新築住宅の気になる疑問!照明にかかる費用はどれぐらい?

新築するとき、誰もが一番気になるのが「費用」のことでしょう。

できれば、いい家を少しでも安く建てたいというのが本音ですよね。

当記事では、その新築時の費用の中でも「照明」に的を絞ってお話ししていきます。

これから新築する方、必見ですよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

マンションポストに表札を付けるメリットとデメリットは?

以前は当たり前にあった表札ですが、最近はポストに表札をつけていないマンションが増えてきました。...

二世帯住宅でも完全分離型なら後悔しない?実際はどうなの?

近年では、二世帯住宅にするという方も増えてきています。その二世帯住宅のなかには「完全分離型」...

アパートの管理費で疑問!共用部分は貸主に掃除義務がある?

アパートやマンションに住んでいて、廊下や駐車場、階段などの共用部分が汚いと、とても嫌な気分になり...

マンションに引越してテレビを設置する時にアンテナは必要?

「引越先のマンションにテレビを設置したが映らななかった」となると困りますね。テレビを見る...

マンションで光回線でインターネット!おすすめのプロバイダ

これからマンションに引っ越す方で、光回線でインターネットをしようと考えている人もいるでしょう。...

家を建てるならブログを参考に!平屋のメリットとデメリット

これから家を建てることを検討されているのであれば、多くの情報が載っているブログを参考にしてみまし...

アパートの1階は寒い?簡単にできる対処法とは!

アパートの1階に住み始めて、「こんなに寒いの!?」と驚くこともあるかもしれません。すべてのア...

中古マンションをリフォームして好みの部屋に間取り変更

近年では、中古マンションを購入して、間取り変更のリフォームをする方が増えてきています。中古マ...

マンションのクローゼットを使うコツを知って収納上手に!

きれいに整理整頓された部屋であることは、充実した暮らしを送るための重要な要素の一つではないでしょ...

雪が降ったあとのアパートの雪かきはどこまでやるべき?

アパートにお住まいの方は、冬なると雪の予報にドキドキするのではないでしょうか。なぜなら、雪が...

アパートの退去費用は何に使われる?10年以上住めばお得?

アパートを退去する際に、かかる退去費用に頭を抱えてしまう方もいるのではないでしょうか。ま...

意外な盲点!マンションのキッチンゴミ箱問題を解決!

マンションのキッチンは、限られた空間です。キッチンにはいろいろなものが収納されていますが、意...

新築時の床はコーティングするべき?その種類と費用をご紹介

家を新築する際に、床をコーティングするべきか悩む方も多いです。新築時に床をコーティングするメ...

賃貸アパートの契約書紛失!再発行してもらうことは可能?

アパートの入居時、管理会社などで賃貸契約を結びますよね。その時渡される契約書が、「賃貸借契約...

新築のインテリアとしても最適!?テレビは壁掛けにしよう!

数ある家電製品の中でも、目覚しい進化を遂げているのがテレビです。テレビは、従来の置き型テレビ...

スポンサーリンク

住まいに必ず必要な照明!

家を新築する際、費用は少しでも抑えたいものですよね。

しかし、照明は生活するうえで欠かせないものです。

ですから、それぞれの部屋の用途に合わせて照明器具を決め、さらに必要最低限の数にすることが基本といえるでしょう。

現代では、さまざまな種類の照明器具があります。

・ペンダントライト
・スポットライト
・ダウンライト
・シャンデリア
・シーリングライト
・フットライト
・ブラケットライト
・エクステリアライト

例えば、足元を照らす「フットライト」は、廊下や階段に設置することで夜間に歩きやすくなります。

また、「エクステリアライト」は屋外に設置する照明器具で、夜間に家を照らしておしゃれに演出するだけではなく、防犯上の面でも役立ちます。

このように、照明は住まいと切り離すことができません。

それでは、家全体の照明にかかる費用はいったいどれぐらいなのでしょうか。

次項からみていきましょう。

新築時の照明にかかる費用はどれぐらい?

新築時、照明にかかるおおよその費用はどれぐらいなのでしょうか。

照明は、1坪あたり1灯あるといいといわれています。

そのため、30坪の家だと30灯前後の照明が必要となります。

照明器具の平均価格が1灯2万円だと仮定すると、全部で60万円の費用がかかることになります。

ただし、どのような照明器具を選択したかによって費用は大きく異なりますので、金額はあくまでも参考としてください。

例えば、よく見かけるシーリングタイプの照明器具であれば、10畳用のもので約3万円~6万円です。

ダウンライト(白熱灯)であれば、約5千円~1万円ほどでしょう。

おしゃれな家でよく採用されているペンダントライトは約1万円~3万円ほどのものが多いですが、デザイナーのものとなると10万円以上する高価なものもあります。

できるだけ費用を抑えたいのであれば、家の中のほとんどの照明器具をダウンライトにするといいかもしれませんね。

しかし、リビングなどおしゃれに演出したい部屋であれば、そこだけ照明に費用をかけるというのも選択肢の一つです。

新築時の照明器具取り付け費用はどれぐらい?

新築時、照明にかかる費用は照明器具自体だけではありません。

うっかりしがちですが、その照明器具を取り付けてもらうための工事費用がかかるのです。

それでは、照明器具の取り付け工事費用はどれぐらいかかるのでしょうか。

まず、ダウンライトが約3千円、シーリングライトが約2千円となります。

工事費を平均3千円として家全体で30灯分を取り付けてもらうとすると、総額9万円となります。

案外、大きい出費ですよね。

ですから、この取り付け工事費も忘れずに計算に入れておくようにしましょう。

もしも、「どうにかもう少し費用を抑えたい」ということであれば、コンセントをつないで使用する照明器具を採用するといいかもしれません。

例えば、スタンドライトなどですね。

スタンドライトであれば、気が変わったらいつでも自分の好きな位置に移動させることもできるので、一つあれば便利な照明器具でもありますよ。

新築時の照明費用削減のコツ!「LED」

新築時には、照明器具や照明の取り付け工事に費用がある程度かかりますよね。

しかし、照明を使用している限り、「電気代」も毎日の生活でかかる費用です。

照明器具や取り付け工事の費用は、新築時に支払っておしまいかもしれませんが、電気代はそうもいきません。

そこで、新築時には今後かかってくる電気代についても考えた上で、照明器具を決めるようにすることをおすすめします。

まず、昔からある「白熱灯」ではなく、「LED」などの省エネ性に優れている光源を選択するようにしましょう。

LEDの電気代は、白熱灯の約1/10といわれています。

さらに、使用可能な時間もかなり長く、約4万時間です。

LEDの照明は節約目的だけではなく、例えば吹き抜けの天井など、照明の交換がしにくい場所にも便利に使うことができます。

また、明るさを調節する機能や、光の色味を調節することのできる機能がついているLEDもあります。

このように、LED照明は節約だけに特化しているわけではなく大変便利に使えるものなので、新築時にはLEDの採用をおすすめします。

新築時の照明費用削減のコツ!「施主支給」

新築時、ハウスメーカーから「このメーカーの照明器具がおすすめですよ」といわれることが多いです。

それは、ハウスメーカーとその照明器具の会社が提携しているからです。

しかし、このような場合は照明器具会社からハウスメーカーにバックマージンが支払われることがあるため、一般的に費用が高くつくことが多いのです。

ですから、少しでも照明器具にかかる費用を削減したい場合は「施主支給」するといいでしょう。

「施主支給」とは、自分自身で照明器具を選んで購入し、それをハウスメーカーに支給して取り付け工事をお願いするということです。

自分で照明器具を選んで購入するので、照明器具一つ一つやその価格に納得したうえで選択することがいい点でもあります。

ただし、家全体に取り付ける照明器具の数は多いですから、案外商品を選ぶことに時間を要します。

また、発注ミスに関しても自分自身で責任を持たなくてはならないなどというデメリットもあります。

これらのことを念頭に置いた上で行うのであれば、照明器具の費用を削減することができるでしょう。

照明がすべて「オプション」!注意すべきこととは?

家を新築する際、ハウスメーカーによっては照明がすべて「オプション」となっているケースがあります。

照明がオプションとなると、家自体にかかる総額に照明の費用がさらに上乗せになるということです。

これまでご説明してきましたように、照明にかかる費用は家の広さによって異なりますが、いくら節約しても数十万円かかるケースが多いです。

必要最低限の照明は削ることはできませんから、もしも照明にかかる費用を失念していたとしたら予定していた金額以上の費用がかかってしまうことになるのです。

このようなことのないように、契約する前には必ず照明費用は建築費に含まれているのか、それともオプションなのかを確認するようにしましょう。

照明費用が建築費に含まれている場合は、これまでご説明してきた費用は別途かかりません。

(どうしても欲しい照明器具があり、それを施主支給する場合は別です。)

また、すべてではなく、一部の照明器具がオプションになる場合もあります。

部屋の雰囲気をおしゃれに演出することのできる間接照明などがそうですね。

ハウスメーカーによって、どこまでが建築費に含まれているのかは異なりますので、事前のチェックは欠かさないようにしましょう。

新築時の照明にかかる費用を抑えよう

家の新築には多くの費用がかかります。

その中でも、家に欠かせない照明器具は数十万円の費用がかかります。

少しでも費用を抑えたいなら、LED照明を採用したり、照明器具自体を施主支給することをおすすめします。

また、ハウスメーカーと契約する前には、必ず照明器具費用が含まれているのかいないのかのチェックを忘れずにするようにしてくださいね。

費用の面もデザインの面も、すべて納得のできる照明選びができるといいですね。