窓の暑さ対策!手軽な100均グッズで電気代を節約しよう!

日差しが強くなる季節になると、窓からの熱気が気になりませんか。

窓を閉め切ってエアコンを使っていても、いまひとつ涼しさを実感できていないのなら、窓の暑さ対策をおすすめします。

部屋の中の温度は窓からの影響をとても受けやすいので、窓からの熱をカットできれば、快適に過ごすことができるのです。

今回は、手軽な100均グッズを使った暑さ対策をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

1LDKのキッチンとリビングを仕切りたい!おすすめの方法は?

1LDKのアパートやマンションは、くつろぐためのリビングがキッチンと同じ一部屋におさまっています...

窓からの隙間風を阻止!ボードや隙間テープで対策してみよう

寒い季節になると、隙間風が気になる方もいるでしょう。外の冷気が室内に入れば、当然室温にも影響...

1LDKで快適な二人暮らしを送るには家具選びと配置に注意!

結婚を視野に入れたカップルで、これから二人暮らしをするためのアパート探しをする方はいらっしゃいま...

窓に遮熱シートが必要な理由!ニトリの窓アイテムもご紹介

窓から多く差し込む光や熱に対する対策を考えたことがあるでしょうか。このような対策には主に遮熱...

1LDKの間取りでも種類がある!レイアウトのポイントは?

1LDKの間取りの部屋にこれから住むことを考えている方も多いことでしょう。あまり意識はしない...

窓を簡単DIY!憧れの格子窓にするにはどうしたらいいの?

部屋のイメージを変えるために、DIYを考えている方もいらっしゃるでしょう。部屋の雰囲気はイン...

1LDKで赤ちゃんが寝る場所はどこ?快適な空間作りの工夫!

夫婦2人暮らしには十分な広さの1LDKですが、赤ちゃんが産まれるとどうでしょうか。少し手狭に...

窓用ガラスシート!断熱からおしゃれものまで100均で揃う!

窓に貼る100均ガラスシートと聞いて、実用性のみを追求したものを思い浮かべる方も多いと思います。...

1LDKで家族全員分の洋服などの荷物を収納するおすすめの方法

マンションやアパートの1LDK物件はリビングが広く、単身者のみならず夫婦やファミリー世帯に人気が...

1DKで一人暮らし!快適に暮らすための「家具の配置」とは?

1DKで一人暮らしであれば、1Rや1Kに比べてゆとりある生活が送れるでしょう。家具の配置を工...

窓サッシの色はどう選ぶ?色決めのポイントや注意点をご紹介

注文住宅のメリットは、間取りや外観、仕様など、様々な要望を実現できる自由度が高いことにあります。...

木造住宅は新築でも防音性能が劣る?効果的な防音対策とは?

住宅の構造には様々な種類があります。中でも自然な温もりを持つ木造住宅は、新築で選ばれることも...

防犯のために窓をロックするなら100均グッズを活用しよう!

現在、借り手がいなくて空いている部屋の、防犯は万全でしょうか?部屋の中には何もないからと安心...

長押は無印良品がおすすめ!機能的で玄関やリビングで大活躍

北欧をモチーフにした生活雑貨が多い無印良品は、ファンの方が多いブランドです。無印良品には...

窓にはお洒落なブラインドを!定期的に掃除してきれいを保つ

窓にブラインドを設置すると、スタイリッシュでお洒落な印象を受けます。カーテンと違った、すっき...

スポンサーリンク

窓の暑さ対策はなぜ必要?

暑さの厳しい季節には、建物が温められ、室内の温度はどんどん上がってしまいます。

特に窓からの日差しが部屋の中に差し込むと、エアコンを使っていてもなかなか涼しくなりません。

なぜかというと、窓からの熱の侵入率は、約73%ととても高いからです。

それは、家の屋根や壁には断熱材を使うなどして暑さ対策がされていますが、窓はそういった対策があまりされていません。

ちなみに、窓以外の場所から夏の暑い外気の熱が入ってくる割合は、床3%、壁7%、屋根11%、換気によるもの6%と言われます。

そのため、夏の暑さ対策としては、最も割合が大きい窓の断熱をしっかりすれば、エアコンの効率も上がり、節電に繋がるというわけです。

しかし、既存の窓を断熱効果の高い窓にリフォームするには、かなりの予算が必要になってきます。

そこで、100均グッズを使って手軽に暑さ対策ができるので、その方法をご紹介しましょう。

100均グッズで窓の暑さ対策!「遮光ネット」

最初におすすめする、100均グッズの暑さ対策は「遮光ネット」です。

「遮光ネット」は、ベランダや掃き出し窓の外側に張って日差しを避ける布のようなもので、「シェード」などと呼ばれることもあります。

最近では、さまざまな種類が出ていて、使い勝手が良いのであちこちのお宅で見かけます。

この「遮光ネット」の多くは1,000円以上はするのですが、100均ショップでも手に入ります。

紫外線も80%以上カットし、遮光率80%以上となかなかの優れものです。

サイズもいくつかあるので、場所によって使い分けてください。

ハトメが付いているものであれば、そのままヒモや金具をつけて好きな場所に取り付けられます。

もしサイズが足りない場合には、何枚かつなぎ合わせて使っても良いでしょう。

また、この「遮光ネット」は、室内の温度を下げるのはもちろん、アイディア次第で使い方が広がります。

次項では、そのアイディアをご紹介しましょう。

100均グッズ「遮光ネット」を工夫してさらなる暑さ対策!

それでは、100均グッズの「遮光ネット」を使って、さらなる暑さ対策をしていきましょう。

【小さな窓に取り付ける】

キッチンやトイレの窓、階段の途中の明り取り用の窓など、カーテンやブラインドを付けていない窓からの日差しは悩ましいですよね。

そんなところには、「遮光ネット」を取り付けましょう。

粘着フックでハトメを引っ掛けても良いですし、突っ張り棒を使って取り付けても良いでしょう。

【カーポートに取り付ける】

暑い日に車のドアを開けると、ものすごい熱気を感じるでしょう。

日除けをフロントガラスに置いていても、車全体を日差しから守ることはできません。

そこで、「遮光ネット」をカーポートの内側に張っておくと、車全体にあたる日差しをカットしてくれるので、車内温度がかなり抑えられます。

カーポートがないお宅でも、家の外壁やフェンスなどを利用して「遮光ネット」を張れば、即席のカーポートを作ることもできます。

【子どもの遊び場を作る】

暑い夏でも、「遮光ネット」で日差しをカットすれば、子どもたちの遊び場を確保することができます。

即席カーポートを作るのと同じ要領で、庭やベランダに「遮光ネット」を張りましょう。

風通しの良い、日影ができますよ。

100均グッズで窓の暑さ対策!「すだれ」

日本の暑さ対策の定番と言えば「すだれ」でしょう。

昔から使われている、この「すだれ」も100均ショップで買うことができます。

サイズも数種類あるので、窓の大きなに合わせて使いましょう。

「すだれ」は、熱を通しにくいので、窓からの熱を抑えます。

見た目の涼しさもあり、また、目かくし効果も高いので、窓を開け放していても「すだれ」が掛けてあれば安心ですね。

100均ショップには、「すだれ」を掛けるためのフックも売っているので、一緒に購入すればすぐに使えます。

ちなみに、「すだれ」の取り付け場所は、窓の外側、窓から少し離して付けましょう。

少し離すことで風の通りが良くなります。

また、霧吹きなどで水を吹きかけたり、打ち水をすると、より涼しさを味わえます。

「すだれ」は、10分ほどあれば、誰でも簡単に取り付けることができます。

100均グッズには、「すだれ巻き上げ器」もあるので、付けておくと風雨の強いときなどには便利です。

100均グッズで窓の暑さ対策!「断熱シート」

100均ショップの窓の暑さ対策の定番とも言えるのが「断熱シート」です。

種類も豊富で、アルミを使ったものや、緩衝材(プチプチシート)、かわいい柄の入ったものや、すりガラス風、ステンドグラス風などがあります。

「断熱シート」は、夏の暑さ対策だけではなく、冬の寒さにも効果を発揮します。

アルミを使ったものは室内が暗くなってしまいますが、断熱効果は高く、「すだれ」と同じように窓の外側や内側に吊るして使います。

窓ガラスに両面テープや水で直接貼りつけるタイプのものは、シートを貼ることで、地震などの災害時にガラスが割れても、飛散防止になります。

また、空き巣や泥棒がガラス切りやガラス破りをしようとしても、シートが邪魔をするので防犯にもなります。
付け方は簡単で、窓ガラスのサイズに合わせて「断熱シート」をハサミなどで切り、両面テープで窓に貼るだけです。

水で貼りつけるタイプのものは、窓に霧吹きで水を吹きかけ、そこに「断熱シート」を貼り付けます。

「断熱シート」は、アルミシートに比べると透明性があるので、窓ガラスに貼ってもそれほど室内が暗くなることはありません。

他にもある!100均の暑さ対策グッズ!

最後にご紹介するのは、「こんなものまで100均ショップで買えるの?」というような、少し変わり種のものです。

【アルミ断熱カーテン】

薄いアルミで作られたカーテンで、断熱効果は高く、カーテンと一緒に使うとより効果的です。

冬場でも部屋の暖かい空気を逃さないので、1年通して使うことができます。

【ロールブラインド】

今や、ロールブラインドも100均ショップで手に入るようになりました。

窓からの日差しを遮るのはもちろん、カーテンと合わせて使えば、遮熱効果も高まり、窓の暑さ対策になります。

見た目もおしゃれなので、インテリアとしても最適です。

【手拭い】

100均ショップでよく見かけるようになった「手拭い」ですが、この「手拭い」を挟んで吊るす「手ぬぐい飾り棒」も一緒に販売されています。

「手拭い」の上下を飾り棒に挟めば、タペストリーになります。

窓際に吊るしておけば、お部屋のインテリアとして、また、日除けとしても使えます。

その日の気分で「手拭い」を替えても楽しいですね。

100均グッズでも窓の暑さ対策ができる!

このように、100均グッズを使って、窓の暑さ対策をすることができます。

窓からの熱の侵入は大きいので、対策をしていないとエアコンなどの電気代も大変です。

また、窓の暑さ対策をすることで、電気代の節約とともに紫外線による影響も避けることができます。

100均グッズでの暑さ対策は、気軽に試せるのでぜひチャレンジしてみてください。