アパートが水漏れ!この時の修繕費用は大家さん負担になる?

賃貸アパートに入居していて、ある時、借りている部屋が水漏れしていることに気づいた経験のある方もいるのではないでしょうか。

そんな時、「水漏れの修繕費用は誰が支払うの?」と思う方もいるかもしれません。

この記事では、アパートが水漏れした場合、大家さんと入居者のどちらが修繕費用を負担することになるかをご説明していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートのベランダでバーベキューはダメ!子供にも教えよう

「外が騒がしいと思って窓から見てみたら、ベランダで和気あいあいとバーベキューをやっていた…」...

老後のための資産形成?マンション投資をするメリットとは?

長期に渡って安定的な収入が得られるマンション投資は、近年益々人気の投資となっています。特に、...

新築のカーテン費用はどのくらい?より安く済ませる方法は?

住宅にはただでさえお金がかかりますが、新しい家電や家具を取り揃える場合、さらに費用がかさみます。...

一戸建て賃貸のオーナーを目指す方必見!メリットとリスク

居住者のいない一戸建てを所持している方もいるのではないでしょうか。その一戸建てに人が住める設...

2LDKのマンションで暮らす!分譲と分譲賃貸の違いとは?

2LDKの分譲マンションは、夫婦と子ども1~2人の家族や、あえて子どもを持たないDINKSにも人...

アパートの立ち退きをはどうお願いする?老朽化で解体の場合

老朽化したアパートは入居者が減少するだけではなく、安全性上の観点から取り壊しを検討されている方も...

マンションの玄関ドアにも寿命がある!交換の時期はいつ?

所有する賃貸マンションの築年数がある程度経ってきたら、さまざまな設備を修繕、もしくは交換しなくて...

新築建売住宅は購入後も何かとお金が!網戸等の値段はいくら

注文住宅よりも安く家を購入できることが魅力の建売住宅。多くの方が新築建売住宅を購入しています...

マンションを床暖房にリフォーム!床暖房の基礎知識と注意点

暖房機器がエアコンしかないと、寒い季節は家の中でも厚着をしないと体の芯から冷えてしまうことがある...

2LDKのマンションを東京で選ぶなら住みやすい街で検討しよう

2LDKのマンションを東京で探す場合、住みやすい街であるかどうかも大事でしょう。2LDKは、...

マンションの大規模修繕工事費用を削減するためにできること

マンションに住んでいると十数年に一度、必ず大規模修繕工事が行われます。これは、安全で快適な住...

マンションのキッチンを使いやすくするにはレイアウトが重要

お住まいのマンションのキッチンが使いにくいと感じている方もいるのではないでしょうか。もしかし...

マンションに壁面収納はつけるべき?ブログを参考にご紹介!

マンションの契約が済めば、つぎはオプション選びが待っています。マンションを購入した方たちのブ...

収納の少ないアパートをDIYで改造!棚の増設がポイント

アパートの収納が少ないことが原因で、荷物があふれかえり困っている方はいませんか?もし、そのよ...

マンションでの掃除機使用は、何時までなら許される?

長時間大きな音がする掃除機は、苦情が出やすい生活音のひとつです。しかし、お仕事などで日中家に...

スポンサーリンク

アパートが水漏れ!この時どうすれば良い?

賃貸アパートに入居している時に、水漏れしていることに気づくこともあるでしょう。

この時、多くの方がパニックになってしまい、どうすれば良いかとまどってしまうかもしれません。

ですが、水漏れしていることに気づいたら、まず一旦落ち着くことが大切です。

深呼吸などをして気分を落ち着かせたら、大家さんや管理会社に連絡を入れるようにしましょう。

入居者はアパートの一室を借りているだけであって、自分の所有する部屋というわけではありません。

そして、自分が借りている部屋が水漏れしている場合、ほかの部屋も水漏れ被害に遭っている可能性もあります。

その確認をするためにも、大家さんや管理会社に連絡することをまず第一にしなくてはなりません。

管理に積極的な大家さんであれば、水道業者まで連絡を入れてくれるので、自分で手配をしなくても済みます。

もし自分で勝手に修理をしてしまうと、のちに大家さんとトラブルに発展することもあります。

ですから、水漏れを発見したらまずは大家さんなどに連絡をし、自分で手配するように言われた時にのみ、水道業者に連絡するようにしましょう。

そうすると、連絡を受けた水道業者が自分の部屋まで来てくれて、水漏れの修理をしてくれるわけですが、ではこの時の修繕費用が誰が負担することになるのでしょうか。

アパートの水漏れの修繕費用は誰が負担?大家?入居者?

借りている部屋が水漏れしてしまった場合、この修繕費用は誰が負担することになるのでしょうか。

アパートの大家さん、それとも入居者自身でしょうか。

それは、水漏れの原因によって負担する人が異なります。

水道業者が修理を行う際、なぜ水漏れをしたかの原因の特定もしてくれます。

その原因がどういうものかによって、修繕費用を負担する人が異なるのです。

もし、入居者の過失が原因の場合は、当然入居者が修繕費用を負担することになります。

以下のようなものが該当します。

・水道の蛇口を閉め忘れる

・無理な使い方による破損

・洗濯機のホースが外れている

これらは、水漏れの原因としてよく起きやすいものです。

ですが、日常生活の中で完全になくすことは難しいとも言われていますので、使用する際は十分に注意するようにしましょう。

では、大家さんが負担する場合は、どのような原因の時なのでしょうか。

こちらは次の項でご説明していきます。

アパートが水漏れ!修繕費用が大家さん負担の場合の原因とは?

それでは、アパートが水漏れした場合、大家さんが負担する場合はどのような原因が挙げられるのでしょうか。

まず、水漏れの原因でもある水道管は、アパートに付属しているものですよね。

民法では、アパートの使用および収益に必要な修繕をする義務を、原則的には大家さんが負担すると規定されています。

そのため、水漏れが起きた場合も、基本的には大家さんが負担することになるのです。

しかし、先ほどにご説明した入居者の過失による場合は、入居者が負担します。

大家さんが負担する場合は、以下のような時です。

・配管の劣化

・給水管の劣化

・給湯管の劣化

・排水管の劣化

以上のように、管理者が修繕を怠ったとされる、経年劣化による水漏れの場合は大家さんが修繕費用を負担します。

賃貸借契約によっては大家負担にならないことも!

民法でも規定されているように、経年劣化によって水漏れをしてしまった場合は、大家さんが修繕費用を負担します。

しかし、経年劣化によって生じた水漏れの場合でも、大家さんではなく、入居者が負担することになる場合もあるのです。

アパートを入居する際には、賃貸借契約を結ぶことになりますよね。

その賃貸借契約に特約が規定されている場合は、注意が必要です。

特約の内容に、「建物の修繕は借りている人が全て負担する」と規定されているものもあり、その場合は本来なら大家さんが負担する場合でも入居者が負担することになります。

ですから、アパートの賃貸借契約を結ぶ際は、この特約が規定されていないかも確認しておくと良いでしょう。

ではもし、自分の過失によって水漏れをさせてしまったら、どのくらいの修繕費用を支払うことになるのでしょうか。

次項でご説明していきましょう。

アパートの水漏れの修繕にかかる費用はどのくらい?

基本的には、水漏れの修繕費用は大家さんが負担します。

しかし万が一、故意でなくても自分の過失によって、借りているアパートの部屋を水漏れさせてしまったら、どのくらいの修繕費用を支払うことになるのでしょうか。

修繕の費用は、水漏れした場所によって費用の相場も変わります。

例えば、蛇口周りであれば、作業費や出張費込みで1万円前後とされています。

また、浴室やトイレにおける水漏れの場合は1万円程度で済むこともあれば、交換する部品次第では3万円以上かかることもあるでしょう。

どの部分でも言えるのが、部品の交換だけの修理であれば、数万円ほどはかかるということです。

もし、壁や床下までの大規模な修理が必要になってしまう場合は、数百万円単位までかかることも否定できません。

そして、その水漏れがほかの部屋にまで被害が及んでしまった場合は、その分の費用が上乗せされることにもなります。

自分の過失の水漏れによって、家電が故障してしまった場合も賠償責任がありますので、個人で支払える限界の金額を大幅に超えることもあります。

そうならないためにも、水道においても注意して使用するようにしましょう。

水漏れを発見した時に注意すべきポイント!

最後に、借りているアパートの部屋で水漏れを発見した際に注意すべきポイントをお伝えしていきます。

適切な対応を取らないと、先ほどご説明した膨大な修繕費用を自分で支払うことにもなりかねません。

水漏れを発見すると焦ってしまうでしょうが、一度落ち着いて、適切な対応を取るように心がけましょう。

1、自己判断しない

水漏れが発生した時に、水漏れの原因を自己判断してしまう方もいます。

ですが、素人が勝手に判断してしまうと、原因の特定が曖昧になってしまったり、公平さに欠けたりする恐れがあります。

大家さんとトラブルになってしまうこともありますから、必ず専門の方を呼び、適切な調査を行ってもらうようにしましょう。

2、自分で修理しない

中には、水漏れを自分で修理しようとする方もいます。

しかし、処置のしかたに誤りがあれば、その時は直ってもまた再発し、もっと水漏れの被害が拡大化することも考えられます。

アパートは入居者のものではありませんから、勝手に直そうとせず、まず第一に大家さんや管理会社に連絡するようにしましょう。

水漏れが起きたらまずは大家さんに連絡を!

借りているお部屋で水漏れが発生すると、パニックになってしまい、どのように対応したら良いか分からなくなってしまう方もいるでしょう。

しかし、そのような時でも一度落ち着いて、まずは大家さんや管理会社に連絡をするようにしてください。

自己判断や自分で修理するなどの行為は、トラブルの元や二次被害につながる可能性があります。

そうならならないためにも、大家さんに連絡することをまず第一に行いましょう。