新築マイホームで失敗しないために!ブログから情報を得よう

「夢のマイホームといったら、新築一戸建て!」と熱望する方も多いのではないでしょうか。

さらには、注文住宅でこだわりたい部分は徹底的にこだわるという方もいることでしょう。

ところが、「注文住宅は3回建てて完璧になる」という格言があるように、住んでみるとこだわりぬいた部分が失敗…なんてことにもなりかねません。

念願のマイホームで失敗しないために、新築の失敗談をつづっているブログなどで情報を得ることからはじめましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新築前に要チェック!新築した人のブログで人気の話題とは?

インターネットの普及により、いろいろな情報をすぐさま手に入れられる時代となりました。家を新築...

新築の外観をお洒落なナチュラルモダンに!そのポイントとは

近年ではさまざまなデザインの住宅が建設されていますが、人気のひとつにナチュラルモダンというものも...

「新築賃貸物件」が希望!東京で物件探しをするポイントとは

東京ではじめての一人暮らしをすることになったら、さっそく物件探しをしなくてはなりませんね。新...

新築のカーテンに失敗しない!おすすめの選び方をご紹介!

家を新築したときに失敗した点で挙げられるもののひとつが「カーテン」です。まだ家を建てたこ...

アパートの部屋に壁掛けするには?穴をあけても平気なの?

賃貸アパートに住む場合でも、お部屋をおしゃれに飾りづけしたいものです。ポスターや写真を壁...

マンションを賃貸するとき気になる!大阪のエリア情報

転勤や学校への入学で初めて大阪に住む方は、どのエリアにいくらくらいのマンションを探せば良いのか分...

新築住宅を購入!カーテンとブラインドどちらがいいの?

新築住宅を購入すると、せっかくだからと家具やインテリアを新調する人は少なくありません。中でも...

アパートの住人トラブル!学生の騒音にはどう対処するべき?

アパートの住人トラブルでよくあるのが騒音トラブルです。しかし、実は、学生が騒音の原因となって...

マンションにロフトを!リフォーム具体例からプランを練ろう

お住まいのマンション、広さは足りていますか?マンションは一戸建てとは違い、自由に増築すること...

家を建てると決めたら!ブログで人気のweb内覧会をチェック

家を建てることが決まれば、ワクワクした気持ちでいっぱいになっていることでしょう。中には、家の...

ファミリー向けマンションに多い中和室!使い方の例をご紹介

ファミリー向けのマンションの間取りの中に、「中和室」と呼ばれる部屋がある物件もあります。では...

分譲と賃貸の見分け方とは?人気の分譲賃貸マンションも紹介

マンションは大きく分けると「分譲マンション」「賃貸マンション」の二種類に分類されます。また、...

憧れの新築!外壁にカラーを施しておしゃれ住宅にしたい!

家の新築を考えるとき、「おしゃれな外壁にしたい」と思う方は多いようです。昨今ではさまざまな外...

住宅の火災保険の正しい選び方!失敗しないためのポイント

新築すると、万が一に備えて火災保険に入る方がほとんどです。不動産会社や融資を受けた銀行に...

アパートが水漏れ!この時の修繕費用は大家さん負担になる?

賃貸アパートに入居していて、ある時、借りている部屋が水漏れしていることに気づいた経験のある方もい...

スポンサーリンク

念願の新築を建てる!ブログなどで情報を収集しよう

多くの方が「将来は新築一戸建てのマイホームを…」と考えているかと思います。

最近では、SNSなどでお洒落な家の画像が投稿されていることもあり、こだわりをもってマイホームの設計に励んでいる方も多くいます。

しかし、新築した経験のある人が書いているブログを検索してみると、意外にも失敗談をつづったブログが多くあるのです。

失敗談の中でも特に多いのが、注文住宅の場合です。

注文住宅ですと自分好みの家にできるので失敗なんてなさそうに思えますが、実はそんなこともありません。

きちんと考慮したうえで設計しないと、住んでみてから失敗だったことに気づかされることが多いのです。

そこでこの記事では、新築マイホームを注文住宅にした場合に多い失敗例を、ブログを参考にご紹介していきます。

今後マイホーム建築予定の方は、この記事はもちろんですが、家を建てた人が書いたブログなどから情報を得ることからはじめてみてください。

ブログから見る!新築の失敗で多いのは間取り

新築した方のブログをみていくと、注文住宅で失敗したことをつづっている方が多いですが、その中でも際立って多いのが「間取り」です。

自分好みに部屋の位置などを決められるので、「失敗するの?」と疑問に思うかと思います。

ところが実際に、間取りで失敗した人は多くいます。

というのも、あくまで間取りですから、間取りから実際の家の想像をするのは難しいのです。

実際の家の広さはこのくらいで、この部屋の幅はこのくらいなど、でき上がってからでないと見ることはできません。

そのため、間取りから想像した部屋と、でき上がった実際の部屋のギャップから、失敗と感じる方も多いのです。

具体的にはどのような間取りで失敗したのかは、次項でお伝えします。

ブログから見る!間取りで多い失敗例は窓!

新築した経験者のブログでは、間取りで失敗したという方が多くいます。

では具体的にどのような間取りで失敗したのかというと、窓の位置に対して多くの方が失敗したとつづっています。

例えば、リビングの窓の場合についてみていきましょう。

リビングにはテレビを置くことが多いですよね。

このテレビの位置も決めておかないと、失敗することになりかねません。

なぜなら、何も考えずに明かり用の小窓などをつけてしまうと、実際にテレビを置いたときに、その窓がテレビの向かいにくることがあるからです。

そうなればテレビが光で見にくくなってしまい、結果として「失敗」となるわけです。

また、ほかにも採光のために窓を多く設置する方がいますが、これでも失敗につながることがあります。

とにかく窓の数を増やそうと設置したら西向きだったという方もいますし、外から丸見えな窓になってしまったという方もいます。

以上のように不便な窓になってしまうこともありますから、窓の位置も考慮しなければいけない部分なのです。

ほかにも窓に関しての失敗談をつづったブログが多くありますから、一度見てみると良いでしょう。

意外ともれがち!コンセントの位置も失敗の危険性「大」

ブログをみていくと、意外にも「コンセント」の位置に失敗したという方も多くいます。

家具や家電の配置まで細かく設定している方でしたら別ですが、コンセントの位置は家具・家電がない状態ではどこに設置すべきかわかりませんよね。

そのため、半ばてきとうな感じでコンセントを設置してしまう方も多いようです。

ところが、住みはじめると、家電を配置したい場所の近くにコンセントがなかったり、反対に「絶対にここには家電を置かないだろう」という場所にコンセントが設置してあったりします。

このときにはじめて、コンセントの位置が失敗だったことに気づくのです。

コンセントの位置によって、家具や家電の位置も必然的に決まってきますから、新築する際に失敗しないためにも、コンセントという小さな部品まで念入りに設計しなければなりません。

新築する際に失敗しないために!建築会社との打ち合わせも重要!

新築する際には、建築会社と打ち合わせをする機会が多くあります。

そのときに、自分たちの家への要望を伝えることになりますが、このとき伝えるタイミングがとても重要になるのです。

要望がはっきりと決まっている場合は、契約する前に伝えてしまう方も多いですが、それは危険です。

営業マンは契約したいがために、その要望に無理があったとしても、「NO」と言わないことがあります。

デメリットがあると分かっていながらこちらの要望を叶える間取りを提案し、それを実行した結果、実際に暮らし始めてから「ここは失敗だった」と気がつくことがあるのです。

また、打ち合わせの回数を重ねていくと、図面の見直しも多くなり、だんだん面倒くさくなって「これでいいや」となってしまうこともあります。

ですが、「家は人生で一番高額な買い物」といわれるとおり、何回も建てられるものでもありませんから、面倒くさくなっても打ち合わせを綿密に行うことが失敗しないためには重要です。

さらには、ブログを見て行くと、「設計士さんなどときちんと打ち合わせをしていたら…」と後悔している方もいましたので、打ち合わせの注意点などもブログで学ぶことができます。

ぜひ、打ち合わせについてもブログなどを参考にしてみてください。

後悔しない!新築する際のポイント

ここまで、ブログを参考にしながら、新築した方に多い失敗例をお伝えしてきました。

ほかにも多くの失敗談が書かれていますから、ブログを見ているだけでも多くのことを学ぶことができます。

ここで最後に、後悔しない新築マイホームを建てるためのポイントについてお話しします。

先ほどまでもお話ししてきたような、ブログなどで失敗しないための情報を得ることももちろんですが、まずは知識をつけることがポイントです。

注文住宅に関する知識を身につけることで、失敗が多い間取りのミスにも気づくことができます。

また、何か疑問点があれば解消させるようにし、分からないことは聞きまくることが大切です。

建築系の学校に通っていたり、住宅メーカーなどに勤めていたりしない限りは、家に関することは分からないことだらけです。

これらも受け流すのではなく、必ず聞いて解決できるようにしましょう。

さらに、注文住宅の場合、あれもこれもと希望することが多くなってしまいますが、どうしてもこれだけはやりたいというものだけに留めておきましょう。

全てつめこんでしまうと、やはり失敗つながることが多くなります。

そのため、「これだけは!」というものだけを、設計図に取り込むようにしてください。

そして、住宅ローンを組む場合は無理をしない程度に抑えることも重要なポイントです。

家に失敗しなくても、お金で失敗してしまっては元も子のありません。

住宅ローンの返済で生活が困窮してしまうのは避けたいですから、予算を決めて背伸びしすぎない程度で住宅ローンを組むようにしましょう。

マイホームで後悔なく生活を送るためにブログから情報を!

新築するとなれば、あれもこれもと詰め込みたくなりますよね。

しかし、経験者がつづったブログには、多くの失敗談も書かれています。

これらを参考にするだけでも、住んでから後悔するといったことが防げるかもしれません。

この記事でもいくつかご紹介しましたので、ぜひ参考にして頂き、後悔のない新築マイホームを建てられるようにしてください。