CATEGORY

暮らし

  • 2020年1月25日

敷金は支払い・返金で領収書の有無が違う?代わりの証明は?

敷金については、賃貸契約時の支払いによる貸主からの領収書、また退去時であれば返金による借主からの領収書が発行されるのかも気になるところです。また、もし領収書が発行されない場合、それに代わる証明などはあるのでしょうか。今回は、敷金支払い時の領収書の発行及び、返金時の領収書発行についてご説明していきます。

  • 2020年1月15日

賃貸アパートの契約時に支払う敷金・礼金に消費税はかかる?

賃貸アパートを契約すると、初期費用としてまとまったお金を支払う必要があります。主な支払いの内訳は、敷金や礼金、また仲介手数料や家賃といったところでしょう。気になるのは、それらには消費税がかかるのかという点です。そこで今回は、賃貸アパートの敷金や礼金などの支払いに、消費税がかかるのかを見ていきましょう。

  • 2020年1月15日

誰でもできる不動産登記の閲覧方法とは?手数料はかかるの?

土地や建物を所有すると、不動産登記をすることが必須ですね。そんな不動産登記には大切な情報がたくさん記載されているわけですが、これが一般公開されていることはご存知でしょうか。そしてこれは誰でも閲覧することが可能なのです。この記事では、不動産登記が一般公開されている理由とともに、閲覧する方法や手数料についてお話をしていきます。

  • 2020年1月15日

登記に添付する住民票!個人番号の記載はあったほうが良い?

不動産登記申請の際、住民票を添付することは多くあります。近年では住民票取得時に個人番号の記載が可能なことから、「登記申請の際も個人番号が記載されていた住民票のほうが良いのでは?」と思う方もいるでしょうが、実際はどうなのでしょうか。この記事では、登記申請の際の住民票についてのお話しをしていきます。

  • 2020年1月14日

家賃滞納があって退去することになったら分割で払えるの?

毎月の家賃を支払えずに滞納してしまっていて、「もっと安い物件に引っ越そう」と考えることもあるでしょう。退去の際には、家賃滞納分を分割で払っていくことができるのでしょうか。・滞納の件で貸主とトラブルになると、どんな悪影響があるのか・敷金は滞納分に充てられるのか・遅延損害金はどのくらい発生するのか・強制退去にいたる流れとはといった情報をご説明します。家賃滞納に関する悩みを解消していきましょう。

  • 2020年1月14日

賃貸物件の家賃は「先払い」なのか?「後払い」なのか?

マンションやアパートあるいは事務所・店舗といった賃貸物件の家賃は、毎月決められた期日までに支払うことになっています。電気代や水道料とは異なり、いつも同じ額を支払うため、いつの分なのかを意識しないままに支払っている方もいらっしゃるかもしれません。毎月支払っている家賃は「先払い」なのでしょうか、それとも「後払い」なのでしょうか。

  • 2020年1月9日

賃貸の名義変更で同居人を名義人に!求められる能力や注意点

賃貸では、同居人と住んでいる方や、現在1人暮らしであってもこれから同居人が増えるという方も多いものです。また、賃貸での生活に何らかの変化があった場合、同居人に名義変更をすることもあるでしょう。賃貸の名義変更には、新しい名義人となる同居人に求められる能力などもあるため、それについても気になるところです。今回は、賃貸の名義変更をする際の注意点などにも焦点を当ててご説明していきます。

  • 2020年1月9日

登記の申請人が法人の場合!資格証明書の提出は省略できる?

不動産登記の申請人は個人の場合もありますが、法人の場合もあります。ただし、法人が不動産登記の申請をする際、「資格証明書」の提出が必須とされているようです。この記事では、法人が不動産売買によって所有権移転登記を申請する場合を例に、資格証明書を中心にお話をしていきます。さらに書類によっては提出の省略ができるものもありますので、こちらについても触れていきましょう。

  • 2020年1月9日

登記に必要な住民票は世帯全員が記載されていたほうがいい?

不動産登記の申請をする際は、さまざまな書類を添付することになります。その多くの場合、住民票を用意することになるでしょう。ではこの住民票ですが、世帯全員が記載されたものを用意すべきなのでしょうか。この記事で、登記の種類別にご説明していきましょう。あわせて必要書類についてもご紹介しますので、参考にしてみてください。

  • 2020年1月8日

家賃の自動引き落としを停止する場合の手続きと注意点

マンションやアパートあるいは事務所・店舗といった賃貸物件を解約する場合、家賃の支払いも解約する月に合わせて停止します。振り込みではなく、自動引き落としで家賃を支払っている場合は、停止の手続きを忘れないようにしなければなりませんが、いろいろと注意すべきことがあります。スムーズに解約、退去するために必要な事項を解説いたします。