1LDKのマンションの相場は?神奈川県の事例をご紹介!

マンションを購入し賃貸物件として運用する場合、相場の調査が必要です。

マンションの値段は土地と建物の値段から成り立っています。

そして土地の値段は地域によって大きな差があります。

例えば東京に近く、横浜や川崎など学校や大企業が多い地域では、地方に比べて土地の相場は高くなります。

一人暮らしをするために単身で上京している人も多くいる神奈川県ですから、1LDKの需要も多いです。

こちらでは、その1LDKマンションの相場や神奈川県で賃貸経営を成功させるコツなどをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【賃貸経営】アパートの立ち退き費用はどのくらい用意する?

アパートの入居者へ立ち退き費用を支払う場合、交渉の場をもうけて話し合うことが多いと思います。...

窓のワイヤーガラスは何のため?泥棒による開閉は防げる?

網目のようなものが入っている窓ガラスを見たことがあるでしょうか。それはワイヤーガラスと言...

窓用エアコンの電気代は高い?壁掛けエアコンとの違いとは?

エアコンと言えば、工事をして設置する壁掛け式エアコンをイメージすることが多く、実際にメジャーなエ...

強度は大丈夫?軽量鉄骨住宅のメリットと耐用年数について

住宅を建てるときには、耐震性など家としての強度が気になることでしょう。それには、住宅の構造に...

納戸とサービスルームの違いは?居室との違いや活用法を解説

納戸やサービスルームと言えば、少し狭めの物置というイメージを持っている人は少なくありません。...

マンションで気になる騒音!音はどこから来ている?

マンションで生活をしていると、気にならない音から、気になってしまう程の音まで様々な音が聞こえてき...

1LDKで寝室にエアコンをつけなくても快適に過ごせる?

1LDKの賃貸物件に住む時に、気になるのはエアコンの位置とその間取りでしょう。1LDKは...

アパートの駐車場は2台目トラブル多発!回避・解決方法は?

アパートの駐車場では、トラブルがよく起こります。しかし、そのトラブルは、車上荒らしや、車をこ...

子育て世代が木造アパートに住む際の注意点!子供の騒音対策

子育て世代の方で木造アパートにお住まいの方、または木造アパートへの引っ越しを予定している方は多く...

大家さん必見!アパート立ち退きの流れ~補償はどう行う?~

何らかの理由で、アパートの入居者に立ち退きをお願いする場合、どのような流れとなるのでしょう。...

2LDKは快適!?家賃は高くても特徴のある物件を東京で探そう

2LDKの物件は、主にファミリーや新婚、同棲をする方に人気があります。そして、ペットと暮...

アパートのガスコンロがつかない!まずは備え付けか確認

ガスコンロは経年劣化していきますので、急につかなくなることも多々あります。賃貸アパートやマンシ...

賃貸アパートの契約更新!更新時の保証人は自動継続?

一般的に賃貸アパートは2年ごとに更新契約をします。更新時の手続きにはいろいろと用意するも...

子育て世帯が2LDK賃貸物件を札幌で借りる場合の家賃相場は?

札幌は大都市の一つではありますが、地方都市でもあるため、家賃が安いイメージがあるのではないでしょ...

こだわりの新築一戸建て!駐車場のデザインもおしゃれに!

新築一戸建てをこだわりぬいて建てるなら、外構のデザインにもこだわって、おしゃれなものにしたいです...

スポンサーリンク

神奈川県の1LDKマンションの相場は地域によって変わる

一口に神奈川県と言っても、地域によってマンションの相場は違います。

一般的に横浜や川崎などの都市部はマンションの値段も高くなります。

神奈川県内でも南側の地域は家賃が安い傾向にあるのですが、鎌倉や葉山など観光地として有名な地域は都市部と変わらない相場の場合もあります。

神奈川県で1LDKのマンションを買うなら、まずはどの地域のマンションが欲しいのかを決めておく必要があります。

地域に対する特別なこだわりがないのなら、川崎や横浜など都市部がおすすめです。

これらの地域は大企業も多く、人口が集中しています。

それだけ賃貸物件の需要も多いと判断できます。

ただ都市部のマンションは相場も高いです。

マイカーよりも電車など公共の交通機関がメインの移動手段となることが多いため、駅から近いかどうかが物件の価格を大きく左右します。

当然、駅から近い物件は値段も高くなります。

しかしその分、入居希望者も多くいますから、よほど家賃を高く設定しない限り空室に困るリスクは少なくなります。

購入資金を抑えたいからと駅から遠い地域のマンションを購入しても、入居者があまりいないのでは意味がありません。

予算と需要をよく把握して、バランスの取れるマンションを選びましょう。

1LDKのマンションは神奈川で人気が高い

1LDKのマンションは、一人暮らしか、夫婦または同棲カップルでの二人暮らしに適しています。

神奈川県は仕事や学校のために上京している人も多いため単身、または二人暮らしをしている人も多いです。

つまり、神奈川県では1LDKのマンションは人気が高いと言えます。

1LDKの場合は特に、一人暮らしよりも二人暮らしの夫婦やカップルに人気です。

その理由としては、神奈川県は家賃相場が高いために、一人暮らし世帯に1LDKの家賃は高すぎる傾向があるからです。

共働き夫婦や同棲カップルの場合、単純に計算して収入も2倍ありますから、1LDKの物件でも比較的気軽に借りることができます。

また1LDKの広さなら普段生活をするリビングと寝室に分けることができますし、お互いのプライバシーもある程度確保できます。

神奈川県で賃貸マンションを運営したいのなら、1LDKの物件はおすすめです。

神奈川県で1LDKの賃貸運営を成功させるコツ

神奈川県で1LDKマンションの賃貸運用をしたい場合、事前に確認しておくべきことがあります。

まず、購入したいマンションの周辺にどのような施設があるのか確認しておきましょう。

同じ神奈川県の地域でも、周囲の環境によって需要は様々です。

例えば、学校が近くにある賃貸物件は学生に人気です。

学生はアルバイトや親の仕送りで生活をしますから、家賃にはそれほどお金をかけられません。

必然的にその地域全体の家賃相場も安くなりがちです。

家賃を下げるということは利回りが低くなる、場合によっては赤字になってしまうこともあります。

マンションを購入した場合の毎月のローン返済金額と管理費、見込めそうな家賃収入と照らし合わせて、利益が出るか確認しておきましょう。

また学生の一人暮らしとしては、1LDKは広すぎる場合があります。

そのため学生の多い地域では、1LDKの賃貸運営は向かないかもしれません。

購入したいマンションの周囲に企業がある場合、賃貸物件を探すのはサラリーマンやOLです。

将来結婚することを見越して広めの1LDKの物件を探す人もいますから、需要はあると言えます。

また、学生に比べ社会人は生活にゆとりがあることが多いので、少し高めでもおしゃれなマンションを選ぶ人もいるでしょう。

1LDKは一人暮らしにも二人暮らしにも向いている広さですから、空室のリスクも減る可能性があります。

横浜市・川崎市の1LDK賃貸マンションの相場は?

神奈川県は地域によって土地の価格が大きく変わり、それによってマンションの販売額も変わります。

マンションの販売金額が変われば、当然賃貸物件の家賃相場も変わります。

神奈川県の中でも家賃相場が高いと言われているのが、横浜市と川崎市です。

特に横浜市は横浜駅に近い横浜市中区、横浜市西区は家賃が高く、1LDKのマンションの場合、家賃相場は10万円~14万円がです。

同じ横浜市でも、西側や南側の横浜市瀬谷区や横浜市栄区になると、1LDKマンションの家賃相場が7万円~9万円と下がります。

横浜市の北側、川崎市になるとまた家賃相場が上がり、8万円~11万円程度になります。

同じ地域でも、駅から近いか、築年数が新しいかによって家賃相場は変わります。

この地域は仕事や学校のために上京している人も多く、家賃の高さは多少は仕方ないと割り切っている人も多いです。

賃貸物件としての需要も多いので、入居率も高めと言えるでしょう。

神奈川県南部の1LDK賃貸マンションの相場

横浜市より南、鎌倉市や横須賀市、三浦市などがある神奈川県南部の1LDKマンションの家賃相場はどうなっているのでしょうか。

この地域は都市部からは離れているため、家賃相場は下がります。

例えば横須賀市の場合、1LDKマンションの家賃相場は7万円~8万円です。

手頃に借りられる値段で入居者にとってありがたいように見えますが、家賃相場が下がっているということは、需要も少ないということにもなります。

神奈川県南部は古くからその土地に住んでいる人も多く、そもそも賃貸物件の需要が少ない地域とも言えます。

ただし鎌倉や葉山などは観光地や移住先としても人気のため、需要は多いです。

そのため例えば鎌倉市の場合、1LDKの家賃相場は10万円~11万円となっています。

神奈川県西部は家賃の相場が低め

神奈川県の西部、厚木市や秦野市、小田原市などの地域は、神奈川県内でも比較的家賃相場が少なめです。

例えば秦野市の場合、1LDKマンションの家賃は6万円~7万円が相場となっています。

横浜市の横浜駅周辺家賃相場に比べると、ほぼ半分の値段です。

神奈川県西部でも交通の便で家賃の相場は変動があり、厚木市の場合は1LDKの家賃相場が8万円~9万円と、値段が上がります。

小田原市の場合、1LDKのマンションの家賃相場は6万円~7万円です。

交通の便が悪い田舎の地域になるほどマンションの家賃相場は下がりますが、その分賃貸としての需要も少なくなります。

また田舎の場合は公共の交通機関よりもマイカーでの移動が主流となりますから、駐車場つきのマンションでないと入居希望者が現れないことがあります。

神奈川県のどの地域のマンションを運営するにしても、相場と需要を調査することが大切です。

神奈川で1LDK賃貸を運用するなら相場と需要の調査が必要

神奈川県は、同じ1LDKでも、地域によって家賃相場は6万円~14万程度と差があります。

神奈川県は一人暮らし、二人暮らし世帯が多いため、1LDKは人気があります。

神奈川県で1LDKマンションの運用をする場合、建物の周囲にどんな施設があるのかを事前に調査しておきましょう。