アパートのポストが壊れた!その原因と対処方法とは

アパートで生活をしていて、何らかのトラブルに見舞われたということは意外にも多いことです。

ポストが壊れたということもその中の一つとして考えられるでしょう。

ポストが壊れてしまう原因や、その対処方法についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートでペット禁止!犬や猫の飼育が見つかったら?

アパートなどの賃貸物件の場合、ペット禁止であることが多いですよね。しかし、「前から飼って...

マンションに引越してテレビを設置する時にアンテナは必要?

「引越先のマンションにテレビを設置したが映らななかった」となると困りますね。テレビを見る...

マンションのWiFiが繋がらない!その原因や対策はある?

マンションに住んでいる場合、最初からインターネット回線が備え付けられていることも多いですよね。...

マンションをリノベーション!成功事例を参考にいい住まいを

中古マンションは立地のわりに価格が手頃だということで、近年注目を浴びています。しかも、そのま...

マンションのベランダをおしゃれに!その簡単な方法をご紹介

マンションにお住まいの方は、どのようにベランダを使っていますか?少しの工夫を加えることで、ベ...

マンションを名古屋で購入!新築物件で賃貸経営する前に

名古屋には何度か行ったことがありますが、出会いに恵まれたのか「いい人が多い」というイメージがあり...

賃貸アパートでの生活アイディア!リビングが狭い場合の対策

賃貸アパートにこれから住み始める方や、現在住んでいる方で、「リビングが狭いことが気に入らない」と...

新築住宅をおしゃれな外観デザインに!人気の和モダンとは?

住宅を新築する際、どうせならおしゃれな外観にしたいですよね。一般的に「一生に一度」と言われて...

マンションの修繕積立金が値上げされた!払えない場合は?

マンションの修繕積立金が値上げされて、払えないケースが増えてきているようです。毎月一定額を収...

二世帯住宅の価格は、土地ありでも状況によって変わる!

近年、共働きが当たり前になった影響からか、不動産業界では二世帯住宅のニーズが高まっています。...

快適な1人暮らし!1LDKの賃貸マンションは新築がおすすめ!

賃貸アパートでの1人暮らしの経験が長く、ある程度社会経験も積んでいれば、そろそろ住まいを賃貸マン...

アパートの名義変更は速やかに!一般的な手続き方法をご紹介

アパートには名義人が存在し、もし名義人の名前が変わったり、別の人が名義人となる場合は、名義変更の...

マンションの大規模修繕はどのくらいの年数で行われる?

購入したときは新築だった分譲マンションも、年数が1年増えるごとにさまざまな部分が劣化していきます...

マンションの電気契約は受電形態に注意!電力自由化との関係

電力が自由化されて以降、私たちは自由に電力会社が選べるようになりました。マンションの購入...

新築のトイレに失敗することも!どんなことで失敗するの?

注文住宅で家を新築し、住んでみてから「失敗した!」と感じる方は意外と多くいます。その失敗と感...

スポンサーリンク

アパートのポストが壊れた!意外と壊れやすいポスト

毎日の生活で、手紙がきた時に必要になるポストは意識はしないものの、ないと不便なものですよね。

そんなポストですが、アパートでは玄関のドアに取り付けられていることが多いです。

一般的にはステンレスで作られているので、簡単に壊れたりはしないでしょう。

そのため、普段の生活で使うには壊れてしまうことも少なく、強い雨風にさらされても問題なく使うことができます。

しかし、まれに「ポストの蓋が閉まらない」などといった不具合が起こることもあります。

このようなことが起きてしまう原因として考えられるのは「ポストに使われているバネの経年劣化」です。

ポストが使われ始めてしばらくは問題なく使うことができますが、約10年以上使っていると、バネが折れてしまい、蓋が閉まらなくなってしまうのです。

バネの修理は、意外にも簡単に行うことができ、ホームセンターなどで新しいバネを用意しドライバーやペンチで交換することができます。

大家さんや管理会社に一言断ってから、これらの道具を使って修理をしてみましょう。

原因は一体何?アパートのポストが壊れた理由とは

アパートのポストが壊れてしまった場合には、ほかにも次のような不具合が起きてしまうことがあります。

・ポスト本体が外れてしまった
・ポストのドアが壊れた
・ダイヤル式の鍵が壊れた

普段から普通にポストを使っていたにもかかわらず、このようになってしまった場合には、その原因としてポストの経年劣化や設置不良が考えられます。

ドア部分の破損について考えられる原因としては、「歪み」があげられます。

ダイヤル式の鍵が取り付けられたポストが壊れてしまった場合の原因は様々なことが考えられますが、よくある原因として考えられるのダイヤル式の鍵の経年劣化です。

ポストを使っていて「ダイヤルが空回りしているな」などと感じていた場合には、経年劣化をしていることが考えられます。

空回りしてしまっているように感じるのは、ダイヤル式の鍵を長期間にわたり使っていることで、部品がすり減っていることを示しています。

また、逆に「ダイヤルが硬くて回らない」ということも起こることがあります。

これに関しては、潤滑油が切れてしまっている、サビてしまっているなどが原因として考えられます。

このまま放置してしまうと、完全にポストが開かなくなってしまうこともありますので、修理または交換を行うようにしましょう。

壊れたわけではないけどアパートのポストが開かない

アパートのポストがダイヤル式の鍵を取り付けたものであった場合、「ダイヤル式の番号を忘れてしまった」といった理由から、ポストが壊れたわけではなくとも開かなくなってしまったケースは意外と多いです。

このような場合の対処方法は「大家さんや管理会社に連絡して、教えてもらう」ということがあげられます。

また、このように連絡をとるほかにも、アパートを契約した際に交わす賃貸借契約書に、ダイヤル式ポストの番号が記載してある場合もあります。

ポストが開かなくて焦ってしまうかもしれませんが、まずは落ち着いて、このような書類を確認してみましょう。

賃貸借契約書がすぐに見つからない場合には、玄関ドアやシューズボックス、電気ブレーカーの周辺を見てみてください。

物件によってはこのような場所に、ダイヤル式ポストの暗号がシールとして貼り付けられていることがあります。

番号を忘れてしまったとしても、無理やりポストを開けようとしてしまうと、ポストを破損させてしまう恐れがありますので、このようなことはしないようにしてください。

アパートのポストが壊れたらそのまま放置しないで!

アパートのポストが壊れたらどうしていいか分からず、中には放置してしまう方もいるかもしれません。

実はこの行為は、大変危険なことと言えるのです。

と言うのも、ポストの中には重要な手紙が入っていたり、個人情報が記載してあるものなどが入っていることもあります。

ポストが壊れたまま放置しておくと、これらの手紙や情報を抜き取られてしまうことがあります。

こうした犯罪に巻き込まれないようにするためにも、ポストが壊れた場合には、早めに対応しなくてはなりません。

また、アパートは自分の持ち物ではなく「大家さんの持ち物」です。

つまり、ポストを始めアパートの設備品すべてが、大家さんから借りているものとなります。

借りているものは、壊したままにはしておけませんよね。

ポストに不具合が起きた場合には、大家さんや管理会社に連絡を取り、修理をしてもらうか、新しいものに交換してもらうなどといった対応をしてもらいましょう。

アパートのポストが壊れた際の対処方法

ポストが壊れた時、修理費用・交換費用がどうなるのかについても心配ですよね。

先ほどもお話しましたように、アパートのポストを始め設備品は基本的に大家さんの持ち物となっています。

つまり、ポストが壊れた際の修理なども基本的には大家さんの義務となっているのです。

そのため、ポストが壊れた場合には、まず大家さんや管理会社に連絡を取るようにしましょう。

しかし、中には入居者がポストを交換するということもあります。

この場合、インターネット上でポストを購入し、取り付けることをおすすめします。

インターネット通販を利用することで、早く・簡単に手元に手元に届きます。

購入する際には、使い勝手はもちろんのこと、サイズの確認も忘れないようにしましょう。

ダイヤル式ポストの場合には、ポスト本体を修理・交換することは少なく、ほとんどの場合ではダイヤル部分の修理・交換となります。

アパートのポストが壊れた時の費用負担について

アパートのポストなどの設備品は大家さんの持ち物となりますので、普通に使っていて壊れた場合には、基本的には大家さん負担での修理・交換となります。

しかし、中には故意に入居者が設備品を壊したというケースもあります。

こういったケースでは、入居者負担での修理・交換をすることになるでしょう。

また、大家さんの考え方によって、費用負担が入居者になるか大家さんになるかが変わってきます。

と言うのも、先ほどからお伝えしているように、ポストは経年劣化をするものです。

このことから、「ポストは消耗品である」という考えを持った大家さんもいます。

こういった場合には、入居者側がポストの修理・交換を行い、費用も負担することになるでしょう。

「ポストは備品である」という考えの大家さんであれば、大家さん側が修理・交換を行い、費用も負担をします。

もし、第三者にポストを破損させられた場合には、さらなるトラブルを防ぐために、警察にも連絡をし大家さんとどのように対応するかをしっかり話し合うようにしてください。

ポストなどの設備品が壊したらまずは連絡を

アパートのポストが壊れた際には、つい焦ってしまいますが、まずは落ち着いて大家さんや管理会社に連絡を取るようにしましょう。

物件を管理している大家さんや管理会社によって対応の仕方が異なってきますので、それに従うようにしてください。

連絡をせずに修理や交換を行うと、トラブルに発展してしまうことが考えられますので、注意しましょう。