雪が降ったあとのアパートの雪かきはどこまでやるべき?

アパートにお住まいの方は、冬なると雪の予報にドキドキするのではないでしょうか。

なぜなら、雪が降ったあとは「雪かき」が問題になるからです。

雪が降らない地域や一戸建てなら、それほど気にすることはありませんが、賃貸アパートでは雪かきが原因で入居者同士のトラブルに発展することもあります。

今回は、アパートの雪かきは誰がどこまでするべきなのかについて考えてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートに月途中で入居・退去!家賃の支払いは日割り計算?

アパートの家賃は、1ヶ月毎に集金されることがほとんどですよね。それでは、アパートに月途中で入...

新築住宅の気になる疑問!照明にかかる費用はどれぐらい?

新築するとき、誰もが一番気になるのが「費用」のことでしょう。できれば、いい家を少しでも安く建...

「町家」と「町屋」どっちも読み方は「まちや」その違いは?

「町家」と「町屋」は、どっちも「まちや」と読みますが、その違いは何なのでしょうか。「京町...

マンションポストに表札を付けるメリットとデメリットは?

以前は当たり前にあった表札ですが、最近はポストに表札をつけていないマンションが増えてきました。...

新築だからこそ!新しい家を猫の傷から守る対策とは?

アパートなどではペットの制限があるところが多いので、おうちができた段階で猫を迎え入れたいと思って...

一戸建ては電気代が高くなりやすい!平均より抑える家づくり

賃貸アパートやマンションから一戸建てに引っ越し暮らしはじめると、賃貸に住んでいたときよりも毎月の...

マンションにロフトを!リフォーム具体例からプランを練ろう

お住まいのマンション、広さは足りていますか?マンションは一戸建てとは違い、自由に増築すること...

まだ新築なのに!壁紙の隙間が気になったらどうする?

新築のキレイなマイホーム。それなのに、気が付いたら壁紙の継ぎ目に少し隙間があいていて、ショッ...

マンションのエアコンからポコポコ聞こえる!原因と対処法は

マンションで使用する家電製品の中に、エアコンがあります。以前の日本では、暑い時期には扇風...

マンションの名義変更の方法と気になる費用を理由別に解説!

マンションを、相続・生前贈与・財産分割あるいは売買が理由で名義変更することがあります。名...

マイホームの新築では、基礎工事期間で業者を見極めよう!

マイホームを建てることに憧れる方は多いものです。マイホームの新築が決まると嬉しいですが、一方...

2LDKで一人暮らしだからこそできる贅沢な部屋の使い方

2LDKに一人暮らしと聞くと、一人で広々と使えて便利な反面、スペースがありすぎて無駄になってしま...

マンションの床を張り替える際の費用は?防音・遮音に注意!

分譲マンションに住んでいる方の中には、床の張り替えを検討している方もいるでしょう。しかし...

マンションを新築で探す!神奈川県で探しやすい街はここ!

神奈川県は、比較的新築マンションの多い地域と言われています。特に横浜市と川崎市は東京に近く、...

マンションは西向きだと住みにくい?隠れたメリットをご紹介

マンションの西向きのお部屋に、どのようなイメージをお持ちですか?一般的には南向きのマンション...

スポンサーリンク

アパートの雪かきをどこまでするかで悩む人は多い

雪が降る季節になると、アパートに住んでいる人の悩みが一つ増えると言われています。

それが「雪かき」の問題です。

一戸建てであれば、基本的には、自分の家の前の庭や道、自分の車の前に積もった雪などだけを取り除けば良いのですが、アパートに住んでいるとそうはいかないこともあります。

なぜなら、アパートの立地や借りている駐車場の位置などが、雪かきの範囲に大きく影響するからです。

駐車場が狭く、すぐ道路に出られる物件に住んでいるのであれば、雪かきする範囲が狭いのでそれほど作業も苦になりません。

また、雪かきの範囲の差もほぼないので、他の入居者と雪かきについてトラブルになることも少ないでしょう。

しかし、全ての賃貸アパートがそういった作りではありません。

そのため、

・自分のところは雪かきしたけれど、他の人のところもした方が良いのか

・自分の家の前だけ雪かきしたのでは車が出せないため、広い範囲を雪かきしたいが他の入居者に手伝ってもらえないものか

と悩む人が出るのです。

どこまで雪かきするのが良いのかは、自分の置かれている状況によって異なるので、難しいところです。

次の章では、アパートの雪かきで起こるトラブルの例をご紹介します。

アパートの雪かきで起こるトラブルとは?

それでは、アパートで起こる雪かきトラブルについて見ていきましょう。

アパートの雪かきで起こるトラブルには、以下のようなことがあります。

・雪かきしない入居者に「雪かきの音がうるさい」と言われた

・雪かきしたら「せっかく雪が降ったのに子供が遊べない!」と文句を言われた

・雪かきを手伝おうとしたら「邪魔」と言われ、手伝わずにいたら文句を言われた

このように、アパートの雪かきについては様々なトラブルがあります。

アパートの雪かきで問題になるのは、「誰がどこまでやるのか」ということだけではないのですね。

しかし、いくら雪かきについて不満があっても、他の入居者に直接文句を言うのは危険です。

雪は自然現象であり、他の入居者が降らせているわけではありませんし、人によって雪かきに対する考え方も違って当たり前です。

理不尽なことを言われてすぐに言い返すと、解決しないどころか、喧嘩になって危険な目に遭うかもしれません。

そのため、アパートの雪かきトラブルが起こった場合には、

・管理会社に雪かきトラブルについての相談をする

のが最も賢明な方法でしょう。

アパートの管理会社が雪かきするのは非現実的

ところで、アパートの管理会社に相談すれば、代わりにアパートの雪かきをしてもらえるのでしょうか。

いいえ、そうではありません。

あくまでも、「アパートのトラブルについての相談に乗ってもらえる可能性がある」というだけです。

そのトラブルに雪かきが関係しているのは事実であっても、トラブルの原因となった雪かきを代わりに行ってもらえるわけではありません。

なぜなら、管理会社は多くの賃貸アパートを管理しているからです。

それだけでも業務は多岐に渡るので、管理会社がアパートの雪かきまでするのは現実的ではありません。

雪かきについては、入居者が行なうべきものと考えられています。

そのため、「共益費を払っているのだから、管理会社で雪かきしてほしい」と管理会社などに要望しても、どこまで行っても平行線です。

それよりは、

・自分の家の前や車の前に、雪かきした雪を積む人がいる

・出入り口に近い部屋に住んでいるのに、全く雪かきをしない人がいる

・いつも雪かきしている自分に対して、それが当然という態度を取る人がいる

などの、具体的に困っている内容を伝えましょう。

そうすれば、そのような困った入居者には管理会社から指導が入るはずです。

アパートの雪かきで「誰がどこまで」というルールはない

このように、アパートの雪かきでは、「誰がどこまでやるべき」という明確なルールはありません。

なぜなら、アパートの雪かきは義務ではないからです。

自分の車が出せないと困る、自分が転んで家事ができないと困るといった理由から、必要があってやることです。

つまり、自分の家の前は自分でやるのが義務だから雪かきするのではなく、雪で仕事に行けなかったり怪我をしたら、自分が困るから雪かきをするのです。

そのため、それ以外の部分については、思いやりの問題です。

特に、賃貸アパートなどの集合住宅では、入居者それぞれが違った考えを持っています。

仕事の都合や体調が悪いなどの理由で、自分の家の前など最低限の場所しか雪かきすることができない人もいるでしょう。

「誰がどこまでやるべき」というようなルールを作る方が、かえって入居者同士でトラブルになる可能性があります。

そう考えると、「雪かきできる状況にある人が、できる範囲で雪かきをする」というのが現実的なのですね。

アパートの雪かきの不公平感はどこまで我慢すべき?

しかし、「アパートでは、雪かきできる入居者ができる範囲で雪かきをする」のが一般的とは言っても、「それは不公平だ」と感じる人が出るのも事実です。

例えば、

・アパートの奥の部屋に住んでいて、広い範囲の雪かきをしないと自分の車が出せない

といった場合には、「どうしてうちばかりが、いつも多く雪かきしなければならないのか」という気持ちを抱きがちです。

ではなぜ、そう思ってしまうのでしょうか。

それは、雪かき作業が地味な上に、かなり体力を使うものだからです。

また、雪かきする範囲が広ければ、その分、時間もかかります。

他の入居者と顔を合わせる機会がないのも、不公平感が増す一因でしょう。

他の入居者に雪かきを手伝ってもらえたり、「そちらの雪かきもしたいのですが、体力がなくてできず申し訳ない」などの言葉をかけてもらえれば違いますが、今はなかなか難しいですよね。

しかし、こうした雪かきの不公平感を我慢していると、どこまでもストレスが溜まるので、上手くストレスと付き合う方法を探したり、「雪かきはボランティア」と割り切ることも必要です。

どこまで雪かきするかで悩まないための部屋選びのコツは?

年に一回、雪が降るか降らないかの地域では、それほど問題にはなりません。

年に一回あるかないかなら、仮に自分が多く雪かきすることになっても、「年一回くらいならいいか」と思えるからです。

しかし、どこまで雪かきをするかで問題になりやすいのが、年に数回雪が降り、その量も比較的多い地域です。

毎回雪かきをしている人からすると、全く雪かきしない人に対して不満が募ります。

また、意外にも、雪が回数・量ともに多く降る地域でも注意が必要です。

雪が降る地域であれば、他の入居者と協力して雪かきできそうに感じますが、必ずしもそうではありません。

他の地域から来た人などは、大量の積雪に慣れておらず、雪かきの経験がないこともあります。

あまりにも雪かきが大変な場合には、除雪車を頼むこともできますが、アパートの管理費には含まれていないため、その費用はそれを依頼した人の負担になります。

また、アパートは国道などよりも優先順位が低いので、除雪車がいつ来るかも分かりません。

そのため、アパートの雪かきをどこまでするかで悩まないためには、部屋選びも重要になります。

例えば、

・アパートの出入り口近くの部屋を借りる

など、雪かきのことを考えて部屋を選ぶのも、雪かきで悩まないための一つの方法です。

アパートの雪かきは思いやりと割り切りが大事!

今回は、アパートの雪かきはどこまでするべきなのかについてお伝えしました。

アパートの雪かきは管理会社の仕事ではないので、入居者が行なうのが基本です。

どこまですべきか分からない場合は、自分の家の前など最低限の雪かきをし、他のところについては必要に応じて行うのが良いでしょう。

また、雪かきが原因で他の入居者とトラブルになった場合は、管理会社に相談して下さい。