SEARCH

「住まい」の検索結果231件

  • 2020年11月26日

2LDKを赤ちゃんのためのレイアウトに!アパートの住まい計画

2LDKは夫婦やカップルが暮らしやすく、アパートでは人気の間取りですが、将来的に赤ちゃんを迎えると、これまでの生活リズムもスタイルもがらりと変わります。大量のベビーグッズやスペースの確保など、全てが赤ちゃんを中心とした暮らしになるため、そのための部屋のレイアウトはとても大切です。しかし、赤ちゃんを初めて迎える夫婦にとっては、どんなレイアウトにすればいいのか分からないことも多いはずです。そこでこの記事では、2LDKに赤ちゃんを迎えるための部屋づくりについて、詳しくお話していきます。

  • 2020年11月12日

1LDKのマンションに住む!大阪で住みやすいエリアはどこ?

これから大阪で1LDKのマンションを探すという方はいらっしゃいますか。1LDKであれば、1人暮らしはもちろん、将来パートナーと一緒に2人暮らしをすることも可能です。引っ越し先が大阪だけれど、まだ住むエリアが決まっていない方へ向けて、住みやすい大阪のエリアをご紹介していきます。どのような場所があるのか、詳しく見ていきましょう。

  • 2020年8月20日

1LDKのリビングにおすすめ!ソファを配置してくつろごう!

1LDKに住んでいる方は、リビングでソファを利用していますか。もし使っているようであれば、どのようなタイプのソファで、十分くつろぐことはできていますか。ソファは日々の疲れた体を癒すための、大切なアイテムです。リビングにはくつろげるソファを配置し、癒しの空間を作ってください。今回は、1LDKのリビングにおすすめのソファを詳しくご紹介していきましょう。

  • 2020年6月25日

アパートとマンションの違い!1階と2階はどっちがいいのか

アパートとマンションのどっちを選ぼうか、迷っている方もいると思います。そもそもアパートとマンションはどこが違うのでしょうか。違いを知れば、どっちがいいか決めやすくなるかもしれませんよ。1階と2階のメリット、デメリットもあわせてご紹介します。賃貸物件探しにお役立てください。

  • 2020年6月11日

夫婦が2DK賃貸に住む際の選び方は?東京でおすすめのエリア

夫婦やこれから結婚する予定のカップルが、引っ越しをするために東京で賃貸物件を探すこともあるでしょう。ここでは家賃が比較的安く、部屋の数が多い「2DK」の間取りをおすすめします。今回は、夫婦が2DKの賃貸物件を探す際の、選ぶべきポイントについてお話ししていきます。東京で住みやすいエリアなどについても、詳しくご紹介していきましょう。

  • 2020年3月5日

1LDKのキッチンの配置に悩んだら…レイアウト方法をご紹介

1LDKでこれから新生活をスタートさせるという方もいらっしゃるでしょう。部屋に配置するインテリアについて、頭を悩ませる方も少なくないと思いますが、キッチンについてはいかがでしょうか。キッチンは毎日使う場所だからこそ、快適に使えるようなレイアウトを意識してみましょう。

  • 2020年2月10日

1DKの間取りの要!?DKインテリアの工夫次第で印象が変わる

1DKの間取りに住むことが決まっている方の中には、狭さゆえインテリアを諦めていることもあるでしょう。インテリアをこだわれないことは、つまり生活の楽しみを奪われている状態とも言えます。また、特にDKは玄関を開けた際に最初に目に付く部屋のため、ここのインテリア次第で1DK全体の印象が決まってしまうと言っても過言ではありません。今回は、1DKの中でもDKに焦点をあて、広さごとのインテリアについてご説明していきます。

  • 2020年2月2日

非常時!アパートのベランダにある仕切り板をどう破る?

アパートやマンションのベランダには、隣戸との間に仕切り板のようなものがあります。この仕切り板は隣戸とのプライバシーを守るほか、火災や地震といった非常時の避難経路の確保という2つの役割りがあるのです。しかし、必要でなければ蹴破ることはないため、非常時にはどう動けばいいか分かりませんよね。そこで今回は、いざというときが来ても慌てないように、仕切り板からの避難方法をお伝えします。

  • 2020年1月31日

2DKは家具配置に悩まない?一人暮らしはタイプ別適正判断を

2DKで一人暮らしをする場合、その広さから「家具配置などに悩まない」という印象があります。家具配置によっては生活の妨げとなってしまうことも考えられるため、それに悩まないというのであれば一人暮らしの方にとっても魅力的な間取りですよね。しかし、一人暮らしにとって利点の多い2DKであっても、その方のタイプによって向き不向きが分かれます。今回は、2DKでの一人暮らしに向いている方とそうでない方について、焦点をあててご説明していきます。