポイント

東京で2LDKの住まいを探すとなると、まずはどこの沿線上に住みたいかをある程度定めておく必要があ...

スポンサーリンク

マンションに多い音のトラブル

マンションでは、いろいろな人が住んでいるため様々なトラブルが起こりがちです。

その中でも、最も多いのが音によるトラブルです。

人が歩く足音をはじめ、子供が走る足音やペットが歩く爪の音もトラブルの原因となることがあります。

それ以外にも、掃除機や洗濯機などの生活音も時間帯によっては騒音となります。

マンションで生活する上で、ある程度の生活音は仕方がありませんが、あまりにも大きな音や長く続く音は気になってしまうものです。

解決しようと思ったとき、音の原因はすぐ上の階の部屋だと思ってしまいがちです。

確かにすぐ上の階の部屋からの音は響きやすいのですが、話しをしに行ったらその部屋が音の元ではなかったということがあります。

そのため、音がどこから来ているのか発生源がわからず、騒音トラブルがなかなか解決できないということもよくあります。

それはマンションの構造上、マンション特有の音の伝わり方があることが原因です。

音はどのように伝わる?

音には、2種類の伝わり方があります。

1つは空気から伝わる音で、空気伝搬音というものです。

これは、話し声やペットの鳴き声、壁や床に接しないで演奏する楽器の音などが当てはまります。

この音に関しては、窓を防音対策がされているものにしたりすると、軽減できるものもあります。

また空気伝搬音は、音の発生源から距離が遠くなるほど小さくなっていく特徴があります。

2つ目は、壁、床や天井が振動して伝わる音で、個体伝搬音というものです。

足音、扉の開閉音、掃除機などの音をはじめ、ピアノなどのように床に付いている楽器などが響く音のことです。

マンションで使われていることが多いコンクリートは、個体伝搬音を空気の15倍の速さで伝えることが実証されています。

そのため、コンクリートで部屋同士が繋がっているマンションは、壁や床を通して音が遠くまで響いていきます。

これが、音がどこから来ているか特定できない原因のひとつです。

音がどこから来ているかわからない原因のひとつ、太鼓現象とは?

マンションで気になる音がどこから来ているかわからない原因の中に、太鼓現象と呼ばれる音の響き方があります。

太鼓現象とは、二重壁や二重床のように壁と壁、床と床の間に空間があると、そこに音が集まって太鼓を叩いたときと同じように音が響いてしまうことです。

この太鼓現象が問題となり、最近の築年数の浅いマンションでは二重壁は使われていないことがほとんどです。

ただ、マンションでは配管を設置するために、配管の部分が空洞になっていることがあります。

そこの空間に様々な部屋が出した個体伝搬音がコンクリートを通して集まり、より響く太鼓現象を引き起こしてしまいます。

自分の部屋の真上でこの太鼓現象が起こると、その部屋の住人は真上で音がしたように聞こえます。

そのため、上の階が騒音の原因だと思ってしまうのです。

しかし実際には太鼓現象で、どこからか集まった音が響いているので、音がどこから来ているのかを特定するのは困難です。

このマンション特有の音の響き方が、騒音問題を長引かせる原因となっていることが多々あります。

マンションにおける生活音はどこから騒音になる?

マンションの構造上、音を完全にシャットアウトをするのは難しく、ある程度の生活音は仕方がないものです。

マンションでの生活音にはどのようなものがあるのでしょうか。

具体例を挙げると、足音、話し声、掃除機や洗濯機などの電化製品の音、エアコンやトイレなどの住宅設備からの音、テレビや音楽の音などがあります。

これらの生活音がどこから騒音になるのかは、個人の感覚の差にもよるので、線引きは非常に難しいと言えます。

個人の感覚だけでは、なかなか問題も解決できないうえ、更にトラブルが大きくなってしまうことが考えられるため、一般的な騒音の基準値が定められています。

その基準値では、昼間は55デシベル前後、夜間は45デシベル前後とされています。

エアコンの室外機で約40デシベル、大きさにもよりますが洗濯機で約55デシベル、犬の鳴き声は約90デシベルです。

外で様々な音がしている昼間と、周りが静かな夜間では、感じる音の大きさが異なります。

いくら生活音は仕方ないとはいっても、この生活音の大きさと基準値を考えると、やはり音を出す時間帯などには配慮が必要なことがわかります。

どこから来ているかわからないマンションの音トラブルの対処法

早朝や夜遅くに音がしていたり、日中であっても連続して音がしていたりすると、気になってしまいますね。

前述してきたようにマンションは構造上、音が響きやすいため、音がどこから来ているのかがわからない場合があります。

直接、騒音の元と思われる部屋の住人に話しをしに行くと解決できるような気もしてしまいますが、これはトラブルを大きくしてしまったり、解決を長引かせてしまったりする可能性があります。

なぜなら、音の発生源がその部屋だとは限らないからです。

そのため、騒音が気になってしまったら、まず第三者である管理会社に相談することをおすすめします。

相談する際には、どのような音がするのか、音がする時間帯、どのくらいの期間続いているのかを伝えるとスムーズです。

管理会社であっても、音がどこからしているのか、特定するのには時間がかかることもあります。

しかし、マンションの掲示板への貼り紙などで注意を喚起してもらうことはできるので、騒音に対する一定の効果は期待できます。

また、音の発生源が特定された場合も、苦情元を言わずに話しをしてもらえるので、それ以上のトラブルを避けることができます。

マンションで音トラブルを避けるためにできること

マンションでは、音がどこから来ているのかわからないということはお伝えした通りですが、自分が発する音もどこに行っているのかわからないのです。

騒音にならないように、少しでも音を軽減させるために工夫できることはあるのでしょうか。

まず、手を付けやすいのが床にカーペットやラグを敷くことです。

最近では、防音カーペットというものも市販されていて、そういったものを使用すると物を落としてしまう音などを軽減することができます。

また、フローリングで椅子を引く音も、かなり響きます。

椅子の足にカバーを付けたり、床と接する部分に防音シールを貼っておくといった対策が有効です。

足音に関しては、スリッパの裏が柔らかいものにするなどの工夫は効果がありますが、子供が走り回ったり、ジャンプしたりする音はカーペットやマットでは効果がありません。

日頃から挨拶をしたり、子供がいることを話しておくことで、トラブルを避けることができる場合もあります。

掃除機や洗濯機の音も騒音トラブルの原因になることがよくあります。

それは、掃除機や洗濯機そのものが問題になるというよりも、使用する時間帯によることの方がトラブルになりがちです。

洗濯機の場合は、洗濯機の下に防音ゴムを取り付けるという方法もあります。

自分できることはできる限りして、騒音トラブルの原因にならない工夫をすることも、マンションで気持ちよく生活するために重要です。

マンションは音が響きやすく、どこから音が来ているのかがわからない

マンションでよく使われるコンクリートは音を伝えやすいという特徴があります。

また、配管などの空間から響く音は、どこから音が来ているのかがわからないことも多くあります。

マンションで生活をするには、そういった構造を知っておくことも、トラブルを避けるために重要です。

構造を知っておくことに加えて、騒音トラブルは管理会社に相談すること、自分で騒音を軽減する工夫をすることもトラブルを大きくしないために大切です。